2015年08月21日

長年愛用してきた電子辞書が

遂に壊れました。。。 orz...

dictionary.jpg

a〜f までのキーが全然反応しません。。。

しばらく放置しておけば直ったりしないかな〜。。 (希望的観測)

私が愛用していたのは SEIKO の最上位機種なんですが、 SEIKO が電子辞書事業から撤退してしまったため、もう新しいものを買うのも難しいでしょう。。

これからどうしよう。。。

となるはずだったのですが、

なんと前回日本に帰った時に両親から新品同様の同モデルを譲り受けたので、

今後も問題なく勉強できます。

なんというタイミング。。。 感謝ですね。。

父の 「いいものは買える間に複数個買っておく」 というポリシーに助けられました ^^;

==================================================

そういえば、辞書つながりの話ですが、私は英語独学を開始してしばらくは紙の英英辞書をメインで使っていたのですが、OALD は3冊買いました。



1冊当たり 2〜3ヶ月ペースで壊れてしまっていたから です。

某掲示板などでは 「辞書が崩壊するまで引きまくった」 という話をする人が嘘つき呼ばわりされたりしていますが、ガッツリ英語学習をしている人にとっては

「辞書がバラバラになるまで引きまくった」

というのは結構普通じゃないですかね ^^

まぁもちろん使ってる辞書の耐久性にもよるかも知れませんが (汗)。

追悼の応援クリック頂けたら嬉しいです。。 m(_ _)m < おねがいします。。


人気ブログランキングへ


英語ブログランキングへ

追記: Junさんがこちらの記事にて反応を下さっているのですが、そうなんですよ。。 Junさんは辞書あんまり引かないんですよね。。。 存じて上げております。。 orz... この記事を書いていた時も 「... でも Junさんは違うよな〜。。」 と Junさんを思い浮かべておりました。 もちろん、英語学習者なら必ず辞書を潰したことがあるはずという意図は全くなく、 「意外によくある話」 ぐらいの感じで解釈して頂けましたら幸いです。。 え、あります... よね..??(不安w) 「私も辞書を潰したことあります!」 という方がいらっしゃいましたらぜひコメントお待ちしております。。 m(_ _)m

posted by 英語好き at 19:16| Comment(14) | 電子辞書について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月28日

最強の電子辞書決定戦2011

以前にも書いたことがあるのですが、英語学習者が電子辞書を選ぶ時、最もチェックするべきポイントは、収録されている『和英辞書』です。

なぜなら、どのメーカーの製品も英和辞書の詳しさではほとんど差が出ない一方、和英では歴然とした差が出ているからです。

特に留学する人や英文科に入る人は、これは絶対にチェックした方が良いです。

さて、まずは、和英でどれくらい差がついているのか比較してみましょう。

電子辞書を販売しているメーカーで主な会社は、

● セイコー
● カシオ
● キャノン
● シャープ
● シチズン

くらいでしょうか。 で、それら5社の製品に収録されている主な和英辞書が下の5つ。

新英和大辞典 第5版(研究社)
プログレッシブ和英中辞典(小学館)
オーレックス和英辞典(旺文社)
ウィズダム和英辞典(三省堂)
ジーニアス和英(大修館)

比べられるのが嫌だからか、各辞書ごとに収録語数の表示の仕方がまちまちなんですが、『新和英大辞典 第5版(研究社)』以外の和英辞書は大体8万〜12万項目ぐらいです。



が、この研究社だけは、全く別次元。

総収録項目数 48万です。

そもそも、他の和英辞書が一般的な辞書サイズなのに、これだけちょっとした机サイズ(32cm×21cm)です。

通訳・翻訳家からも別格認定を受けるこの『日本最高の和英辞書』、Amazonによると、装丁が緑色だから「Green Godess(緑の女神)」と呼ばれているそうです。

いや、そんな説明はいらないですけど…。

とにかく、この研究社の和英なら「〜って英語でなんて言うんだろう?」と思った時に安心して引けます。そして、納得できる用例が必ず載っています!

