2015年12月27日

英検1級が来年から変更に


前に 『英検2級にライティングが追加される』 というニュースがありました。

その時点で 「遅かれ早かれ1級と準1級の英作文問題も変更されるだろう」 と言っていましたが、

なんと1級も来年から変更だそうです!


もう1年ぐらい余裕があるのかなと思っていたら、まさかの同時変更ですか。。。

主な変更点は以下の通り ↓

1.POINTS がなくなる。

今後は自分で 「理由3つ」 を思いつけないといけない。

2.制限語数が200語から200〜240語に増える。

下限が200語のままだから変わらないと思うのは間違いでしょう。 これまで 「200語前後」、つまり 「180〜220語」 程度だったのが 「200〜240語」 になったということですから、想定される語数は20語ほど増えましたね。 今後はこの新たな語数制限に見合う量を書かないと高得点は狙えなくなるはずです。

3.採点基準が変わる。

採点の基準が IELTS 的な複数項目制になるということは、それ自体が 「採点が厳しくなる」 ということにはならないはずですが、おそらくこの変更を機会に厳しくされるでしょうねぇ〜 (穿った見方かも知れませんがw)。

しかも全体の時間制限は変わらないとのことで ↓

時間制限の変更なし.png

これは難化ですね。

まぁ、これまでの英検のライティングは採点も含めて甘すぎだったので、これぐらいはそもそも当然だとは思いますが、でも...

そんな急に変更できるんだ!? 

って感じはありますね ^^;

応援クリック頂けたら嬉しいです!! m(_ _)m < まぁ少女ではないですが..


人気ブログランキングへ

posted by 英語好き at 08:38| Comment(14) | 英検について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
短時間でポイントを自分で考えてエッセイをオーガナイスするって結構大変ですね。書く前の段階の計画する時間がかかりそうです。これは自分が詳しく知ってるトピックかどうかで合否が別れそう…。ますます幅広い分野での知識の習得が欠かせなくなりますね。文字数240字はまだ少ないと思うんですが〜、まぁノンネイティブの試験だからその点は仕方ないところですか。
Posted by 雪 at 2015年12月27日 15:13
雪さんへ、

> 短時間でポイントを自分で考えてエッセイをオーガナイスするって結構大変ですね。
そうですね、不慣れなトピックだとプランニングで時間を取られたりしますし (_ _) 

> 自分が詳しく知ってるトピックかどうかで合否が別れそう…。
個人的には 論点が提示されているというのは (教育的な意味で) 英検の良いところだと思っていたのですが、国際標準のテストに合わせることになったみたいですね〜。。 ポイントが指定されていることによって 強制的にバランスの取れた複数の視点から主張を展開することになっていましたし、あと、復習の時の取っ掛かりにもなっていたので、そういう意味で良かったんですけど…。 こうなると他のテストと同じになってしまって複雑です。

> 文字数240字はまだ少ないと思うんですが〜
大学で書くようなレポートとかは数千語ですし、普段から英文を書くことに慣れている人からしたら、逆に短すぎて特殊ですよね (笑)。 そういうライティングとはまたジャンルが違うと言われるのかも知れませんが、でも他のテストと比較しても、IELTSが150語+250語、TOEFLが225語+300語なので、やっぱりまだダントツでライティング軽視のテストだと言えるかも知れません。

制限時間や得点の比重を変えないままで変更しようとするなら、これぐらいが限界なんでしょうか。
Posted by 英語好き at 2015年12月27日 16:20
ずいぶん以前から、読ませていただいているのですが、初めてコメントします。(3年ほど前に初めてTOEICを受験するときにずいぶん参考にさせていただいた記憶が、、いまさらですが、ありがとうございました。)

実は、来年の第1回英検1級を受けようと準備を始めた矢先でして、この記事を読んで思わず「うわっ」となりました。

ひとつお聞きしたいのですが、こういう形式になった場合に、オススメの参考書もしくは問題集はありますか?

