2016年01月11日

私が聞き取れない英語


先週コメント欄にて下記のリクエストを頂きました。

(前略) 普段映画好きなので俳優のインタビューをよくみるのですが、なんかい聞いてもわからないとこがあります。力貸していただけないでしょうか。
(動画のアドレス)
この最初の20秒から40秒の間です。お忙しいと思いますが、助けてください。ちなみにこの質問に挙げた部分って難易度的には低いのですかね?

追記。ちなみに自分の理解だと
キーラ・ナイトレイはお腹空いていて、悪魔に取り憑かれって言っていて、ビスケットくれーってその悪魔が言ってる
なのですが。正確に知りたいです

動画はこちらです ↓ で、問題の箇所は 0:20〜0:40ですね。




今日ダウンロードして聞いてみたのですが・・・

さっぱり分かりません \(^o^)/


口語なので語彙や文法は難しくない (はず) ですが、音の聞き取りが難しいタイプですね。

聞き取り難度はもちろん (僕判定では) 超高いです。


よかったら皆様もチャレンジしてみて下さい〜

応援のクリックお願いします! m(_ _)m < ダメでした (苦)


人気TOEICブログランキングへ

posted by 英語好き at 18:49| Comment(30) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うーん、私も聞き取れないですねorz
’really hungry.you know like hunger range it's about come out nasty demon, it's kind of like..’と部分的にしか分かりませんでした。でもインタビュー中に「お腹すいてるのよ!」って言えるなんてセレブはすごいなぁと思いました。
Posted by 雪 at 2016年01月11日 20:11
雪さんへ T T

コメントありがとうございます!

一応 雪さんからも難しい判定が出て、ちょっとほっとしました (苦)。 「え? 何が難しいかすら分からないです」 と言われたら、引退しようと思ってました (なんだこのネガティブな決意w)

> でもインタビュー中に「お腹すいてるのよ!」って言えるなんてセレブはすごいなぁと思いました。
インタビューの最初にいきなり 「なんか今日はひもじそうな顔してますね」 みたいな失礼なことを言われたことで、冗談を言いやすい雰囲気になったんでしょうか…。 ちなみにその 「ひもじそう、元気がなさそう」 っていう意味であろう単語も聞き取れません (げっそり)。

hungerなんとかの部分は hunger-raged とかですかね??
Posted by 英語好き at 2016年01月11日 20:27
>hungerなんとかの部分は hunger-raged とかですかね??

'hunger range'で空腹度なので、「お腹の空き具合でいえば、悪魔が出てくるくらい」と言ってると思うのですが、違うんでしょうか?
Posted by 雪 at 2016年01月11日 20:46
雪さんへ

> 'hunger range'で空腹度なので
I didn't know there was such an expression... orz... Thank you..
Posted by 英語好き at 2016年01月11日 21:24
Posted by おばさん at 2016年01月11日 22:46
分かる範囲で、語をある程度推測で補うと
You know, it's like hunger-rage that's kind of about to come out in this nasty demon of kind of like... give me a biscuit! I know nobody thinks I eat but I do need something every now and again.
と思いましたがコメント欄を見たらhunger rangeでしたか&#12316;私も知らなかったです。
本当にわかりにくいですね笑
Posted by メルティ at 2016年01月12日 00:57
>最初にいきなり 「なんか今日はひもじそうな顔してますね」 みたいな失礼なことを言われたことで

’You look a little worn out’ってそんなに失礼なんですかね〜?'f*** you!’という程のことでもないような…。白人はアグレッシブだな〜と
思いました。
Posted by 雪 at 2016年01月12日 07:11
英語好きさん、記事に取り上げていただいて、うれしくて鳥肌が
わざわざありがとうございましたキーラ・ナイトレイの後半しゃべり方変えて余計わからなくなりますよね
お忙しいなかありがとうございました
Posted by dane at 2016年01月12日 12:28
インタヴュアーの最初の言葉がどの程度rudeなのか、リラックスさせようとしているだけなのかはわかりませんが、それに対するベネディクトやキーラの応答は、知的でウィットに富んでいて私にはとても魅力的に感じました。

