2015年11月11日

慶應大学法学部の英語入試問題を解いてみました (2014年度版)


あれ、前にも慶應法学部の問題解いてなかった?

ついにボケたか?

と思われるかも知れませんが、前回のは 2015年度の問題だったんです。

今回は2014年度の問題です m(_ _)m

というのも、慶應の英語はいつも難易度が高いのですが、

2014年の法学部は特に難しかったと、

フィリピンに散ったRYUさんが言ってました (殺すな)。

※ 行った

で、これは挑戦してみようと思ったんですね。

問題は 前回同様 河合塾のサイトでダウンロードしました ↓
http://kaisoku.kawai-juku.ac.jp/nyushi/honshi/14/k12.html

でも、まぁ私の記事はいつも通りせいぜい部分的にツッコミを入れるだけなので、

解説的なものは Jinyさんの記事をご覧下さい! (スムーズな丸投げ)

具体的に話に入りたいのですが、その前に。。

========================================================



自分も解いてみたいという方はこれより先は

ネタバレがあります!!

ご注意ください。。 m(_ _)m < 解いた後でご覧下さい。。



========================================================

さて、まずは成績ですが、時間は80分ほどで解いて、

57問中3問ミスでした (正解率 94.7%)。

今回間違えた問題もやはり前半でしたね。

19番と21番と25番でした。

明らかに固まってますが、全部同じ大問中 (会話中の空欄補充問題) のミスです (笑)。

まずは 19番と21番が下のような問題 ↓

デートについて話している二人の女の子

Laura: There's a lot of planning that goes into going on a date, isn't there? I really like this guy, so I hope after all this I don't get ( 19 ).

Aya: Oh, I'm sure you won't... But having said that, I once went on a date and the guy didn't turn up but instead sent his junior to ( 20 ) for him!

Laura: No way! I wouldn’t have ( 21 ) that!

選択肢 [0. stood up 1. stand about 2. stand off 3. stand on 4. stood with
5. stand out 6. stand for 7. stand in 8. stood down 9. stood for]

で、25番がその会話の続きで下のようなものでした ↓

Aya: After all, you never know how things are going to go. I tend to want to plan a date down to every little detail, but I guess I should relax more and play it by ( 25 )

選択肢 [0. face 1. foot 2. ear 3. nose 4. hand
5. leg 6. heart 7. head 8. arm 9. hair]

19番: 悔しいですね。 stood upは正解したかった。

21番: stand for って、そんな意味ありましたっけ? (汗) しかたない (_ _)

25番: play it by ear: 出たとこ勝負でやる? どうでもええわ (笑)。

========================================================

あと、間違いはしなかったのですが、一つ特に難問だと思った問題がありました。

54番です。

4つのセンテンスを並べ替えて一つのパラグラフを完成させる問題なんですが、来年から TOEIC が導入することで話題の文脈問題っぽいですね。 かなり難しいと感じました ^^;

[@] There might have been an established anthropological theory supporting the differences between the two.
[A] Furthermore, unlike many other imperial powers, Japan did not advance into remote regions.
[B] If Japan had been divided and ruled in the nineteenth century, "Japanese" living in the south of Japan might have been classified as a different ethnic group with a different language from those living in the north.
[C] Nor did she rule her colonies long enough to establish a close relationship that would allow for long-scale migration even after her former colonies become independent as happened in the case of Great Britain.

興味ある方はぜひ挑戦してみて下さい〜 m(_ _)m

長文の前後と解答は下の河合塾のページにあります ↓
http://kaisoku.kawai-juku.ac.jp/nyushi/honshi/14/k12.html

========================================================

ところで長文読んでる最中にゴキブリに急襲されたのですが、

幸い僕もゴキブリも無事でした。 (※逃げられた)

精神ダメージ回復の応援お願いします.. (´° ∀ °`) < 無用な殺生をせずに済んだ (白目)。


人気ブログランキングへ

追記: Jinyさんアドレス間違えてたの指摘ありがとうございます!


posted by 英語好き at 15:25| Comment(14) | 大学入試英語 (センター以外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月18日

慶應大学法学部の英語の入試問題を解きました!


Jinyさんが、2015年度の慶應大学 法学部の入試問題を解いていらっしゃったので、今回はそちらの問題に挑戦してみました〜。

vs 慶応大学! (大文字で何言うてんねん)

問題・解答は河合塾のサイトでダウンロードしました
http://kaisoku.kawai-juku.ac.jp/nyushi/honshi/15/k12.html

時間は75分ちょっとで解いて、

間違えたのは 56問中2問でした。

正解率 96.4%。

うーん、やっぱり問題としては英検1級より難しいです。。。 ^^;

しかしながら、難しいのは後半の長文問題だろうと思いきや、

前半の大問TのA(誤文指摘問題)と 大問UのA(穴埋め問題)

が鬼の難易度でした。。

長文とかじゃない選択問題なので、すぐ解けます。 (ただし正解できるとは言っていないw)

さて、では間違った2問についてなのですが…

=========================================================


自分も解いてみたいという方はこれより先は

ネタバレになります!