ジーニアス和英なんて使っていた日には、もう引く前から「どーせ載ってないだろうな…」と思いながら引くことになるんですよ!! そして本当に載っていません(留学中の実体験)。


さてさて、ようやく本題へ。

現在発売されている電子辞書の中で、この『研究社 新英和大辞典』が収録されている製品を調べてみました!!

前より増えましたが、それでもセイコーとカシオの7機種だけです。

*** SEIKO(5機種) ***

1.SII 電子辞書 PASORAMA 英語学習モデル SR-S9002 ¥22,000

2.SII 電子辞書 PASORAMA ビジネスモデル SR-G7001M コンパクトサイズ ¥25,060

3.SII 電子辞書 PASORAMA 英語学習モデル SR-S9003 ¥30,540

4.SII 電子辞書 PASORMA ビジネス エンジニアモデル SR-G9003 ¥35,569

5.SII 電子辞書 PASORAMA 英語モデル SR-G10001 ¥45,292 


*** カシオ(2機種) ***

6.CASIO エクスワード 電子辞書 上級英語モデル XD-B9800 ¥34,400

7.CASIO エクスワード 電子辞書 XD-B10000 ¥43,800

※SEIKOもCASIOもこの記事を書いた時からえらく価格が下がりましたね。




特に、セイコーは電子辞書に力を入れていることが分かります。

この最強の『研究社 新英和大辞典』をさらに特別増補して、収録項目数を48万から52万項目に増やして収録しています。。

この特別増補版の『新英和大辞典』を採用していることと、英語学習者向けのモデルということ、そして、一番の安値ということを考慮すると、やはり一押しは SEIKOのSR-S9002ですね!




TOEIC ブログランキングへ
posted by 英語好き at 08:15| 電子辞書について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月17日

英語学習のための最良の電子辞書とは

最近は一般家庭でも必需品となっている電子辞書ですが、英語を勉強している人にとっては特に重要です。

私ももちろん電子辞書を持っていますが、選ぶ際に最も重要としている条件は、その電子辞書に収録されている「和英辞書」です。

実はほとんどの電子辞書では収録の英和辞書や英英辞書には大差がありません。リーダーズ英和、ジーニアス英和など、メジャーな英和がほとんどです。

その一方で、和英辞書はひどい。あまり一般の人にはどの和英辞書が良いか認知されていないだけに、使い物にならない和英辞書が収録されています。

例えば、お持ちの電子辞書に収録されている和英辞書は「ジーニアス和英」ではないですか?

和英ではなく、「英和」の方で高校・大学受験時には良い辞書として知られているだけに、だまされてしまいます。

大違いなんです。。。ジーニアス和英は最悪なんです。引くだけ無駄なくらい何も載っていない。

そもそも英和と違って、和英辞書自体が進化の途中といった感じで、引くだけ時間の無駄な和英辞書が結構多いのです。今まで「英語でこれはどう言うんだろう」と思って引いて、しっくりくる表現が載っていたことがほとんどない気すらします。


で、翻訳・通訳者の間では有名ですが和英辞書で一番いいと言われているものは、研究社の 新和英大辞典です。


ただしこの辞書には大きな欠点が一つ。


30cm x 25cm…。テーブルかと思うぐらい大きすぎて持ち歩けません。本屋で実物を見て驚きました。多分10kgぐらいはあるんじゃないかと思うほど大きかった。当たり前に持ち歩いて愛用している電子辞書のありがたさを改めて実感しました。

みなさまも電子辞書を買うときは和英に注目してください。ジーニアス和英のものは避けましょう。

辞書は真剣に勉強する人のバイブルなので、他のテキストや英会話学校選びにこだわる前に辞書選びにこだわった方が良いですね。私もこだわって買ったSEIKOのもの(下のSR-G10000の前の型)を数年使ってますね。これなしでは英語学習は考えられません。





調べてみてこれだけしかないことにびっくり。


ちなみに私の電子辞書は何百万回と引いているのでとっくに元は取ってます!!

まだまだ壊れる気配もないし…英語学習者の心の友ですね。


TOEIC ブログランキングへ
posted by 英語好き at 21:41| 電子辞書について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする