2015年10月13日

京都大学の入試問題を解いてみました!


国公立大学では最難関ではないかという噂の京大英語を解いてみました。

適当に検索したら見つかった

http://kaisoku.kawai-juku.ac.jp/nyushi/honshi/15/k01.html

この河合塾のページから... 今年 2015年 春の京大英語の問題をダウンロードしました。

制限時間は2時間 です (だと思います)。

僕は 75分強で解いて、その後 10分ほど見直したりしてました。

もちろん辞書とかネットは一切使ってないので、模範解答ではありません ^^;

結果!!

というか、これ解き始めてから気が付いたのですが、

採点できないっすね (苦)。

全問 記述問題なんですね〜。。

えーと、全部で大問が3つありまして、最初の2つが英文和訳、最後の1つが和文英訳です。

なので、自分の解答を載せる方向で。。 ^^;

=========================================================


自分も解いてみたいという方はこれより先は

ネタバレになります!

ご注意ください m(_ _)m < 解いた後でご覧下さい。。


=========================================================

問題文全体についてはこちらでご参照ください。

T(1) 下の部分の和訳

Only when combined do these tones become the complex sound we call classical music. Essentially, music is just one example of a hierarchical system, where patterns are nested with larger patterns – similar to the way words form sentences, then chapters and eventually a novel.

私の解答:組み合わさることで初めて、それらの音階は私たちがクラシック音楽と呼ぶ複雑な音となるのだ。本質的には、音楽もこのように小さなパターンの数々がより大きなパターンの内に座しているという階層を持つ体系の一例に過ぎない。このことは、一つ一つの単語が組み合わさることで文ができ、それがさらに組み合わさって章になり、終いには一つの小説が形作られるということにも近いと言える。

T(2) 本文中の this paradigm というのを日本語30〜50字で説明。

私の解答: 限定された数の普遍的構成素の組み合わせにより、異なる機能が生み出されているという枠組みのこと(46語)。

「構成素」 とかいう日本語を造った気がしています (汗)

T(3) 下の部分の和訳

Listening to the music improved our understanding of the mechanism by which the chains of amino acids interact to form a material during the silk-spinning process. The chains of amino acids that formed silk fibres of poor quality, for example, translated into music that was aggressive and harsh, while the ones that formed better fibres sounded softer and more fluid, as they were derived from a more interwoven network.

私の解答:こうして紡がれた音楽を聞くことで、合成シルクが生成される過程においてアミノ酸の配列がお互いにどのように作用し合うのかというメカニズムの理解が促されたのである。これは例えば、品質の悪いシルク繊維を構成するアミノ酸の配列は 音楽に置き換えた時には、激しく、鋭いものになり、一方で品質の良い繊維を成す配列は優しく、流れるような音楽になった。後者はその構造がより密に絡み合ったネットワークだったからである。

U(1) 下の部分の和訳 (ただし Far from it の it を明確にして)

Far from it, in fact. Not only does nothing remain a mystery, but (and possibly because of it) – nothing also keeps on making an appearance in virtually every walk of life, even when we don't notice.

私の解答:「無」についての問題は17世紀末までには解決しており、今はもうそれについては何も話すことも、気を煩わせるようなこともなくなったかというと、事実は全くもってそうではない。 「無」は未だに謎であり続けているだけでなく、(もしかするとそれが今も謎であるからこそ)生活のほとんどありとあらゆる場面において、私たちが気付いていない時でさえも、その姿を現し続けているのだ。

walk of life を誤訳してます (苦)。 しまった (苦)。

U(2)下の部分の和訳

Since it follows that the more we know, the less we don't know, we are left with one of those strange paradoxes that the more we know about everything, the less we know about nothing.

私の解答:「より多くを知るほど、知らないことは少なくなる」ということから考えると、「私たちが全ての事象についてより多くのことを知るほど、無について知っていることは少なくなっていってしまう」という奇妙な矛盾の一つに直面することとなる

「直面することとなる」 っていう訳は、まぁ "are left with" を自然に訳せずに逃げた部分だったのですが、予備校の模範解答の 「私たちに残ることになる」 っていうのも直訳ですよね〜。。 自然に訳せないもんですかね。。

U(3) 原形の動詞を正しい形にして入れるという空欄補充問題。

私の解答: ア Brought  イ sung (両方正解でした)

