2011年12月03日

韓国のTOEIC対策本『Economy 3 RC1000』を解いてみました

韓国のTOEIC模試『Economy 3 RC1000』の解き終わった分について、現時点でデータをまとめておこうと思います。今後TOEICを受けることもないでしょうし、残りのセットを解くこともないと思いますので(笑)。

Economy3.jpg

日本でもGakkenから翻訳されて販売されている『TOEICテスト本番攻略リーディング10回模試』のシリーズの韓国版第3弾です。

リーディングセクションの模試テストが10回分で、模試の部分以外は韓国語です。私は韓国語は一文字も読めません。まぁ、私自身は全問解説ができるレベルですので、それは別に問題なし。

で、『イクフン黄金本』が終わってからはこちらを解いていたのですが、終わったのは6回分まででした。とりあえず第6回までのの所要時間や間違えた問題数などを下に記録しておきます。

TEST 1
合計所要時間:75分
Part5 所要時間:12分(間違えた問題:121)
Part6 所要時間: 7分(間違えた問題:148)
Part7 所要時間:56分(間違えた問題:187 189)
合計不正解数: 4問

TEST 2
合計所要時間:75分
Part5 所要時間:13分(間違えた問題:なし)
Part6 所要時間: 7分(間違えた問題:なし)
Part7 所要時間:55分(間違えた問題:なし)
合計不正解数: 0問

TEST 3
合計所要時間:75分
Part5 所要時間:14分(間違えた問題:なし)
Part6 所要時間: 7分(間違えた問題:なし)
Part7 所要時間:54分(間違えた問題:なし)
合計不正解数: 0問

TEST 4
合計所要時間:78分
Part5 所要時間:14分(間違えた問題:136)
Part6 所要時間: 6分(間違えた問題:なし)
Part7 所要時間:58分(間違えた問題:154 199)
合計不正解数: 3問

TEST 5
合計所要時間:72分
Part5 所要時間:13分(間違えた問題:115)
Part6 所要時間: 8分(間違えた問題:147)
Part7 所要時間:51分(間違えた問題:157 171 196 199)
合計不正解数: 6問

TEST 6
合計所要時間:70分
Part5 所要時間:12分(間違えた問題:なし)
Part6 所要時間: 4分(間違えた問題:なし)
Part7 所要時間:54分(間違えた問題:174)
合計不正解数: 1問

やっぱり難しいですね。本番と比べると 問題が意地悪 なんですよね。最近の公開テストのパート7はできるだけ文章を読ませる方向にシフトしてはいるのですが、英語が本当にできる人間が考えても考えても答えが絞りきれないようなダーティな問題が出ることはありません。

実際、私は公開テストのリーディングセクションは2回受けて2回とも全問正解の満点ですから、こんな風に200問中6問も間違えるとかいうことは本番では有り得ません。例えば、TEST5の196番と199番とかは、公開テストであれば問題の方が不適切だったということでdisregardされる可能性が高いでしょうね。

さて、この6回の平均を取ると、

合計所要時間:74.2分
Part5 所要時間:13.0分(不正解問題数:0.5問)
Part6 所要時間: 6.5分(不正解問題数:0.3問)
Part7 所要時間:54.7分(不正解問題数:1.5問)
合計不正解数: 2.3問


になります。やっぱり『読解特急3』をやってから読むスピードが早くなってますね。前の『Economy 4』をやった時はほとんど80〜90分以上かかってたんですが、今回は1回当たりの平均が74分になりました。ストップウォッチの魔力です。

で、私が現在のレベルの公開テストを受けると、

合計所要時間:70〜75分
Part5 所要時間:14〜15分(不正解問題数:0〜1問)
Part6 所要時間: 4〜 5分(不正解問題数:なし)
Part7 所要時間:52〜55分(不正解問題数:0〜1問)
合計不正解数: 0〜1問


ぐらいになるのが妥当です。

まぁ、私の場合は韓国の模試をやり始める前の第166回で既に満点を取ってましたので、個人的には韓国本の必要性は感じませんでした。私が韓国模試に魅力を感じたのは、コストパフォーマンスぐらいですかね。量の割に安いので。あとは、もう本当に「TOEIC力を極限にまで鍛えたいと思っているTOEICマニアのためのTOEIC本」という感じですので、その方面の方には特にアピールするんだと思います。

