2015年08月17日

TIME 8月17日号

さて、1000ページ達成した TIME 8月17日号の記事です〜。

Time Asia [US] August 17 2015 (単号)


この号は37ページ読みまして (ちょっと追加で読みました)、

TIME読破ページ数が トータル 1010ページ となりました。。。

では、読んだ記事へのコメントと (私の) 解釈です ↓

===================================================

P2 Conversation

「"modernize" って safety net のない社会にすることなのかい?」 っていう投書をしている方がいますが、私もこの記事を読んだ時に同じ箇所で同じ疑問を持ちましたw

P5-6 Obama takes the lead on climate change but needs the world to follow

The Brief.png

まずタイトルですよ。 Whaaat? ですね。 誰が誰をリードしてるって?? マジで言ってるならこの記事書いた人頭おかしいです。 10年以上も前の京都議定書に参加せずに世界の環境保全の取り組みの第一歩をなし崩しにしたのはどの国でしたっけ。。

P5 "Climate change (中略) touches every person on the planet" の touch はちょっと変わった用法だと思いました。 「〜の利害に関係する、〜にとって重要である」 という意味です。

P5 右下 "The White House predicts nothing less than an environmental sea change." の "sea change" は海の話ではなく (もちろん環境の変化なので海の事もあるとは思いますが)、単に 「sea change: 大きな変化、完全な変貌」 という意味のフレーズですね。 前にも政治の記事で使われていたので、それで海は関係ないと分かりました ^^;

P6 最後の段落 "For all..." は TIME 頻出フレーズですね。

P16-19 Welcome to the Jungle

Welcome to the Jungle.png

P18 右の列真ん中あたり "disproportionate" がダブルクオーテーションされてますが、これはちょっと非一般的な用法だからですかね。 文脈から考えると、 「しかるべき分野にしかるべき対策が取られていないのに、力を入れても意味が薄い (or 逆効果と考えられる) 分野に過剰に力を入れている状態」 という意図だと思います。

P30-39 Inside the Box

Inside the Box.png

この記者の方は好きです。 普段はふざけた感じのコラムを書いてる人ですね。 ただ、この方の書く記事の英文の難易度は高いですよね。 学習者には分かりにくいです。

P32 "He doesn't look like a guy who played Dungeons & Dragons so much as a character in Dungeons & Dragons." "Dangeons & Dragons" はアメリカのファンタジーテーブルトークRPG だそうです。 ああ〜、The Big Bang Theory の登場人物たちが好きでよくやってるゲームですね。 訳としては 「彼の見た目は "Dungeons & Dragons" をプレイするオタクというよりは、むしろ "Dungeons & Dragons" のキャラクターの方に近い」ですか??

こちらが映画版 Dungeons & Dragons の登場人物
justin whalin in dungeons & dragons.jpg

こちらが Dungeons & Dragons のプレーヤーの方々
dungeons and dragons players.jpg

特にどっちにも似てないです (結論)。

P32 Match box cars: アメリカ版トミカみたいなやつですねw



P32 "... it quickly became clear that never before have so much money and talent bet on its imminent arrival." は、been 抜けのタイポですかね? でないと能動態 (の倒置) になってしまうので変ですよね。 ⇒ 追記: コメント欄であいさんが教えて下さったのですが、 "money" が 「資産家」 で "talent" が 「才能ある人たち」 という意味であれば、この that節内はむしろ能動態が正しいため been は不要ではないでしょうかということでした。 多分そうですね ^^; ちゃんと辞書を引くべきでした.. orz... < money...

P32 a View-Master toy を知らなかったので、写真検索してみたら、 「なんじゃこりゃ」 ですね。。 下のようなおもちゃがたくさん出てきました。 結構すごい ^^;

view-master.jpg

P33 No one calls a company an 'Internet company' anymore. 昔はインターネット関連の業務を手がけている企業があれば 「インターネットの会社」 と呼んでいたかもしれないが、今はどんな企業でもネット関連業務を行うのが当たり前なので、そういう呼び方をしなくなったということ。

P33 Birchbox という会社は、契約している人に毎月4〜5個の美容関連商品を箱に入れて送ってくるというオンライン通販サイト的なものらしいですが、なぜか今月のメンズ箱 にはバーチャルリアリティ眼鏡が入っているようですw

birchbox mens virtual reality.png

P34 I/O conference : Google の年次 conference。 コンピューターの Input/Output を指す語を使った名前になっています。 「意見交換会」 的なニュアンスなんですかね。

