2015年10月07日

TOEIC/TOEFL/IELTSリスニング満点なら洋楽はどれぐらい聞き取れるのか。

さてさて、洋楽聞き取りチャレンジの結果の記事でございます!

まず方法なんですが、色々な曲で、

まず初視聴の一回でどこまで聞き取れるか。

そして、聞き直し無制限なら どこまで聞き取れるか。


を調べました。

例えば、1回目で全体の 50% の単語が正確に聞き取れた。 そしてそのあと何度も聞き返して 現状可能な限り書き落としを頑張ってみたら、聞き取り率は 80% まで上がりました、ということであれば、

(例) 1回目 50% ⇒ 聞き直し無制限 80%

という判定になります。

さて、では、まずは課題曲の2曲!

=======================================================

歌手: The Red Hot Chili Peppers
曲名: Snow (Hey oh)




1回目 68% ⇒ 聞き直し無制限 80%


歌手: The Fratellis
曲名: Flathead




1回目 28% ⇒ 聞き直し無制限 47%

=======================================================

でした。

実はこの2曲の内、先に聞いたのが下のフラテリス (理解度28%) で、

「!! うわ! うわわわ! これはアカン! アカンアカン!! これは引き受けたらあかんやつやったでぇ… (白目)」

と後悔した後だったので、上のレッドホットチリペッパーズを聞いて、

「ああ〜良かった。。 こっちはまだ聞き取れる」

と安心しました (でも白目)。 何回も聞いてる内に聞き取れるようになった部分も多かったです。 アハ体験が多発しました。 アハ体験多発地帯。 最初 "on my lap" だったのが最終的に "all my life" になったりね (myしか合うてないやないかw)。

そして、鬼のフラテリス。 新新 TOEIC がこんなんだったら嫌ですね (なるかw)。

「あ、でもこんな曲でも半分近くは聞き取ったんだ〜」

と思うかも知れませんが、大半 you とか she said とか to とか the wall とか oh my god とか断片しか聞き取れてないんで、正直 この 「頑張っても半分以下」 という聞き取り率では、歌詞の内容なんか全くもって意味不明です (笑)。

1回目なんて何にも聞き取れませんでしたし、 「え?これオランダ語の曲よ?w」 って言われたら 「えっ? あっ、そうなんや! う〜わ、めっちゃ英語やと思って聞き取ろうとしてたってぇ〜 やめてよ〜」 とか言って安堵するレベルです。 もうこの曲よりは エミネムのがまだマシなんじゃないかと思うぐらいです ^^; 学習者としては 「不明瞭な発音」 よりは 「明瞭な早口」 の方がまだ聞きやすいんですよね。 まぁだからってじゃあエミネム聞き取れって言われても愚痴りますけどさ (←おい)。

さて、ここで終わってしまうと普通の曲がどれぐらい聞き取れるのかが分からないままになってしまうので、追加で普通の洋楽も2曲ほど聞き取ってみました ^^;

ワンディレクションとテイラー・スウィフトです。

=======================================================

歌手: One Direction
曲名: What makes you beautiful




1回目 87% ⇒ 聞き直し無制限 95%


歌手: Taylor Swift
曲名: 22




1回目 92% ⇒ 聞き直し無制限 96%

=======================================================

あ〜良かった良かった。 普通の曲は普通に分かりますね (確認)。

ところで、みなさま、

日本語の歌なら 100%聞き取れますか?

っていうのは疑問じゃないですか?

「は? いやいや、当たり前じゃん?」

ですか?

やってみました。

ミスチルです。


僕が聞いたことがない曲を2曲、上と同じ方法で書き取ってみました。

=======================================================

歌手: Mr Children
曲名: Starting Over




1回目 94% ⇒ 聞き直し無制限 95%


歌手: Mr Children
曲名: Fanfare




1回目 53% ⇒ 聞き直し無制限 57%

=======================================================

ということで、

日本語でも歌詞 100%聞き取りは無理でした。

考えてみると、そもそも今回のチャレンジのように 初めて聞く歌の歌詞をディクテーションしながら聞いてみることなんて日本語ではやらない気がしますし、普通は好きな歌手の曲とかなら、歌詞見ながら聞くとか、見てから聞いてますよね? ^^;

なので、 「日本語は当然100%聞けている」 と思ってるだけですね。

実際は英語でも日本語でも、

聞き取り率は曲による。

というのが結論です (すいません当たり前の結論で)。

今回のフラテリスの曲なんて体感で言えば理解率 5% ぐらいですし、逆にテイラースウィフトみたいな曲なら 90%以上の聞き取り率な訳ですね。 日本語の曲でも、ミスチルの例で分かるように、同じ歌手でも理解率は曲によって全然違うと。

ちなみに 今 歌詞を見ながら聞きますと、

どの歌も歌詞通りに歌っているように聞こえます (不思議w)。

なので、英語できる人なら、

最初から普通に歌詞カード (※死語) 見ながら聞けばええんやない?