ただ、私の場合は日常的に5時間〜10時間は洋書のテキストや新聞などを読んでいます。TOEICがいくら難しくなろうと、生の英文より難しくなることは有り得ませんので、私はある意味で普段からTOEICでいう"高地トレーニング"とかいうレベルを遥かに超えたレベルの訓練をしていることになるのでしょう。

しかも、TOEICの英文って本当に面白くないんですよねぇ。。

※ 韓国テキストの購入については「韓国のTOEICテキストを買ってみました!」の記事をご覧下さい。ちなみに、10時間ぐらいは無駄にしても良いという覚悟はした方が良いと思います(苦)。


TOEIC ブログランキングへ

posted by 英語好き at 13:30| 韓流TOEIC模試本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月15日

『イクフン黄金本』を解き終わりました

韓国のTOEIC模試の中でも最新の『イクフン黄金本』を解き終わりました!!

Gold1200.jpg

韓国のTOEIC講師イ・イクフンは日本でも「イクフンシリーズ」で有名ですが、今回解いたこの『黄金本』は200問の模試セットが6セット収録されている模試テキストです。韓国でも今年7月に発売されたばかりで、日本ではまだ翻訳版は発売されていません。

ちなみに、私は韓国のオンラインショップで購入しました。購入の経緯は「韓国のTOEICテキストを買ってみました!」をご参照下さい。全部ハングル文字のサイトでの買い物ですので、めっちゃ大変ですけど。ちなみに、テキストの解説も韓国語ですので私も読めません。問題は良質ですが初〜中級者の独学には向かないですね。

ただ、やはり韓国製ということで、なんと『Gakkenの10回模試』をも上回るコストパフォーマンスの高さです。1200問を収録していて1070円(15,600ウォン)とは…。まぁ、日本からネットで買うと送料がかかってしまいますが。

まぁ、コスパはさておき、とりあえずリーディングセクションの成績を見てみましょう。私が全6セットの模試を解いた際の所要時間や間違えた問題数などは下記の通りです。

TEST 1
合計所要時間:80分
Part5 所要時間:12分(間違えた問題:137)
Part6 所要時間: 6分(間違えた問題:なし)
Part7 所要時間:62分(間違えた問題:なし)
合計不正解数: 1問

TEST 2
合計所要時間:83分
Part5 所要時間:16分(間違えた問題:なし)
Part6 所要時間: 5分(間違えた問題:なし)
Part7 所要時間:62分(間違えた問題:なし)
合計不正解数: 0問

TEST 3
合計所要時間:80分
Part5 所要時間:13分(間違えた問題:なし)
Part6 所要時間: 7分(間違えた問題:なし)
Part7 所要時間:60分(間違えた問題:176)
合計不正解数: 1問

TEST 4
合計所要時間:90分
Part5 所要時間:16分(間違えた問題:117)
Part6 所要時間: 7分(間違えた問題:なし)
Part7 所要時間:67分(間違えた問題:なし)
合計不正解数: 1問

TEST 5
合計所要時間:92分
Part5 所要時間:14分(間違えた問題:139)
Part6 所要時間: 6分(間違えた問題:なし)
Part7 所要時間:70分(間違えた問題:なし)
合計不正解数: 1問

TEST 6
合計所要時間:75分 ←あれ?
Part5 所要時間:14分(間違えた問題:132)
Part6 所要時間: 6分(間違えた問題:なし)
Part7 所要時間:55分(間違えた問題:197)
合計不正解数: 2問

さて、このテキストは、前半から後半のセットに移るに従って、どんどんパート7の文章の量が増えていく作りになっています。で、一番最初のTEST1からTEST5までは1回も75分の制限時間内に終わっていなかったのですが、今日解いた最後の1セットだけ何故か時間内に終わりました(笑)。

あまり長考しないように心がけたこともありますが、これって、昨日一日で終わらせた『読解特急3』の効果でしょうか。なんでしょうこれ。一日で格段に読解スピードが格段に上がってますね(笑)。