それにしても皆さんもの凄く英語力高い方ばかりで…
刺激と元気をもらっています。有難うございます。


ハリーポッター二巻目に入りました。もし、英語好きさんの「巻が進むごとに面白くなるから一巻でやめないで下さい。切実…」の記事を読んでいなかったら次に進んだかは微妙なところですけど。
映画は見ていないので、具体的なイメージを浮かべながら読んでいますが、ハリーだけはどうしてもあの丸眼鏡の可愛い男の子(写真では良く見かけたので)が被ってしまいますね。Mirror of Erised の場面では思いがけなく涙が出てしまいました。Mirror of Desire なのですね。
Posted by harapecco at 2016年01月13日 13:25

おばさん様へ、

うおお!?! 聞き取ろうと頑張る前にまず検索を、ですね! ビバ・インターネッツ! 実は検索したのに見つけられなかったのは秘密です (←無能w)。
Posted by 英語好き at 2016年01月13日 22:34

メルティさんへ、

僕より聞き取れてますね (笑)。 チャレンジしてくださってありがとうございます! そうなんです! hunger range は僕は聞いたこともなかったです (苦)。
Posted by 英語好き at 2016年01月13日 22:34

雪さんへ、

おばさん様のページを見てみたら hunger range でばっちり正解でしたが、ヒントなしでなんでそんなの分かるんですか… orz… 驚愕です。

> ‘You look a little worn out’
場の雰囲気を軽くしようという目的での空気を裏切る発言なんですかね?男性俳優さんもおそらく、女優さんが一瞬反応に困っているのを察知して、 (これも敢えて) はっきり 「いやいや、女優さんにそれは失礼でしょ!w」 と言ったように見えました。

本気の F*** you! ではないことを祈ります (笑)。 僕はそういう swear words 全般一切使えないんですよね〜。 めっちゃ仲いい人とでもやっぱり使えないです。。
Posted by 英語好き at 2016年01月13日 22:35

Daneさんへ、

いえ、お力になれず申し訳ありませんでした。。 スクリプトが載っているページを発見して下さったおばさん様に感謝です m(_ _)m
Posted by 英語好き at 2016年01月13日 22:35
harapeccoさんへ、

> ベネディクトやキーラの応答は、知的でウィットに富んでいて私にはとても魅力的に感じました。
本当ですね。 こんなに空気が読める人が世の中にはいるのかっていう感じです ^^;

> それにしても皆さんもの凄く英語力高い方ばかりで…
いや〜、解決して下さったのが他の方ばかりという (笑)。

> ハリーポッター二巻目に入りました。もし、英語好きさんの「巻が進むごとに面白くなるから一巻でやめないで下さい。切実…」の記事を読んでいなかったら次に進んだかは微妙なところですけど。
僕の場合は一巻はテレビで映画版を観てしまっていたことも大きかったかも知れません。 既にストーリーを知っていたので、どうなるか分からないというワクワクがなかったんです。 二巻〜は面白かったです!

> 映画は見ていないので、具体的なイメージを浮かべながら読んでいますが、ハリーだけはどうしてもあの丸眼鏡の可愛い男の子(写真では良く見かけたので)が被ってしまいますね。
僕はむしろハーマイオニーは映画版の姿を積極的にイメージしながら読んでいました (笑)。

> Mirror of Erised の場面では思いがけなく涙が出てしまいました。Mirror of Desire なのですね。
ああいう場面は子供よりも大人の方がぐっと来ますよね…