V(1)下の会話の英訳

花子:昨日の夕刊見た?絶滅の危機に瀕していたトキの雛が孵ったと書いてあったわ。
太郎:飼育係の人はさぞかし大変だっただろうね。
花子:でも、この雛は自然に戻されたトキから生まれたのよ。
太郎:トキが住みやすい環境、つまり、きれいな水や空気があり、珍しい鳥だからと追いかけ回されたりしない場所というのは、僕たち人間にとっても居心地のよいものなのかもしれないね。

私の解答: 
Hanako: Did you see yesterday's evening paper? It said that they succeeded in hatching a chick of Toki, a bird that's been on the verge of extinction.
Taro: I guess the caretakers must have had a lot of trouble.
Hanako: No, this chick was born from a Toki that had been returned to its natural environment.
Taro: A comfortable environment for the Toki birds, I mean, a place that has clean air and water and where they won't be chased around by humans just because they're a rare species might be a good place for us human beings to live in, too.

うーん、めちゃくちゃ翻訳くさい会話になりました (苦)。 あと、課題文なんですが、最後のタローのセリフおかしすぎでしょ (笑)。 「タロー突然どうした?」 ってぐらい話が飛んでる気がします。 鳥の話だけに。

V(2)下の和文の英訳

世界には文字を持たない言語がたくさんあるらしい。毎日文字に囲まれて暮らしている私たちからすれば、さぞ不便なことだろうと思ってしまいがちだ。しかし、文字があろうがなかろうが、ことばの基本的な働きに変わりはない。文字のある言語のほうがない言語より優れているなどと考えるのは、とんでもない思い上がりだろう。

私の解答: They say that there are a lot of languages without a writing system. Leading lives surrounded by numerous characters, we are inclined to think that living without them must be extremely inconvenient. Nevertheless, with or without a writing system, the essential functions of a language do not differ. Thus, to consider a language with a writing system superior to one without it would be absurdly arrogant.

文法が分からなかったんですが (おい)、最後のセンテンスの one without it の it っておかしい?ですよね? 感覚的には it なくても良いかなとは思ったんですが、やはり予備校の解答では one without になっていて、 it ないですね〜。。 orz...

=========================================================

ということで、ちょこちょこミスがあるので満点は無理っぽいですね〜

難易度としてはどうなんでしょうねぇ〜。。。

ん〜、わかんない テヘペロー (・ω<)

で終わらせたいところですが (だって国公立の問題解いたの人生初ですし 笑)、

いや、でも、

個人的には早慶上智の問題の方がしんどかった 気がします。

問題の量があっちのが多いですし、特に難しい問題だとたまに私が読んでもよく分からない文章とかも出されてたりしますし。

ただ、京大の問題は記号選択問題がなく、全問記述式であるという点で、小手先のテクニックが通用しにくい問題になっているな〜とも感じました。

「和訳せよ」 とかなので、がっつり理解度がバレますしね。

あと 「英訳しろ」 もキツいですよね (笑)

な〜にが

「ねえねえ、昨日の夕刊見た?

絶滅の危機に瀕しているトキの雛が孵ったらしいわ!」


だっていう。 噛むわそんな会話。

トキよりも夕刊で会話してる高校生のが絶滅してんじゃない? です (サラリーマンか)。

さてさて、話がブレ始めた所で、個人的な感想を4行にまとめますと (←中途半端)、

英文としては早慶上智の方が難しかった気がする。

受験英語の最難関というのは流石に言いすぎかな?

ただ小手先のテクニックで点を取ることが難しいので、

超高校生級であることは間違いない。


っていう印象でした。。 ^^; ← 自分も間違えといてよう言うw

=========================================================

さて、次回は Jinyさんのリクエストにより、

エミネム聞き取りチャレンジをやってみます!

eminem.jpg

課題曲は代表曲である Lose YourselfNot Afraid です。

まだ現時点では全く聞いてません! どうなることやら!

