2015年09月08日

TOEICで満点取れる人は地頭が良い??

ネットを見ておりますと、

「TOEIC で高得点取るような人は地頭が良い」

みたいな声が根強いですが、これは的外れもいいとこですね。

いや、そりゃ地頭が良いなら良いに越したことはないでしょうけど (笑)、

実際取った人なら分かると思うのですが、

別に 「地頭」 が良くなくても取れますよね? ^^;

何度も書いていることなのでご存知の方もいらっしゃると思いますが、

私は大学 浪人して偏差値50程度の私大ですよ?

大学受験でもっと上の大学に行けている人が何故私より TOEIC の点が低いのか。

単純に僕ほど英語や TOEIC をやってないからです。 それだけです。

もう一つ。 取れて当たり前の扱いの 「運転免許」。

私は真面目に教習所に通い続けて、

卒業に9ヶ月かかりました。

これ、卒業期限ギリギリなんです。

つまり?

下手過ぎてとてもパスさせられるレベルじゃなかったけれど、お金払って真面目に通ってるのに免許取らせなかったらマズイから仕方なく卒業させてもらった状態です。

最後の外で運転するテストで、左隣の車スレッスレを走り抜けるという危険走行で試験官を殺しにかかったんですが、それでパスをもらえたことで確信しました。 ※当然ですがわざとじゃないです。

実技だけでなく、学科試験も3回受けてやっと通りました。

試験監督に、

「ここに3回目の人もいますけど…

いい加減に受かって下さいね? (イライラ」


とか言われました。

ということで、地頭は特別良くなくても 「普通の人」 でありさえすれば、必要な量の勉強さえやったら TOEIC 900点でも 950点でも 満点でも取れるようになります。

大多数の人は然るべき量の努力をせずにできるようになりたがっているだけだからできないのです。

また、テストでは当然のこととして 満点に近づけば近づくほど努力をしても点数が伸びにくくなっていきますが、特にそういう時はやってもやっても成果が見えにくくなるため、

「やっぱり才能が。。。」

「地頭が。。。」


というような雑念に負けやすくなるんでしょう。

Junさんのツイートを引用させてもらいましょう。

時間はかかるものです。

多くの人が語学の習得・上達に必要な時間を少なく見積もり過ぎなんです。

そりゃ初心者の内は数日〜数週間でも目覚しい進歩が感じられたりしますが、上級者になればなるほど大きなブレイクスルーを起こすのに必要な経験値は大きく、期間も長くなります。

無駄に焦っても仕方ないので、そこは気長に日々の学習を楽しみましょう。

結果は必ず。。。

はああっっ!!! ( ̄□ ̄;)!!

これイッチー先生 の決めゼリフ、

イッチー先生.jpg

“Let's enjoy the process! (陽は必ず昇る!)”

やないかい!! (今初めて真意に気づきました)

上級者がやがて経験する長い長いプラトー期間を見越した発言だったんですね。。。

恐るべし。。

応援クリック頂けましたらうれしいです! m(_ _)m < お願いします。。


TOEIC ブログランキングへ


にほんブログ村英語ブログランキングへ

注記: 運転したらダメなレベルなことを自覚しておりますので、もう相当練習ができる機会が得られない限りは車を運転するつもりはありません。 ご安心ください。 というか、発進のための手順すら覚えられなかったですし、Uターンとかもできないですし、雨が降っても後ろのワイパーしか動かせないので当然ですけどね。

posted by 英語好き at 22:10| Comment(26) | 英語について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
本当に的外れですねー(笑)単にやることをやっているかいないかの差です。純粋な努力の差ですね。地頭とか言ってる連中(言葉悪い)は自分が努力しないことを棚に上げてるだけですからね。
自分も気がつけば今みたいな英語の実力です。全く満足はしていませんが、一般的な方や大学生からしたら高レベルなのでしょう。でもそれはやり続けたからと自覚しています。自分の実力が自分の積み重ねの成果と口には出しませんが自覚しています。やはり、継続は力なりですね。

運転したいです・・・!自分は車が好きでMTで取ったのですが運転ほとんどしてないんですよ。1ヶ月で卒業しましたがそれ以降ほとんどしてません。東京に居る&学生という条件だと電車で事足りるんですよね。ペーパーゴールドまっしぐらです。

あ!FORTUNEを得る書いてみました。そしてWriting、教授から褒められました(笑)純粋に嬉しい・・・W25くらいとれるかなー(願望
Posted by kazu at 2015年09月09日 00:20
kazuさんへ、

あはは、暴言ですねw でもほんとに英語自体 「地頭」 とかではなく、 「積み重ねた量に応じてできるようになる」 ものだと感じます。 「努力が足りてないだけ」 って言うと、既に猛勉強してる人には 「これ以上どうやって勉強せえっちゅうねん!(関西弁w)」 と怒られてしまうかも知れませんが、決して一日単位の話ではなく、年単位の継続が必要になるというのも大切な点ですね。 高い目標であればあるほど長い期間が必要で、いくら短期的に頑張ったとしても 思うように成長できずに自分に対してネガティブになってしまったり、「もう地頭の差だとしか思えない (絶望)」 となったりするんじゃないかなと思います。

僕自身、中国語検定で短期間の猛勉強ではどうにもならないレベルがあるということを実感したことがあります。 3級合格⇒2級合格を3ヶ月とか半年でやるぜ!とか (無茶苦茶 笑)。

kazuさんは 「高レベル」 っていうか、もう十分トップクラスですよね。 TOEIC Aクラスですし (古い?w)、今受けたら 900確実に超えるでしょうし。 そうなると、就活での英語資格への反応が楽しみですね〜 ^^

教習所 1ヶ月で卒業したんですか!? あれを1ヶ月で卒業するってのが想像できないんですが。。 TOEIC 高得点よりそっちのがよっぽどすごいっす (笑)。 運転が普通にできる人ってかっこいいですよね〜。

FORTUNEのコーナー、紹介記事と第一弾出ましたね!! 早速知的レベルが遥か上を行き交ってる感じで、僕はどうやら FORTUNE は得られなさそうですw FORTUNE 読んでらっしゃる方が集まるといいですね!!

あ、今度宣伝させてもらいます! ^^ b
Posted by 英語好き at 2015年09月09日 01:50
英語好きさんが普通免許取得にそんなに
時間かかったのが驚きです。

英語好きさんが勉強しても偏差値が伸びなかったのは単純に他の人より勉強をやってないからです。 それだけです。

英語好きさんの武器の英語があれば
サラリーマン、学歴社会は関係ないですけどね。

英語好きさん、質問させてください。
英語好きさんがTOEIC最後に受けて数年ですが、記憶があいまいかもしれませんがお願いします。

満点取得時点では、リスニングの音声は
冠詞、前置詞、時制、三人称など
全て正確に聞き取れていたのでしょうか?

Part2では否定疑問文や関節疑問文が数問でますが、それらの受け答えは何か対策されたのでしょうか?


Part7の文章は一字一句、構文等を理解して
読み進めた上で解答していたのですか?
(英語好きさんがTIME 学習法でやっているような精読)







Posted by C.J at 2015年09月09日 10:20
英語好きさんも人間だったんですね。
まぁでもやっぱりすごい人だと思ってますけども。
このブログを読むようになってから、読解力が前より良くなったような気がするので、感謝してます。
それではまた。
Posted by 胡蝶 at 2015年09月09日 19:36
C.Jさん、

普通免許については、ほんとに辛かったです。 ああいう、特にそこまで興味がない分野こそ地頭のスペックが出るような気がします ^^;

受験もやはり 「努力の積み重ね」 なんでしょうね。 う〜ん、でも私も一応一年浪人して余分に勉強したので、現役で大学に行った普通の受験生よりはやったはず。。 と思いたいですが。。 でも自習が英語に偏ってたのは確かです (笑)。

ただ、それでも大学入学直前時点での英語力は 「英検2級」 と 「センター英語 (本番は受けたことないですが、自分で解いて確か) 7割ぐらい?」 程度でしたから、英語妹さんや Jiny さんのようにセンター本番で満点を取るようなすごい人に比べるとほんと知れてました。 僕の英語力が C2レベルに到達したのは、大学に入って以降も延々受験並み (or それ以上) のペースで勉強を続けてきたからです。

普段リピーティングやシャドーイングをする時には冠詞・前置詞・時制などの細部にも注意を払いながらやりますが、テスト中は 「意味理解」 に意識の中心に据えていると思います。 とは言っても、そういったディテールがちゃんと聞き取れていないと全体としての正確な理解もできないので、細部もほとんど全て正確に聞き取っていると思います。

リスニングセクションはそもそも何もせずに満点取れるレベルだったので、模試を通して解いていたぐらいです。 Part 2だけに特化したような問題集もやらなかったですし、そのように質問文の種類別に分類して考えたこともないです。。 普通に英語として理解して解答していました。

Part 7は、そうですね。 もし複数回のチャンスがあってその中で一回でも満点を取ればOKという状況であったならば、そこまで神経質に隅から隅まで読む必要もないのですが、関係あるところだけ読んで解こうとすると、不注意で1問〜2問落とす可能性が残ってしまうんですね。 私の場合は 「どうしても一回勝負で満点を取る」 という条件付き勝負をしていたために、全文きっちり読むという方針を採っていました。 ただ、 TOEIC は TIME ほど難しくはないので、そこまで大変ではないとは思います。
Posted by 英語好き at 2015年09月09日 20:38
胡蝶さんへ、

もちろんです! めちゃめちゃ人間です! (笑)。 やっぱり英語関係の資格やスコアだけだと、 「元々地頭が良かったんだよ」 論が出て 「参考にならない」 扱いされて終わりですからね。。 その辺は 「才能も地頭もないけど好きで長年やってたらできるようになったよ派 (長いw)」 としてはきっちり否定したいと思ってます!