ご注意ください m(_ _)m < 解いた後でご覧下さい。。


=========================================================

さてさて、私が間違えたのは (4) 番と (30) 番でした。

4番は、下の5つの文の中から文法的に間違いのある文を一つ選びなさい、という問題です。

1. Mount Fuji is certainly a wonderful sight.
2. You can make an argument for anything if you know which author to cite.
3. They considered Mount Fuji but decided it wasn't the right site.
4. To shoot properly you need to look along the sight.
5. He decided to cite his novel in the past.

僕は 1を選んでおりました (恥)。 5の文の意味がよく分からなかったんですよね〜 (笑)。 なんか 「過去の(or 過去に)彼の小説を引用したよ」 的なことなのか?と思って、じゃあ合ってるかなぁと。 それより、 1 が sight でなく site の間違いっていうことなのか?と血迷って 1 に。

Jinyさんがブログで同じ問題を解いて解説をしていらっしゃるんですが、

前半 (15番まで) の解説を終えた Jiny 師匠の一言:

「ここまでで間違えるような受験生は落ちるね」

落ちてしまった。。。 (´・ω・`) (開始早々 4番で 笑)

=========================================================

もう一つのミス 30番の方は、会話文の中のカッコに前置詞を入れる問題でした。

Haru: In other words you're saying this is the end of print media.
Jack: It looks as though the writing is ( 30 ) the wall – or rather the screen!

0.about 1.around 2.back 3.between 4.down 5.in 6.off 7.on 8.at 9.up

私はこの表現を知りませんでした。 「何らかのものがもうすぐ駄目になる、消えてなくなってしまうことが目に見えている状態」 という意味の定型表現とのことです。 知らずに off にしてました。 あっはっは。

いや、でも、この2問以外にも不安な問題があったので、間違ってたの2問だけでほっとしました ^^; < Jinyさんすごいっす。

=========================================================

改めまして、 Jinyさんがこの問題を解いて解説されてるのがこちらの記事です

慶應大学法学部2015年度版 by Jinyさん
http://jinyinve.blog.fc2.com/blog-entry-6.html

そして、 RYUさんも以前に解かれてます

早稲田大学スポーツ科学部&早稲田&慶應大学法学部の問題解いた結果 by RYUさん
http://toeictoeflielts.blog.fc2.com/blog-entry-205.html

ところで、前は RYU さんと私って、難しいと感じた問題やポイントが違ってることが多いような気がしてたのですが、今回 Jinyさんの解説を読んで、

Jinyさんの悩んでるポイントが違いすぎてすごい。。。

と思いました (笑)。

僕がめちゃめちゃ悩んだような箇所を Jinyさんは瞬殺してたり。。

Jinyさんもしかして自分が気付いていないだけで、

英語のネイティブとかじゃないですよね…?

なんで間違ってる文を即判断できるんですか!? 僕 初っ端から相当考えさせられたんですけど! (笑) むしろ後半の長文のが楽でした。

さて、記号選択問題オンリーの問題なので、

京大の問題よりは気軽にチャレンジできると思います!


皆さまもぜひどうぞ! (※ 実際に解くのが楽とは言っていない 笑)

応援クリックを... お願いします.. m(_ _)m


TOEIC ブログランキングへ

posted by 英語好き at 16:55| Comment(18) | 大学入試英語 (センター以外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月13日

京都大学の入試問題を解いてみました!


国公立大学では最難関ではないかという噂の京大英語を解いてみました。

適当に検索したら見つかった

http://kaisoku.kawai-juku.ac.jp/nyushi/honshi/15/k01.html

この河合塾のページから... 今年 2015年 春の京大英語の問題をダウンロードしました。

制限時間は2時間 です (だと思います)。

僕は 75分強で解いて、その後 10分ほど見直したりしてました。

もちろん辞書とかネットは一切使ってないので、模範解答ではありません ^^;

結果!!

というか、これ解き始めてから気が付いたのですが、

採点できないっすね (苦)。

全問 記述問題なんですね〜。。

えーと、全部で大問が3つありまして、最初の2つが英文和訳、最後の1つが和文英訳です。

なので、自分の解答を載せる方向で。。 ^^;

=========================================================


自分も解いてみたいという方はこれより先は

ネタバレになります!

ご注意ください m(_ _)m < 解いた後でご覧下さい。。


=========================================================

問題文全体についてはこちらでご参照ください。

T(1) 下の部分の和訳

Only when combined do these tones become the complex sound we call classical music. Essentially, music is just one example of a hierarchical system, where patterns are nested with larger patterns – similar to the way words form sentences, then chapters and eventually a novel.

