2015年11月19日

正しい発声が正しい発音の基礎である。


今回の発音のブレイクスルーで気付いたことなのですが、私はこれまで個々の母音や子音の多くを正しく発音し損ねていました (汗)。

ということで、英語喉のKaz先生がおっしゃっていたことの意味が今回初めて分かったのですが、

声がちゃんと出せていないと個々の音も発音できていない

ということですね〜。

しかも、声が出せるようになるまではそのことにも気付けていなかったという (二重苦)。

以前に読む力を木に例えて、個々の語彙の知識は植物で言う葉っぱの一枚一枚のようなもので、最も大事なのは根や幹である 「読む力」 そのものであると言っていたのですが、似たようなことが発音にも言えると思いました。

発声が正しくできていない状態では、個々の母音や子音の発音の練習をしていても結局は本当の意味ではできていない可能性が高いです (だからと言って、その状態で練習する意味がないということではありませんが)。

ただ、その一方で、私のように学習開始から一度も正しい発声ができていなかった人間でも英語喉を知った上で試行錯誤をしていれば、

努力で乗り越えられる壁である

ことも分かりました (センスなさ過ぎて4年かかりましたけどね 苦)。

まずは発音をアップしろよって話ですが、しばらくは練習したいと思います ^^; 修正のポイントが多いので (ほぼ全て 汗)、改めて発音の練習をしております。。

応援クリック頂けたら嬉しいです。。 m(_ _)m < お願いします。。


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 英語ブログランキングへ

posted by 英語好き at 20:12| Comment(12) | 発音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
え?kazu先生?(真顔)

自分は少しはグライディングとか出来るようになってるんじゃない?と思うことが最近あります。まぁシャドーイング、全然ですけどね(笑)なんちゃってシャドーイングです。声に出すと全然追いついていかないですし、お前何はなしとんねん!状態です。今日駅からの帰り道ひたすらシャドーイングしていましたが、全然だなぁと思いました。1人ぶつぶつなんかよく分からないこと言ってるとか超怪しい人物ですよね(笑)でもまあ時間の有効利用です!

ああ、そうそう play it by earはTOEFLの教材ですね。今日シャドーイングしたフレーズにありました。だから知ってたんですね。

英語喉は気になってはいますねぇ。発音は矯正しましたし、大分マシだと思いますが、まだまだ苦手な音があります。Yearとear同じに聞こえる!って最後まで言われてました。コレHomeworkだからね!と言われたことを覚えています。もう留学してから2ヶ月。早いですねー最近時間の流れが怖いです。
Posted by kazu at 2015年11月19日 21:11
私も英語喉をしてから発音と聞き取りがだいぶよくなりました。英語喉をする前は、ベルギー人男性に日本人の英語は本当にわからない、と言われたり、アメリカ人の子とSkypeした時は、相手の言ってることも全然わからず、自分の英語も通じませんでした。英語喉を発見する前も、映画やドラマを英語音声で聞いたり、外国人と話して、発音の重要性についてはかなり確信していたので、英語喉をやって良かったと思っています。

英語喉で英語がもっとうまくなるといいですね
Posted by K at 2015年11月20日 00:47
kazuさんへ、

> え?kazu先生?(真顔)
今日もノッてますねぇ〜 (調子に)。 ※もちろん冗談です (笑)。

> 自分は少しはグライディングとか出来る
すみません、グライディングて何ですか? 滑空かな? (モモンガ的な意味で)

> なんちゃってシャドーイングです。声に出すと全然追いついていかないですし
じゃあ外でシャドーイングする時は最初から最後まで一切着いていけずにずーっと通して噛み噛みのまま、最後にめだか師匠的に 「ふう、今日はこれぐらいにしといたろか」 って言うと良いんじゃないでしょうか (何が