頑張ってね〜という優しい皆様からの応援クリック、待ってます!! m(_ _)m < トキ。。。


学問・科学ランキングへ

追記: Junさんの 「英検に近いのはどの英文雑誌なんだ決定戦 2015」 が4回戦に入り、これまで以上に決定戦らしい様相を呈してきております!! 英検を視野に勉強をしている方はぜひ! ^^

posted by 英語好き at 16:09| Comment(28) | 大学入試英語 (センター以外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
京大の試験って翻訳ばかりなんですね。英語だけの試験よりも難しく感じます(苦笑)。
Posted by hajime at 2015年10月13日 17:38
こんばんはー
国立らしく記述ですね(笑)国立はAll記述なので地力が必要ですよね。個人的には京大もですが一橋も難しかったです。Readingならまだしも英作がえぐい。名古屋なんかは小説の訳がでたりしてかなり意訳というか、解釈が必要な問題だったりしますよ。

自分は今やっても綺麗な訳は出来なさそうです。ただでさえ得意じゃないのに。英作も怪しい。やっぱり英語圏に住んでるとナチュラルな訳が出来るんですねー流石です先輩!←

TOEICを久しぶりに解きました。950に立ちこめる暗雲。990取れるのかと若干不安になりました。P5で落としますねー別に苦手意識はないんですが、落とすところはそこです。7で落としたのも痛いですけどね。読解力が上がってると思ったらそうでもなかったと感じちゃいました(笑)
Posted by kazu at 2015年10月13日 19:51
お疲れ様です。

やはり京大入試はガッツリ和訳させてきますね(^_^ll
『英語としては理解できるけど日本語に訳すのは難しい』という感想を述べたC2レベルの方もいたのですが、そこを難なくこなしてしまう辺りはさすが英語好きさんです。

英訳では、かつての国立入試で課されていたような不可解な日本語こそ見当たらなくなりましたが、文章量も多いですし、相当スタミナを食いそうですね。。

某掲示板では安河内先生でも解けないとかTOEFL満点よりも難しいと騒がれていましたし、取り敢えず引き合いに出すのは京大入試という印象が強いですね。
ネット上、というか受験界では最高峰という位置付けなのかも知れません。

英語好きさんが元気になって何よりです^^
自分も精神面は相当弱いので、お気持ち良く分かります。

時々あるんですよね、急に不安になったり落ち込むこと。
その度に投げ出したくなってしまうんです(‐‐;

あ、ドラマの台詞であった数学の会話のところですが...
偏菱形、、菱形十二面体(?)の問題は、たぶん私、日本語でも右から左に聞き流すだろうなぁと思いました(恥
Posted by 文月 at 2015年10月14日 01:19
試験お疲れ様です。よく勉強されてますねー。英語好きさんもJinyさんもKazuさんもちょっと皆さんすごすぎじゃないですか❓でもこんな問題がスラスラ出来るのは英語好きさんだからですよー。私だったら'This line doesn't make sense!'ってずーっと考え込んじゃいそうです(笑)。高校生にはかなり厳しいですよね。これがもし他の言語だったら、もっと内容がカンタンな問題のはずですよ。こうやって手ごたえがあるかどうかよくわからない試験のせいで、英語難民が大量生産されていくわけですね〜。私の友達のご主人が京大卒なんですが「英語大っ嫌い」と言ってましたから(笑)
Posted by 雪 at 2015年10月14日 06:08
試験問題お疲れ様です。

めっちゃ英語できる人が受験英語解いたらどんな風に感じるのかは個人的に興味あったんで面白い記事でした。

これからも気力があればブログを続けて下さい。
Posted by @ at 2015年10月14日 08:40
いやー面白かったです。問題に対するツッコミが(笑)
英語好きさん、関西出身ですか?(笑)
一応高校生の間では国立では最難関と言われていると思うんですけどね…受験最難関と言われると人それぞれ感じ方が違うためそうなのかもしれません。東大受けて慶應の方が英語難しかったっていう人も僕の時いましたから。

しかし英訳凄いですね。英語を極めた人にとってはこんなもん楽勝よ!って感じが見て取れます(笑)
自分もアウトプット頑張らなきゃと思いました。

あと僕のリクエストなんか採用してもらってすみません(´・ω・`;)
ビッグバンセオリー聞き取り率90%行ってるからかなり良い聞き取り率を出すんだろうなぁと予想しています。
Posted by Jiny at 2015年10月14日 15:03
こんにちは
英作文は必要とされる語彙のレベルも高く、いくら京大受験生とは言え皆が皆解けるんだろうかって思いますね
帰国子女でも英語の入試あまりできない人も多い中、対策も無しで和訳まで出来るなんて本当にすごいことだと思います
ところで、Vの(2)で一つ質問があります
最後の文のoneはthe one、もしくはthatでなくても良いのでしょうか?
文法書でそういう解説を読んだことがあって気になったんですが、ちょっと自信がありません・・・
Posted by あずき at 2015年10月14日 21:41
お久しぶりです。

英語好きさんさすがですねー!
こんなにきれいに訳すなんて・・・いつか僕もそのレベルになりたいです!