新TOEIC TEST読解特急3 上級編


すみません、黄金本のレビューよりも『読解特急3』の効果にびっくりしてそれどころじゃなくなってしまいました(笑)。ブログでのレビューのために全回ストップウォッチで時間を測りながら解いたのが良かったんでしょうか。それとも 1日で一気に20セット終わらせたのが良かったのか。

まぁ とりあえず、この『黄金本』のレビューに話を戻しまして、今回解いた6回分のリーディングセクションの平均データはというと、

合計所要時間:83.3分
Part5 所要時間:14.2分(不正解問題数:0.7問)
Part6 所要時間: 6.2分(不正解問題数:0.0問)
Part7 所要時間:62.7分(不正解問題数:0.3問)
合計不正解数: 1.0問


になりました。さて、毎回書いていますが、私が公開テストを受けた場合の目安は、

合計所要時間:70〜75分
Part5 所要時間:14〜15分(不正解問題数:0〜1問)
Part6 所要時間: 4〜 5分(不正解問題数:なし)
Part7 所要時間:52〜55分(不正解問題数:0〜1問)
合計不正解数: 0〜1問


ですので、特に後半のセットになると本番と比較しても文章はかなり長いですが、難易度だけを見るとかなり本番に近いようですね。


TOEIC ブログランキングへ
posted by 英語好き at 18:29| 韓流TOEIC模試本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月09日

韓国のTOEIC対策本『Economy 4 RC1000』を解いてみました

韓国のTOEIC模試『Economy 4 RC1000』を解き終わりました!!!

Economy4.jpg

日本でもGakkenから翻訳されて販売されている『TOEICテスト本番攻略リーディング10回模試』のシリーズの韓国版最新刊(Vol.4)です。

リーディングセクションの模試テストが10回分入っていて、もちろん模試の部分以外はオール・ハングル。アルファベットの正答一覧以外は一切読めません(笑)。まぁ、私自身はTOEICの問題には解説も翻訳も別に要らないので、問題ないのですが。

で、今回の公開テストが終わってからこつこつ解いてきまして、やっと10回分終わりました。各回の所要時間や間違えた問題数などは下記の通りです。

TEST 1
合計所要時間:90分
Part5 所要時間:17分(間違えた問題:なし)
Part6 所要時間: 6分(間違えた問題:148)
Part7 所要時間:67分(間違えた問題:175 185 192 199)
合計不正解数: 5問

TEST 2
合計所要時間:85分
Part5 所要時間:19分(間違えた問題:なし)
Part6 所要時間: 6分(間違えた問題:152)
Part7 所要時間:60分(間違えた問題:157 173 182 185 196)
合計不正解数: 6問

TEST 3
合計所要時間:98分
Part5 所要時間:16分(間違えた問題:なし)
Part6 所要時間: 7分(間違えた問題:なし)
Part7 所要時間:75分(間違えた問題:165 200)
合計不正解数: 2問

TEST 4
合計所要時間:94分
Part5 所要時間:16分(間違えた問題:124)
Part6 所要時間: 7分(間違えた問題:なし)
Part7 所要時間:71分(間違えた問題:171 174)
合計不正解数: 3問

TEST 5
合計所要時間:84分
Part5 所要時間:17分(間違えた問題:126)
Part6 所要時間: 6分(間違えた問題:なし)
Part7 所要時間:61分(間違えた問題:192)
合計不正解数: 2問

TEST 6
合計所要時間:76分
Part5 所要時間:12分(間違えた問題:なし)
Part6 所要時間: 5分(間違えた問題:なし)
Part7 所要時間:59分(間違えた問題:184)
合計不正解数: 1問

TEST 7
合計所要時間:98分
Part5 所要時間:15分(間違えた問題:なし)
Part6 所要時間: 7分(間違えた問題:146)
Part7 所要時間:76分(間違えた問題:156 165 178 181 191 200)
合計不正解数: 7問

TEST 8
合計所要時間:81分
Part5 所要時間:14分(間違えた問題:なし)
Part6 所要時間: 5分(間違えた問題:なし)
Part7 所要時間:62分(間違えた問題:180 187)
合計不正解数: 2問

TEST 9
合計所要時間:74分
Part5 所要時間:13分(間違えた問題:103)
Part6 所要時間: 4分(間違えた問題:なし)
Part7 所要時間:57分(間違えた問題:154)
合計不正解数: 2問