> 読解力が良くなった
雑なブログの文章を定期的に読んで下さってるからですね! (笑)

はい、またお願いします!! m(_ _)m
Posted by 英語好き at 2015年09月09日 20:48
英語好きさんも普通の人だったんだーと安心しました!
親近感が沸きます(^ω^)

私は奇跡的に合宿で2週間で免許取りましたが、運転というものが嫌いで、未だにサイドミラー畳んだまま発進しちゃうし、ワイパー出そうとしたらフロントガラス洗浄しちゃうし、普通の道をハイビームで走っちゃうし…笑
社有車に乗らなきゃいけないときはほんとに恐怖です(;´∀`)

それはさておき、英語好きさんのブログを毎日参考にして勉強していたら、英検1級合格の希望が見えてきました。(英検の過去問の読解の解説、ほんとにわかりやすくて、感動しました!)
英語好きさんには感謝しても感謝しきれません!実際にお会いしてお礼を言いたいぐらいです!(それは叶いませんが笑)

以前は半分ぐらいしか点数が取れなかったのに、ここ2ヶ月ぐらいで70点後半ぐらいをコンスタントに取れるようになってきました。(ライティングは、数年前に受けたとき20点は取れてたはずなのでそれぐらいで計算してます)2点問題をあと数個確実に取れれば合格も夢じゃないと思うのですが、あと約1ヶ月、英語好きさんならどんなことをされますか?
(ちなみに今は、どのパートからもまんべんなく点が取れている状態です)

あ、それからひとつ前の記事、私もJunさんの言葉にすごく共感します。仕事にやる気の出ないときこのブログ見たりします。笑
仕事中に関係ないページ見てるのは社会人として悪いお手本ですが(-_-;)

You are my Messiahですよ(*´ω`*)

っと長くなり申し訳ございません。
きわどい質問ですが有難いアドバイスあればお願いしますm(__)m
Posted by UK at 2015年09月09日 22:29
いやはや、英語好きさんに触発されて自分も似たような記事を書いてしまいました。でも、自分が前から感じていたことをズバッと書いていただいてありがとうございます。スカッとしますね(笑)個人的にも、英語好きさんも自分と同じくらいのレベルに居たことがあるんだよな、と感じてまた頑張ろうと思えます。

>kazuさんは 「高レベル」 っていうか、もう十分トップクラスですよね。

ありがとうございます。そう言われると調子に乗ります(笑)でも、自分程度でトップクラスなんて考えると面白くなくて・・・あと絶望ですね。この程度でトップなのかよ、と自分は感じてしまいます。日本大丈夫かなんて・・・w
以前英語好きさんがおっしゃっていた様に、一般的な評価基準を持ち続けることが大事なのは分かっていますが、「kazuって英語のできるじゃん」とか天才なんて言われると凄く嫌ですねー。言葉に出来ないもやもやとした感情がわき上がってきます。TOEIC870で褒められても中途半端で嫌なので・・なんというか嫌みを言われているような気分になってしまいます←ひねくれてる

>就活での英語資格への反応が楽しみですね〜 ^^

どうなんですかねー?TOEICバブルな日本では英検1級よりも、TOEFL100よりもTOEIC900が評価されてしまうのでしょう。まぁ、TOEICは英語力をみると言うより、SPI的な、それこそやれば出来ることをやっている人を選別するために利用されている気がしますが。やれば出来ますもんねTOEIC。

>あ、今度宣伝させてもらいます! ^^ b

うぉ。マジですか!そうするとあんな雑でクオリティーの低い記事ばっか投稿してたら駄目ですね(笑)