鳥の話だけに飛んだり、夕刊で会話する高校生が絶滅したり、めっちゃおもしろかったです。
素で笑いました。まじで。笑

これからもブログ楽しみにしてますよ!
いつも読んでます!!
Posted by よっち at 2015年10月14日 22:41
hajimeさんへ、

コメントありがとうございます!

> 京大の試験って翻訳ばかりなんですね
そうなんです、全部和訳英訳で。。 でも、問題は 8〜9問しかないので、文章をじっくり読んでゆっくり考える時間がありました (さらに和訳するということもあり、一言一言を噛み締めるように文意を考えたり)。 早慶上智は、文章長いわ難しいわ問題70〜80問あるわで (笑)、大変だった記憶があります ^^;

> 英語だけの試験よりも難しく感じます
そうなんですよね〜。 私も普段は日本語を介さないで英語を読んでいるので、これについては今の英語力だからなんとかなるけど… (なんとかなるとは言ってない 笑) っていう感じです。 高校生でこれを解ける子がいるというのは理解できない世界ですね。
Posted by 英語好き at 2015年10月14日 23:16
kazuさん、こんばんは〜 ^^

> 国立はAll記述なので地力が必要ですよね
そうそう、記述でした。 マークシート主体のテストと比べるとテクニックや誤魔化しが利かないですよね。。へえ〜、一橋も難しいんですね〜。。 僕が 「い… イチノハシ大学?」 と言って、親から 「カモノハシかよ」 とつっこまれた大学ですね (関西では親もつっこみます)。 へえ〜、小説の訳を出すような大学もあるんですね。。 キツいですね (笑)。

> 今やっても綺麗な訳は出来なさそうです。
いえいえ (笑)、できると思いますよ ^^; 皆さん僕なんかより優秀な方ばかりですし、日本語も上手いですし。 僕は英単語に対応する日本語がスムーズに出ず苦労しました (しかも自分でもつっこんでますが全然ナチュラルじゃないですよ 笑)。

> TOEICを久しぶりに解きました。
950は行けるでしょう〜! 980〜990狙いで行きましょう ^^ 英語力としては十分狙えると思うので、あとは本番までにどのぐらい TOEIC にチューニングできるかですね ^^

あと、ブログ拝見しましたが、特急シリーズは過去問のリサイクルの重要問題をしっかりピックアップしているのですごく役に立ちますよ! ^^ 私も解きましたし ↓、自分が TOEIC 受けた時に実感しました!

『新TOEIC TEST 900点特急 パート5&6』を解きました
http://getahighscoreontoeic.seesaa.net/article/233119073.html
Posted by 英語好き at 2015年10月14日 23:18
文月さんへ、

ありがとうございます〜 m(_ _)m

> 『英語としては理解できるけど日本語に訳すのは難しい』
おお、他の C2レベルの方が… そうなんですか〜。 確かにそうですね、私の解答でも英語の意図を完全には伝え切れていない部分がありまして (nothingのパラドックスの和訳のあたりなどは原文を読まないと意味が分からないと思います)、これは予備校の模範解答でもそうだったと思います。 なので、もしかすると、これは問題を出した人が 「この英文をどこまで理解して日本語にできるか」 を試したくて出したという意図があったのかも知れません。 そういう風に考えると面白いですね。 京大の先生と次代の京大生の知恵比べみたいで ^^

> かつての国立入試で課されていたような不可解な日本語
そんな時代があったんですね (笑)。

> 安河内先生でも解けないとか
いやぁ〜、どうでしょうね。 流石に安河内先生は解けると思いますが (多分安河内先生でも解けない問題があることがある、っていう話に尾ひれが付いてますね 笑)、やっぱり英訳問題とかは難しいのは確かなので、そういう話が出るのも納得できますね〜。 う〜ん、TOEFL満点と比べると… とりあえず、どの TOEFL なんでしょうかね? (笑) PBT ? CBT? iBT? まぁ、PBT か CBT なら京大の方が難しい可能性はありますよね〜。 ただ、 iBT は… 方向性は全然違いますが、満点同士で比べるなら同じぐらいですかね〜。 いや、でもそもそも受験生にとっては京大英語で満点取る必要もないので、なんかおかしな比較ですね ^^; < まぁとにかく高校生にこんな難しい問題解かせるなんておかしいだろっって言いたいんですよね、多分 (笑)。