TEST 10
合計所要時間:88分
Part5 所要時間:16分(間違えた問題:なし)
Part6 所要時間: 5分(間違えた問題:なし)
Part7 所要時間:65分(間違えた問題:184)
合計不正解数: 1問

一言で言うと、パート7難しすぎです(笑)。この10回の模試の平均を取ると、

合計所要時間:86.8分
Part5 所要時間:15.5分(不正解問題数:0.3問)
Part6 所要時間: 5.8分(不正解問題数:0.3問)
Part7 所要時間:65.3分(不正解問題数:2.5問)
合計不正解数: 3.1問


になります。For 基準's sake、私が現在のレベルの公開テストを受けると、

合計所要時間:70〜75分
Part5 所要時間:14〜15分(不正解問題数:0〜1問)
Part6 所要時間: 4〜 5分(不正解問題数:なし)
Part7 所要時間:52〜55分(不正解問題数:0〜1問)
合計不正解数: 0〜1問


ぐらいになるのが妥当な感じですが、このテキストだと1回の模試に98分かかってる回もあったりします。98分って何なんだ。途中さぼってコンビニにでも行ってたみたいな所要時間ですよ。

今回の本番に向けて「一回で満点を取るために慎重に解く癖をつけた」ということもありますが、これは950点レベル以下の人は本当に手を出さない方が良いと思います。パート7長すぎです。そして問題嫌らしすぎです(笑)。

前から何度か書いていますが、私はそもそもTOEICでは自分が解けない問題に出会うことはないという前提の解き方をしているので、もし分からない問題に出会うと分かるまで長考します(笑)。本番ではその解き方で問題ないのですが、このテキストでそれをやるとえげつないほどタイムロスしていきます。考えれば考えるほど泥沼にはまって行くタイプの引っかけ問題が毎回何個かあるのです。

それでも、後半になると正解数は上がりました。このシリーズの嫌らしい引っかけ問題の傾向に慣れたからでしょう。でも、この感じの引っかけに慣れてしまうと、本番でも裏を読みすぎて、逆に何もないところで引っかかるような気もします。

ちなみに、このテキストは日本では入手不可能です。韓国のオンラインショップで購入して、空輸してもらう必要があります。買い方については「韓国のTOEICテキストを買ってみました!」の記事をご覧下さい。ちなみに、10時間ぐらいは無駄にしても良いという覚悟はした方が良いと思います(苦)。


TOEIC ブログランキングへ
posted by 英語好き at 12:46| 韓流TOEIC模試本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月28日

韓国のTOEICテキストを買ってみました!

今日、韓国のTOEICテキストを注文してみましたー!!

実は、2週間ぐらい前にも韓国のTOEIC模試を買おうとしたのですが、ハングル文字の壁に打ち負かされました(苦)。

その時は、韓国のネット書店の中で一番日本人に利用されていると思われる『教保文庫(Kyobo)』というネット書店を使って購入しようとしていました(下のページです)。

教保文庫 http://www.kyobobook.co.kr/
Kyobo.bmp


結局、無理でした(苦)。

上のページを開けて見た方には、私が「あっ…これはマジで無理…」と思った理由を分かって頂けると思います。韓国語オンリーなんです。英語のページなんてありません。韓国って、英語教育やTOEICに力を入れてるはずやのに英語のページもないんかい!!と思いました。

それでも、ネットの翻訳サイトを使ったりして、5時間ぐらいは粘ってみたんですが、「3D認証をしてください」とか意味不明な要求をされたり、決済ボタンが上手く機能しなかったりで、結局あきらめていました。

ちなみにその時に参考にさせて頂いたのは下記のブログです。

教保文庫 会員登録方法
http://ayumu777.blog36.fc2.com/blog-entry-534.html

教保文庫 購入方法
http://ayumu777.blog36.fc2.com/blog-entry-535.html

私の場合は最終ステップの決済が上手く動作せず、結局この教保文庫では購入できなかったのですが、このサイトの説明は非常に丁寧でした。

で、韓国の模試のことはしばらく忘れていたのですが、今日になって今度は別のサイトで試してみました。それが、『YES24』という別のサイトです。

YES24 http://www.yes24.com/
YES24.bmp

これも韓国のネット書店で、このサイトにも英語のページはありません。私は韓国語なんて全く知りませんので、もちろん会員登録・購入のために、ネットでの説明を参考にしました。その時に参考に使わせて頂いたサイトが下記です。