コツコツ勉強しようと思いますー
Posted by kazu at 2015年09月09日 23:29
またコメントしちゃいます(毎回迷います…

地頭に関しては僕はそういう思考に陥ったことがあるのでよく分かるんです。センターもそうですが大学受験では模試で偏差値80とか出てて「僕は英語ができる方なんだ」と勝手に思っていたんです。慶應とか早稲田の難しい文章でも普通に読めるなぁと思ってました(結局受かりはしたものの学費+生活費が4年で1200万ぐらいかかることで断念しましたが)
それでも前述の通りTOEICはなんの対策もせず(最初シール剥がすのに戸惑いました 笑)受けたら650点ぐらいだったのでちょっと衝撃でした。最後の方なんて塗り絵だったのも衝撃でしたし、点数的には世間の平均ぐらいだったからです。点数が返ってきてみた時は「自分って罪と罰のラスコーリニコフのように勝手に優秀だと勘違いしていた馬鹿野郎だな」と感じました。
そこからは暗黒の日々ですよ…
劇的にスコア伸ばす方法ばかり考えていました。
それでネットばかり見て何も手を動かさず無駄な時間を使って最終的に「TOEICできる人は頭が良い人なんだ、僕はバカなんだろう」と思うようになりました。
人間って何かの壁に出くわした時、ほとんどの人は弱い存在で逃げるんだと思うんです。
だから「地頭が良い人だからTOEIC900点とか満点とか取れるんだ」と思ってしまうんだと思います。
これはTOEICに限らず全てのことに言えると思いますね。
実はこのブログを初めて訪れた時はそんな負の感情がピークに達していたこともあり、「大学は本当は良いところ行ってるんだろうなぁ」「それか語学の才能がやたらとある人なんだろう」と思ったりしていました。
でも何かこのブログに引きつけられるところがあったんでしょうね。過去まで遡って見ていたら相当な努力を努力とも思わずこなしている英語好きさんを見てやっと自分の愚かさに気づいたんです。ただ努力が足りなかっただけなのです。
だからこの記事は僕のここ数年間を表していて色々思い返していて感慨深いものがありました。
多分このブログに出会ってなければ地頭が良い人だからと言い続けていたでしょう。

運転免許の話がありましたが、英語好きさんはとても優秀な方でそれこそ地頭良いと思いますよ。大学のGPAが相当良かったから今の大学にも行けてるんでしょうし、今の大学でも母国語ではない英語を使って優良をとっているようなので。さらに将来のなりたい自分を想像できている点が凄いと思います。僕はその点が全くありません。
僕なんかは大学入って大学教育に疑問を感じたため成績を良くしようと思わなかったんです(今になって最も後悔してることです。これのせいで留学ができないとも言えます)

色々書きましたが今はやり残したTOEIC満点を取りたいですが、急がば回れの精神でアウトプットを強化してTOEFLなどの勉強をして過去の失敗から学び長い目でどんな風になりたいか考えながらやっていこうと思います。

コメント長くなるのは書きたいことがいっぱいあるからなのか、国語力がないのか…申し訳ありません。。

Posted by Jiny at 2015年09月10日 09:01
最近コメントの頻度が多くてすみません…

英語好きさんの考え方ほんとに好きです。

なにかに向かってひたすら邁進している人ってどこか排他的なところがあって、はからずも人を貶めるようなところがあったりして、他人に不快感を与えたり傷付けてしまう気がします。(どちらの立場も経験があるので、正直な意見です)


「自分はこんなにやってるんだ!」という強い自負からだと思うんですが、自分自身そういう部分に自己嫌悪になったりして。


(純日本人の親から日本で生まれ育って目立った海外経験のない)純日本人って潜在的なコンプレックスを持ってると思うんですよね。きっと。それが攻撃になったり、卑屈になったり
猛勉強につながったりw。
(つまり私のことです、安易に一般化してしまってすみません。基本、情緒不安定ですwww)


英語好きさんは、あぐらをかかずに背伸びもせずに、本当にただ英語が大好きだからこそ、こんなふうに言えるんだなと思いました。こういう姿勢でいることって私にとってはすごく難しい。どうしても打算的な考えが入ってしまうから。


たとえ自分自身が一生懸命頑張っていたとしても、他人に努力を強要することなく啓発するような人間でありたいと思ったブログでした。


なんていうんだろう、普段は世界的にすごく評価の高い部品を作っている町工場の職人さんで、海外プレスも取り上げちゃうくらい業界では有名なんだけど、夜は焼酎とか飲みながら家族と団らんしててだた仕事が好きって笑ってるような、そんな人間?


最後、突拍子もなさすぎてすみませんwwww



いつもありがとうございます!
Posted by 英語に片思い at 2015年09月10日 10:17
英語好きさんのようにコツコツ英語を勉強していくのが、英語の達人への近道だと思います。テストだけに特化してやると、どうしてもつまづきますよね・・・。大昔のTOEFL受けて500点だった時
「600超え出来る人は天才だ」って思ってたんですよね…。ただ単に英語の表現に慣れてなかっただけでした^^;。あの頃は'Her performance stole the show'とか’You are the last person I wanted to see’とか音が聞けても意味が分からなかったですからね。ある程度努力を重ねて力試しや実力を知るために試験を受けるのがいいと思います。全く試験が無いと慢心も出ますから・・・。今WordPowerMadeEasyという単語集をやっています。ラテン語やギリシャ語の語源を覚えてから単語を想起する、というもので結構難しいですね^^;
Posted by 雪 at 2015年09月10日 12:47
UKさんへ、

