2015年11月11日

慶應大学法学部の英語入試問題を解いてみました (2014年度版)


あれ、前にも慶應法学部の問題解いてなかった?

ついにボケたか?

と思われるかも知れませんが、前回のは 2015年度の問題だったんです。

今回は2014年度の問題です m(_ _)m

というのも、慶應の英語はいつも難易度が高いのですが、

2014年の法学部は特に難しかったと、

フィリピンに散ったRYUさんが言ってました (殺すな)。

※ 行った

で、これは挑戦してみようと思ったんですね。

問題は 前回同様 河合塾のサイトでダウンロードしました ↓
http://kaisoku.kawai-juku.ac.jp/nyushi/honshi/14/k12.html

でも、まぁ私の記事はいつも通りせいぜい部分的にツッコミを入れるだけなので、

解説的なものは Jinyさんの記事をご覧下さい! (スムーズな丸投げ)

具体的に話に入りたいのですが、その前に。。

========================================================



自分も解いてみたいという方はこれより先は

ネタバレがあります!!

ご注意ください。。 m(_ _)m < 解いた後でご覧下さい。。



========================================================

さて、まずは成績ですが、時間は80分ほどで解いて、

57問中3問ミスでした (正解率 94.7%)。

今回間違えた問題もやはり前半でしたね。

19番と21番と25番でした。

明らかに固まってますが、全部同じ大問中 (会話中の空欄補充問題) のミスです (笑)。

まずは 19番と21番が下のような問題 ↓

デートについて話している二人の女の子

Laura: There's a lot of planning that goes into going on a date, isn't there? I really like this guy, so I hope after all this I don't get ( 19 ).

Aya: Oh, I'm sure you won't... But having said that, I once went on a date and the guy didn't turn up but instead sent his junior to ( 20 ) for him!

Laura: No way! I wouldn’t have ( 21 ) that!

選択肢 [0. stood up 1. stand about 2. stand off 3. stand on 4. stood with
5. stand out 6. stand for 7. stand in 8. stood down 9. stood for]

で、25番がその会話の続きで下のようなものでした ↓

Aya: After all, you never know how things are going to go. I tend to want to plan a date down to every little detail, but I guess I should relax more and play it by ( 25 )

選択肢 [0. face 1. foot 2. ear 3. nose 4. hand
5. leg 6. heart 7. head 8. arm 9. hair]

19番: 悔しいですね。 stood upは正解したかった。

21番: stand for って、そんな意味ありましたっけ? (汗) しかたない (_ _)

25番: play it by ear: 出たとこ勝負でやる? どうでもええわ (笑)。

========================================================

あと、間違いはしなかったのですが、一つ特に難問だと思った問題がありました。

54番です。

4つのセンテンスを並べ替えて一つのパラグラフを完成させる問題なんですが、来年から TOEIC が導入することで話題の文脈問題っぽいですね。 かなり難しいと感じました ^^;

[@] There might have been an established anthropological theory supporting the differences between the two.
[A] Furthermore, unlike many other imperial powers, Japan did not advance into remote regions.
[B] If Japan had been divided and ruled in the nineteenth century, "Japanese" living in the south of Japan might have been classified as a different ethnic group with a different language from those living in the north.
[C] Nor did she rule her colonies long enough to establish a close relationship that would allow for long-scale migration even after her former colonies become independent as happened in the case of Great Britain.

興味ある方はぜひ挑戦してみて下さい〜 m(_ _)m

長文の前後と解答は下の河合塾のページにあります ↓
http://kaisoku.kawai-juku.ac.jp/nyushi/honshi/14/k12.html

========================================================

ところで長文読んでる最中にゴキブリに急襲されたのですが、

幸い僕もゴキブリも無事でした。 (※逃げられた)

精神ダメージ回復の応援お願いします.. (´° ∀ °`) < 無用な殺生をせずに済んだ (白目)。


人気ブログランキングへ

追記: Jinyさんアドレス間違えてたの指摘ありがとうございます!


posted by 英語好き at 15:25| Comment(14) | 大学入試英語 (センター以外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。英語好きさんがその正答率ということを考えるとどれだけ難しいかが分かりますね。早稲田国際教養辺りも結構面白かった記憶があります。あの辺は純粋に楽しめる感じでしょうか?受験英語も結構面白い題材を扱っていたりするから良いですよね。魔女狩りの話しとか錬金術師の話とかありましたし。