P34 delta: 数学用語で 「差分」 とのこと。 ここでは 「期待度」 と 「現実」 のギャップというような意味で使われています。 「ちょww ダンボールで作ったものがそんなにすごい訳が… えええええ!! す、すげええええ!!!」 っていうことですね (笑)。

P34 Google と View-Master の会社が一緒に作った View-Master 特別バージョンがこちら

google view master.jpg

P35 The Pong version: Atariという会社の出していた初期のピンポンゲームより。 ここでは 「初期の低クオリティ版」 みたいな意味。

Atari Pong.png

P36 Burning Man: いくつかの (謎の) 信条と価値基準を共有する人たちが毎年8月末〜9月頭に集まって行うアメリカのイベント

burning man.jpg

ネットで調べるとイベントのオフィシャルサイトも含め色々出てきますが、読んでもイマイチ分かりませんね ^^; まぁこの 『バーニング・マン』 というイベントの価値基準を真剣に汲み取っているような人という感じでいいんじゃないでしょうか (適当w)。

P37 a pet project: 実用目的でなく、愛玩のために飼っているようなプロジェクト

P39 ラストの "He was determined to figure it out." は部分的に見ると "to figure out what kind of bomb it is, which wires to snip, and how to stop the bomb" という意味ですが、もうちょっと大きな文脈を読むと、 "He was determined to figure out what virtual reality can add to our lives." ということを示唆しているように感じられます。 「virtual reality が私たちの生活にどのような変化をもたらすことができるのか、それを彼は今 figure out しようとしている」 ということを暗に示している感じです。

===================================================

また復習が進むにつれて書き足すと思います。。 ^^;

疑問点などあればお気軽に質問ください〜

応援クリック頂けたら嬉しいです! m(_ _)m


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 TOEICランキングへ

posted by 英語好き at 16:35| Comment(23) | TIMEを読む | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>P32 "... it quickly became clear that never before have so much money and talent bet on its imminent arrival." は、been 抜けのタイポですかね? でないと能動態 (の倒置) になってしまうので変ですよね。

so much money and talent have never bet on... before.
かつてないほどの資金と才能が投資され、今にも市場に登場しそう。そして今年...
と読みましたが、よくわかりませんね
Posted by あい at 2015年08月17日 19:03
遅ればせながら1000ページ達成おめでとうございます!
こちらにコメントを残される方々が凄い人達ばかりなので、コメントをするのをなんとなく遠慮してました。ところで最近英検1級の長文を解いているんですが、非常に難しくて手こずっています。語彙問題では17問正解するレベルなので、語彙力のために英文が読めないというわけでないと思うのです。やっぱり、長文は過去問を繰り返し解くに限るんでしょうか?なにかアドバイスがありましたらお願いします。
Posted by 胡蝶 at 2015年08月17日 19:26
あいさん、

そうなんです。 that節の中が倒置になっているのですが、これを普通の語順に戻すと動詞句が have bet になるんですよね〜。。 主語が money and talent なので、受け身であるべきなんじゃないかと思いました。。 とすると been が足りないんですよね ^^;
Posted by 英語好き at 2015年08月17日 21:42
こんにちは!自分は、TOEFL IBTに関する情報を調べていたらここに辿り着きました、高校二年生です。記事に関係ない質問で恐縮なのですが、ひとつ質問があります。今、Barron'sでTOEFLの対策をしているのですが、SpeakingとWritingのセクションの時、lecture などの題材となっている分野の専門用語がわからなくて、言葉通り手も足も出なくて困っています。どうにかして少しでも多く点を取る技術、みたいなのはあるでしょうか?受験日まであと2週間しかなく、単語を詰め込むのにもムリがありそうでとても焦っています。よろしくお願いしますm(__)m
Posted by Yogi at 2015年08月17日 21:42
胡蝶さん、

わ〜い、ありがとうございます!! m(_ _)m 1年以上の時間をかけて達成したので、 「数字は追わない (キリッ)」とか言ってたくせに超達成感あります (笑)。

