2015年12月16日

TOEIC SWの新公式テキストが出てます!!


さっきアマゾンで見つけたんですが、

TOEIC Speaking & Writing 公式 テストの解説と練習問題


これSWの公式テキスト新刊ですよね!?

今まで TOEIC SW の公式テキストと言えば、2006年に出た公式ガイド1冊だけでしたからね (2010年に新装版としてマイナーチェンジはしているのですが、流石に古すぎると思いますね)。

しかも 5回分の問題を収録!!

私が SW を受けるなら確実に買います!


ちょっと一人で見つけて興奮したので、速報でした (何それw)。

応援クリックお願いします... m(_ _)m < オチがないよパトラッシュ...


人気TOEICブログランキングへ

posted by 英語好き at 19:37| Comment(9) | TOEIC対策問題集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
超ばったばたしててブログを更新する余裕がないkazuです(笑)早く学校終わらないですかね。終わったら大分違うのですが・・・今日メガ模試をLR両方頼みました。計2400問。楽しみです(笑)

どうでも良いんですが、引っ越しをして本を整理してたら「俺こんなに英語の本買ってるの・・・」と自分でも若干引くくらい買ってました。2年経たないでこの量かよ!と自分でも驚いています。TOEICが多いですね。いずれにせよ約2年でここまで伸びるもんなんだなぁとしみじみと感じています。まだまだ英語力底辺ですけどね!!なんていうか本気でレベル低いなぁと感じます。

TOEIC SWの受験予定は今のところ無いですねー求められたら受けようかって感じです。まぁ英検1級もありますしTOEICだけのアピールよりは評価されると信じています。
Posted by kazu at 2015年12月16日 22:24
海外のコミカレを目指すべく4月にTOEFL ibtを受験するつもりで最近勉強を始めましたが、スピーキングとライティングが全くできなくて困っています
正直何をするのが今ベターなのかよくわかっていないので少しアドバイスをいただけないでしょうか
また、英語好きさんが最初にどのような順序で勉強していったかを教えてください
以下に私の状況と英語のスペックを記します

・TOEFL ibt未受験
・61点を越えればOKなのですができるだけ取りたい
・2年前に一回きり受けたTOEICは715点(L:400 R:315)
・去年からちょくちょく瞬間英作文はやっているので語彙と表現が簡単な文ならすぐ英語に変換できる
・旺文社のTOEFL英単語3800のレベル1はほぼ全部暗記、レベル2は7割程度、レベル3と4は1,2割程度
Posted by tomoki at 2015年12月17日 17:00

kazuさんへ、

お疲れ様ですー m(_ _)m

> 今日メガ模試をLR両方頼みました。計2400問。
メガ模試LR両方ってすごい量ですね。 僕前に韓国の10回模試みたいなのを買ったことあるんですが、毎日1セットとか解いてもなかなか終わらなくて (笑)。 日本のテキストは2〜3回分なのでギャップがすごいです ^^;

> 引っ越しをして本を整理してたら「俺こんなに英語の本買ってるの・・・」と自分でも若干引くくらい買ってました。
おお、そんなに (笑)。 でも結構積読になってるような英語のテキストって溜まりがちですよね。 僕も分かります。 単語帳とか瞬間英作文とかアメリカ口語教本とかは一瞬で挫折して頭から消え去りますからね。。 こっちへ来る時の引越しの時は彼女のBL漫画が大量でした (なんだそりゃ)。

> 約2年でここまで伸びるもんなんだなぁとしみじみと感じています。
ほんとですね。 kazuさんの伸びは脅威です (_ _)

> まだまだ英語力底辺ですけどね!!
いやいや、英検1級の kazuさんが英語力底辺だったら、日本人の9割は地面に埋まっちゃいますよ。。

> TOEIC SWの受験予定は今のところ無いですねー
kazuさんは英検持ってますもんしね〜。 ま、僕もモニター受験しかしたことないんですけど、 TOEFL よりも SW のタスクの数が多くて、バラエティに富んでいるのが TOEIC SW の良いところかなと思っています。 RYUさんによると、 TOEFL より採点基準が甘いのがダメなところだそうですが、まぁ、単に高得点を取るというより高いレベルを目指して勉強するのであれば、SW を利用するのはアリかなと感じます ^^

> 英検1級もありますしTOEICだけのアピールよりは評価されると信じています。
そうですね、TOEIC高得点と英検1級のコンボは強いです。 なぜか英検って 「誤魔化しやテクニックが通用しない」 っていうイメージがあるらしく、 「彼はTOEICだけじゃなく、英検1級も持ってる。 ちゃんとした英語力があるんだよ」 みたいなことを言われたことがあります ^^;
Posted by 英語好き at 2015年12月18日 00:51

tomokiさんへ、

僕は大学二年生の時に参加した交換留学でアウトプットをほぼゼロから英検1級レベルまで伸ばしました。 交換留学に行く直前 TOEICは 820点 (L410 R410) だったのですが、そこまでのアウトプットは… まともにやっていたことは音読程度じゃないですかね (笑)。

ただ、それ以降ということであれば、私はスピーキングを伸ばす方法としては下のような方法をやってきました。

● IELTSのスピーキング対策 (基礎力編)
http://getahighscoreontoeic.seesaa.net/article/216446596.html