私の解答:組み合わさることで初めて、それらの音階は私たちがクラシック音楽と呼ぶ複雑な音となるのだ。本質的には、音楽もこのように小さなパターンの数々がより大きなパターンの内に座しているという階層を持つ体系の一例に過ぎない。このことは、一つ一つの単語が組み合わさることで文ができ、それがさらに組み合わさって章になり、終いには一つの小説が形作られるということにも近いと言える。

T(2) 本文中の this paradigm というのを日本語30〜50字で説明。

私の解答: 限定された数の普遍的構成素の組み合わせにより、異なる機能が生み出されているという枠組みのこと(46語)。

「構成素」 とかいう日本語を造った気がしています (汗)

T(3) 下の部分の和訳

Listening to the music improved our understanding of the mechanism by which the chains of amino acids interact to form a material during the silk-spinning process. The chains of amino acids that formed silk fibres of poor quality, for example, translated into music that was aggressive and harsh, while the ones that formed better fibres sounded softer and more fluid, as they were derived from a more interwoven network.

私の解答:こうして紡がれた音楽を聞くことで、合成シルクが生成される過程においてアミノ酸の配列がお互いにどのように作用し合うのかというメカニズムの理解が促されたのである。これは例えば、品質の悪いシルク繊維を構成するアミノ酸の配列は 音楽に置き換えた時には、激しく、鋭いものになり、一方で品質の良い繊維を成す配列は優しく、流れるような音楽になった。後者はその構造がより密に絡み合ったネットワークだったからである。

U(1) 下の部分の和訳 (ただし Far from it の it を明確にして)

Far from it, in fact. Not only does nothing remain a mystery, but (and possibly because of it) – nothing also keeps on making an appearance in virtually every walk of life, even when we don't notice.

私の解答:「無」についての問題は17世紀末までには解決しており、今はもうそれについては何も話すことも、気を煩わせるようなこともなくなったかというと、事実は全くもってそうではない。 「無」は未だに謎であり続けているだけでなく、(もしかするとそれが今も謎であるからこそ)生活のほとんどありとあらゆる場面において、私たちが気付いていない時でさえも、その姿を現し続けているのだ。

walk of life を誤訳してます (苦)。 しまった (苦)。

U(2)下の部分の和訳

Since it follows that the more we know, the less we don't know, we are left with one of those strange paradoxes that the more we know about everything, the less we know about nothing.

私の解答:「より多くを知るほど、知らないことは少なくなる」ということから考えると、「私たちが全ての事象についてより多くのことを知るほど、無について知っていることは少なくなっていってしまう」という奇妙な矛盾の一つに直面することとなる

「直面することとなる」 っていう訳は、まぁ "are left with" を自然に訳せずに逃げた部分だったのですが、予備校の模範解答の 「私たちに残ることになる」 っていうのも直訳ですよね〜。。 自然に訳せないもんですかね。。

U(3) 原形の動詞を正しい形にして入れるという空欄補充問題。

私の解答: ア Brought  イ sung (両方正解でした)

V(1)下の会話の英訳

花子:昨日の夕刊見た?絶滅の危機に瀕していたトキの雛が孵ったと書いてあったわ。
太郎:飼育係の人はさぞかし大変だっただろうね。
花子:でも、この雛は自然に戻されたトキから生まれたのよ。
太郎:トキが住みやすい環境、つまり、きれいな水や空気があり、珍しい鳥だからと追いかけ回されたりしない場所というのは、僕たち人間にとっても居心地のよいものなのかもしれないね。

私の解答: 
Hanako: Did you see yesterday's evening paper? It said that they succeeded in hatching a chick of Toki, a bird that's been on the verge of extinction.
Taro: I guess the caretakers must have had a lot of trouble.
Hanako: No, this chick was born from a Toki that had been returned to its natural environment.
Taro: A comfortable environment for the Toki birds, I mean, a place that has clean air and water and where they won't be chased around by humans just because they're a rare species might be a good place for us human beings to live in, too.

うーん、めちゃくちゃ翻訳くさい会話になりました (苦)。 あと、課題文なんですが、最後のタローのセリフおかしすぎでしょ (笑)。 「タロー突然どうした?」 ってぐらい話が飛んでる気がします。 鳥の話だけに。

V(2)下の和文の英訳

世界には文字を持たない言語がたくさんあるらしい。毎日文字に囲まれて暮らしている私たちからすれば、さぞ不便なことだろうと思ってしまいがちだ。しかし、文字があろうがなかろうが、ことばの基本的な働きに変わりはない。文字のある言語のほうがない言語より優れているなどと考えるのは、とんでもない思い上がりだろう。

私の解答: They say that there are a lot of languages without a writing system. Leading lives surrounded by numerous characters, we are inclined to think that living without them must be extremely inconvenient. Nevertheless, with or without a writing system, the essential functions of a language do not differ. Thus, to consider a language with a writing system superior to one without it would be absurdly arrogant.

文法が分からなかったんですが (おい)、最後のセンテンスの one without it の it っておかしい?ですよね? 感覚的には it なくても良いかなとは思ったんですが、やはり予備校の解答では one without になっていて、 it ないですね〜。。 orz...