っていうことですね (企画の趣旨を全否定w)。

以上、洋楽聞き取りチャレンジでした!!

おつかれクリック頂けたら感謝です! m(_ _;)m < 実はこの記事3日かけました。。


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 英語学習者ランキングへ

posted by 英語好き at 20:02| Comment(12) | TOEIC950点+の英語力とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
英語好きさんこんにちは!

私Fratellis大好きなんですよ〜
去年ライブ行きました(^ω^)

いやしかし彼らの歌詞はほんとに聞き取れないし言ってることもよくわからんし…笑
インタビュー聞いてても難しいです。スコットランドの英語ってまたイングランドと全然違いますよね?

そう思うとBeatlesって簡単さで言えば神ですよね笑
QUEENのフレディもかなりききやすいです(曲によっては)。
日本語の歌詞、Bump of Chickenの藤くんの歌詞はぜんぜん聞き取れないことがあります。ものすごく歌詞が詰まってるので。

英検までもう少しとなりました(>_<)私この試験の直前の時間がすごく苦手です。プレッシャーしか感じないので(;´∀`)
Wを抜くと合格するかしないかの点数なので、私の合否を握るのはエッセイだと思われます…
まあ落ちても、英検はいつでも受けられるし、めげずに頑張ります!
Posted by UK at 2015年10月07日 20:16
よく考えたら歌って日本語でも聞き取れないですよねー。でも英語好きさんの学ぶ姿勢、貪欲さには毎回感服です。私は英語嫌いなのでライティングだけですけどw(←まだ言うか)。
Posted by 雪 at 2015年10月07日 21:02
英語好きさんこんにちは!(そちらは昼、、、でよろしいですか?)

記事にして下さりありがとうございます!
大変参考になりました!
やはり英語上級者の英語好きさんでもフラテリスは難しいんですか、、、。
歌詞を見ても理解出来ず私は和訳サイトに逃げた記憶があります。(^_^;)
11/30に彼らのギグに行くので、暇があれば和訳サイトを読み漁ってますが、詩的な表現が多くて、覚えるのに手間取ってます。

日本人歌手でも何唄ってるかわからないというのは大いに頷けます。ミスチルの掌という曲は10代の頃聴いてなんて言いうとるん?状態でしたから。(笑)

私もこれからはわからなかったら素直に歌詞カード見ます!(笑)
検証して頂き、ありがとうございました。

Posted by Daiki at 2015年10月07日 21:48
曲に寄りますよね(笑)日本語曲でも何言ってるか全然分からないことなんて普通にありますし、ましてや外国語なら合って当たり前ですね。ネイティブでもやっぱり聞きやすい歌手とそうでない人がやっぱり居るみたいで、言ってることが普通に分からないことも普通にあると以前どこかの記事で読みましたね。

英検受かるんですかねー見直すとなぜこんなとこで間違えたのか分からないようなミスがかなりあるんですよね。読み直せばこんな選択肢あり得ないのになぜ選んだ!というのが。
あとはエッセイがしっかり書けるかが鍵だと思われます。

あ、あとあの問題集やっぱ駄目です(笑)普通に過去問買うなり他の物を買った方が良いですね。日本語おかしいですw
Posted by kazu at 2015年10月07日 22:14
UKさん、こんにちは〜! ^^

> 私Fratellis大好きなんですよ〜
ええ-! じゃあ人気のバンドなんですね!? Daikiさんだけが知ってるマイナーバンドとかじゃなく!? 。。 しかもライブに行くほどって相当好きなバンドですね。。 へえええ〜

> いやしかし彼らの歌詞はほんとに聞き取れないし
そうですそうです、あの、あとから歌詞読んでもよく分かんないんで聞いて分かるはずないやんと思いました (笑)。 スコットランド orz.. いや〜、分からないですね〜。。。 そういうアイルランドとかスコットランド訛りの英語はネイティブでも分からないとかいう話はちょくちょく聞くんですが、僕は実際のところあんま分かってないです ^^; あ、彼らがスコットランド出身のバンドなんですかね。。 そのせいで分かりにくいんでしょうか。。。