> 急に不安になったり落ち込むこと。
まさに私もその状態でした… (= =;) 励ましの言葉を下さった皆様に感謝です。。

> 偏菱形、、菱形十二面体の問題は
へん… へんひしがた? 何でしょうねこれ (笑)。 いや、そうですよね〜 私もおそらく聞き流すと思います ^^; < あ〜なんか難しそうな数学の問題を出して答えてるわ〜ぐらいの理解です。
Posted by 英語好き at 2015年10月14日 23:27
雪さんへ、

ありがとうございます〜 m(_ _)m いや〜、訳したりするのは普段ほとんどしたことがない分野なので、結構手探りでした。 いえいえ、全然スラスラではないですよ〜 ^^; 特に和訳は何度も推敲しながら。。。

> 'This line doesn't make sense!'ってずーっと考え込んじゃいそう
え〜、ほんとですか〜 (笑)。。 あ、でも雪さんだとちゃんと言ってる意味が分からない限りは訳せない!と粘りそうですね。 私はそういう意味ではテキトーなところありますからね ^^;

> 手ごたえがあるかどうかよくわからない試験のせいで…
入試が究極のゴールの現状ではやはりトップ大がどういう問題を出しているかということが多大な影響を及ぼしているのは間違いないですよね。 「簡単なレベルの内容」 って、実はその分より深いレベルで理解できていることが前提のはずなのに、そこが現状ではほとんど無視されてしまってます。 実は基本だけでも肌感覚で理解できるようになれば 「英語が使える」 状態が実感できるのに、惜しいなと思いますね。。。 (_ _)
Posted by 英語好き at 2015年10月14日 23:29
@さんへ、

そう言って頂けるとうれしいです〜 ^^ そうですね、 「英語は分かるけど受験のことは何にも知らねぇ」 っていう人がある日突然京大の問題を解いたらどうなのかというのを、ただの英語好きの目線でお届けしました (笑)。

ありがとうございます! 今後ともよろしくお願いします! m(_ _)m
Posted by 英語好き at 2015年10月14日 23:30
Jinyさんへ、

ありがとうございます ^^; はい、ズバリ関西でございます (笑)。 関西では 「関東人っぽい」 と言われてました (多分ノリが悪いからw)。

> 国立では最難関
うっ、国公立の問題を解いたの今回初めてなので、比較基準がない人間のたわ言と思って下され... m(_ _)m もちろんすごく難しいのは難しいですね。。 ただ、なんか、早慶がおかしなレベルの英文を課していた記憶 (トラウマとも言うw) が大きくてですね...


> 英語を極めた人にとってはこんなもん楽勝よ!って感じが
いやいやいや、楽勝ではないですよ〜 (笑)。 あ、そうだ、Jinyさんブログで慶應の問題解いていらっしゃいましたが、あれ RYUさんも解いてらっしゃった分ですし、僕も近々解こうかと思いました! なので、ネタバレ防止のためにまだあの記事は拝見しておりません! (おいっ) すみませんw、また近々解きますので、それからのお楽しみにとっておきますね!!

あとですね、僕は投資のことやお金のことは全く知らない人間なのですが、 Jinyさんの書かれる投資関連の記事は面白いです〜。 昔まさに 「英語できる人なら TOEIC は点取れる」 っていうのと同じ感覚で、 「経済学とか勉強してるすごい人なら投資したらすごい」 んじゃないの〜?とか考えていた時期あります (←ザ・浅知恵 笑)。 「サルに***させたほうがまだマシ」 っていう結論が面白かったです (笑)。 物知りな方の書かれる文章って面白いなと思いました ^^

> リクエスト
いえいえ! 私も楽しんでやっております ^^ あと自分でも前回の記事を書いている途中から、 「うーん、これはエミネムも実際にやってみた方がいいだろうな。。」 と薄々感じておりました! いや〜、ビッグバンセオリーとはかなり違いますよ〜〜 (汗)。
Posted by 英語好き at 2015年10月14日 23:37
あずきさん、こんにちは〜 ^^