韓流TOEIC本の注文法 YES24の場合
http://foreignlanguages.blog29.fc2.com/blog-entry-102.html

最終的に「クレジットカードの3D認証をして下さい」という要求の意味も分かり、このYES24で購入に成功しました。

ちなみに、3D認証というのは、ネット上で安全にクレジットカードを使うための追加のセキュリティ認証システムらしいです。カードの種類と発行のカード会社によって、登録の方法は色々らしいです。

私の場合は、UCカードというカード会社から発行されたVISAのクレジットカードを使ったのですが、UCカードのホームページの「アットユーネット」というサービスに登録すると、その追加のセキュリティ認証のための登録ができるようになりました。

UCカード(アットユーネットに登録)
http://www2.uccard.co.jp/index.html

全てネットで出来るので、一日で終わります。ただ、アットユーネットのユーザー登録とセキュリティー認証キーの登録をしてから、それが反映されるまでに1〜2時間かかります。

さて、前置きが長くなりましたが、今回購入したのは下の3冊。どれも韓国のTOEIC模試本を使っている方の間で共通して評価が高く、自分としても信用できるものを選びました。

イ・イクフンの黄金本(15,600ウォン=1070円ぐらい)
Gold1200.jpg
200問の模試セットが6セット入っています。2011年7月に発売されたばかり。公開テストの既出問題をちょっと変形して収録しているのが売りだそうです。なんという韓国クオリティ。まぁ、日本のテキストでも、毎回のように公開テストを連続受験している講師陣が作っているテキストは実質「既出問題の変形」と言えると思いますが、それでも韓国に期待してしまうのは私だけでしょうか。

エコノミー3 RC1000 (8,400ウォン=580円ぐらい)
Economy3.jpg

エコノミー4 RC1000 (9,600ウォン=660円ぐらい)
Economy4.jpg

残りの2冊は韓国『エコノミー』シリーズの3巻と4巻です。これもかなり有名です。RCはReading Comprehension(読解)という意味で、リーディングセクション100問の模試が10回分収録されています。LC(これのリスニング版)も売っているのですが、私はTOEICのリスニングセクションには特に萌えませんので、それは買いませんでした。LC(聴解、リスニング)とかRC(読解、リーディング)という言い方は、韓国では一般的なTOEIC用語のようです。

日本でもGakkenから『10回模試』が販売されていますが、これが韓国の『エコノミー』シリーズ第2巻(2008年12月発売)の日本語版です。今回私が購入したのが、このシリーズの第3巻(2010年1月発売)と第4巻(2011年1月発売)です。



送料としてEMS代が23,000ウォン(1580円ぐらい)が追加され、最終的にはトータル 56,600ウォン(3900円ぐらい)となりました。送料がかかる為、びっくりするような安さにはなりませんが、本1冊の値段はありえない安さですね。しかも、日本のテキストでは目にすることのないような1200問や1000問のボリュームなので、コストパフォーマンス最高です。

何の本を何冊買うかにもよりますが、私の今回の買い物では教保文庫よりもYES24の方がトータルのコストは安くなりました。YES24では、出荷手段として安めのEMS便が選べるからです。教保文庫はFEDEX便しか選択肢がありません。まぁ数百円の差ですけどね。

イクフンの黄金本は、韓国のTOEIC本では今一番高い評価を受けているものだと思います。日本でも来年にはスリーエーネットワーク社から、部分的に翻訳された本が発売されるそうです。

スリーエーネットワーク|近刊情報
http://www.3anet.co.jp/new/soon.html

11月となっていますが、結局来年になるらしいですね。

さて、注文した上記の3冊が届くのは4〜5日後とのこと。

もちろん今回のテストには間に合いませんし、今回一発で満点を取るつもりですので、これら韓国テキストは今後の脳トレと娯楽のために買ってみました。

というか、買うプロセスが既に脳トレでしたけどね。


TOEIC ブログランキングへ
posted by 英語好き at 18:20| 韓流TOEIC模試本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。