2014年11月07日

中国語学習について

中国語は、前に中国語検定2級に合格したきり 全く勉強してないですね〜。

参考: 中国語検定2級 正式結果!

と今日ネットサーフィンをしていたら、前に使っていた中国語テキストのシリーズに

準1級〜1級バージョンが出てる!!!

ことを発見しました!

合格奪取! 中国語検定準1級・1級トレーニングブック 一次筆記問題編


前までは2級のものまでしかなかったんですけどねぇ〜。。。(感慨深い)

日本の中国語学習者も少しずつ増えつつあるっていうことでしょうかね。。 それでも英語に比べるとテキストが少なすぎて。。 特に2級レベルを超えるともう 何も無い ですけどね(苦)。

私は3級と2級は主にこのシリーズで勉強して合格してました。

参考: これまでに使った中国語テキスト(まとめ)

私の中国語学習は英語学習と違い、超短期決戦(ほぼゼロから2級まで1年ちょっと)だったので、まとめやすいっていう(笑)。

TOEFLで満点とか取ったら、次はまた中国語やりたいです!!

応援クリックお願いします!! m(_ _)m

TOEIC ブログランキングへ


にほんブログ村へ

関連記事
● 私の持っている英語資格
● 信頼できるTOEICテキスト一覧(最新版)
● 満点を取るまでに解いたTOEICテキスト一覧

posted by 英語好き at 18:00| 中国語検定2級 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月18日

中国語検定2級 正式結果が届きました

先月28日に受けた中国語検定2級ですが、昨日正式な結果のはがきが届きました。

こんな感じです(クリックで拡大)↓
201012181652000.jpg

リスニング、筆記それぞれのセクションでの得点と平均点など↓
201012181653000.jpg

自己採点では72点としていましたが、73点取れていました。

得点の内訳は下の通り↓
201012181653001.jpg

あーんまり特筆すべきところはないかも…

実は既に次に向けての勉強を始めています!


語学 ブログランキングへ

posted by 英語好き at 19:48| 中国語検定2級 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月28日

中国語検定2級 再々戦結果!

今日3回目の中国語検定2級受けてきました!

家に帰ると既に中国語検定協会の正式解答が発表されていたので自己採点。
http://www.chuken.gr.jp/tcp/test.html

結果は…

リスニング:100点満点の90点
筆記:100点満点の72点

1年かかって遂に合格です…!


前回、前々回までは55点、60点と伸び悩んだリスニングが今回90点!

前回、徹底的に耳を鍛えるために3か月間『聴読中国語』のCDをディクテーションしたりシャドーイングしていたのにほとんど点数が伸びませんでした。

悔しくてこの3か月間は勉強もあまりせず、完全に腐ってました。が、しばらく放置していた結果、猛烈に訓練した結果が脳の中で熟成されたようです。


ちなみに3級合格後から2級合格までに使った参考書・問題集は下の4冊です↓

1. 聴読中国語 (東進ブックス)

2. 中国語検定2級トレーニングブック 筆記問題編

3. 中国語検定2級トレーニングブック リスニング問題編

4. 中検2級問題集〈2010年版〉

4番は、過去問試験(3回分)です。TOEICと同じです。絶対やっときましょう…。


語学 ブログランキングへ
posted by 英語好き at 18:20| 中国語検定2級 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月12日

これまでに使った中国語テキスト

ついでに、私が使ってきた中国語のテキストをまとめておきます。使った時期は上から順番です。

@ 入門時期:
大学の授業で『発音だけ』頑張って勉強していた。前期最初の2〜3回に潜り込んだだけです。それ以降は一切出席していないので単位も取っていません。
「発音だけは人に習え」と言われることが多い中国語ですが、そんな必要ないと思います。普通に独学で習得可能です。ちなみに、ここ2年ぐらい私が書店を定期的にチェックしてきた中で最高の発音テキストは『発音マスター!読めて書ける中国語―「NHKテレビで中国語」ワークブック (語学シリーズ CDムック)』です。

A 初級時期:
トレーニングペーパー 中国語 文法中心学習1
トレーニングペーパー 中国語 文法中心学習2
※Amazonでは1の方は売っていないようですが、大きな書店の中国語コーナーでは必ず置いています。ただ、これよりもWhy?にこたえるはじめての中国語の文法書の方が良書のようです。1冊で文法事項すべてを網羅していますし、非常に分かりやすいです。

B 中検3級対策:
合格奪取 中国語検定3級トレーニングブック 筆記問題編
合格奪取 中国語検定3級トレーニングブック リスニング問題編

C 初級〜中級時期:
聴読中国語 (東進ブックス)