> いくら京大受験生とは言え皆が皆解けるんだろうか
確かに京大受験生でも英語苦手な人もいるでしょうねし、どうなんでしょうね ^^? 英語が得点源じゃない人はどれぐらいできればいいんでしょう。。

対策はしてないのですが、これまでの英語学習の積み重ねが非常識な量ですからね ^^; まぁ、流石に C2レベルの英語力があれば正面突破でなんとかなるみたいです (ちょっとほっとしてます 笑)。

> 最後の文のoneはthe one もしくはthatでなくても
詳しく見て下さってありがとうございます (照)。 えーっとですね、ここでは、 (なんでもいいから不特定の) 文字を持つ言語一つと (同じく不特定の) 文字を持たない言語一つを比較しているという意味なので、特定の the one ではなく不特定の one としました。 the one without と the をつけると 「書き言葉を持たない そ の 言語」 となり、なにか前出の特定の言語を指しているような意味になってしまうので。。

one には the は絶対つけないといけないということはありません。 なんか文法書みたいな例文になってしまいますが、例えば、

A: By the way, do you have a car?
B: Yeah, I have one. Why?
A: What kind of car is it?
B: It's a Toyota. Why? (←尋問されてる気分になってる)

とか。 「(何でもいいけど) 車 (1台) 持ってるよ」 みたいな感じですね。
Posted by 英語好き at 2015年10月14日 23:38
よっちさん!

お久しぶりです〜〜 孵って来られるのを、じゃなかった、帰って来られるのを首を長くしてお待ちしておりました!

> こんなにきれいに訳すなんて・・・
いや〜、きれいかどうかは up for debate ですが (笑)、ありがとうございます! ^^

> これからもブログ楽しみにしてます
うれしいです。。 あ、よっちさんのブログもいつも拝見しております! ^^ < 応援もしてます〜 あ、そうそうあの 「発音間違えてたやんけ!」 っていう件ですが、ああいうの僕もしょっちゅうあります (笑)。 前にも dealt の発音間違えて覚えてたとか。 なので小まめに辞書引くの大切だな〜とかいう記事を書いたことも。 同じようなことにショックを受けていらっしゃったので、共感しました (笑)。
Posted by 英語好き at 2015年10月14日 23:48
今回も盛大に笑いました!そして勉強になりました。

てか、コメント欄のAとBのやり取りがやばかったです。続きが知りたいですw Bの焦りや戸惑いが面白すぎですw

いつも応援していますので無理がないペースで続けて頂けたら嬉しいです。

応援クリックも押しましたー!
Posted by 英語に片思い at 2015年10月15日 05:45
貴重な情報ありがとうございます!

ただ、問題の難しさと合格の難しさは比例しないと思いますよ。学部にもよりますが、京大の合格最低点は総合で6割前後ですね。理数が得意で英語が5割以下という人もいるでしょう。採点基準が不明なのでなんともいえませんが、英検1級の塾講師が京大模試を受けたら英語でトップ10くらい、実際に京大を受験したら8割程度だったと聞いたこともあります。

希望者ではなくて「全員」が受けた場合、広島大医学部のTOEIC平均が600点ちょっと。京大ではそれよりも少し下でしょうね。青谷教授によると、京大生のボリュームゾーンは600点くらいらしいです。英検準1級にも足りないくらいかと。英語だけならば、他大学の英語好きな学生の方が上だと思います。
Posted by a cat at 2015年10月15日 07:45
いつも拝見しております。

私の受験時代は、京大の英語が英語の問題では一番好きでした。私大(とひとくくりにするのもあれですが)の英語は、なんとなく嫌いなんですよね。
塾長にその旨伝えたら、「私大は『この単語知ってるか』『この文法知ってるか』という言い方が悪いが出題者の地頭の悪さが出ているから仕方ない」と言われて納得した記憶があります。
でも、一方で「英語として分かるが訳せない」とおっしゃった人の気持ちはよくわかります。自分の日本語力が試されている気がします。

京大の問題はまともに勉強した人が、まっとうな点を取れる出題だ、素晴らしいと塾長は絶賛していました。京大の英語が解けない・難しいと言う奴は小手先の、英語を言語だと思っていない連中がいうセリフだ、という言葉に非常に納得しました。
ですので、英語好きさんも、きっとまっとうな努力を積み重ねられて、ここまで来られたのでしょう。
私も、英語好きさんのレベル(とりわけリスニング)に到達できるよう日々精進したいところです。
Posted by 通りすがり at 2015年10月15日 11:34
英語に片思いさん!