もうめっちゃ普通の人ですよ (汗)。

2週間で免許取ったとは!! それはすごいです!! 「ワイパー出そうとしたらフロントガラス洗浄」 は、初心者あるあるなんですね ^^; 僕も不慣れな車で友人を迎えに行った時に、よりにもよって突発的な大雨になって、ワイパー動かすために色々触ってたんですが、後ろのワイパーしか動かなくって (涙)、 「あわわ、前がww 前が見えないww 死ぬwww」 と決死の運転をしてたことがあります。 前後の車に挟まれてるので止まることも曲がることもできず、結局目的地でもないあさっての方向に向かって 『スピード』 的に一定の速度で走り続けることしかできず、その間に友人は一人で帰りました (おい)。

> 英検1級合格の希望が見えてきました
おおお〜〜!! それは素晴らしい!!! これまでの努力が成果になって出てきたということですね! そうですね〜、少なくとも定期的に (一週間に一度ぐらい?) 全パートをまんべんなく解く練習は本番まで止めないと思います。 その一方で、それら解いた問題セットの復習を濃くやりますかね。 間違えた問題やあやふやだった問題についてはもちろん、リスニングセクションは過去問がちょくちょくリサイクルされてるようですし (特にパート1?)、語彙セクションも以前に出たものが繰り返し出ることは多いと思います。 後はエッセイ (英作文) がテーマやトピックによっては曲者になり得るので、それが不安要素にならないよう、本番直前までしっかり練習を繰り返しておくのが大切だと思います。

また、本番での時間配分などの方針をしっかり固めておいた方がいいです。 これは本当に大切で、これによって合格不合格が変わるぐらいです。

と、なんか色々言ってしまいましたが (汗)、最終的には UKさんご自身が特に必要だと思えることが最も学習効果が高くなりますので、私の言ってることはあくまでも参考ということで。。m(_ _)m

> You are my Messiah
いえいえいえいえ、もったいな過ぎるお言葉です (汗)。 私自身が他の皆さまからやる気を頂いているので、同じ学習者という立場です。 今後もよろしくお願いします。。 ^^
Posted by 英語好き at 2015年09月10日 20:49
kazuさんへ、

kazuさんの記事も拝見しました〜。 やっぱり 「やった分だけできるようになる」 ということですね。 TOEICは特に努力シた分だけ報われることが多いテストであるという点も同意です。 特に受験で英語を勉強してきた大学生の方だと実はもう結構な基礎があるので、500〜800点とかまではやればやるほど上がると思います。

> 嫌みを言われているような気分になってしまいます←ひねくれてる
ええ!?(笑) いえいえ全然そのままの意味ですよ〜。 だって、 900 で上位3%ですよ? 客観的な指標で言えば完全に 「トップクラス」 と言って差し支えないでしょう。 もちろん日本人の大半にとっては英語がそもそも関心事じゃないですし、ガッツリやってる人自体が少ないですからね (英語妹さんのツイートでもありましたが 「英語にちょっと興味がある」 ぐらいの人の数に対して実際にガチで続ける人がみるみる少なくなっていくっていうやつですね)。 だから 本気の人は 「続けてるだけ」 でも全体からすればトップクラスに入れてしまいます。 ただ、もちろん本気の上達を目指してやっている本人からしてみれば、 「こんなもんまだまだ全然やないか」 っていうのは当然の感覚だと思います。 お互い高みを目指して頑張りましょう! ^^

> FORTUNEを読んでFORTUNEを得る
新記事書きましたyo~~ いやいや、全然雑じゃないです ^^; すごく詳しくて、知的レベルが高いので第一回にして圧倒されました。 kazuさんが買われた号の表紙を見る限りは僕は中国の記事に興味アリです b
Posted by 英語好き at 2015年09月10日 21:16
Jinyさんへ、

いえいえ、ほんとにいつでもお気軽に! お忙しい時は −前略− とかで (笑) 一言コメとかも歓迎です ^^

ほんと世の中には中高時代から英語がべらぼうにできる人がいらっしゃいますね。。。 偏差値 80。。。 orz それでも初TOEIC では不本意なスコアだったというお話を聞くと、やはり TOEIC (というかテスト全般) における対策の重要さも感じますね。。 Jinyさんならちょっとでも対策してテストのことを分かっていれば確実に高得点取ってらっしゃったと思いますし。 その後実際に TOEIC にリベンジを果たした Jinyさんはカッコいいです。 あ、私も勢いよく一瞬でバリッ!とシール剥がそうとしてビリィーーーーーーーーッと派手に表紙を破ってしまったことあります(笑)。