● 一人でできるスピーキング練習
http://getahighscoreontoeic.seesaa.net/article/424131443.html

● 日常会話のために
http://getahighscoreontoeic.seesaa.net/article/110806290.html

私の場合はライティングがスピーキングにも貢献したなと感じている部分もあります。 もちろんアカデミックライティングだと堅いのですが、メールやブログなんかだと口調はかなり口語そのものですからね。 留学後は継続的にメールやブログを英語で書いていたので、そういうことがスピーキングにも生きています。

tomokiさんは TOEFL iBT の対策をする必要があるということですので、 TOEFL iBTのスピーキング・ライティング教材を使ったトレーニングをやるのが一番いいのではないでしょうか。 オンライン英会話などもありますし、それなりに良いとは思うのですが、受ける必要のあるテストを目標にするのが一番やりやすく、続きやすいと思います (目的がはっきりしているから)。

ライティングについては、私も 「エッセイを書く ⇒ 自分で修正を繰り返して ⇒ 模範解答を見て ⇒ 良いと思った表現をチェックして ⇒ また自分で書いてみて ⇒ でまた模範解答を見て… (同じ問題でも何度も繰り返し書きます)」 の繰り返しですね。 別に誰に教えてもらった訳でもなく、見本を探して、それを頼りに自分が書くしかないです。 ただ、もしご自分でのチェックが不安であれば、オンラインでネイティブに添削してもらえるサービスもあるようです。 ライティング練習のためのテキストは、一応 TOEFL を視野に入れていらっしゃるということで、TOEFLのテキストが良いと思います。 模範解答が載っているテキストを選びましょう。

ただし、アウトプットは自分が内在的に持っている知識を使えるようにすることなので、アウトプットだけやっているとすぐに力の伸びが頭打ちになります。 アウトプットを伸ばし続けるためには、インプットも伸ばし続けないと駄目なんですね。

私の場合はかなり幅広い学習をやってきました。 短期的には意味が薄いように思える洋書リーディングなども、間違いなく今の私の英語力に貢献しています。

● 私がこれまでにやってきた学習法
http://getahighscoreontoeic.seesaa.net/article/421912400.html

● これまでに読んだ洋書リスト
http://getahighscoreontoeic.seesaa.net/article/430246986.html

● TIME 1000ページ
http://getahighscoreontoeic.seesaa.net/article/424012301.html

短期的な効率だけを見ていると、将来的に伸び悩むことになります。

● 三年先の稽古とは
http://getahighscoreontoeic.seesaa.net/article/423061167.html

取らないといけない点は 61点ということですが、おっしゃる通り、海外に行くまでにもっと英語力を上げておきたいというのは正解だと思います。 自分の英語力が上がれば、それだけ現地で吸収できるものも増えます。 ぜひ頑張ってください ^^
Posted by 英語好き at 2015年12月18日 00:56
隠しコメントさん、お久しぶりです!! コメントありがとうございます! m(_ _)m

分かりました! というか、すごいマニアックな本ですね (笑)。 いえいえ、全然違っているので、言われても 「アイデアを参考にされたっていうことかな??」 ぐらいしか分かりませんでした (笑)。
Posted by 英語好き at 2015年12月18日 01:02
インプット不足というのは意外と考えたことがありませんでしたが、よく考えると習ってもいない技を出そうとしてあ〜できない!ともがいていたような気がします
これからは少しインプットに比重を置こうと思います
短期的な効率〜に関してはまさに、目の前の難しい問題にいっぱいいっぱいで視野が物凄く狭くなっていました
もともと海外文学も好きですし、理文問わず興味のある事は多いので英語の物を探ってみます
ご丁寧な回答ありがとうございました
Posted by tomoki at 2015年12月18日 09:07
tomokiさんへ、

そうですね、1〜2週間のごく短期の対策なら 「アウトプットのためにはアウトプット集中!」 でも良いと思うんですが、長期的に伸ばし続けるためには両方を継続的に行うことが大事だと思います。

アウトプットについても試行錯誤されている tomokiさんなら、小説を読んでいても 「おっ、前に言えなくて気になってたのって、こう言えば良かったのか!」 というような発見があると思います。

● アウトプットを意識したインプットをするために必要なこと。
http://getahighscoreontoeic.seesaa.net/article/428301205.html

アウトプットのためであれば、自分がなんとか読めるような本よりも、少し簡単めの英語で書かれた本 (洋販ラダーなど) を読んでみると、自分のアウトプットを取り入れやすい表現が見つかりやすいかも知れません。

● 真ん中あたりに洋販ラダーのリンクがあります↓
http://getahighscoreontoeic.seesaa.net/article/411827226.html

少しでも参考になりましたら幸いです ^^ 頑張ってください!
Posted by 英語好き at 2015年12月18日 11:36
再度のアドバイスありがとうございます
早速kindleで人類学系の軽めの本を読み始めました
実は不思議の国のアリスだけは原書で読んだことがあるのですが、内容が突飛なだけに語彙の割に難しかったので原書はちょっとトラウマ気味になってました
しかし論理的な文で書かれているだけに今読んでいる本は結構読みやすいので苦痛なく続けられそうです
次はナボコフあたりを読んでみようと思います
Posted by tomoki at 2015年12月18日 23:00

tomokiさんへ、

いえいえ、 my pleasure です ^^

> 早速kindleで人類学系の軽めの本を読み始めました
人類学系! 僕には重そうです (笑)。 あ、ジャレド・ダイアモンドさんの "Guns, Germs and Steel" なんかは読み物としても普通に面白そうだと思います。

> 実は不思議の国のアリスだけは原書で読んだことがあるのですが
アリス! 確かに意味不明ジャンルですよね〜 (_ _) でも 「チシャネコのような不気味な笑み」 のような表現が TIME を読んでいても出てくるので、読んだ経験は無駄にならないと思います ^^
> 論理的な文で書かれているだけに今読んでいる本は結構読みやすいので
そういえば、フィクションよりもノンフィクションの方が簡単らしいということもありますし、ぜひ自分がはまる本を見つけて下さい!
Posted by 英語好き at 2015年12月19日 00:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。