> 勉強になりました。
なりますか!?(笑) でも、うれしいです〜 ^^ ♪

> コメント欄のAとBのやり取りが
文法テキストの例文って何かこういう変なの多くないですか? ^^; 茶化す予定はなかったのですが、なんか結局不自然な会話になったので、 Why? 入れときました (笑)。

応援クリックほんとに感謝です!! ありがとうございます! (涙)
Posted by 英語好き at 2015年10月16日 02:05
a catさんへ、

いえいえ〜、人様の参考になるような記事ではないです〜。。 恐縮です。。 m(_ _;)m

> 問題の難しさと合格の難しさは比例しないと思います
おっしゃる通りです。 そもそも採点基準も分かりませんし。 結局のところはただの私の感想ですね ^^;

> 英検1級の塾講師が… 実際に京大を受験したら8割程度
おおお。。。 採点が超厳しいとかいう可能性も出てきましたね。。 ^^;

国公立大生の英語力というのは TOEIC みたいなテストには反映されにくいかも知れませんね。まぁそれでも学生全員の平均が 600 って実は結構すごいレベルですけどね。。 そのへんの私立大学って平均300とかそんなぐらいですし (汗)。
Posted by 英語好き at 2015年10月16日 02:06
通りすがりさんへ、

いつもありがとうございます。。 m(_ _)m

> 京大の英語が英語の問題では一番好きでした。
私も解いていてじっくり考えられるところが楽しかったです。 和訳をどういう風にするかなど、自由度も高いですし、やっぱり出題者と解答者の知恵比べっぽい感じがイイです。

> 出題者の地頭の悪さが出ているから仕方ない
辛口ですね (笑)。 でも確かに前回解いていて目に余る悪問もありました。。

> 自分の日本語力が試されている
これもやはり私も試されている感じがしました。 普段はいつもふざけた日本語しか書いていないので、突然こういう問題を解いて、なかなか脳に来ました (笑)。 でもおっしゃるとおり、英語力のみならず、理解力や日本語力や表現力も問われる問題だと思います ^^

> 京大の問題はまともに勉強した人が、まっとうな点を取れる出題
そう考えると、私が京大の問題をそこまで難しいと感じないのは、これまで長らく英語が好きでがっつり勉強してきた人間だからかも知れませんね。。

いえいえ、私もリスニング含めまだまだ全く満足行くレベルではないので。。。 orz.. 同じく頑張りたいと思います。。 ^^
Posted by 英語好き at 2015年10月16日 02:10
いえいえ、和文英訳のところなんかは、言い回しなど使えそうなところもたくさんあったし(トキの話はしないけど・・・)文法的にも勉強になりました。ほんとに有益な情報有難いです。

ちなみに日本の英語参考書・教科書って面白い例文多いですよね!それをネタにした本とかも出てますよねw 本気で笑うときありますw


英語好きさんにまたもや相談です。図々しいのがなおってなくてすみません><
私IELTSの勉強してたんですが、今この部分を聞いてみたら、同じ間違いしてたんです…1年前と耳が成長していない…他の所はなんとなく成長を自分なりに感じたのですが↓

これ280、それとも290に聞こえますか涙?数字の聞き間違いは日常生活でも致命的になるので(´・ω・`)IELTSリスニング満点を誇る英語好きさんに、解説頂きたいです…

http://vocaroo.com/i/s1zBr5REcOsF

正解は280です(._.)ちなみに出所はIELTS5です。
290に聞こえるのって私だけですかね。
Posted by 英語に片思い at 2015年10月16日 07:01
英語に片思いさんへ、

おっ、相談どんとこいです!! (笑) いやいや、全然大丈夫ですよ! むしろ頼ってもらえるのは嬉しいです。

う〜ん、うん、280ですね (汗)。 あ、でもこれはそう聞こえてしまう理由があります ^^ ここは two hundred eighty dollars と言っているんですが、 eighty が直前の hundred の終わりとリエゾンでつながって "d'eighty (デイティ?ネイティ?)" と聞こえるんですね (dなんですが、語末の d で、舌を閉じた形で比較的ソフトにつながってるために N みたいに聞こえます)。 それを 「ネイティ」 ⇒ 「ナインティ」 と頭の中で修正して理解しちゃってるんでしょう。

何回も繰り返し馴染むまで発音して、 "two hundred eighty" は 「トゥーハンドレッ ねいてぃ」 みたいな感じだということを脳に刷り込みましょう!