確かにコメント下さるのも上級者の方が多いですね。。(汗)。 でもお気になさらずいつでもコメント下さい ^^ そうおっしゃる胡蝶さんも英検1級受験生ですし(笑)。

そうですね、語彙セクション17問取れる語彙力をお持ちならもう語彙力としては十分です。 私は英検1級の長文問題集を解いた気がしますが、最初はあまり点が取れなくても、長文問題を解く練習をしていれば自然と点が取れるようになりました。 長文問題の読み方と解き方が分かるようになったというか。。

文章を読む (そして設問に答える) 力というのは語彙力だけではないので、語彙力以外の読む力は読んで慣れるのが一番早いと思います。 過去問を解くというのは理想的な練習だと思います。 できれば過去問も一度解いて終わりではなく、答え合わせをした後に隅々まで理解できたと感じるまでしっかり復習してから次へ進むようにすると確実に得点力は伸びると思います。 「間違った設問に関連する部分」 はもちろん、「正解はしたけれど 100%の確信はなかった問題」 も確実に分析して、納得するまで復習しておくべきですね。

あとは TOEICでも同じことなのですが、できる限り 「解答根拠」 をしっかりと確認しながら解答するように心がけるといいと思います。 正解の選択肢の 「言い換え」 になっている本文の箇所をしっかりを説明できるレベルで解答するということですね。

こういう練習を積んでいれば確実にできるようになってくると思います!
Posted by 英語好き at 2015年08月17日 22:10
Yogiさん、

こんにちは〜! ^^ でええ高校2年生!! お若い。。。

ううう〜〜〜ん。。。 専門用語ですか。。 TOEFL のレクチャー系問題が語彙的に難しいということですよね。 例えば平均的な高校生レベルぐらいの語彙力を基準に考えると、確かに TOEFL iBT はいくらなんでも難しすぎますよね。。 それを2週間でどうにかするテクニックはちょっと僕には分からないです (涙)。 私は TOEFL iBT 一回しか受けてないので、テクニックについては全くなんです。。。 orz..

現在お持ちの公式系テキストに載っている苦手な分野の問題に出てきた表現で分からなかったものをがっつり覚えるとかそれぐらいですかね。。 TOEFLに出題されやすいトピックは意外にそこまで広くはないので。 でも2週間ですよね〜。。 単語も勉強しないということでしたら、逆に開き直って 「今の実力で取れる可能性のある問題を取る!」 という戦略で問題集の問題を分析するというのでも良いんじゃないでしょうか ^^;

えーっとですね、もし学校の英語の先生に相談できるようでしたら、Yogiさんの現在の英語力をお分かりになると思いますし、また、テキストを見せながら相談をすれば具体的にどういう単語が全体の理解を阻んだのかなども追及できると思いますので、その方が具体的で役に立つアドバイスがもらえると思います。

何の足しにもならない返信ですみません m(_ _;)m
Posted by 英語好き at 2015年08月17日 22:40
1000ページ達成おめでとうございます!
毎度英文解釈を楽しみにしています。
英語好きさんのように文法を他人に詳しく解説できるレベルまでには自分は至っていないので見ていてすごいなーと思います。

そういえばTOEIC飽きてきたのでついに英検の問題に手を出してみました。語彙問題は撃沈しました…(遠い目
長文は36番がよくわからなかったんですが、消去法でなんとか突破。
結局長文問題では間違えることはなかったので嬉しかったです!
でも自分のあまりの語彙力のなさに泣けてきました…。語彙問題以外にも長文の中にも結構わからない単語が出てきて焦りました。
ライティングはやっていないのでライティングの勉強を一からやらないといけませんが…(汗)

リスニングも形式知らずにいきなり解いたので難しく感じました。

記事にもありましたが三年先を見据えてリスニングを磨いていこうかなと思っているんですが、BBCとか聞いていると聞き取れないことが多々あるんですよね…。トランスクリプトもないので確認できないです。
必死に聞いているんですが、聞き取れなかったところは放置するしかありません。
英語好きさんの経験から言ってこういうのは意味ない努力でしょうか?
しっかりVOAのように一字一句確認できるものをずっとやるべきでしょうか?
個人差があると思いますが良かったら教えてください(>_<)
Posted by Jiny at 2015年08月17日 22:52
あ、そうですね。そうすると考えられるのは、以下でしょうか。
Virtual reality has "been"...but... have "been" bet...
で動詞の省略として考える

moneyを資産家として考える
Posted by あい at 2015年08月18日 09:59
詳しいアドバイス、ありがとうございます!
やはりかけるべきところに、時間をかけなければいけないんですね。そういえば、1級の問題を解いてもそれ程しっかり見直ししていませんでした。やりっぱなしに近いというか…。とにかくこのアドバイスを参考にしてがんばります。
Posted by 胡蝶 at 2015年08月18日 13:02
Jinyさん、

