2008年12月21日

宇多田ヒカル 英語インタビュー

宇多田ヒカルが英語でインタヴューを受けているビデオです。



ほぼ普通のネイティブです。話している内容は深いものではありませんが、研究者が論文について語っているのではないですし、女性の話はこんなものでしょう(失礼)。とにかく、ここで「芸能人の英語力」とかいって学習者と同列に解説するのもおかしなレベルです。

その昔、彼女が全米デビューに挑戦していたころ、ワイドショーで「アメリカでのCDデビューのために英語式発声の訓練を受けた。さすがの宇多田ヒカルも英米人にとっては完璧な発音ではなかったのか」とか言われたのを聞いたこともありますが、そもそも日本人が日本語でCD出すときですら、明瞭な発音・発声ができるように訓練をするんじゃないんですかね。

まぁ日本語と英語のバイリンガルで、常に両方100%の状態に保つのは難しい、と宇多田自身も言っていますが。こちらにいるときは日本語の方が良くなって、あちらにいるときは英語の方が良いそうですね。

宇多田ヒカルの場合は、公式ホームページでライティングも披露していますが、これもネイティブのブログと比較して遜色ありません。くだけた英語ですが、書き言葉を見る限り英語力は本物です。逆に学習者はここまでこなれた英語が書けません。

宇多田ヒカル公式サイト Message from Utada Hikaruより
http://www.u3music.com/message/backnumber/en/2005.html



TOEIC ブログランキングへ
posted by 英語好き at 13:09| 芸能人・有名人の英語力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。