二巻読まれたらまた教えて下さい! ^^
Posted by 英語好き at 2016年01月13日 22:42
日々拝見させていただいております。こんな時間に申し訳ございません。去年11月のtoeic試験で710点(L330 R380)を取得したのですが、11月の試験前に行ったのは公式5のpart34全40文を精読、音の確認(かなり分析しました)をした上で、オーバーラッピング、暗唱を行っていました。すべて空でスラスラ言える状態です。リスニングに特化し勉強をしていたにも関わらず、全く手のつけていないリーディングよりもかなり低い点数だったのでショックでした。リーディングは学生ということもあり、受験の名残でこの点数を取れたように思います。やはりリスニングは模試の数をこなす方が伸びるのでしょうか?
Posted by aoyama at 2016年01月14日 05:01
>なんでそんなの分かるんですか

外食ではprice rangeと hunger range
ってセットでよく使われる表現なので
たまたま覚えてただけです(食べ歩きが
好き(笑))。

> 僕はそういう swear words 全般一切
使えないんですよね〜。

私も'bollocks‼'くらいですね…。西洋人
って褒める時もすごいですが怒る時も
過剰だと思います。ちょっとしたことで
'I'll kill you!' ってすぐ言うし(苦笑)。


Posted by 雪 at 2016年01月14日 05:38

aoyamaさんへ、

ご相談ありがとうございます m(_ _)m

> リスニングに特化し勉強をしていたにも関わらず、全く手のつけていないリーディングよりもかなり低い点数だったのでショックでした。
英語学習では、やったらすぐに力の伸びに反映される学習とそうでない学習があります。 3ヶ月〜半年ぐらい遅れることは普通にあるので、特訓直後に成果が出なくても、 「脳で熟成されるための期間があるから」 と思っていると、挫折を避けられるのではないでしょうか。 気長に様子を見ながら継続されると確実に伸びる時期が来ると思います。

> やはりリスニングは模試の数をこなす方が伸びるのでしょうか?
同じ素材を何度も繰り返して、即時理解できるレベルにする学習は地力を伸ばすという意味ではとても有効で、これは TOEIC のスコアを伸ばすという観点から考えても有効だと思います。 ただ、実際に本番で聞くのは初めての素材ですので、初めて聞く新問が一発で聞き取れて解けない限りは、スコアにつながりません。

なので、同じ素材を反復することもいいのですが、それと並行して、新しい素材を一発で前から理解していく練習も行うといいと思います。 VOA のシャドーイングはスピードもゆっくりですので、おすすめです ^^;

● 私のシャドーイングのやり方
http://getahighscoreontoeic.seesaa.net/article/419786407.html

少しでも参考になりましたら幸いです!
Posted by 英語好き at 2016年01月14日 18:36

雪さんへ、

> 外食ではprice rangeと hunger rangeってセットでよく使われる表現なので
ええー、そうなんですか! 見たことなかったです。。

> 私も'bollocks‼'くらいですね…。
雪さん swear words まで語彙レベル高いんですね (笑)。

> 'I'll kill you!' ってすぐ言うし(苦笑)。
お母さんが子供に言ったりもしますが、あんなの日本語に訳したら どれだけ可愛く言っても恐いですよね〜 (笑)。
Posted by 英語好き at 2016年01月14日 18:44
ご返事ありがとうございます!( ; ; )
地力をつけることと、新しいものを把握する能力の両輪をうまく考えることが大事なんですね。実践的な訓練が不測してるように思うので、しっかり取り組もうと思います!
Posted by aoyama at 2016年01月14日 20:51

aoyamaさんへ、

いえいえ! こちらこそわざわざのご返信、ありがとうございます m(_ _)m

長い目で見ると、頑張った分は必ず自分の実力に還元されて来ますので、ぜひ頑張ってください! ^^
Posted by 英語好き at 2016年01月14日 21:19
こんにちは、いつもブログはいけんしてます。