ありがとうございます!! m(_ _)m いえいえ、全然解説じゃあないぞと気付いたので、あくまでも 「私の勉強メモ」 と思ってください (笑)。

「まず合格」 というのが目標であれば、普通は語彙セクションは高得点を狙う必要はがないセクションだと思いますよ ^^ 36番は私が難しかったと言ってたやつでしたっけ。。(記憶がおぼろげw) すごいと思います。 あれを正解して読解セクション全問正解は相当だと思います。 ただ、本番ではあまり深追いせずに英作に時間を回した方がいいぐらいの面倒くさい問題だったような... (笑)。

個人的に最近の英検1級の長文セクションは数年前に比べて語彙がちょっと難しくなってきてる印象はありますね〜。。

そうですね! 英作・リスニングも大事だと思います。 意外に日本人学習者が 「食わず嫌い」 をやりがちな分野の方がハードルの設定が低めなので、それを逆手に取った戦略が賢いと思っています。 TOEICでもリスニングの方が点を稼ぎやすいですし、英検一次も英作はちょっとエッセイを書く練習をしておけばすぐ満点近い水準のスコアがもらえます。 日本人英語学習者の特徴として、アウトプットよりはインプット、リスニングよりはリーディング、リーディングよりは単語帳をやりたがるということに関係があるんじゃないかなと思います。

リスニングにつきましては、私は、そもそも普段の学習で積極的には取り入れてないんですよね〜。。 (良いことではないですが、ネット環境的にたくさん聞くことが無理なので 汗)。 おっしゃる通り、できるだけスクリプトを確認できる素材を使うが吉と思います ^^; ただ、全部スクリプトがある素材でないとダメということでもなく、聞き流しを学習の一環として組み込むということであれば、別に分からないのをそこまで几帳面に確認しないといけないというようなことでなくとも、相乗効果的な学習は期待できると思いますよ。

なんかまとまりのない返信ですみません (汗)。 なんか気になる点がありましたらまたご質問下さい.. m(_ _;)m
Posted by 英語好き at 2015年08月18日 22:12
あいさん、

すみません、一つ目がちょっと分からないのですが、私は倒置を戻した場合に that節の中が "so much money and talent have never (been?) bet on its imminent arrival before" になるべきなんじゃないかな?と疑問に思った感じです。。

二つ目もありえますね。 今辞書を引いてみましたが、 money に 「資産家」 という意味があるんですね〜。 全然考えていませんでした (汗)。
Posted by 英語好き at 2015年08月18日 22:27
胡蝶さん、

いえいえ、少しでも参考になりましたらうれしいです ^^

そうですね〜、読み返してみると最初読んだ時に俺は一体何を読んでいたんだ!!と言いたくなるほど分かったりしますし(笑)、解いた問題はちゃんとそれぐらいまで理解度を深める訓練を積むことで初見の文章を読んだ時の理解度も徐々に深まっていくと思います!

頑張ってください! ^^ b
Posted by 英語好き at 2015年08月18日 22:34
説明下手で申し訳ないです。

>Virtual reality has "been"...but... have "been" bet...
ふたつの節を"but"で繋いでいる文章構造なので、"but"の後に登場する同じ動詞"been"を省略したのかなと。
考えにくいですが、最初そう考えていました。

その後、資産家/お金もちの訳にたどりついて、こちらが無難な解釈かなという感じです。
Posted by あい at 2015年08月18日 23:42
いつも丁寧なコメント返しありがとうございます!