以前、ご紹介されてた「英検分野別ターゲット英検1級英作文問題」の解答例をとりあえず半分ほど覚えたかな、というくらいで、実際に書いたことはありません。(日本語で文章を書く仕事をしていた頃もあるので、構成などよりも、英語での表現力が問題になりそうです)

ほかのパートである程度補うつもりですが、それでもエッセイで15点ほど欲しいところです。
Posted by T at 2015年12月27日 19:45
Tさんへ、

> ずいぶん以前から、読ませていただいているのですが、初めてコメントします。(3年ほど前に初めてTOEICを受験するときにずいぶん参考にさせていただいた記憶が、、いまさらですが、ありがとうございました。)
ありがとうございます!! m(_ _)m こちらこそ、そう言って頂けて嬉しいです!

> 実は、来年の第1回英検1級を受けようと準備を始めた矢先で、記事を読んで思わず「うわっ」と
私も来年はまだ変わらないだろうと思って油断していました。 ちょうど来年度の第1回を受験予定だと衝撃ですよね。。^^; 

> ひとつお聞きしたいのですが、こういう形式になった場合に、オススメの参考書もしくは問題集はありますか?
はい、新しい公式テキストが出ない限りは、まだ 「英作文テキスト」 がベストだと思います。 というのも、エッセイライティングに不慣れな内から、いきなり論点のヒントなしで書くのもなかなか難しいと思うからです。 POINTS というのが、英検側が模範解答に求めている議論が凝縮されたものになっているということもあり、これで練習を重ねる内に、パターンが見えるようになって、自分一人でも英検が求めているであろう論点を思いつけるようになるからです。 補助輪のような感じですね。 後は、英検公式のテキストということで、英検で頻出トピックが一通りカバーされているのが大きいですね。 他のテストの対策テキストを使ったりすると、トピックが完全に一致することはないと思います。 変更された語数については、練習の際の目安を220語前後とすれば大丈夫でしょう ^^

英語表現についても、この英作文テキストを一通りやれば topic specific なものから、応用の利く言い回しまでしっかりカバーできると思います。 あとは、下の記事にも書いているのですが、別冊の暗唱もおすすめです ^^

エッセイを書く前に別冊で予習をする
http://getahighscoreontoeic.seesaa.net/article/415430631.html?1451100407

あとは、そうですね、慣れてきたら、単に過去問のライティング問題の POINTS を隠して、220語前後のエッセイを書く練習をするとかもいいかも知れません!

他にも気になる点がありましたら、いつでもコメントください ^^ 
Posted by 英語好き at 2015年12月27日 21:35

こんばんは先輩(笑)PCで「こ」と入れた瞬間にこんばんは先輩という文が予測されます。英語好きさんは先輩です。いや、師匠ですw

英検の変更思ったより早かったですね。驚きです。もしも前回受かっていなかったら来年1回目以降の受験だったと思うので危なかったです←
形式変更したら落ちていたかもしれないと素直に思いました。だって1次も2次もギリギリですからね!ただ今回の改変はプラスの方向だと思いますね。現在の形を維持したまま変えようとするとこうなるんだと思います。Writingはそれでももうすこし長くても良いと思いますけどねー

最近英語の勉強をしている実感が全くないです。(量と質が落ちている疑惑がありますが)どうしたもんかと。
TOEICも最近は実力通りで895だったのではと思うことがありますねーListeningが相変わらずです。出来るようになりたいですねー
Posted by kazu at 2015年12月27日 22:56
早速アドバイスいただき、ありがとうございます。
では、自信を持ってこのテキストで学習を続けていこうと思います。
まずはインプットしてからですね。

で、お言葉に甘えてもうひとつ。
このテキストのCDはアメリカンアクセントとブリティッシュアクセントの半々で構成されていると思うのですが、慣れない後者のアクセントを真似したりシャドーングしたりすることについてはどう思われますか?
せっかくCDがあるので利用したいような、あるいはかえって混乱するならやめておこうか、とか、少々迷っています。