というのは冗談で、素材が速すぎるのかも知れないですね。 声に出してのシャドーイングが速すぎてできないような素材は Whispering か Whining か (おいw) なんか名前は忘れましたが、違った方法があるはずです。 いつまでやってもできるようになる気がしない感じなら、 VOA とか、VOA をオススメします (←引き出しがやたら少ない指導者w)。

> ああ、そうそう play it by earはTOEFLの教材ですね。
TOEFLの教材でしたか! 流石TOEFL、レベル高いっすね〜。

> Yearとear同じに聞こえる!って最後まで言われてました。
それを聞いて僕も YouTube のレッスンビデオで違いを学びました (笑)。
Posted by 英語好き at 2015年11月20日 04:04
Kさんへ、

コメントありがとうございます m(_ _)m

> 私も英語喉をしてから発音と聞き取りがだいぶよくなりました。
おおっ同じくですか!! 僕も英語喉ができるようになってからは、映画とかドラマを観る度に、 「おお、おお、コイツも英語喉やわ」 「あ、コイツもやわ」 とか思いながら観てます (ちょっと違うか)

> 英語喉をする前は、ベルギー人男性に日本人の英語は本当にわからない、と
英語喉ができてないと何故か聞き取ってもらいにくいですよね〜。 というか、僕の場合は日本語でも言ってることを聞き取ってもらえない声質だったんです… なんかもう生物として生まれてからずっと声を出し損ね続けてきた感じですね。 母語習得からやり直したい (悔)。

> 英語喉をやって良かったと思っています。
僕の場合はもう英語の発音だけに留まらず、歌うのもすごく楽になって、世界が変わりました (※英語喉の話をすると胡散臭さが生じる法則)。 彼女もできましたし (元々おったやろw)。 お金は相変わらずないです ()。

> 英語喉で英語がもっとうまくなるといいですね
ですね! この声を最大限生かせる発音になるまで頑張ります!
Posted by 英語好き at 2015年11月20日 04:08
うう、耳が痛いですねえ〜。確かにbとv、s
とshの違いとか個別に練習してマシになったんですが、私まだ声がくぐもってるんですねー。頭の上から声を出すように練習したいのですが、うるさいと言われますから、ジレンマ…。昔ネットの書き込みで公園でトランペットの練習してたらホームレスの人に追いかけられた、と言うのを読んで笑っちゃったんですが、私も音を気にせずに練習できる場所が欲しいです。
Posted by 雪 at 2015年11月20日 06:02
発音、難しいですよね〜。意識して話してもやっぱりネイティヴには僕が英語圏出身じゃないのばれちゃいます。将来的には彼らにもバレないようになるのが目標なんですが、なかなか難しそうです…
Posted by Yogi at 2015年11月20日 20:00
雪さんへ、

日本語は子音弱いですもんね〜。。。 (_ _;) でも女性でも声が篭もる感じってあるんですね。 なんで外人はこんなに声がデカいんだ (そして静かに話せと言っても話せないんだ) と思ってましたが、ちゃんと発声ができるようになってやっとちょっと腑に落ちましたが。。

> 公園でトランペットの練習してたらホームレスの人に追いかけられた
トランペットww それはちょっと仕方ないと思ってしまいますね (笑)。 日本は結構そういうのに厳しいですが、海外なら自分の家とか部屋なら大丈夫じゃないですかね? それでもダメでしょうか。。

日本のように近所にカラオケとかがあればいいんですけどね ^^;

P.S. 雪さんブログのオレンジケーキ美味しそうです〜〜!! (食べ物記事へのアクセス増加作戦w)

● 雪さん手作りオレンジケーキ
http://wannabeawriter.seesaa.net/article/429958669.html

あ、でも 『作家になろうと思ったわけB』 も海外勢として共感できる記事でした。。 そこまでの事件とかはないのですが、やっぱり人種とか言葉の差で待遇が違うことありますね。

● 作家になろうと思ったわけB
http://wannabeawriter.seesaa.net/article/429955620.html
Posted by 英語好き at 2015年11月20日 23:53