「英検一級だよな…絶対歯が立たんわ」と思ってずっと恐れていたんですが、確かに語彙力は圧倒的に足りないと感じましたが、読解は非常に上手く作られていて、論理の展開が理解できれば点は落とさないなと思いました。
それにTOEICのようなつまらない電子メールのやりとりみたいのではなく大学受験のような考えさせられる問題で解いていて楽しかったです。
でもあれ合格点83点ですよね…恐ろしい(笑)
しかし英語好きさんなんかは語彙問題で満点(というか全て満点)みたいなので、なんかもう超人ですね(笑)

自分に足らないのはまずライティングなどのアウトプット、その次リスニングと語彙力みたいな意識でやっていこうかなと思います。

数年後英語好きさんまでとは言わないまでも、ある程度英語圏で生活するのに苦労しないぐらいのリスニング力をつけたいなってずっと毎日考えているんですが、なかなか方法が見つからないんですよね(汗)
客観的に見て、僕のリスニングの実力ってテストではある程度取れるが(問題の先読みとかもあるので)実際には役に立たないレベルだと思っているんです。
スクリプト付いてないと復習ができないという大きな問題を抱えますが、ネイティヴ向けのニュースサイトってスクリプトなんて付けてないですからね…
CNN student newsなんかはスクリプトあって助かります。

英語好きさんはTOEICとかのレベルから今のレベルまで行くのに一番役立ったのはやっぱり留学でしょうか?
TOEICの後に広がっている世界って物凄く広いというか…(TOEIC満点取れてないのに言う資格ないですが笑)
自分はまだTOEICでも聞き取れない文が多々ありますからね…
満点取れる人はみんなほぼ聞き取れているんだろうなぁと思うと自分の実力ってなんなんだろうと思うんです(泣)

すみません、なんか最近本物のリスニング力を付けたいがために悩みすぎてちょっとおかしくなってます(笑)
良かったらTOEICからIELTSやTOEFL満点に至るまで何がブレークスルーになったか教えてくださると助かります。
(VOAは何度か言及されているので他のもので何かあったらお願いします!
Posted by Jiny at 2015年08月19日 00:03
あいさん、

いえ、私の方こそ理解できずすみません! m(_ _;)m

あああ〜! このセンテンス全体で考えると、一つ目の節も二つ目の節 (that節内) も "have been -ed" という構造なので、二つ目の been は省略したということですか...

う〜〜ん。。 (_ _) そうですね、私も二つ目の可能性が likely だと思います。 「money = 資産家 & talent = 才能ある人々」 だとすれば能動態が正しいですからね。

やっぱり分かっているつもりの単語でもちゃんと辞書を引いとくべきでした (= =;)。。 すごく助かりました! ありがとうございます!
Posted by 英語好き at 2015年08月19日 00:19
英語好きさん、こんばんは。

ここは、いつも活気があって楽しそうで、
のぞいちゃいました。

話題になっている文章は、受動態のtypoではなくて、能動態だと私は思います・・

Contextがわからないので想像ですが、みんなが期待して手ぐすね引いて今か今かと待ってる感じですかね。

betをこんな使い方するのはすてきですが、ちょっと難解ですね。
Timeらしい・・・

(仕事でTimeの記事はいくつか読まされますので良い記事があるなぁと思いますが、必要にかられて時事雑誌を読まないといけない時は、Economistを買います。らくちんです。)
Posted by siobhan at 2015年08月19日 00:45
続き・・

so muchが形容詞で文頭についてるならおかしくなります。それなら、beenがあったほうが良い気がします。しかしその場合

So much money and talent has never been
と単数で受けるかなぁ・・

so muchが目的語なら

Money and talent have never bet so much on its imminent arrival before.

で、主語が「そういった人たち」という意味でhaveは正しいので、やっぱりこっちの方がおさまりが良い気がします〜。

念のため誰かに聞いてみますね!
Posted by siobhan at 2015年08月19日 01:09
Jinyさんへ、

いえいえ、コメントで英語について語れるのは楽しいです ^^

英検1級は、そうですね〜、私も独学開始後しばらくは 「最終目標」 的なイメージがありました。 で、実際に自分が受かってみると確かに一時は嬉しいですが、でも同時に 「これで1級ホルダーを名乗ってしまうと世間のイメージとのギャップがある気がする…」 と思って、学習を続ける人が多いと思います。

おっしゃるとおり、1級の語彙は相当難しいと思いますが、それ以外のセクションで点が取れれば普通に合格できます (Junさんも以前に 『語彙を無視して合格をもぎ取るプラン』 を一例として提示していらっしゃいました)。

確かに英検の問題って面白い文章が多いですね〜。 TOEICは… 確か 「フィクション縛り」 があるために、存在しない企業のメールやイベントの広告みたいなのが多いです ^^;