=========================================================

ということで、ちょこちょこミスがあるので満点は無理っぽいですね〜

難易度としてはどうなんでしょうねぇ〜。。。

ん〜、わかんない テヘペロー (・ω<)

で終わらせたいところですが (だって国公立の問題解いたの人生初ですし 笑)、

いや、でも、

個人的には早慶上智の問題の方がしんどかった 気がします。

問題の量があっちのが多いですし、特に難しい問題だとたまに私が読んでもよく分からない文章とかも出されてたりしますし。

ただ、京大の問題は記号選択問題がなく、全問記述式であるという点で、小手先のテクニックが通用しにくい問題になっているな〜とも感じました。

「和訳せよ」 とかなので、がっつり理解度がバレますしね。

あと 「英訳しろ」 もキツいですよね (笑)

な〜にが

「ねえねえ、昨日の夕刊見た?

絶滅の危機に瀕しているトキの雛が孵ったらしいわ!」


だっていう。 噛むわそんな会話。

トキよりも夕刊で会話してる高校生のが絶滅してんじゃない? です (サラリーマンか)。

さてさて、話がブレ始めた所で、個人的な感想を4行にまとめますと (←中途半端)、

英文としては早慶上智の方が難しかった気がする。

受験英語の最難関というのは流石に言いすぎかな?

ただ小手先のテクニックで点を取ることが難しいので、

超高校生級であることは間違いない。


っていう印象でした。。 ^^; ← 自分も間違えといてよう言うw

=========================================================

さて、次回は Jinyさんのリクエストにより、

エミネム聞き取りチャレンジをやってみます!

eminem.jpg

課題曲は代表曲である Lose YourselfNot Afraid です。

まだ現時点では全く聞いてません! どうなることやら!

頑張ってね〜という優しい皆様からの応援クリック、待ってます!! m(_ _)m < トキ。。。


学問・科学ランキングへ

追記: Junさんの 「英検に近いのはどの英文雑誌なんだ決定戦 2015」 が4回戦に入り、これまで以上に決定戦らしい様相を呈してきております!! 英検を視野に勉強をしている方はぜひ! ^^

posted by 英語好き at 16:09| Comment(28) | 大学入試英語 (センター以外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月14日

慶應大学経済学部 英語(2月13日実施分) 私の解答

2月13日に実施された慶應大学 経済学部の英語解答を下記に書いておきます。

※ 私の解答なので、間違えている可能性はあります。

=================================================

以下解答を出しておりますので、

解きたい方は後ほどご覧下さい。。。 m(_ _)m


問題は前回同様 RYUさん紹介の下記サイトからダウンロードしました。
http://sokuho.yozemi.ac.jp/mondaitokaitou/index.html





意味のないスペース





=================================================

解答

T
1.1 2.1 3.3 4.4 5.2
6.4 7.2 8.3 9.3 10.5
11.1

U
12.3 13.4 14.3 15.4 16.3
17.2 18.4 19.2

V
20.3 21.1 22.2 23.1 24.2
25.4 26.2 27.1 28.3 29.2
30.2

英作文は省略

感想

えーっと、2番は1が正解ですね。 東進はひっかけにひっかかっています。 東進は23番も間違えているんですね。 21番については、僕は下のコメント欄で説明しているような根拠で might を選びましたが、間違えている可能性はあります。 どうでしょうね ^^;

=================================================

ちなみに 63分55秒で解きました。

応援クリック、よろしくお願いします... m(_ _)m

TOEIC ブログランキングへ


にほんブログ村 英語試験ランキングへ

関連記事
● 私の持っている英語資格
● センター英語 2015 解きました。
● 慶應大学薬学部 英語(2月10日実施分) 私の解答
● 慶應大学看護医療学部 英語(2月11日実施分) 私の解答

posted by 英語好き at 18:04| Comment(16) | 大学入試英語 (センター以外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月13日

早稲田大学文化構想学部(2月12日実施分) 私の解答

2月12日に実施された早稲田大学文化構想学部の英語解答を下記に書いておきます。

※ 私の解答なので、間違いはあります。

=================================================

以下解答を出しておりますので、

解きたい方は後ほどご覧下さい。。。 m(_ _)m


問題は前回同様 RYUさん紹介の下記サイトからダウンロードしました。
http://sokuho.yozemi.ac.jp/mondaitokaitou/index.html





意味のないスペース





=================================================

解答

大問T

(A)
1.c 2.c 3.b 4.a 5.a 6.b 7.b

(B)
8.a 9.d 10.b 11.b 12.d 13.a 14.c ※11番間違えてます(苦)。正解 c ですね。

大問U

(A)
15.c 16.a

(B)
17.a 18.a 19.d

(C)
20.a 21.b 22.a 23.c 24.b ※20番はどうなんだろう...(苦)。

大問V
25.b 26.a 27.h 28.d 29.c 30.f 31.g

大問W
32.j 33.f 34.c 35.e 36.m 37.a 38.l (エル)

大問X
 'Culture shock' is a phenomenon where a person who goes abroad experiences difficulty adapting to a different culture, but what is known as 'second culture shock', which may occur to those who go back to their home country after having been absent there for many years, can lead to even a greater mental distress because it gets them when they are off guard. (※一応一つの文です 笑)

感想

11番は意味分かってませんでしたね。 完敗。 20番もよく分かってませんが、これは悪問な予感もします。 RYUさんもご指摘の通り、なんか正解の選択肢を裏付ける直接の根拠がないように思えます。 もし本当に肯定の根拠が文中にないのであれば、どうかと思いますね。。。

消去法でしか選べない正解は... 美しくないです (誰だお前w)。

=================================================

ちなみに、60分41秒で解きました。

ま〜、結構ポコポコ間違えてそうですね。

明日は早稲田か慶応かの一校分なら解けるかな...