1年くらい英語を勉強してるのですが、ネイティブの方の英語はそこそこ聞きとれるのですが、フランス語を母国語とした方の英語が全然聞き取れません。
筆者さんはどのように感じますでしょうか?
Posted by tky at 2016年01月15日 18:45

tkyさんへ、

ご質問ありがとうございます ^^ 僕は、どうですかね〜、もちろんその人の訛り具合にもよると思うのですが、僕の出会ったフランス人英語話者の場合はネイティブよりは分かりやすいことが多いように感じます。 というのも、ノンネイティブの人の方が使える表現が限定されていて、全体的に平易だからだと思います。
Posted by 英語好き at 2016年01月15日 22:17
こんにちは。
初めてコメントいたします。
英語好きさんの高いモチベーションに影響を受け、英単語のやり直しをしています。
これまでずっと省エネ英単語でやってきたのですが、いざやり始めてみると楽しいです。

普段アメリカ人の発音に聞くことが多いので、イギリス人の発音はとても興味深いです。
キーラのコメントなのですが、hunger rageと言っているようにきこえました。

またお邪魔させていただきますね!
Posted by M at 2016年01月20日 09:25

Mさんへ、

こんにちは! ^^ 初コメありがとうございます!

> 英語好きさんの高いモチベーションに影響を受け、英単語のやり直しをしています。
いえいえー、私自身 単語の勉強はあまりできてないので、せめてできるだけ普段から英語を読まないといけないなぁと思います..

> キーラのコメントなのですが、hunger rageと言っているようにきこえました。
ですよね、rageに聞こえます (笑)。

またいらしてください!
Posted by 英語好き at 2016年01月20日 12:48
音・意味から判断するに hunger rage って言っているのだと思っていましたが、range ってブログには書いてありますね。

でも、英語のネイティブスピーカーに聞いたら hunger range なんて言葉聞いたこともないって言ってました。
Posted by 名無し at 2016年04月19日 17:07
名無しさんへ、

コメントありがとうございます ^^

そうですよね、僕もそう聞こえました (汗)。 うーん、Googleで "hunger range" で検索すると、多くはないのですが、用例はあるようです。 また、 "hunger range that" で検索すると、 "I do not count calories, but try to stay within a challenging hunger range that really keeps me sharp and functioning on a really serious spiritual level." というような用例もあったり・・・。 雪さんがコメントにて "price range"と併せてよく聞く表現と教えてくださったので、あるんでしょう ^^;

ただ、そのネイティブの方が聞いたことがないとおっしゃったというのは興味深いです。 地域や年齢などによっても 「よく聞く」 「聞かないが意味は分かる」 「何だそれ」 等、認識が分かれる表現なのかも知れませんね。
Posted by 英語好き at 2016年04月20日 09:30
初めまして。今更ながらこのブログにたどり着きまして、隅から隅まで読ませていただきました(笑)他の人があまりないような英語への姿勢や考えが英語好きさんのブログから発見でき、すごくうさん臭く聞こえますがめちゃめちゃ尊敬しています。(笑)

私自身大学4年でオーストラリアで現在進行形で留学をしているのですが、英語好きがおっしゃるように日常会話は難しいなと思います。そこで質問があります。

現在はだいぶブログ開設から年月が経っていますので、英語好きさんは日常会話には苦労されないかもしれないですが、苦労した時の自分を振り返ってアドバイスしていただけるとありがたいです。

私自身TOEIC800ほどで、おっしゃる通り、これぐらいではオーストラリア人同士の会話になると歯が立ちません。よく「わからないときはわからないといったほうがいい」ということを聞きますし、それがどれほど大切なことかはわかっているのですが、正直わからない英語が多すぎて、いちいち聞いていたら、会話の流れも止まるし、会話のレベルもどうしても浅くなって周りのネイティブを退屈させてしまいます(経験済み)。
「周りの反応なんて気にするな!!怒」 
「そんなのくそくらえ!英語伸ばすんやろ!」とか言ってくれる人の気持ちもわかります。
ジレンマです。