英検のような四技能の語学試験を受ける機会って、自分の英語力の苦手分野に気付くきっかけにもなったりするのが良いですね。 アウトプットは特に有意義だと思います。

ええ〜、Jinyさんレベルならもう英語圏での 「生活」 は全く問題ないはずですよ。 そりゃ最初1〜2週間は慣れないことが多いとは思いますが、その後は大丈夫でしょう。 ただ、大学や仕事になると多分いつまで経っても大変なのは大変ですからね〜。。 そもそも英語ができないと苦労が倍ですが、英語ができれば余裕ってことはないので。。

そうですね、テストとかは答えに関係ある点を落とさず聞くだけで点は取れます。 解答に関係ない部分は適当に聞いておいても大丈夫ですし。 そこが日常の生のリスニングと違う点ですね。

リスニングのブレイクスルーについては、留学は間違いなく大きな要因でした。 幅広い強制アウトプットの機会が得られたのは大きかったです。 英語でしかコミュニケーションを取れない人と生活する訳ですからね。。。 机でテストの勉強をしていると、 「英語はそもそもコミュニケーションをとるためのもの」 という意識が薄れる感じがあったりしませんか? テストのライティングは 「英語力を見せつけること」 が第一の目的なので、それに慣れすぎてしまうと、実際の生活で一番大切なはずの 「自分の意図を簡潔に分かりやすく伝える」 とか 「効果的に伝えるには」 という意識が薄くなったり。。。

私自身 IELTS のライティングをがっつり練習した後で学校の課題をやっていた時にギャップを感じることがありました。 「いやいやw 英語力を見せ付けてどうするんやw 分かりやすく書かんかいww」 と自分で自分にツッコミを入れたくなりますね。

あとは、アウトプットがインプットよりも 「負荷が高い」 こともあります。 インプットだけやっているよりも効率よくブレイクスルーが起こりやすくなります。

他は、リーディングをやりまくっていたことがリスニング力向上の役に立ちました。 前回のコメントでも書いたのですが、リスニングは私が普段力を入れている分野ではありません。 なのに、TOEICリスニング満点が取れるようになってからは、後は読みの積み重ねで自然に IELTS / TOEFLリスニング満点まで伸びました。

実は TOEFLのリスニングって、速度的には TOEIC ともなんら変わりないので (むしろセクションによっては TOEICの方が速いパートもあると思います)、単に 「難しい話をリスニングで理解できるか」 の勝負なんです。 なので、TOEICリスニング満点レベルの人なら、あとは色々な素材を幅広く読むことで、 TOEFL のためにリスニング力自体を上げなくても対応できるようになったんだと思いますね。 ま、私は本を読んでいても頭の中で音読していたり、実際に声に出して読んでることがほとんどですしねw

ということで、私の場合は 「(大量の)精読」 がリスニング向上に大きな役割を果たしました。 専門の教科書や論文なども何度も何度も読んで説明できるようになるぐらい精読してきましたし、そういう精読のおかげで、小難しい話でも聞いて理解するのが得意なのかも知れません (むしろ映画やドラマよりよっぽど得意だったり 笑)。 リーディングもリスニングも結局は同じ 「英語」 ですからね。

あ、 TOEIC リスニングは私も全部完璧に理解できてはなかったと思いますよ ^^; 普通によく分からない箇所とかはありました。

また、長くなってしまいました orz...
Posted by 英語好き at 2015年08月20日 01:28
siobhanさん、

こんばんは! コメントありがとうございます!! m(_ _)m そうなんです〜。。 能動態の線がそれっぽいですよね ^^; あいさんのコメントでようやく気付きました(汗)。

エコノミストもよんでいらっしゃるんですか! TIME は書き方が凝っていたりおしゃれだったりして、英文解釈の素材としては読んでいてすごく楽しいですが、その分難しいですね.. ^^;

えっ!? so much が目的語ですか!? 倒置でそんな順番になっている可能性もあるんですか!? orz...??
Posted by 英語好き at 2015年08月20日 01:52
毎度毎度申し訳ありません。。お金払って相談にのってもらうべきレベルの話なのにこんなに詳しく書いてもらって何と言っていいか…。
英語好きさんのコメントを印刷して部屋に貼っときたいです(変態か 笑)

英検一級となると世間からは達人みたいに思われますからね…。僕なんかの低いレベルでもTOEICの点数だけ見ると友人たちから「なんでそれ以上勉強するの?それに将来仕事で使うかわからないじゃん」とか言われたりしますが、「理由なんかない、やりたいからやるんだ!」とか言っています(笑)