応援よろしくお願いします! m(_ _)m

TOEIC ブログランキングへ


にほんブログ村 英語試験ランキングへ

関連記事
● 私の持っている英語資格
● センター英語 2015 解きました。
● 慶應大学薬学部 英語(2月10日実施分) 私の解答
● 慶應大学看護医療学部 英語(2月11日実施分) 私の解答

posted by 英語好き at 19:43| Comment(10) | 大学入試英語 (センター以外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

慶應大学理工学部 英語(2月12日実施分) 私の解答

2月12日に実施された慶應大学 理工学部の英語解答を下記に書いておきます。

※ 私の解答なので、間違いはあります。

=================================================

以下解答を出しておりますので、

解きたい方は後ほどご覧下さい。。。 m(_ _)m


問題は前回同様 RYUさん紹介の下記サイトからダウンロードしました。
http://sokuho.yozemi.ac.jp/mondaitokaitou/index.html





意味のないスペース





=================================================

解答

大問1
1.1 2.1 3.2 4.2 5.3
6.1 7.4 8.1 9.1 10.1 ※並び替えの8番 「9.,」を見落としていて間違ってました(汗)。 何これww
11.3 12.3 13.3 14.4 15.7
16.8 17.9

大問2
18.3 19.2 20.5 21.4 22.2
23.5 24.6 25.4 26.1 27.4  ※ 少なくとも 23番は間違ってます。多分 apple です。
28.3 29.2 30.3 31.3 32.2
33.4 34.2 35.4

大問3
36.4 37.3 38.4 39.2 40.4
41.1 42.1 43.1 44.3 45.3

大問4
46.1 47.3 48.1 49.2 ※ 49番も間違ってますね。 誤り無し?? 文頭の Because はダメとか言う?

大問5
(1) dietary (2) attendance (3) receipt (4) succession (5) sensitive

大問6
@ found A extension B regulate C signals D perceives 
E disturb F Advances G advantage

※Eは disrupt もいけそう。 Fは advancements もOKでしょう。

感想

22番がすっごい面白い良問なのに、23番はどう考えても悪問ですよね。。。 こんなん、 「そんな言葉を知ってるだけの人を合格させたいの??」 っていう感じなんですが。。 未だに正解が "apple" じゃないと思いたいほどです。 もっと 「閃き」 が大事な問題だと思って 色々考えてたのに... 残念です。

並べ替えの 「9., ( ← コンマwww)」 っていうの、笑いましたね (笑)。 コンマも独立した単語と同じく並べ変えなアカンのかい!! っていう。 全然気付いてませんでした。 やっぱり大学入試問題って、純粋な英語力じゃなくって、こういう注意力とか洞察力みたいなのも試してる部分があるんでしょうね。 大問6は別解はありますよね??

=================================================

69分12秒で一通り解いたんですが、そこから10分ぐらい追加で23番を考えてました。

結局よく分からず、終わってから辞書引いたら、うーん、間違ってましたね。

でも、心から 「知らんがな!!」 と思いました。。 この問題はほんま極悪ですね。。。

考えるだけ時間の無駄や。。。。 orz...

応援クリック、よろしくお願いします... m(_ _)m

TOEIC ブログランキングへ


にほんブログ村 英語試験ランキングへ

関連記事
● 私の持っている英語資格
● センター英語 2015 解きました。
● 慶應大学薬学部 英語(2月10日実施分) 私の解答
● 慶應大学看護医療学部 英語(2月11日実施分) 私の解答

posted by 英語好き at 17:22| Comment(2) | 大学入試英語 (センター以外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月12日

慶應大学看護医療学部 英語(2月11日実施分) 私の解答

2月11日に実施された慶應大学 看護医療学部の英語解答を下記に書いておきます。

※ 私の解答なので、間違っている可能性あります。

=================================================

以下解答を出しておりますので、

解きたい方は後ほどご覧下さい。。。 m(_ _)m


問題は前回同様 RYUさん紹介の下記サイトからダウンロードしました。
http://sokuho.yozemi.ac.jp/mondaitokaitou/index.html





