2015年08月29日

新しく出ている IELTS 参考書。。

単純にアマゾンとかで見つけただけなので内容は確認できていないのですが、最近 IELTS のテキストほんとに増えてますね。。

まず注目は、日本語版の公式テキスト でしょう。 来月9月24日に出るそうです。 これまでの英語版の公式 (6000円前後) と比べてかなり安いですが、とにかく問題を解いて慣れたい人にとっては模試が1回分しか入っていないのが残念ですね。

IELTSブリティッシュ・カウンシル公認問題集


そして、なんかネイティブの方のテキスト 。 総合対策本のようですが、なんか表紙が某ミステリー雑誌に似ています (汗)。 中身はどんな感じでしょう。。 個人的に模試なんかはレイアウトやフォントまで本物の試験を真似た造りにしておいて欲しい派なのですが、なんとなくそれができてないんじゃないかな〜という雰囲気。 でも表紙だけでは分からないですからね。 実際チェックしてみたいです。

スコアに直結!IELTS徹底対策テキスト&問題集


あと、トフルゼミナールの IELTS対策テキスト ライティング編 が出ましたね。 一番最初にリーディング編が出た時にそれはチェックしたことがありますが、文章なんかをちゃんと本試験頻出のトピックから選んでいる感じでした。 ただ、IELTS ライティング特化の参考書についてはこちらもあるので、どちらが良いかですね。

パーフェクト攻略IELTSライティング


私も次の機会にチェックしてみたいと思います。

応援クリックお願いします。。 m(_ _)m < ピンボケしすぎて何だか分からない..(苦)


人気ブログランキングへ


英語ブログランキングへ

posted by 英語好き at 19:32| Comment(8) | IELTSについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
昨日無事に帰国しました!いやー日本に帰ってきて、自分が外国人じゃなくなる感覚が初めてでした(笑)

今日からはTOEFLに向けてまた頑張らないとなぁって感じです。SpeakingとListeningがやばい気がしますねぇ・・・

あ、英検申し込まないと!
Posted by kazu at 2015年08月30日 11:27
おお、情報ありがとうございます(*u_u*)ペコ。
でもIELTSの場合はあまり傾向と対策より真の英語力が試される試験なのかな、と思いました。
9を取るには「英語らしい表現」を身につけないとムリなんでしょうね。どうしても母語の日本語の感覚に引きずられますから。英語は俯瞰的な
神の視点が必要、と言われますが、未だによく
分からないです(苦笑)。

Posted by 雪 at 2015年08月30日 12:11
kazuさん、

お帰りなさい〜〜〜!

あ〜、分かります。 私も日本に帰ると、「え!? 周り日本人ばっかりやん!」 みたいな感覚になることがあります (笑)。

ここからはテストラッシュですね ^^; 留学から一転、がっつり勉強頑張ってください!
Posted by 英語好き at 2015年08月30日 20:10
雪さん、

コメントありがとうございます。。。 m(_ _)m

そうですね、四技能型のテストだとアウトプットのセクションがあるので、小手先の対策ではそう簡単に点数は出ないと思います。 ま、ある程度の 「慣れ」 は自分の実力をちゃんと出すためにも必要かとは思いますが ^^; 全く形式を知らずに受けるとネイティブでもネイティブらしからぬ点を取ってしまったり。。

「神の視点」 とは。。 なんかかっこいいですね。。 (← よく分かってない) でも確かに生の英語を読んだり聞いたりしていると、英語と日本語は物事を表現する時の着眼点が随分違うなぁ〜と感じることは多いですね!
Posted by 英語好き at 2015年08月30日 20:17
こんにちは!

先日はプラダをきた悪魔の冒頭の部分、早速みてくださってありがとうございました。結構難しいというコメント頂いて内心ほっとしました(笑)でも初見で六割はさすがだなぁと思いました。

今回書き込んだのは、私ケビンさん知ってるんです!彼は私のこと覚えてないと思いますが…(笑)

カフェトークっていうオンライン英会話サイト知ってますか?あそこの先生で、彼が、今度自分の参考書でるんだーって以前に言ってたのでこれか!とおもいました。何度かオンラインの先生としてご指導賜りました。カフェトークでは人気のある先生です。…これって言ってもいいことなのかな?

んで、実はIELTSの本番のスピーキングテストの試験官としてもあたったことがあるんです!まあ妥当な点数つけてくださいました(笑)

だからなに?っていうコメントなんですが…ちょっとびっくりしたので思わず投稿してしまいました。

なので、英語好きさんからみたこの参考書の感想、是非聞きたいです!是非是非よろしくお願いします★
Posted by 英語に片思い at 2015年09月01日 10:00
英語に片思いさん、

いえいえ〜 ^^ そういえば 今ちょうど 「リスニング素材の聞き取り難易度比較表」 を作っているので、そちらも完成したらぜひご覧になって下さい〜!

って、えええーー!!? 著者の方をご存知なんですか!? ちょっ (焦)。。 なんか 「表紙がどことなくムーに似ている (キリッ」 とか訳の分からないコメントで失礼しました(恥)。

じゃあ、日本での英語教授経験が豊富なネイティブの先生なんですね〜! なるほど、それなら日本人学習者のことを考えて作ったテキストで、良書の可能性が高いです!

貴重な情報を教えて下さってありがとうございます!! 見つけたらぜひチェックします!
Posted by 英語好き at 2015年09月01日 17:37
リスニング、リーディング比較表とても参考になりました!IELTS以外受けたことないのですが、これ見てTOEIC受けてみようかなと思いました。 (自分も少しは太刀打ちできるかなと自信を持てた)

今までは「"聞けて読めるだけの英語能力"を身につけて、一体何の役に立つんだ?」と敬遠してた(暴言すみません)部分もあるんですが、このブログ読んで考え方が変わってきたんですよね^^感謝です。

確かに「表紙が…」と私も思いました; もっとこう、なんか洗練された感じにならなかったんですかねw

彼は、日本語もそこそこ流暢で、ほかの試験の教授経験?資格?ももってるみたいです。でも英語好きさんのガシガシ本音のコメントがききたいのでwどうかいろいろと気遣わずに・・・

本の感想楽しみにしています。

Posted by 英語に片思い at 2015年09月03日 10:36
英語に片思いさん、

TOEIC は 「明瞭さ」 の点では TOEIC/IELTS/TOEFLの中では一番分かりやすい英語じゃないですかね (ごく一部 「何語やねん」 っていうのもあるみたいですが ^^;)。

おお〜、TOEIC受験されるかもですか? TOEFL/IELTS に比べれば安いですし、ぜひトライしてみてください〜 ^^ ああ〜、海外組にしてみると確かに 「何故わざわざ TOEIC を受けねばならんのだ...」 という気持ちになるかも知れませんね (汗)。 でも、そうなんですよ、TOEICって、意外に 「時間当たりの処理量」 を増やすことによって、その人がアウトプットに堪えうる英語処理スピードを持っているかどうかを間接的に測っている節があったりして、、なかなか曲者なんですw

表紙の件は確かにシンプルな方が信頼性が高そうに見えますよねw 了解です! いつ見られるかはちょっと分からないのですが、必ずチェックします! ^^
Posted by 英語好き at 2015年09月04日 00:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。