> そう思うとBeatlesって簡単さで言えば神
そういえば Beatles はドラゴン桜とかでもリスニングのウォームアップで使われてましたしね〜。。 あ、でも聞き取りしようとして聞いた記憶がないので、次回やってみましょうか ^^;

Bump of Chicken はロックでしたっけ。 なんか声にエフェクトみたいなのがかかってると余計に聞き取りにくいですね〜。 でも実は聞いたことなかったりします。。。 orz… すいません、なんか男ボーカルの曲って普段ほとんど聞かないんです。。。 なんか、何ゆえ自由時間に野郎の声を耳元で聞かなあかんねん的な抵抗が (なんでやねん)。

> 英検までもう少しとなりました(>_<)
ほんとですね! 今週末! 僕もコンペで (なんかおっさん臭いw) 解きますので、またその後話しましょう〜! あ〜確かに直前なんでもう何か新しいことをするにも全然時間ないですしね.. ^^; とりあえずは復習をしっかりして、明日か土曜日に新しい模試で本番を想定した最後のイメトレをしておくといいんじゃないかと思います!

頑張ってください! Good Luck です!!
Posted by 英語好き at 2015年10月08日 16:46
雪さんへ、

そうなんです〜。 もちろん日本語なら 100%聞き取れる曲もあるとは思うんですが、曲によっては英語より聞き取れない曲も普通にあるということが分かりました。。 ^^; 今回のフラテリスの曲なんかはネイティブでも初めて聞いたらあんまり分からないんじゃないかなぁとも思います。

> でも英語好きさんの学ぶ姿勢、貪欲さには
いえいえ、僕は打倒ネイティブを目標にしているので、リスニングもネイティブ並みにドラマとか映画聞けるようになりたいのです〜。。 (_ _)

> 私は英語嫌いなのでライティングだけです
って、まだ嫌いなんですか!? (笑)
Posted by 英語好き at 2015年10月08日 17:00
Daikiさんへ、

こんにちは〜〜 ^^ 時差のこと考えるの面倒なので日本の時間に合わせて頂いて大丈夫ですよ! (笑)。 いえいえ、こちらこそ、面白いリクエストをありがとうございました! すごく興味深い気付きのきっかけになりました〜 m(_ _)m

> やはり英語上級者でもフラテリスは難しい
いや〜 多分これはネイティブも初聞き一回では全部聞き取れないんじゃないかな〜とも思いますが。。。 んー、どうなんでしょうね〜。。 こういう曲に慣れている人や耳が良い人なら聞き取れるのかな。。 (= =;)

> 11/30に彼らのギグに行くので
へええ〜 フラテリス日本に来てるとかですか〜 活発に活動しているバンドのようで、どうやら僕が知らないのがおかしいだけなんでしょうね。。(笑)

> ミスチルの掌という曲は10代の頃聴いてなんて言うとるん?状態でした
ですよね〜 (笑)。 いやー… ミスチルでもそんなんなので、日本語でもヒップホップやパンクみたいなのはさっぱり分からないのがあると思います ^^;

あと改めまして、フラテリスのような音楽の歌詞がどうすれば分かるようになるかという最初のご質問についてなのですが、これは僕も読んでもイマイチ分かんないんです (汗)。 で、やっぱり単語レベルで一つ一つの単語が分からないと言うよりは、まず全体の文章としての解釈ができないということが大きいですね〜。 例えば、 "she's the second best killer that I have ever seen" っていうセンテンスはセンテンスとしての訳はできますが、この文が全体としてのストーリーにどう貢献してるのか分からないっていう状態で ^^;

もちろん、 "Just because she feeds me well and she made me talk dirty in a pink hotel doesn't mean she's got eyes for me" までが一つのセンテンスである、とかいうことが分かるための 「普通の英語力」 も必要なのですが、それプラスアルファとして、このバンドの書く音楽の世界観を知っておくことも解釈の助けになるかもしれないですね。。

あとは、全編に渡って思いっきりくだけた英語表現ばかりなので、そういう表現はこういうジャンルの曲の歌詞を色々と urban dictionary などの辞書で調べながら覚えていくことで、少しずつカバーできるようになるとは思います。 ただ、urban dictionary 自体が結構読むのが難しい説明もあったりするので、その辺りはやっぱりまずは普通の英語力でしょうかね〜 ^^;
Posted by 英語好き at 2015年10月08日 17:27
kazuさんへ、