いずれにしても、来年の7月には合格の報告にきたいと思います。
Posted by T at 2015年12月28日 00:15
こんばんは〜 kazuさん ^^

> PCで「こ」と入れた瞬間にこんばんは先輩という文が予測されます。英語好きさんは先輩です。いや、師匠ですw
うむむ、じゃあ 「先輩」 なら仲の良い証として ^^; < 英語好きのアニキ的なw 上下関係が苦手なので師匠は嫌でし (笑)。

> 英検の変更思ったより早かったですね。驚きです。もしも前回受かっていなかったら来年1回目以降の受験だったと思うので危なかったです←
あはは (笑)、いえいえ、語彙力が絶賛退化しているような誰かとは違って、 kazuさんはぐいぐい成長していらっしゃいますから、結局は大丈夫だったと思いますよ〜。 いつものように 「もう全然ダメ。 お金をドブに捨てた」 と言いながら華麗にパスするでしょう (笑)。

> ただ今回の改変はプラスの方向だと思いますね。現在の形を維持したまま変えようとするとこうなるんだと思います。
英検オンリーで考えると一歩前進ですかね〜。 僕は英語好きとして他のテストも同時に視野に入れているので、 TOEFL や IELTS と同じような形式にするなら英検の特徴がなくなるじゃん〜、っていう寂しさがあるだけです (何だそりゃ)。

> Writingはそれでももうすこし長くても良いと思いますけどねー
確かに。 雪さんとも話してましたが、普通の英語ライティングをやっている人や他のテストをメインに受けている人からしたら、 「たった20語増えただけ!? 論点のヒントなしって… 当たり前やないかい!」 ですよね (笑)。

> 最近英語の勉強をしている実感が全くないです。(量と質が落ちている疑惑がありますが)どうしたもんかと。
そういう時期もありますよね。 やってる限りは伸びますので、また勢いが戻るのを待ってもいいんじゃないでしょうか ^^ それまでは英語でやりたいことをやるとか。 あ、あとは、明確な目標ができると燃えるかも知れません。

> TOEICも最近は実力通りで895だったのではと思うことがありますねー
いえいえいえ、kazuさんはもっと取れると思いますよ〜

> Listeningが相変わらずです。出来るようになりたいですねー
リスニングは伸びるまでに時間が要りますからね〜。。 短期的に集中してもその分順調に伸びるとは限らない能力なので、気長にその時を待ちましょう。。。 (_ _)
Posted by 英語好き at 2015年12月28日 10:02
Tさんへ、

いえいえ、ご相談頂けるのは大変光栄です m(_ _)m 

> まずはインプットしてからですね。
そうですね。。 ただ、 Tさんの場合は 既に暗唱もされてきたということですし、ある程度のところで踏ん切りをつけてとにかく書いてみることも大切だと思います。 書いてみることで自分に足りないものが明確になるという側面もありますし ^^ 例えば、 「一週間に一題は実際に書く」 を習慣にすれば、それを踏まえた、より濃いインプットができるようになります。

> このテキストのCDはアメリカンアクセントとブリティッシュアクセントの半々で構成されていると思うのですが、慣れない後者のアクセントを真似したりシャドーングしたりすることについてはどう思われますか?
!! そう言われると、男性の方はイギリスっぽい… (気付いてませんでしたwww)。 僕は昔からアクセントの違いを聞き分けるのが苦手なんです (苦)。 音に敏感じゃないというか、耳がよくないタイプでして。。 まぁそんな人間の言うことですから、あんまり参考にならない気がしますが、シャドーイングなら問題ないと思いますけどね〜。。 例えば、同じ素材で数百回〜数千回繰り返す場合はアクセントの選別も大切かも知れませんが、それぞれ数回〜数十回程度ならそのアクセントの聴解力向上ぐらいにしかならないと思うので、そこまで心配しなくていいかなと思います。 でも耳の良い Tさんの場合はどうですかね。。 Tさんご本人がいいと思えるかどうかが一番大切なポイントなので、もしアクセントが混ざっているのが気になって学習に気持ちが乗らないのであれば、もちろん習得したいアクセントの音声に集中すべきだと思います。