Yogiさんへ、

> やっぱりネイティヴには僕が英語圏出身じゃないのばれちゃいます。
ね、ネイティブ相手ですか!? (汗) ネイティブにばれないってのはかなり至難の業ですよね〜。 僕はとりあえず自分が満足できるレベルを中期目標にしてます ^^; 「=日本人にバレない」 ぐらいで (それも十分難しいですが)。
Posted by 英語好き at 2015年11月20日 23:54
>日本語は子音弱いですもんね〜。。。 (_ _;)

そうなんですよね〜。だから息を鋭く吐かないと母音の音が大きすぎて通じないんですよね。
ロウソクの火を息で吹き消す練習とかやろうかしら…。

>でも女性でも声が篭もる感じってあるんですね。

私が滑舌が悪くて電話だといつも「寝てる?」
と聞かれますorz

>海外なら自分の家とか部屋なら大丈夫じゃないですかね?

夜だと難しいですねえ…二階の人や隣りの部屋の人が何度も文句言いに来ましたから。

>雪さんブログのオレンジケーキ美味しそうです〜〜!!

これからどんどん英語好きさんにスイーツテロ
を仕掛けますのでよろしく〜!(鬼やなw)

>『作家になろうと思ったわけB』 も海外勢として共感できる記事でした。。

ありがとうございます。英語好きさんは海外生活満喫されてそうなんですが、同じような経験
やっぱりあるんですね。暗い話はあまり書きたくないのですが、日本人は我慢してこんな話は表に出ないので、例として書いてみました。
Posted by 雪 at 2015年11月21日 16:25
ネイティヴ以外には大抵バレないんですけどね… 詰めの甘さですね、やっぱり。
Posted by Yogi at 2015年11月21日 20:09
雪さんへ、

> ロウソクの火を息で吹き消す練習とかやろうかしら…。
私も口先だけで強い息を出す練習をしていた時期があったのですが、それでは続かないですし、普段の会話で使えないんですよね。 英語喉ができると息がそこまで強くなくても子音の音がハッキリと聞こえるようになる感じがあります。 それにさらに腹式を合わせると歌が上手くなります (関係ねえ)。

> 私が滑舌が悪くて電話だといつも「寝てる?」と聞かれますorz
笑いました。 ろれつが回ってない人みたいな (笑)。 僕もこれまでの人生でずっと困ってましたね。 中学〜高校でも学校行事の度に 「声が出てない」 みたいなことを言われ続けてましたし ^^; 声の出し方が足りなかったんじゃなく、そもそも喉の使い方が間違っていたことが今になって初めて分かりました。 英語喉を知らなければそのまま死んでいくところでしたね (笑)。

> 二階の人や隣りの部屋の人が何度も文句言いに来ましたから。
僕は海外って日本よりは寛容だと思ってました。。 普通に文句言われるんですね。 英語ネイティブの方がよっぽどうるさいと思うんですが ^^;

> これからどんどん英語好きさんにスイーツテロを仕掛けますのでよろしく〜!
幸せなテロですね (笑)。 すごいほんとに何でも作れる感じですね〜。。

> 英語好きさんは海外生活満喫されてそうなんですが、同じような経験やっぱりあるんですね。
いえ、海外で積極的に人と関わっている人ほどこういうことはあると思います。 ネットでは美談だけが語られることが多いので、雪さんの体験はすごく共有する価値のある話だと思いました。 普通はアンチ白人的な意識につながったりしがちですが雪さんの場合はご自分の中で昇華されていらっしゃるのが素晴らしいと思いますね。 僕はホストファミリーに DVD を盗んだ嫌疑をかけられましたね。 その疑いは晴れなかったですが (笑)。
Posted by 英語好き at 2015年11月21日 21:05

Yogiさんへ、

マジすか!? それはもう相当なレベルじゃないですか。 僕はよく中国人に間違われます (それは違う)。
Posted by 英語好き at 2015年11月21日 21:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。