> 曲に寄りますよね(笑)
そうですよね〜。。。 もちろん他の条件が同じなのであれば日本語の曲の方が聞きやすいのですが、ただ、 「果たして英語ネイティブならフラテリスを100%聞き取りできるのか?」 っていうことですね ^^; 実は僕も昔英語ネイティブのホストファミリー (40代) に英語の歌の聞き取りをワンフレーズだけお願いしたことがあったんですが、さっぱり 「何言ってんの?」 状態でした。

> 見直すとなぜこんなとこで間違えたのか分からないようなミスが
う〜ん、では、本番も見直しをやる時間を込みで時間配分を考えるべきですかね〜。。 ただ、時間的には厳しいですよね。。 確かに難問に時間をかけるよりはエッセイに時間をまわした方がいいとは思います。

> あとあの問題集やっぱ駄目です(笑)
あはは (笑)。 う〜ん、旺文社のものなので 問題自体は多分大丈夫だとは思いたいですが…、確かに自分の解釈を確認したいのにあんな訳では、結局自分で調べ直さないといけなくなりますよね〜。。
Posted by 英語好き at 2015年10月08日 17:43
お返事ありがとうございます!

>彼らがスコットランド出身のバンドなんですかね。。
あ、すみませんグラスゴーの出身なんです。彼らの歌詞を理解するには、彼らが育ったバックグランドも理解しないと無理だと思います。
フラテリスはUKロック好きの間では有名(?)です。余談ですが内々定者研修でUKロック好きって言ったら同期からUKって呼ばれるようになってこの名前になりました(;^ω^)笑

J-POPが好きな人は多分知らないと思います。ですがたまに日本のテレビで挿入歌として使われてたりしますよ。

>自由時間に野郎の声を耳元で聞かなあかんねん的な抵抗が
なるほど笑。男女の差ですかね?私はそんなに同性である女性のアーティストを意識して避けているわけではありません笑。が、ウォークマンに入っているアーティストは9割方男性です。男性が作る音楽のほうが私にとってtouchingなんでしょうかね?女性だとLily Allenとか好きです。ロンドン訛りがきけます。(放送禁止用語がふんだんに使われている過激な歌詞もあるのでご注意!)もしご存知なかったらきいてみてください♪

そうそう、もう今更新しいことには着手できないので…復習に徹します。
Posted by UK at 2015年10月08日 18:54
UKさんへ、

すいません、遅くなってしまいまして ^^;

> 彼らが育ったバックグランドも理解しないと無理だと思います。
なるほど〜... 確かに歌詞を読んでもよく分からないあたりそんな感じがしました。。 (_ _;) 

> UKロック好きって言ったら同期からUKって
ああ〜、そういうことだったんですか! 遂に UKさんの名前の由来が明らかに!(笑) 僕はてっきり UK 留学を目標にされてるからとか UK さんなんだと思ってました ^^

> J-POPが好きな人は多分知らないと思います。
いや〜、多分それ以前に普段あんまり音楽を聞いてないからだと思います (汗)。 ワンディレクションですら今回生まれて初めて聞きましたし、テキトーにそのへんに歩いてる白人のそれっぽい若者5人連れてきて 「はい、これがワンディレクション」 って言われても分からないと思います。 テイラースウィフトなら 「いやいやwww 誰やねん!www 違うやん! 別人やん!www」 ってなりますが。 ネットで動画が見られない環境なのでネットサーフィンしながら色々聴いてみる、みたいなことができないからですかね〜 (多分)。

> 男女の差ですかね?
それはあると思いますね。。 私もそこまでポリシーとして断固男の曲を排除しているとかいう訳でもないんですが (汗)、やっぱり男性は女性の曲が多くて、女性は男性の曲が多いっていう傾向がある気がします。 僕の彼女のウォークマンは男性声優の曲ばっかりですし (※腐女子)。

Lily Allen ぜひ今度聴いてみます〜 ^^
Posted by 英語好き at 2015年10月08日 19:42
>嫌いなんですか!? (笑)

書くのは日本語よりいいと思う時がありますね。
つまりI can't stomach the arrogance of some native English speakers.They think they are superior to non natives.ということです。
それはのちのちブログに書きます(笑)。
Posted by 雪 at 2015年10月08日 22:36
雪さん、

> 書くのは日本語よりいい
おおお〜〜、それだけでもすごいです。。。

> I can't stomach...
ああ〜 たまにそういう人もいますね〜。。 あんまり面と向かってそういう態度を見せる人はちょっとアレですが。。

ところで off the point で恐縮ですが、 stomach っていう表現がかっこいいです。。

分かりました〜〜 楽しみにしてます ^^
Posted by 英語好き at 2015年10月09日 03:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。