> いずれにしても、来年の7月には合格の報告にきたいと思います。
おお〜〜 期待しております! ^^ それまでもいつでもどうぞ!
Posted by 英語好き at 2015年12月28日 10:03
ありがとうございます。
確かに書いてみないことには、というのもありますね。
週に1つ、というか、まず最初の一つ目を書いてみます。

ちなみに私は生来の音痴 (I love music, but music doesn't love me.という感じで)なので、耳は決してよくないんです。
ただ、聞き取りやすいのが米語、そうでないのが英語そのほかという単純な区分法があるだけで……。
このままではリスニングもまずいので、あわせて練習してみます。
Posted by T at 2015年12月28日 14:29

Tさんへ、

> 確かに書いてみないことには、というのもありますね。
そうなんです。 ブログを拝見させて頂くと Tさんはもう TOEIC 960をお持ちですので、アウトプットをスタートするための素地は十分すぎるほどあると思います。 いつ始めるにしても最初は心理的に抵抗が大きかったり、要領が掴めないこともあって辛いと思いますが、実際やることによる学びの促進効果はその分大きいんです ^^

> ちなみに私は生来の音痴 (I love music, but music doesn't love me.という感じで)なので、耳は決してよくないんです。
えっ、ほんとですか!? いや〜、でも僕より言語的な耳は良いと思いますよ! 音楽的な耳の良さと言語的な耳の良さはまた違うとも思いますし。。 実は私より圧倒的にリスニングに強い私の彼女も音痴なんです。

> 聞き取りやすいのが米語、そうでないのが英語そのほかという単純な区分法があるだけで……。
あはは、それは分かります (笑)。 僕もその理論で聞き分けてる時ありますし (笑)。 いや〜、すっごい典型的なイギリス英語なら分かるんですけどね〜。。 ^^;
Posted by 英語好き at 2015年12月28日 20:30
ご無沙汰しております。
最近、Blogを更新されていないようですが、英語好きさんのアドバイスのおかげで、時間のない走り書き状態ながらなんとかエッセイも書き切ることができました。
得点率は75%で、無事1次通過です。
ありがとうございました。一言お礼まで。
(2次は1年計画で…)
Posted by T at 2016年06月30日 14:31
Tさんへ、

お久しぶりです!! コメントありがとうございます!! 最近はネットもほとんど見なくなってまして・・・ orz...

おおお〜、1級一次突破おめでとうございます! たしかいつも65%ぐらいで合格できるはずなので、余裕じゃないですか! しかも、英語教師さんのコンペを拝見擦る限り、今回は難しかったとのことですので、優秀な成績だと思います。 一年計画 (笑)。 でも、二次はイメージよりは簡単なので (自分の意見をはっきりと言える中学生ぐらいのスピーチと応答で受かります!)、本番を想定した反復練習を積めば、Tさんなら今回で合格できると思いますよ! ぜひぜひ頑張ってください ^^
Posted by 英語好き at 2016年07月02日 14:52
結果報告です。
どうもスピーチの途中で黙り込む中学生になってしまったせいで、数ポイント足りず(593、合格点602)、不合格になってしまいました。
ただ、長い沈黙でこのくらいということは、次回はなんとか良い知らせを持って来れそうです。

※ブログの方もそのうちの再開を期待してます。

Posted by T at 2016年07月20日 00:29
Tさんへ、

うおお〜〜 1年計画とおっしゃっていたのに、いきなりあと一歩ですか! 惜しすぎるスコアです。。 あ、でも、英検の二次対策はスピーキング力を底上げするには最高の練習になるので、これから次の二次に向けて日常的に学習を継続すれば英語力自体をさらに伸ばすチャンスだと思います!

ブログ再開は・・・、最近私のほうは勉強らしい勉強もできていないので、残念ながら年単位で無理そうです。。 orz... < すみません。。
Posted by 英語好き at 2016年07月22日 16:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。