父親の仕事の関係上、海外にたまに行くんですが、雑音の酷い中で聞き取るのは本当に難しいなと思うんです。そういう時「自分の実力ってなんなんだろう」ってふと思うんですよね。
ただテストで先読みして聞き取れてるように装っているだけの未熟者だと感じます。

英語好きさんが書かれている通り、自分はリーディングを必死に頑張ってきたからある程度リスニングが早く伸びたんだと思うんです。
「あー密接に関係してるんだなぁ」って日々感じています。

TOEFL受けたことがないので知らなかったんですが、スピード的にはTOEICとそんなに変わらないんですね。http://www.ets.org/Media/Tests/TOEFL/pdf/SampleQuestions.pdf
サンプル問題をちょっとリーディングだけ解いてみましたが、満点でした。そんなにリーディングは難しくないなと感じましたが、本番はもっと難易度高いんですかね…。
しかしリスニングの項目を見ると「長いな(震え声」みたいな感想しかでてきませんでした(笑)
これメモなし先読み不可ですよね…絶対忘れてしまいそうです。

ネットを徘徊していると、TOEICを毎回990点取る人が結構いて、凹むんですよね。
僕の中で満点取れる人ってリスニングの流される全文聞き取れているイメージが強いです。でも英語好きさんでも当時は聞き取れない部分もあったというところを読んで安心しました。

最初のころってリスニングはある程度勉強すればすぐに点数に表れてきますが、もう最近は毎日必死に頑張っていても伸びている気がしません。だから三年ぐらい時間かかると思ってやろうと決意したんですが、「今の勉強の仕方でいいんだろうか」って不安になります。

こうやって書いていると思いますが、きっと不安なだけで方法論とかは実は求めてなくて、超上級者の英語好きさんに背中を押してもらいたいだけなのかもしれません(笑)

英語をコミュニケーションの手段にするためにもアウトプットを必死に取り組んでみようと思います。そうしたら何かリスニングにも変化が現れるかもしれません。

また色々聞きたいことがその都度出てくると思いますが、暇なときで良いのでアドバイス貰えると助かります(汗)
Posted by Jiny at 2015年08月20日 08:35
おお、英語好きさんのブログなんか更に盛り上がっていますね(笑)
自分も先日セブの本屋でTIMEを買ってきました!本当に安いです。日本の1/3で買えました。日本に帰る前に何冊か買っていこうかなと思いますw他にもFortune?でしたっけ、そういった雑誌も日本で買うよりも全然安いのでチャレンジしてみようかとか思います。TIMEなどの雑誌の情報に即時性は全く求めていないので、Readingの材料として良いかなと。

そうそう。昨日ディスカッションをやったのですが、ものすごくフラストレーションが溜まりました!自分の考えを英語にしていけないんですよね。ストレスフルでした。日本語ならコイツら(同じクラスの人)言い負かしてやるのになぁなんて思いながら、つたない英語を話していました。こういうのを改善するにはやっぱり瞬間英作文的なものをやるのがいいんでしょうかね。一応やったんですが全然不足していると感じます。
TOEFLのSpeakingは少しは改善されている感じがします。分からないですけどね!その他のRLWは不明です。というかRLはやればやるほど自信をなくすという悪循環に陥っています(笑)Rは読めている(理解できている)気が全くしないのになんか問題は正解している。Lは全く聞けていない気がするのです。講師が言っていることを全然理解できていないのです(多分)。話しの要点、何を問われているかくらいなら分かるんですけどね。うーん、前にもこんなことを経験しましたが、気がついたら解決されているんですかね。

昨日でセブでの生活を折り返したので、ちょっとシャドーイングなんかに力点を置こうかなと思っています。ただ、ネットに満足に繋がる環境にはないので、TOEFLの比較的短い3&#12316;5分くらいのでガンガンやってみようかなと思います。結局イントネーションを改善するためにも、リスニング力を上げるためにも役に立つと思うので。

ああ、日本食が食べたい。英語好きさんは海外での生活が主だと思いますが、やはりインスタント食品を帰国時に買い込みますか?
Posted by kazu at 2015年08月20日 11:28
Jinyさん、

いえいえ、とんでもないです ^^; 思ったままに書いたので messy ですいません。。

ま〜、周りは 「もういいじゃん」 と思いますよね〜。 英語が仕事や生活に関係してくるのであれば、いくらやっても十分ってことはないと思いますが、日本で日本語だけで生活している人だと英語は別に要らないですからね。。 それこそ履歴書に 「TOEIC 900点」 とトロフィー的に書けたらそれで十分なんだろうと思います。