意味のないスペース





=================================================

解答

T
1.D 2.D 3.D 4.C 5.C
6.B 7.C 8.D 9.D 10.D
11.C 12.C 13.B 14.C 15.B
16.D 17.D 18.C 19.A 20.A

U
1.C 2.B 3.D 4.D 5.C
6.B 7.C 8.A 9.B 10.C

V
1.F 2.E 3.A 4.C

W
1.C 2.D 3.A 4.C 5.B

X
1.B 2.D 3.C 4.A 5.C

Y
1. D 2. D 3.D

4. その看板が そのこと(“山は登山者のことなんて考えちゃいない”ということ)を そういう風に表現していたことが、僕にとっては一種特別な意味があった。

5. 20代の若者たちは、今の自分たちの選択や行動に意味があるということを知りたいのだ --- もちろん、彼らが選択や行動には意味はある。

Y
英作文なので省略

感想

なんか、この問題を作った人、あんまり問題作るの上手くないんじゃないですかね (いきなり暴言 笑)。 T、U、Vは芸が無さ過ぎますし、というか、いきなりTのこの脈絡のない穴埋め20問連発は失礼さすら感じましたね (笑)。 で、W、Xは悪問だと思います (また言ってる 笑)。 Wなんて、もう、英語の 「段落」 の意味が分かってないんじゃないの??っていうレベルです (笑)。 Xもどうしようもなさ過ぎて半分放棄しました。 あと、そうそう、例年 出題形式がこうなのかも知れませんが、

W番とX番の解答方式が特殊すぎます。

めちゃめちゃ混乱しました (苦)。 Yが唯一のまともな問題じゃないでしょうか。

=================================================

英作文はやっていませんが、かかった時間は 45分18秒でした。

ところで、制限時間は何分なんでしょう??

応援クリック、よろしくお願いします... m(_ _)m

TOEIC ブログランキングへ


にほんブログ村 英語試験ランキングへ

関連記事
● 私の持っている英語資格
● センター英語 2015 解きました。
● 上智大学の入試問題を解いてみました〜 (2月4日実施分)

posted by 英語好き at 19:14| Comment(0) | 大学入試英語 (センター以外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

慶應大学薬学部 英語(2月10日実施分) 私の解答

2月10日に実施された慶應大学 薬学部の英語解答を下記に書いておきます。

※ 私の解答なので、間違いがある可能性はあります。

=================================================

以下解答を出しておりますので、

解きたい方は後ほどご覧下さい。。。 m(_ _)m


問題は前回同様 RYUさん紹介の下記サイトからダウンロードしました。
http://sokuho.yozemi.ac.jp/mondaitokaitou/index.html





意味のないスペース





=================================================

解答

大問T
1.1 2.2 3.2 4.5 5.3 6.1 7.5 8.2 9.2 10.3
11.4 12.5 13.2 14.3 15.4

大問U
16.3 17.3 18.5 19.1 20.3 21.4 22.4 23.3 24.5 25.2
26.3 27.3 28.2

大問V
29.5 30.5 31.3 32.3 33.4 34.4 35.3 36.3 37.2 38.1
39.4 40.1 41.3 42.1 43.3

感想

長文の大問が3題 バンバンバーンと来て、分かりやすかったですね。 看護医療学部の問題と違って、大変好感が持てました (持ってどうする 笑)。 一個目の長文も面白かったですし (ヤードやと思てたら、これ、メートルやないかい!!っていうオチも好きw)、三個目もグーグル翻訳についての話で、溢れ出そうなほどの興味を持って読みました。 そうそう、29番は巧さを感じさせる良問でしたね。

=================================================

ちなみに、58分24秒で解きました。

で、制限時間何分なんでしょうかね? (調べてから解けよっていうww)

応援クリック、よろしくお願いします... m(_ _)m

TOEIC ブログランキングへ


にほんブログ村 英語試験ランキングへ

関連記事
● 私の持っている英語資格
● センター英語 2015 解きました。
● 上智大学の入試問題を解いてみました〜 (2月4日実施分)
● 英検1級の問題解きました 2014年度第3回

posted by 英語好き at 16:45| Comment(4) | 大学入試英語 (センター以外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月11日

上智の入試問題 (英語) 全部解きました。


ネタばれありますので、

解きたい方は後ほどご覧下さい。。。 m(_ _)m


問題は前回同様 RYUさん紹介の下記サイトからダウンロードしました。
http://sokuho.yozemi.ac.jp/mondaitokaitou/index.html

=================================================





意味のないスペース





=================================================

ということで (ということで?)、

今年の上智の入試問題、英語は全日程分解き終わりました!

結果は。。。

2月4日分: 79分02秒、 3ミス (6番、13番、75番)

2月5日分: 76分22秒、 2ミス (32番、43番)

2月6日分: 84分27秒、 2ミス (8番、29番?)

2月7日分: 82分33秒、 2ミス (40番、43番)

2月9日分: 50分52秒、 0ミス (かな?)