大学の GPA が良かったのは、そんなに良くない大学で真面目に勉強する学生が少なかったからです ^^; 他の学生は9割方 「勉強なんて大切なことじゃないでしょ?」 っていうような人でしたから。。。僕は幸い日本でもこちらでも自分の好きなことを専門として選んだので、大学では勉強することに疑問がなかったのかも知れません (それでもやる気が出ないクラスなんかはもちろんありましたが 苦)。 ただ、高校までは勉強する意味が分からず退学・留年寸前まで行ったので、教育自体に疑問を抱く気持ちもすごく分かります。

Jinyさんはこのブログを訪問して下さる方々の中でもすごい実力とポテンシャルもお持ちの一人だと思いますので、何をされても今後果てしなく伸びることが確実でしょう。 だからこそ別に TOEIC のスコアを追う必要はないと思います ^^ アウトプットや海外挑戦も含め、どんどん上へ挑戦していきましょう〜!

私も一緒に頑張って行けたらと思います ^^
Posted by 英語好き at 2015年09月10日 22:52
英語に片思いさんへ、

いえいえ〜、コメントいつでも大歓迎ですよ! ^^

いや〜、私も日本の大学時代とか自分のことでいっぱいいっぱいで周りに気を遣えていなかった時期もありましたし、ブログも去年まではコメント欄を設置していなかったこともあり、延々 「自分の独自論を展開する」 感じの殺伐としたw記事が多かったと思います。。 コメント欄を空けるようになって読んで下さっている方を想像できるようになってからですね、ちょっとずつバランスの取れた感じになってきたのは。。 (やっと 苦)。

なるほど。。 基本的に私は自分の英語力を過大評価も過小評価もしておらず、そのままにしか捉えてないですね〜 (そのため日本的なへりくだりや謙遜もやや苦手ですが ^^;)。 また、もともと自分が上でも下でも上下関係自体が好きじゃないので、英語力とかスコアに関係なく対等な学習者仲間の輪の中で学習をしたいと常日頃から思っています。

> 町工場の職人さん
あはは、いい例えですごく共感しました ^^ そういう感じでありたいです (笑)。

こちらこそ、いつもありがとうございます! m(_ _)m
Posted by 英語好き at 2015年09月10日 23:42
雪さんへ、

やはりどの英語テストも基本は英語力ですよね。自分の持っている英語力をスコアに反映させるための適度な 「対策」 は良いですが、対策だけをいくらやってもまともな英語力がない人が高得点を取るのは不可能に近いはずです。

私も 「英検2級合格程度」 の時代に TOEIC対策をしまくって受験していたことがありますが、 700点台中盤ぐらいまではすごい勢いで伸びた一方、それ以降はほとんど伸びなくなりました。 もしその後留学に行って実力養成に勤しんでいなかったら、900に届かないまましばらく伸び悩んでいたと思ってます。

実力養成とテスト受験のバランスは私も大切にしたいと思っています ^^ 普段はのびのび好きな学習をやっていて、たまに思い出したかのようにテストに挑戦して行くスタイルです (笑)。

Word Power Made Easy は有名ですね。 聞いたことがあります。 でも結構大変という噂ですが、やっぱりギリシャ語とかラテン語とか難しそうですね ^^;
Posted by 英語好き at 2015年09月11日 00:20
コメント返信ありがとうございます!

色々素晴らしい言葉感謝です。
でも自分には実力もましてポテンシャルなんてありませんよ(汗)このブログに来られる方は僕なんかより素晴らしい考えや実績を積んでる人ばかりなので…。
でもそれに励まされるんです。「あぁ、こんなに皆んな悩んでそれぞれの勉強法で英語を習得しようとしてるんだ」って。だからコメント欄も全部読んでます。
英語好きさんだけではなく他の方たちも凄い人ばかりですからね…

自分は大学受験の時に何か矛盾した感情を抱いていました。相当努力したと思いますが、それで「得られるもの」は何なのか疑問に思っていたんです。
日本の文系は完全に就職予備校と化している気がしたんです。そこに学費数百万+4年間働かなかった機会損失分を考えると1000万ぐらい行くんじゃないかと思いまして。
それに大学入って思いましたが、良い大学でも「何で勉強なんかしてるの?」っていう人が意外に多いです。
安い居酒屋とかで飲んでだべって満足してる人が多いですね…
それに日本だからか国際色豊かとまではいきません。これは大学として間違っていると思うんです。大学は国籍を多様化させるべきなんじゃないかと。
さらに英語の勉強する比重も非常に少ないです。
あと欧米と違い社会人になってもう一度戻ってきて勉強するなんてこともありません。
欧米にはLibrary scienceなんてカリキュラムもあって進んでいるなぁと感じました(もしかして僕が日本にあるのを知らないだけかもしれませんが)
まぁアメリカなんかは学費の高騰が進みすぎて大変になってるらしいですから単純にアメリカが良い!みたいな考えは危険ですけどね。