長くなってしまいましたが、とりあえず私が伝えたいことは、ネイティブとの会話でのわからない単語や表現に対しての姿勢は英語好きさんはどうしているのかな?ということです。笑

返信お待ちしております。
Posted by でひゆき at 2016年04月22日 10:24
でひゆきさんへ、

ありがとうございます ^^

分からない表現を一つずつ学んで、自分でも使えるようにしていくだけですね (_ _) TOEIC 800だと 「問題なく使える」 というレベルになるまでにも、まだまだ伸び代があるので、今ネイティブ同士の会話についていけないというのは当然だと思って大丈夫です。 一対一でなんとかなるならいいんじゃないでしょうか。 私が最初に交換留学した時もそんな感じでしたよ ^^;

私が大学時代に留学した時も TOEIC 800点ほどだったのですが、その頃私自身がどうしていたかと言うと・・・、メモ帳と電子辞書を常に腰に下げて持っていました (かばんに入れてしまうと必要時に1秒で取り出せないからです)。 で、分からない表現があったら、メモ帳を差し出してそこに書いたり、書いてもらったりして、後で余裕のある時に辞書で引いたりしていました。 そうやって、一つ一つ解決して行くことは不可欠です。

ただ、全ての知識を他の人から口頭で学ぼうとすれば、当然会話の腰を折りまくりになってしまいます。 僕もそんな状況で自分の英語学習のために周りの話の腰を折ってまで質問するタイプではないですね (もちろん必要なら聞きますが)。 なので、日ごろから自分でテキストや小説などの媒体で、その何百倍も学んでおいて、少しでもカバーしようとすると思います。

会話力を伸ばすためには、会話だけではダメで・・・ スピーキング力で見えているのは、ほんの氷山の一角のようなものなので。 それを支えるリーディング力、リスニング力、ライティング力があるからこそ、安定したスピーキング力を持つことができると考えましょう。 リーディングほど幅広い表現に大量かつ効率的に触れ続けられる学習法はありませんし、また、そうして学んだ表現にリスニングで慣れておかなければ、会話が成立しないのは言うまでもありません。 そして、まだ会話がおぼつかない初心者でもアウトプットの練習が存分にできるのがライティングです。

私の英語力もほぼ100%自分ひとりの独学で学んだものです。 生の会話でしか出てこないような一部の表現はともかく、まずは、自分ひとりの時間にどれだけ学習ができるか、それがもう一つの勝負だと思います。

長くなってしまいましたが (汗)、まとめますと、

1.日ごろの会話の中でも、即時メモができる道具を持っておく。 メモしたものを一つずつ着実に学ぶ。

2. あらゆる学習がスピーキングを支えているということを意識して、使える時間は全て自学自習につぎ込む。

ということですね。 頑張ってください!
Posted by 英語好き at 2016年04月22日 13:17
英語好きさんへ

いくつか用例もあるようですね!雪さんは hunger range で「お腹の空き具合でいえば、悪魔が出てくるくらい」と言ってましたが、僕は hunger rage で「(悪魔の)何かを食べたい欲求」だと思いました。セリフを聞き取ってみましたので参考までに。

Really hungry. You know, it's like hunger rage that's about to kind of come out in like... this nasty demon of kind of like... Jess, I can't take it anymore, please give me a biscuit. I know I'm not meant to be. I know nobody thinks that I do eat, but I do need freedom every now and again.

ニュースサイトと違う箇所として、range → rage、no one → nobody、food → freedom、now and then → now and again などがありました。
Posted by 名無し at 2016年04月26日 20:04
名無しさんへ、

ですね、僕も "hunger rage" だと、そういうイメージです。 それにしても、細かい違いはあれど、全体としてまんべんなく聞き取れていらっしゃるのがすごいですね・・・ (_ _)
Posted by 英語好き at 2016年04月27日 20:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。