これが 290に聞こえるという人は少なくないと思いますよ ^^ むしろ片思いさんが細かい音までちゃんと聞こえてるからこそ混乱したんだと思いますし。 こういうリエゾンによる音の変化は気付く度に一つ一つ 「そういうもの」 として覚えていくといいですよ。

あ、発音教本とかでこういうリエゾンのパターン的なことを一通り書いてあるようなものもあるかも知れません。 Junさんがそういう本で勉強されていたと思うので (Mastering the American Accentだったかな...)、もしご興味がありましたら、Junさんに聞いてみると分かると思います。

また僕でよかったら何でも聞いてください ^^
Posted by 英語好き at 2015年10月16日 22:59
お礼の返事が遅れてごめんなさい><

完璧な解説ありがとうございます…やはり280だったのですね(いまだ信じてないw)

さっそく口になじませています。私今学校の登下校は英語で独り言(不審者w)言ってるんですが、280を連呼するアジア人なかなか怖いですねw

励ましてくれてありがとうございます。でもやっぱりパート1を間違えているようじゃまだまだですね。

その本、気になっていましたー!発音関係でいえば、英語好きさんがすすめていた英語喉?の本も気になっています。

でも今は、これまた英語好きさんがすすめていた「容疑者Xの献身」読んでます^^

影響されすぎですねwちなみに彼女さんのファンでもあるので、たまにちょっとした小ネタを書いてくれたらうれしいです^^
Posted by 英語に片思い at 2015年10月20日 03:18
英語に片思いさんへ、

いえいえいえ! わざわざそんな、ありがとうございます! m(_ _;)m

僕もリスニングやってると 「絶対そんなこと言ってない(真顔)」 っていうことはよくありますね。 まぁ、何度も聞いて分析しつつ、自分でもそういう風に言ってみて、時期を置いてもう一回聞いてみるとかしていると、大概はその内そう聞こえるようになる (はず…) ^^;

> 280を連呼するアジア人なかなか怖いですねw
確かに怖いです (笑)。

> パート1を間違えているようじゃまだまだ
いえいえ! パート1、僕も意外と聞き逃すことありますよ!

> その本、気になっていましたー!
あっ、ほんとですか! 英語喉は、オススメではあるんですが、オーソドックスな発音本ではないので、私も理解できるまで数年かかったというちょっと特殊な本なんですよ (笑)。 ネイティブ的な発音にこだわりたいという時期にはぜひオススメですが、普通にリエゾンなどを勉強したい時は Junさん本が良いかなと思います ^^;

> 「容疑者Xの献身」読んでます
はっ、そうなんですか〜!! 私も Junさんと Bryceさんが読んでいらっしゃったことに影響されて読んだ本なので、影響が巡り巡ってますね (笑)。 洋書としてはすごく英語が分かりやすい本なのに、内容はとても面白いので(ちょっとストーリー複雑かも知れませんが)、楽しんでください〜 ^^

> 彼女さんのファンでもあるので、たまにちょっとした小ネタを
早速今日のネタ記事に採用させて頂きました!(笑) リクエストありがとうございます!
Posted by 英語好き at 2015年10月20日 23:46
京大英語入試問題は70年以上、英文和訳と英作文のみを貫いてて、本当に独特です。特に英作文は、受験生からすれば当日その場で出てこない難度の単語(今回ならトキとか雛とか)が出題されます。その上、採点が超厳しいんです。3人の英語教官が別々に採点し一番悪い点数になるという評判です。受験生の自己採点で7割5分なら結果は6割。自己採点で9割確実と思ったら、ようやく8割弱です。ですので合格点が6割弱なのも仕方ない。
Posted by pippi at 2016年05月20日 00:10
pippiさんへ、

70年以上貫いているこだわりの形式なんですか〜 いや〜、受験生の力の限界を見たいという作問者の気持ちが感じられる気がします。 教えて下さってありがとうございます m(_ _)m
Posted by 英語好き at 2016年05月20日 00:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。