とりあえず勉強しましょうかね。勉強してなさ過ぎでマズいです。去年の11月のTOEICはListening中に寝てしまったというミスがあるので嫌な予感がします(笑)

play it by ear はなぜか知ってましたね&#12316;何でしょう?どこかで見かけた気がします。でも早慶の会話に限らないですけど、思いっきり指導要領を逸脱してて面白いですね←

Gですか。この前英会話で「Gとかあり得ないから地球から滅びるべきだわ!」とフィリピン人講師に話したら、「G?可愛いじゃない。あんなのより蛙の方がおぞましい!」ていわれました(笑)でもGも変えるもecosystemの一部だから必要なんだよねーと。そこに行き着きました(笑)でもGも必要なんですねぇ・・・でもこれからは冬だから見かけなくなります!ラッキー
Posted by kazu at 2015年11月11日 18:47
さすがですねー
僕もplay it by earにはやられました(笑)知らんわ!みたいにツッコミ入れて1人で怒ってました。
全体的な感想はどうでしたでしようか?僕は平均点が70に落ちるほどの問題だったかなーと思いましたが。(いや、勿論こんな問題を解かせるのがどうかしているとは感じますけど。

あと余談ですがcapriciousで出ましたよね!英検か!とかこれまたツッコミ入れました(笑)

あ、あと最後の長文のリンク先が2015年度版になっていますよ。2014年度版に修正した方が良いかと思いました!
Posted by Jiny at 2015年11月11日 18:49
… すごいとしか言えません笑 僕の場合圧倒的な語彙力不足でしたが、たとえ辞書を使いまくっても英語好きさん以上の点数取れる自信ありません笑
なにはともあれ、出来る人にはこんなにできるんだなあと驚いたとともになぜかすごくmotivateされました。自分も頑張らなきゃですね。
Posted by Yogi at 2015年11月11日 18:52
お疲れ様です〜。おばちゃんの私は試験を解く気力もないっす(笑)。あーやっと'Sense and Sensibility'読み終えましたよ!

Phrasal verbって本当に面倒くさいですよね!何でこんなに複数の意味があるんだろう…しかも国によって意味が違ってたりするし…。使いこなすためにこれも全部暗記しようかと計画してるんですよね〜。英語好きさんを見習ってまた私も勉強記録書きます。
Posted by 雪 at 2015年11月11日 18:53

kazuさん、こんばんは〜 ^^

いやほんとに毎回言ってますが、高校生が解けるのが意味不明です。

> 早稲田国際教養辺りも結構面白かった記憶があります。
私解いたことありましたっけ?? (自分でも覚えてない 笑) 多分ないと思うのですが、次またいつか解いてみましょうか〜。

> 受験英語も結構面白い題材を扱っていたりするから良いですよね。
そうそう、センターとかは英語簡単&量少なすぎて中身スカスカ気味ですが (小説風なのはたまに良いのがありましたけど)、難関大学の長文問題は内容も興味深いですね。

> 魔女狩りの話しとか錬金術師の話とかありましたし。
おお、面白そう。

> 去年の11月のTOEICはListening中に寝てしまったというミスがあるので
それがこれまでの自己ベストの回とかじゃないですよね!? (汗)

> play it by ear はなぜか知ってましたね
うお、マジですか!? もしかして受験ではちょくちょく問われる表現なんですかね〜。 なんか辞書を引くと、 「曲を耳コピで演奏する ⇒ 即興で演奏する ⇒ 出たとこ勝負でやる」 みたいな感じで、元々の意味からの連想でやっと納得できました ^^;

> Gですか。
はい、Gです。 残念ながら家の中は年がら年中いますね。

> 「G? 可愛いじゃない。あんなのより蛙の方がおぞましい!」
「蛙」を見て、 「鯉? あ、鮭だ。 あ、カエルだ」 となりました (←そろそろ日本語が通じなくなるんじゃ)。 フィリピンでは一般的にそうなんでしょうか。 価値観の違いがすごいっすね〜。 僕は爬虫類とか両生類とかは大丈夫ですが、虫は嫌ですね。 流石にアリでびびってた RYUさんはどうかと思いますが (おいw)。
Posted by 英語好き at 2015年11月12日 08:03
Jinyさんへ、

> さすがですねー
いえいえ、全然です ^^; Jinyさんの解説は毎度すごいな〜〜と思って記事読ませてもらいましたよ〜。 説明するのは解答だけの何倍も難しいですからね。 僕は難しかったという前評判を聞いてたので、3問ミスでほっとしているレベルですw