D 中検2級対策:
合格奪取!中国語検定2級トレーニングブック 筆記問題編
合格奪取!中国語検定2級トレーニングブック リスニング問題編


大まかには、"発音" → "文法" → "単語" の順で、基礎を大切にしながら勉強を進めてきました。

結構な割合で中国語検定の対策本です。検定対策の本は、目的や方針がはっきりしているので、勉強を進めやすいところが利点です。

目標が『中国語検定○級に合格する』なら、筆記もリスニングも対策本がありますし、テストの日程も決まっているので、自然と計画的に学習を進めることになります。

が、『中国語を話せるようになりたい』だと、どう勉強すればいいか分かりにくい。そのため、会話本に手を出してみたのはいいが、結局基礎から確実に学ぶことをしないため、身につかずに挫折することが多くなるのではないでしょうか。


ということで、ご参考まで。。


語学 ブログランキングへ

posted by 英語好き at 12:23| Comment(8) | 中国語検定2級 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中国語ができるようになりました

今週水曜までの10日間ほど、中国に旅行してきました。

びっくりです。今まで詰め込んできた知識をフル活用しながら現地で1日頑張って中国語を話していると、そこそこ話せるようになりました。

実は去年中国語を本格的に勉強し始める前にも旅行で中国に行ったのですが、その時は本当に『謝謝』しか分からず、一切のコミュニケーション無しだったのです。

が、今回は、ホテルのチェックイン、買い物、道を聞く、値段交渉、全部中国語で出来ました。ちなみに会話に特化した勉強はしていないので、学習した文法と単語を組み合わせて何と言ったら良いか考えてながら話していました。

とは言っても、これは旅行レベルの会話なので、旅行会話のテキストの丸暗記で対応できそうなものです。しかし英語と違って、中国語では四声などの発音や聞き取り能力がしっかりしていないと会話が成立しません。

また、中国人は日本人と違って、何でも会話で済ませようとするらしく、「あれを買いたい」「これを買いたい」「これをこうしてくれ」など、日本ではスーパーやコンビニで無言で済んでしまうような用事でも、会話を求められる場面が多いです。そして何故か外国人相手でも手加減なしです(笑)。

そのため、旅行会話でもそこそこの中国語力を求められます。

しかも、今回の旅行では、初めて知り合った人とお昼ごはんを食べながら、1時間以上雑談をすることもありました。もちろん、相手もしばらく話していると私の力が分かるようで、そこに合わせてくれたために何とかなったのだと思います。しかし、それでも嬉しい。手応えありです。

まだまだ力をつけるべく頑張ろうと思います。


TOEIC ブログランキングへ
posted by 英語好き at 11:50| Comment(0) | 中国語検定2級 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月18日

中検2級に落ちて、その後

さて、やはり落ちていました。点数も予想通り。

リスニング: 60点
筆記:70点

筆記は難しかったらしく基準点が70点から 60点に下げられていました。うーん、どちらかというとリスニングを下げてほしかったんですが。

リスニング力は前回に比べて確かに上がっていました。

が、今回はテスト感を取り戻すだけの時間をかけそびれた事が点数に反映されなかった原因だと思います。まあもちろん圧倒的な実力があればテスト感など関係ないんですが、まだ妥当な時間はかけられていないですからね…。

まあ、もう落ちてしまったからには仕方がない。

今回のテストが終わってからも、やはりリスニング中心に勉強を続けています。前に使っていた聴読中国語のCDで、一課一課ひたすらシャドーイングしています。



やはり11月は目標としては遠いので、しばらくは地道に聞き取りを中心に実力を伸ばします。

さて、最近ひさっしぶりに英語の小説を読みました。村上春樹の『ねじまき鳥クロニクル』と『国境の南、太陽の西』の2冊読了。

『ねじまき鳥』は非常に意味不明でした。わけ分からん。『カフカ』も『ハードボイルドワンダーランド』も似た感じで意味不明でしたし。私は村上春樹のこういう系の小説は合わないですな。



しかし『国境の南、太陽の西』は面白かった。



村上春樹の本の中では『ノルウェイの森』だけは圧倒的に面白かったのですが、これは似た感じの感覚がありました。この人は地に足をつけたストーリーを書いてくれれば良い話になるんでしょうか。

『ねじまき鳥』は読んでいて、つまらなくてつまらなくて…2週間ぐらいかかりました。もう途中で止めたろかと何度も思いましたが、英語の本なので逆に途中で止めるのが嫌で最後まで読みました。

『国境の南、太陽の西』は2日で読了。読む早さが明らかに違います。

まあ中国語メインですが、ちょこちょこ英語も読もうかと思います。


TOEIC ブログランキングへ
posted by 英語好き at 11:01| 中国語検定2級 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月27日