大体 2ミス前後な感じがしますね。

4日の分のミスの数が増えているのは、増田塾の解答が代ゼミの解答と違っており、追加の間違いが発覚したからです (汗)。 なぜか 9日分だけ圧倒的に簡単でしたね。 解答時間も段違いです。

4日と9日の分は前に記事にしていたので、5日、6日、7日の感想を以下に書いておきます〜〜

=================================================

2月5日分

76分の内 40分以上を大問2にかけました (笑)。 この大問がダントツで難しかったですね。 一回通して読んだだけではよく分からないほどで ^^;; 設問を解きながら 部分部分読み直しました。 時間を掛けたおかげで、この問題はノーミスでクリアです。

間違えた2問は、駆け抜けるように解いた文法・語法系の問題です (苦)。

32番。 よく分かってませんでした。

43番。 この動詞の語法を正しく知らなかったのが原因です。 つまり、普通に間違えたと言うことですね (笑)。 今後は覚えておきます。。

ま、長文系は読み直したり、じっくり考えれば正解できることって多いですが、基本 「知らんかったらアウト」の語法系の問題は、しゃあないですよね… (= =)


2月6日分

後半の文法語法系の大問3つは10分強で終わったので、最初の長文問題2つに70分以上が費やされた訳ですね。。。

長いっす。。。 長すぎます。。 内容の難しさでは多分6日の大問2の方がまだちょっと難しかったと思いますが、とにかく長かったです。 また、設問の嫌らしさが光ってる回でした (笑)。

トータル、2問ミスでした。 8番、29番です。

既に自分の解答が正しいと思っている訳でもないんですが、29番は納得できないでいます (笑)。 僕は29番の解答を最終的に b にしたのですが、 a か b で迷っていました。 "brick and mortar"(レンガとモルタル) なら 「材料」 なので、a. materials at hand も可能性あると思ったからです。 d は 「ツール」 ということで、私の中では (可能性として) ないと思っていたんですが。。。 ちなみに東進は僕と同じく b らしいのですが、これって本当の解答いつ分かるんでしょう??

8番は、選択肢が意地悪すぎる悪問だと思いますね〜。。。私は c を選んでたんですが、否定しようと思えば、a c d のどれでも正解にできる気がします。 で、他の残りの選択肢については、何かしら理屈をつけて否定できる感じがして、八方塞の感がありました。

55番 間違い!?と思ったら、代ゼミの解答が間違えてたんですね。 増田塾が正解でしょう。


2月7日分

地味に時間かかりましたね。 ただ、難しい大問と簡単な大問の差が激しかった印象です。 私が難しいと感じたのは、大問4と6でした。

大問4は 31番 と 40番の選択肢が微妙で長考しました。 40番間違えました。 最初は正解の a を選んでたんですが、 pushing に引っかかって、 「いや、学習塾が push してるわけじゃなく、主旨は香港全体の trend でしょ?」 と思って、b にして間違えました (無念。。。)。

大問6は話が見えずに2度読みする羽目になりました。 これ短い文章なのに、多分今年の上智の文章で1、2を争うほどの難しさじゃないですかね?

で、この文章って、出典を見るとカーネギー・A...

カーネギー。。。

ああ〜、あの 『人を動かす』 のおっちゃんか〜!

人を動かす


と思って読んでました。

で、さっき 下のコメント欄で RYUさんと 『この文章難しかったですよね〜』 っていう話をしていて、調べてみたら、違うやん!! 人違いやん!! っていうことに気付いて 一人で噴きました。

この文章は、鋼鉄王のカーネギーさん でした (恥)。

The Autobiography of Andrew Carnegie and The Gospel of Wealth


これがほんとの、 カーネギー違い ってね。 (ほんまもくそもあるかい 笑)

はい、あともう一つ間違えた 43番は、I don't (care) ping pong. を選んでました。 一番マッチしてる気がしたんですけどねぇ。。。 そうか、普通に play か。。。(苦)

とか言ってたら、彼女に

「そんな中学生でも分かる問題間違えたの?」

と言われました (´・ω・`) (´・ω..:;.:... (´:;....::;.:. :::;.. .....

=================================================

もしも僕で分かることでしたら、質問下さったら答えさせて頂きます。。

ただ、ややアバウトな解説になるとは思います (笑)。

応援クリックお願い致します。。 m(_ _)m

TOEIC ブログランキングへ


にほんブログ村 英語試験ランキングへ

関連記事
● 私の持っている英語資格
● センター英語 2015 解きました。
● 上智大学の入試問題を解いてみました〜 (2月4日実施分)
● 上智大学 2月9日実施 英語 (解答)

posted by 英語好き at 19:16| Comment(4) | 大学入試英語 (センター以外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月10日

上智大学 2月9日実施 英語 (解答)

昨日 2月9日に実施された上智大学の英語の問題の解答を下記に書いておきます。

=================================================

解答付きでネタばれしてますので、

解きたい方は後ほどご覧下さい。。。 m(_ _)m


問題は前回同様 RYUさん紹介の下記サイトからダウンロードしました。
http://sokuho.yozemi.ac.jp/mondaitokaitou/index.html





意味のないスペース





=================================================

解答

1.d 2.d 3.c 4.d 5.a 6.b 7.d 8.b 9.b 10.a
11.a 12.b 13.d 14.a 15.b 16.d 17.b 18.c 19.b 20.a
21.c 22.c 23.b 24.d 25.b 26.a 27.a 28.c 29.c 30.b
31.i 32.f 33.c 34.d 35.e 36.g 37.h 38.b 39.a 40.k
41.h 42.i 43.d 44.g 45.e 46.b 47.f 48.j 49.a 50.c
51.a 52.d 53.c 54.d 55.a 56.b 57.d 58.b 59.c 60.c
61.a 62.b 63.d 64.a 65.b 66.d 67.b 68.a 69.d 70.c
71.e 72.b 73.c 74.a 75.e

少なくともほぼ満点レベル ではあるはずです。

私は 2番は d だと思うのですが、他の解答速報を見ると違ってるんですよねぇ〜。。。

12番も違うんですけど、これは合ってると思うんですけどね〜〜

なんか自分が正しい気がしてきたので、自分の解答そのままで通すことにしました!!