> 僕もplay it by earにはやられました(笑)
良かった〜。 kazuさん聞いたことあるそうで。 僕だけかとw

> 全体的な感想はどうでしたでしようか?
平均が70点というのはビビりましたね〜。 でも確かに例年の問題も難しいですからね。 おっしゃる通りで、それを基準に考えると驚異的とは思わないですよね〜。 なんか今年の初めに解いた入試問題で長文とかでもっと難しかったのがあった気が…。 どこだったか忘れましたが。。

> あと余談ですがcapriciousで出ましたよね!
あ!! そうそう!! そうでした!! 本文で触れるの忘れてました! 前回 雪さんに教えて頂いたフレーズで覚えていたので、おかげで正解できました〜! Capricious mountain weather! Women are capricious creatures!! (ちょっと違うw)

> 長文のリンク先が2015年度版になっていますよ。
感謝です〜〜 m(_ _)m なんで間違ったんだろう?? 助かりました!

P.S. ブログ開設1ヶ月&1万アクセス越えおめでとうございます! 「動物園と化した株式総会」 の記事、本編のインパクトもすごかったですが、 「これが哲学か・・・」 の小話も超好きです (笑)。
Posted by 英語好き at 2015年11月12日 08:05

Yogiさんへ、

いえいえ、私は受験生じゃないですので ^^; Yogiさんは高校生で同じ問題を解けるレベルなので、怪物ですね。。

僕も精進します。。。 m(_ _)m
Posted by 英語好き at 2015年11月12日 08:06

雪さんへ、

ありがとうございます! m(_ _)m 雪さん受験興味ないからですよ (笑)。

> あーやっと'Sense and Sensibility'読み終えましたよ!
えええー、早っ!!!! 全然競争になってないじゃないですか!! orz…

> Phrasal verbって本当に面倒くさいですよね!
そうですね〜。。 普段は (僕が読み聞きする範囲のものなら) 特に困ってない感じなのですが、慶應の出題範囲には明らかに対応し切れてないですね (笑)。

> 使いこなすためにこれも全部暗記しようかと計画してるんですよね〜。
でも実際全部暗記するしかないですもんね ^^; う〜ん。。

> 英語好きさんを見習ってまた私も勉強記録書きます。
楽しみにしてます!!
Posted by 英語好き at 2015年11月12日 08:08
横レスです。

>Women are capricious creatures!!

これすごく笑いました(笑)

All men are vulnerable creatures, we women
shouldn't give them a hard time,right?
Posted by 雪 at 2015年11月12日 10:14
おぉ〜解いたんですね!

2014年はインタビューがそれまで数年出てなかった?みたい&時間かかるので、受験生の点数が落ちたのかもしれませんね
あと長文も難しかったですし、全体的に難易度が例年よりやや高い気がします

今英語好きさんの記事見て「長文どんな感じだったかな?」と解いたんですが、もう疲れました・・・
一文一文が長い&文構造がやや複雑&やや抽象的ですげえ読みにくいです・・・

54番はもはや意味不明ですね笑
解説欲しいくらいです
「sheって誰やねん!」と心の中で叫んだんですが、こんな使い方があるんだと辞書見て思いました

ちなみに長文4ミスでした(ちーん・・・)
49番あたりも間違えて、もっと考えればできたかもしれませんがかなり難しい気がします(読むのは簡単だけど選択肢絞るのが)

あと英語好きさんの影響で僕の2014年の慶應法の結果を知ろうと検索してくださってる人がいるようですが、正答率が70%切ったことがばれてしまいますよ汗

ってか「流石にアリでびびってた RYUさんはどうかと思いますが」ってなんですか!笑
去年のホテルついていきなりアリがいっぱいいるとか、この前の朝起きて横見たらアリがトカゲにたかってるとか普通にやばいですよ汗
害はないけどキモイです・・・

んで早稲田の国際教養は受験では珍しく小説が出るので英語好きさんにはおすすめですね
難易度はそこまで高くないけど(と言っても易しくはない)、1つの長文がくそ長い&制限時間的には早慶上智でトップクラスに厳しいと思います(英作文がある&長文しかやってないのでわかりませんが、僕も結構急がないと終わらないと思います)
なのに小説とかどうでもいい細かいこと聞いてくるので、解いてて「あぁ〜もうこんなこと聞いてどうすんだよ!時間足らないんじゃボケ!」って思います笑

Posted by RYU at 2015年11月12日 20:01
雪さんへ、

> vulnerable creatures
あはは (笑)、もちろん女性も vulnerable in some respects だと思いますが、 I don't see anything wrong with saying men are vulnerable!