なんかそんなことを考えていたら僕は大学の図書館にこもるようになってしまいました。誰も借りた記録のないFTやWSJなどを一人で借りて黙々と読んでます。
周りからはちょっと変なやつみたいに見られてると思うんですが、僕にとってはそれが将来に繋がるのかなと信じてます。

まぁ僕は欧米の大学には行ったことがないので欧米も同じような状況かもしれませんし判断できません。ただハーバードなんかは夜中まで図書館かどこかで皆んなが勉強しているのが当たり前だというのは聞いたことがあります。良かったら両者を経験している英語好きさんの考えを聞かせて貰えないでしょうか?

P.S.
ポテンシャルと言えば英語好きさんの将来がとても気になります。良かったら何年でも通いますのでブログを続けて欲しいです。これだけ共感できたブログはないので!
ブログで意見を言うと非難されやすいですがやめないでほしいです。
英語好きさんの将来は明るいですが、僕なんか10年後バイトしてるような将来じゃないかと心配してます(汗)
Posted by Jiny at 2015年09月11日 10:01
Jinyさんへ、

僕はただの英語好きなので何もすごいことないですが、コメントして下さる方にすごい方が多いと感じるんですよね。。 ^^;

> 良い大学でも「何で勉強なんかしてるの?」っていう人が意外に多い
良い大学でもそうなんですね。。 う〜ん、でもアカデミック方面に進むような人以外だと心の中では 「結局お金を儲けてナンボでしょ」 という気持ちの人も多いでしょうし、そうなると大学を 「良い就職のための踏み台」 ぐらいにしか考えないのも当然ですよね。 僕が何の疑問も持たずに勉強に没頭できたのは、単純に自分が好きでやりたいことを専攻にしたからだと思います (特に何にも考えてませんでしたw)。 ただ、逆に 「これを専攻しておけば就職に有利かな」 とか 「将来役に立ちそうだ」 という実益込みで専門を選んだ人ですと、実際は他にもっと直接的・短期的に利益になること・なりそうなことは山ほどありますから、結局大学に入ってから、 「こんな実利に結びつかない科目の勉強をコツコツやって一体何の役に立つんだよ!?」 という気持ちになるのかも知れません。

> 大学は国籍を多様化させるべきなんじゃないかと
日本は外の世界と隔絶されすぎですよね。 僕も大学は特にもっと国際色豊かになるべきだと思います。 世界中の文化圏から来る人たちと一緒に勉強をして、色々な考え方や価値観を知ることも大事な学びの一環ですし、何よりそういう環境の方が勉強していても楽しいです。 日本は文化からファッション、マナーなど、何から何までガラパゴス的過ぎて、ちょっとした違いだけで浮きますからね (翻訳:自分がついていけないw)。

私も自分の行ったことのある大学のことしか分からないですが、こちらの大学は日本と比べると年齢層なんかも幅広いですね。 仕事をやりながらとか仕事を一旦辞めて戻ってきている大人な学生も多いですし (それこそ50〜60台の方もいらっしゃいます)、日本のように 「高校の延長」 のような感覚は薄いです。

> FTやWSJなどを一人で借りて黙々と読んでます
おお、かっこいい〜… 別に変な人に見られてもいいんじゃないですかね ^^; 日本はちょっとでも普通じゃないことをしている人を見つけると (理解を示すフリをしつつ) 叩いたり笑ったりする傾向が強いですが、僕は別に一般的な感覚も持っていられるのであれば、自分自身が 「普通」 であり続ける必要は感じません。

> 夜中まで図書館かどこかで皆んなが勉強しているのが当たり前
場所に関係なく、徹夜に近い状態で勉強するというのは結構普通かも知れません ^^; 特に留学生にとってはどれだけ頑張っても完璧にこなすが不可能な勉強量なので、僕も結構睡眠時間は無茶苦茶です。 休暇中でもしょっちゅう 「課題の締め切りが…!!」 みたいな悪夢見ます (笑)。 目が覚めて、 「あ… ああ… 課題なんてなかった…。 よかった (涙)」 みたいな。 留学へ行かれるなら寿命が縮むぐらい勉強できますよ〜 (笑)。

> ブログを続けて欲しいです
これまでも半年〜年単位で更新しない時期とかもあったりしましたが、閉鎖とかはないです ^^ ずっと続けていく予定です。 いやいや、Jinyさんは将来明るいですよ。 不安もあるかも知れませんが、一生懸命やっていれば大丈夫です。 頑張りましょう ^^
Posted by 英語好き at 2015年09月11日 18:14
英語好きさん、いつもいつも的確なアドバイスありがとうございますm(__)m

そうですよね、時間の戦略をしっかりしておかないとというのは過去問を何回か解いて感じました。ライティングもテーマによっては泥沼にはまってしまうので苦手な分野をたくさん練習しておきます。

受験生は最後まで伸びるという高校の先生の言葉を信じて(それは高校生と浪人生の場合だろという突っ込みが入りそうですが笑)頑張ります!