中国語検定2級 自己採点結果

はい、こんにちは。中検2級受けてきました。

さて、自己採点の結果は。。

リスニング: 60点
筆記:70点

3ヶ月間ディクテーションし続けたので、リスニングには自信があったのに、またリスニングで返り討ちに。前回と比べると圧倒的に理解できるようにはなっていました。内容も理解して解答していたつもりだったのですが、自己採点してみると、この結果です。。

さて次回は11月ですが。。落ちていたらもう一度受けるしかないのですが、2級ではなく準1級を目指すかも知れません。

方針が決まったらご報告します。今は果てしなく落ち込んでおりますので、それどころではありません。。


語学 ブログランキングへ
posted by 英語好き at 19:25| 中国語検定2級 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月26日

明日中国語検定2級 再戦!

明日6月27日は中国語検定の日!

黙々と勉強してきたこの3ヶ月…。合格目指してがんばります!

報告は明日中にはできると思います。。


語学 ブログランキングへ

posted by 英語好き at 18:43| 中国語検定2級 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月28日

中国語検定2級の結果

今日宣言どおり中国語検定2級受けてきました。

が、だめでした…。点数(自己採点)は

リスニング 55点
筆記 75点

でリスニングで基準の70点に届かず不合格だと思います。

もう対策勉強はしませんが、6月リベンジします。


語学 ブログランキングへ
posted by 英語好き at 19:24| 中国語検定2級 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月13日

3月28日 中検2級

3月28日の中国語検定まであと2週間ほどになりました。
受験票も届きました。

前回中国語検定初挑戦で3級合格、今回いきなり2級に挑戦です。

28日中には結果書きます。

インターネット探してると中検受験仲間がいますね↓


語学 ブログランキングへ
posted by 英語好き at 11:45| 中国語検定2級 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月26日

中国語の"速読英単語"

私が受験生時代に英語の勉強のために使用していた「速読英単語 必修編」ですが、最近中国語のテキストでそれにそっくりな本を見つけました↓



著者も「速読英単語 必修編」がとても良い本なので、中国語の単語学習のためにも、それに近いテキストを作りたかった、と言っています。中検2級あたりを狙っている人向けでしょうか。

私自身、頻出単語は文脈で覚えるべきだと思って「速単」的なテキストを探していたため、前回紹介した東大テキストを終えた後から、こちらに取り組んでいます。65課ある中で、現在34課まで終わりました。

ところで、前の東大で使われているテキストの時にも、収録されている長文が「微妙」ということに言及しましたが、やっぱり中国語のテキストって文の内容がネックですね…。この聴読中国語もちょっと、共産主義圏での「模範」と呼ばれるような人が、無理して今風に書いている感じの文章が多いです。読んでいてフラストレーションが溜まります(笑)。

まあ、それでもテキストとしては良書みたいで、中級以上の人は聴読中国語を使って勉強している多いみたいですね。


語学 ブログランキングへ

posted by 英語好き at 12:25| 中国語検定2級 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月11日

中国語検定3級合格しました!

今日試験結果が家に配達されてきました。

どうせ落ちているからな…と思いながら開封したところ、受かっていました…。やった…。

結局のところ得点は、

リスニング: 50/100
筆記:    81/100
(自己採点では中国語作文などを辛めに採点してました)

どちらにせよリスニングと筆記の両方で65点を取れないと合格できないと思っていたため、完全に落ちたと思っていました。

しかし、今回平均点が記録的に低い難しい回だったらしく、合格基準点が通常の65点から50点に調整され、ギリギリ合格になったようです。

合格基準点が15点変動するテストって…(苦)。

とにかく次回3月は予定通り2級を目指します!


語学 ブログランキングへ
posted by 英語好き at 22:15| 中国語検定2級 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月25日

東大で使われている中国語テキスト

この前の日曜日に、中国語検定の3級落ちてからもしっかり勉強続けています!今使っているのは下のテキスト。



東大の教養で使われているテキストです。

内容的に面白い話が多いので、音読したり、「音読筆写」したりして、勉強進めています。しかし、それにしてもテキスト最初の3章の内容が、

第1章.私を学校へ行かせて ― ある少女の叫び
第2章.邪悪な仕掛け ― 憎しみあう夫婦がテーマの推理小説
第3章.悲しみに育てられて ― 日本統治下の台湾人の話

なんか…あまりにもアレじゃないですか?(笑)