Please be nice to them, or to us? (笑)
Posted by 英語好き at 2015年11月13日 13:17

RYUさん、

解きました〜〜 ^^ I'm a capricious creature.

2014年はインタビューがそれまで数年出てなかった?みたい&時間かかるので
あ、そういう要因もあったんですね〜。 確かに僕も前のより時間かかりました。

> 今英語好きさんの記事見て「長文どんな感じだったかな?」と解いたんですが
ええ、わざわざ再挑戦して下さったんですか (笑)。 ありがとうございます。 うーん、これは僕も1回通してベタ読みして、それから設問を見ながら2回目で読んでやっと腑に落ちる感じでした。

> 54番はもはや意味不明ですね笑
そうそう!! これ何なんでしょうね! (笑) RYUさんに共感してもらえて嬉しいです。 解説は…僕もそこまで分かってる気がしないんでやめときます (_ _;) こことかは僕もミスだったとしても文句なしでしたから。。

> 49番あたりも
んー、49番はこのパラグラフをしっかり読めていれば選択肢を絞るのは難しくなかったですかね。。 (感想真逆w)

> 僕の2014年の慶應法の結果を知ろうと検索してくださってる人がいるようですが
すみません、僕 RYUさんの記事を見つけられなかったんですが、どこでしょうか!? 探したんですが、2015年のやつしか分からず。。 教えて頂けたらぜひ記事中にリンクさせて頂きます!

> 去年のホテルついていきなりアリがいっぱいいるとか
う〜ん、床中アリだらけとかは絶対嫌ですし、確かにアリはパッと見どこから来てるか分からないとかが駆除しても駆除しても湧いて来るので面倒なんですが (経験ありです)、でも隅っこにわーっといるぐらいなら気持ち悪いとは思わないんですよね〜。ゴキ一匹に走り回られる方が嫌です。 もしかしてこういうのも DNAとか関係あるんですかね。 ヘビが苦手な人は DNA的にそういう苦手が刷り込まれてるとか。。 RYUさんの祖先はしばしばアリに殺されることがあったから (あれ意味分かんねえな)。

> この前の朝起きて横見たらアリがトカゲにたかってる
それはトカゲ (の死体) がきもいっす (苦)。

> んで早稲田の国際教養は受験では珍しく小説が出るので
おっオススメですか! じゃ、次はぜひそちらを解きます! 前回は上智の全日程分を解いて今回は慶應2連続だったので、丁度早稲田解きたいと思ってたんですYO~。

> 1つの長文がくそ長い&制限時間的には早慶上智でトップクラスに厳しい
RYUさんがそういうならかなり厳しそうですね。。

> 「あぁ〜もうこんなこと聞いてどうすんだよ!時間足らないんじゃボケ!」
(笑)。
Posted by 英語好き at 2015年11月13日 13:21
いやいや、解けてませんよ笑 手も足も出ませんでした笑
ペラペラに聞こえるだけで中身スッカスカの英語しかしゃべれない普通の高校生です笑 あ、そういえば一つ質問なんですが、僕は高一夏からの一年分くらい日本の英語教育を受けてないので日常会話で使わないような熟語をまったく知らないんです。オススメの熟語集みたいなものありますか?(ちなみに僕はduoの大ファンです笑)
Posted by Yogi at 2015年11月13日 18:47
Yogiさんへ、

日本の受験英語って普通に英語を使ってきた人から見ると結構特殊ですからね ^^; でも話せるということは既にかなりの基底英語力をお持ちということなので、本番までには点数を取れるようになっているでしょう。

> オススメの熟語集みたいなものありますか?
私は熟語帳は一冊もやったことがないですね (苦)。 これまでは読みだけで覚えてきました。 う〜ん、熟語帳ではないですが、なんか今回のテストを見ても 「stand の熟語」 や 「身体の一部が含まれる熟語」 ということで、なんか出題の傾向は偏っているので、過去問を一通り解いて傾向を掴んだ上で、辞書で基本動詞や出そうな基本単語を使った熟語を一通りチェックすれば行ける気もします。 もちろんこのセクションは捨て問に近いような出題もありますし、ここで満点近い点を稼ぐ必要があるのかという疑問はあります (オチ 笑)。
Posted by 英語好き at 2015年11月14日 13:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。