ありがとうございました。
Posted by UK at 2015年09月11日 22:39
UKさんへ、

いえいえ、少しでも参考になれば幸いです ^^

ま、テーマ自体が難しい時は他の受験者も同じく苦労するものなので、もし本番で問題が難しいと感じても焦らずに頑張ってください!

幸運を!!
Posted by 英語好き at 2015年09月12日 20:00
はじめましてTOEIC初心者です。

このコメントを書いたのは、TOEIC受験の際の気を付ける点を伺いたいと思ったからです。

検定試験(TOEICなど)の当日に何を食べれば最も良いでしょうか?

長丁場なのですが食べ過ぎると眠くなりますし、食べないとエネルギーが切れてしまいます。

英語好きさんは、試合の日のイチローのようにいつも同じご飯のメニュー・タイミングで食べているのでしょうか?

よろしければご教授ください。

敬具

TOEIC初心者

文系大学生
Posted by 初心者 at 2015年09月14日 00:55
初心者さん、

コメントありがとうございます ^^

あはは(笑)、そうですね。 食べる物は一応気を付けていました。 いつも同じメニューと言う訳ではないですが、「朝はご飯メニューにする」 「飲み物は当日はほとんど飲まない」 「ちょっとがんばって糖質を多めに取っておく」 とかいうことは心がけていました。

特に飲み物は飲みすぎると試験中にトイレに行きたくなったりしそうなので、当日の午前中〜テスト前までは濃い目のコーヒー半カップほど飲む程度にしていました。

後は糖分はちょっと軽くおえっとなりそうなぐらい多めに食べていました ^^; 朝ごはん (ブランチ?) はご飯にしていました。 パンだと消化が早くなりすぎてすぐお腹が空いてしまうので。 あと、プラスアルファで何か甘いものとかですかね。 それでもテスト後半〜最後の方になると糖質が足りなくなるのが分かりますが (汗)。

あとは。。 子供の時に学校で先生に言われたようなことですが (笑)、 「脳は目覚めるまでに3時間はかかるからテストの日は少なくとも3時間前には起きておきなさい」 というのも一応守ってます。

あ、下の記事も見てみてください ^^

● TOEIC満点の人はどのように問題を解いているのか
http://getahighscoreontoeic.seesaa.net/article/233698886.html

ちょっとでも参考になれば幸いです ^^
Posted by 英語好き at 2015年09月14日 01:18
英語好きさん詳しく教えて下さりありがとうございます!

ご飯プラス糖質ですね。

飲み物も控えるようにします(^^)

またリンク先の記事を拝見いたしました。

少しでも、習得できるように頑張ります!
Posted by 初心者 at 2015年09月14日 01:44
初心者さんへ、

いえいえ! わざわざのお礼コメうれしいです ^^ 頑張ってください!
Posted by 英語好き at 2015年09月14日 03:21
お久しぶりです。
記事読ませてもらいました。
TOEICに地頭は必要ない、、激しく同感です!
私もただの私大生です。
そして就活では面接落ちまくった凡人です。そんな私でも、必要なことさえ続けていれば、自然と900点近い点数を取ることができました。1年前の自分に教えてあげたら、腰を抜かすと思います。
仮に500点→510点に上がったとして、「少ししか上がってない。自分才能ないな〜辞めよう」なんて思わず、その少しの成長でも楽しむことが出来る人が成功に近づけるような気がしますよね^^
Posted by いおティー at 2015年09月14日 12:54
いおティーさんへ、

共感頂けてうれしいです。。

いおティーさんも1年間で大きなスコアアップを実現されたんですね。 そういった成功体験はこれから先の挑戦をする時の自信にもつながる貴重な体験だと思います ^^

う〜ん、確かに過去の自分がやっていた努力によってどれだけの成果につながったかというのを伝えれたらどんなにいいことか.. (T T)... やっている間はほんとに先は見えませんからね。。 正直今でも不安に感じることは多いです (実は ^^;)。

でも、そういう疑念に負けず、ポジティブにかつストイックに努力を続ける人こそが成果を出すことは間違いないですね。 お互いにこれからも頑張りましょう!
Posted by 英語好き at 2015年09月14日 23:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。