(間違ってたらどうしよう。。 汗)

ちなみに、50分52秒で解きました。

さて、まだ代ゼミの解答は出てないみたいなんですが、どうでしょう!?

=================================================

追記: 代ゼミの解答出ました。(※公式の解答ではないみたいですね 苦)

全問正解!!! よっしゃ!!

よかった〜。 他の解答速報と違ってたりしたので、結構びびってました。

とは言うものの、解答時間からして、この日の問題は簡単でしたね。

応援クリック頂けると嬉しいです!! m(_ _)m

TOEIC ブログランキングへ


にほんブログ村 英語試験ランキングへ

関連記事
● 私の持っている英語資格
● センター英語 2015 解きました。
● 上智大学の入試問題を解いてみました〜 (2月4日実施分)
● 英検1級の問題解きました 2014年度第3回

posted by 英語好き at 14:31| Comment(6) | 大学入試英語 (センター以外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月06日

上智大学の入試問題を解いてみました〜

2月9日実施分の解答 はこちら ⇒ 『上智大学 2月9日実施 英語 (解答)』


大学入試英語ソムリエぴかぴか(新しい)RYUさんがブログで紹介されていた、

日本の英語最高峰との呼び声も高い (と言うと contentious ですかね? 笑)

「上智大」の入試問題 (英語) にチャレンジしてみました!!

上智大.jpg

RYUさんが紹介されていた代々木ゼミナールのサイトからダウンロードしました。
http://sokuho.yozemi.ac.jp/mondaitokaitou/index.html

解いたのは、2月4日に実施された 「神・総合人間科・経済・外国語」 の分です。

=================================================

ネタばれしておりますので、

後で解きたい方は解いた後でご覧下さい。。。 m(_ _)m


=================================================

結果は、

大問1: 9 / 10 (6番ミス)
大問2: 9 / 10 (13番ミス)
大問3: 10 / 10
大問4: 10 / 10
大問5: 10 / 10
大問6: 10 / 10
大問7: 5 / 5
大問8: 10 / 10

合計:73 / 75 (所要時間:79分)

という感じでした。 満点は無理でした(苦)。

前半は面倒な感じがあったんですが、後半の がーっと一気読みして、がーっと解けるタイプの問題になってくると、内容の面白さに引き込まれるものが多くて、楽しかったです ^^

量はかなり多いですね。

センターは軽いので万人がチャレンジしやすいですが、これはちょっと軽い気持ちで解き始めると途中で止めたくなるかも知れません (笑)。

79分で解いたんですが、これ、テスト時間 90分なんですか。。

これを 90分で解く高校生って、どんな化けもんや!?ですよ ^^;

えーっと、じゃあ、大問ごとのコメントを。。。

=================================================

大問1の間違えた問題はですねぇ〜、最初は正解の選択肢を選んでたんですが、その続きを読んで変えちゃいましたね〜。 これ、なんでダメなんだろう…(苦)

大問2の間違えたのは、んー、よく分かんない (テヘペロ

大問3の間違い探しは、何か落とし穴があるんじゃないかなぁ〜〜、と思いながらは解いてたんですが、全部合ってて嬉しいです。 間違い探し好きなので。

大問4は素直な問題ばっかりじゃないですかね。

大問5あたりから面白くなりましたね。 カコノミクス。 バイトとかでやたら意識高い人が周りから煙たがられる現象を説明する原理ですね (笑)。 「ベストセラー作家の作品が低品質」 みたいな例え話ではダン・ブラウンを思い浮かべてました。 もうそろそろあの人の本に飛びつくのは止めようかなと。

大問6も面白かったです。

大問8はショーシャンクの空からの出題。 短いのに何か心に響くものがありました。 入試問題として良いのかどうかは分かりませんが、僕的には良かったです。

=================================================

私は入試問題と言えば、センター英語くらいしか解いたことなかったので、

この上智大の入試問題が初ですね!! (だから何なんだ 笑)

質的にも量的にもセンター英語よりヘビーでしたが、その分 内容に深みがありました ^^

今後もたまには気分転換にチャレンジしようと思います。

応援クリックお願いします!! m(_ _)m < 右のランキング下のボタンでも投票できます!

TOEIC ブログランキングへ


にほんブログ村 英語試験ランキングへ

関連記事
● 私の持っている英語資格
● センター英語 2015 解きました。
● 上智大学 2月9日実施 英語 (解答)

posted by 英語好き at 16:46| Comment(6) | 大学入試英語 (センター以外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。