フランス語のようなヨーロッパの言語の教科書では、内容も華やかだったんじゃないかな、と思いますね。ちなみに私の第二外国語はフランス語だったんですが。

まあ、テーマが鬱なだけで、悪いわけではないです。

中検3級の直前はその対策ばかりでしたので、少しの間はこの本で地力をつけようと思っています。しかし、そもそも今回3級に落ちた原因のリスニングを伸ばす方法を考えないと…。うむむ…。


語学 ブログランキングへ
posted by 英語好き at 19:51| 中国語検定2級 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月22日

中国語検定3級の結果

今日中国語検定3級を受けてきました。結果は…

筆記 78/100
リスニング 50/100

中国語検定 第69回 解答速報
http://www.chuken.gr.jp/tcp/data/test.html

速報で答え合わせしましたが、リスニングで65点超えず、ダメでした…。ショックです。英検と違って中検では、筆記とリスニングの両方が65点を超えていないとアウトなのです。がっかり。

でも筆記は8割弱取れましたので、次回は2級を目指して勉強します!


語学 ブログランキングへ
posted by 英語好き at 17:59| 中国語検定2級 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月20日

中国語検定3級を受けます

何かと縁がある中国語の検定を受けます。この日曜です。

2ヶ月ほど前に今回受けようと決心し、準備していました。この1ヶ月ほどは真剣に勉強していました。下の本を使って勉強しているのですが、誤植多すぎです。あまり薦められないですね…。




英検3級というと「中学生レベル」とか「たいしたことない」というイメージがあるので、やっぱり他の検定でもそんなに難しくはないだろう、と感じてしまいますね。

…と、なぜかイメージだけで3級をなめていたら、今ピンチです(笑)。


英検では1級取っていますし、大抵の一般的な英語試験では、半ば楽しみながら

「さあ、どこからでもかかって来なさい ドコモポイント<ほっほっほ」

と、悠然と構えてられるのですが…


うーむ、でもこのピンチ感が懐かしい。いい感じです。


半年先には2級取るぞ!


語学 ブログランキングへ

posted by 英語好き at 21:32| 中国語検定2級 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月02日

フランス語と中国語の勉強

実は、英語以外の勉強もしています。

英語圏留学中にタイ語をかじったり、日本に帰ってきてからはフランス語と中国語にもチャレンジしたことがあります (ある程度真面目にやったのはフラ語だけですが)。

そんな時に私が心がけているのは、まず、大学で選択する第二外国語の授業で発音だけはある程度やっておくことです。 語学の授業に勝手に参加したりして、発音の練習は真剣に取り組みました。分からなければ先生にも聞いたりして (お前誰やねん状態ですが 笑)。

単語や文法と違って、自分一人で基礎から発音を身につけるとなると、本当に我流の発音になってしまいがちだからです。もちろん後からでも修正はできるのですが、なんとなく嫌です(笑)。

バイトやサークルなどで忙しく、自分で時間を取って勉強できないなら特に、授業の間だけでも集中して発音練習しておくのが良いと思います。


さて、それでは単語や文法はどうやって勉強するかですが、文法の勉強をするために私が必ず使うテキストがあります。

これです  



トレーニングペーパー。


フランス語と中国語でお世話になりました。 最初は文法編が1と2の2冊に分かれていて、量が多いと思ったのですが、やはり一つの言語を一通り勉強するためにはこれくらいの量は必要です。

このテキストの良い点は、

@ 一つの言語の文法を一通り学べる

A 十分な量の例文と練習が収録されている

B 学習のパターンが一定


@を満たしていない会話帳のような「自称・文法書」が多い中、このテキストは中級レベルまでの文法を一通りをしっかり勉強できます。非常に心強い。他の簡単なテキストを終わらせても、結局勉強し損ねている項目がポロポロ出てきては意味がありません。多くの中途半端なテキストを何冊も使って勉強するより、一つの良いテキストをしっかり反復練習すればもっと力をつけられます。


ちなみにこの「トレペ」シリーズは大学で勉強することのできるメジャーな第二外国語の言語であるフランス語・ドイツ語・中国語をカバーしています。

将来他の言語を勉強したくなった時、この形式に慣れておけば、確実に外国語習得のためのハードルが低くなりますね。まずはトレペをしてみればしっかり基礎が押さえられることが分かります。




日本では英語以外の言語のテキストは、なぜか「中身すっかすかのテッキトーなテキスト」か「古文書並みの歴史を感じる煩雑かつ見にくいテキスト」のどちらか…。究極の選択じゃないんだから…。

トレーニングペーパーは、これさえ網羅したらしっかり基礎ができる!という条件を満たしつつ、分かりやすいテキストの代表ではないでしょうか。

英語以外の勉強をしたいと思ったら、ぜひ見てみてください♪


語学 ブログランキングへ

posted by 英語好き at 23:36| 中国語検定2級 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。