2016年02月21日

英検の感想 2015年度 第3回


今日は英検二次ですが、ようやく今回の一次試験の感想です (汗)。

まず私の点数の内訳は、

語彙 24/25 (7分46秒) → 間違えた問題:24番
穴埋め 6/6 (8分56秒)
内容一致 20/20 (25分18秒)
リスニング 34/34 (先読みに5分)


で、 トータル 84/85、かかった時間は47分 でした。

1問間違えてしまいましたが、最近にしては珍しく集中して解けたので満足です。

で、内容についての振り返りなのですが・・・

=======================================================



ネタバレ注意です!

先に解きたい人は後ほどどうぞ! 


解きたい方は 公式サイトから問題をダウンロード下さい m(_ _)m



=======================================================

まず、全体的な難易度については、前々回ぐらいに戻した感じですね。

前回は簡単すぎた ということでしょう。

ようやく大手英検塾の予想点 ↓ も近づいて来ました (笑)。

第1回 英検塾の予想 79-80点 → 結果 83点
第2回 英検塾の予想 81点 → 結果 85点
第3回 英検塾の予想 83-84点 → 結果 82点


前回、前々回なんて、協会側にもてあそばれてる状態でしたからね・・・。

某掲示板の下のやり取りで笑いました 2chan 合格点.png

さてさて、では、各セクションごとの感想です。

語彙セクション

個人的に難易度が高めだと感じたのは 14番、16番、22番、24番、25番です (多いわw)。

17番は前に kazuさんへのコメント ↓ で使ってましたね ^^

リキューパレイティッドkazuさん.png
http://getahighscoreontoeic.seesaa.net/article/429133704.html

24番が意外と難しかったと思います。 こういうのは知っている語彙の 「数」 じゃなく、一つの語彙の 「幅広い用法を知っているか」 なので。 "dispense" を 「分配する」 という意味で知っていても解けないですよね (※自分も間違えた人の発言です)。

穴埋めセクション

二つ目のマスコットの話は面白かったですね。 マスコットキャラクターがあると、顧客が思い入れを抱きやすい一方で、不祥事を起こしたり 値上げしたりすると、逆に 「負の感情」 を抱かれやすいという。

今回の英検で苦戦した方・・・

でちゃうくん ↓ に 負の感情を抱いてませんか? (なんでやねん)

でちゃうくん.jpg

あと、この問題でキーワードだった "anthropomorphism (擬人化)" という単語は、TIME でキティちゃんの紹介に使われていましたね (例の猫ちゃうんかい騒ぎの時に)。

内容一致セクション

一つ目の囚人の数に関する文章は、難しい問題がなかったですね。 強いて挙げるなら、ニューヨークのロースクールの John Pfaff さんの名前はどう発音したらええん?と思ったぐらいでした。 ぷふぁっふでしょうかね、ぷふぁっふ。

二つ目の 「イギリス人の起源はケルト民族か」 云々の文章が、今回のめんどくさかった大賞です (自分が興味ないだけという噂もあり)。 設問は素直でしたが。

三つ目のアメリカ合衆国憲法の話は、えーっと、39番が微妙なラインを攻めてましたね。 丁寧に本文を読み直して解きました。

リスニングセクション

音的な 「聴きやすさ」 で言うと、前回のイギリス人のような聞き取りにくいスピーカーはいなかったのですが、問題としては前回より難しかったと思います。 個人的に難しいと感じた問題は 17番、21番、24番、26番でした (だから多いわw)。

ブログの生命線、応援クリックをお願いします。。 m(_ _)m < 更新が滞っていてすみません。。


人気ブログランキングへ

関連記事
『私の持っている英語資格』
『私の英検二次の点数。』
『一人でできるスピーキング練習法』

posted by 英語好き at 16:54| 英検について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。