確かに電車のアナウンスなんかは何言ってんのか分からないようなのが多いですね ^^; ああいうのは映画より難しいんじゃないでしょうか。 ただ、日本人ノンネイティブ学習者としては 「TOEIC 満点準満点+英検1級レベル」 の英語力を通らないとそのレベルへは到底到達できないので、これまでの Jinyさんの努力に意味がない訳ではありませんし。 できないことにフォーカスを当てると勿論まだまだたくさんあると思いますが、今の英語力で既にできることも多いのではないでしょうか。

はい、TOEICとTOEFLはスピード的 (wpmとか) には変わらないと思います。 単に内容が小難しいレクチャーみたいのがあるというだけで。 メモは取れますよ ^^ ご安心を。 とは言っても、6割の設問はメモなしで解けるぐらいのシンプルな問題だった気がします。 話の流れを理解していれば、質問文から自然に内容を思い出せます。 なので、メモは理解を促すために取ってる感じでした。 私は公式模試 (あの濃い茶色の本) でやりましたが、特に本番との難易度のギャップは感じませんでした。

う〜ん、毎回満点の人でも全文聞き取れている人は相当少ないと思いますよ。 毎回のように満点を取っている TOEICkerの方でも 「今回の○番は宇宙語だった」 というツイートをされてたりしますし。 ま、 TOEICについては、 ETS 自体が先読みを推奨している上に、得点換算的にもリスニングは 2〜3問ミスまでノーカウント満点になる仕組みなので、そこまで完璧に聞き取ることを求められていない素材かも知れませんね ^^;

最初の頃と違って伸びてる気がしないというのは、死ぬほど同意です。 RYUさんも似たようなことをおっしゃってましたが、私もつい最近まで年単位でリスニング力が成長している気がしませんでした。 でも、色々と試行錯誤し続けていれば、時間が経てば成長は感じられますよ… (reassurance になってないかも 汗)。

あ、でも自分が気付いていないだけで実は成長しているような部分もありますし ^^; その辺りは急いても仕方ないですしね (_ _)…

もちろんです。 いつでもコメント歓迎ですので ^^ では〜
Posted by 英語好き at 2015年08月20日 20:39
kazuさん、

本当ですね! TIME 記事にこんなにコメントもらったことないんじゃないですかね!(喜)

ええ〜、そちらでも TIME 売ってるんですね〜。 あれ、なんか日本は TIME を一冊一冊で買うと高いんでしたっけ? Fortune! ありますね〜。 名前からして自分には縁がないだろうと思ってたんですがw、これももしかして The Economist 的な食わず嫌いなのかも知れませんし、もし読まれたらどんな感じの内容なのか教えて下さい〜 ^^ ちなみに私は英語妹さんが最近読まれている (いた?) Scientific American に興味あります〜。 科学系の話が好きなので。。。 TIME は特に内容自体に興味があった訳ではないんです (政治とか中東とかに興味ないですし = =;)。

あはは、ディスカッションはフラストレーション溜まりますよね。 人数が多いと発言する機会もなかなか周ってこないですし ^^; 今でも最初の交換留学時代に上手くこなせなかったディベートのトピックなんかを思い出して独り言したりする時ありますよ。。 いい経験にだと思います。

えっ!? それを瞬間英作文を即日挫折した私に聞きますか!?(笑) う〜ん、瞬間英作文はいい方法だとは思いますが向き不向きもあるんじゃないですかね。 ただ、日本語で考えて英語に訳そうとすると翻訳で詰まってしまうので、日本語の言葉遊びに頼らずに、英語で考えて英語で話す練習をすると良いと思います。 僕の場合はライティングが発信力の基礎を伸ばす役に立ちましたが。。。あ、この前書いた 「一人でできるスピーキング練習」 みたいなのはいかがでしょう。 ああいうことをやりながら、調べたりしつつ、自分が言いたいことを表現するための表現のストックを増やすのも効果的だと思います。

RLがやればやるほど自信なくなりますか... う〜ん、しっかり復習などを含めて勉強していれば、力が後退することはないので、自分を信じて頑張ってください! もちろん、シャドーイング良いと思います ^^

> 日本食を買い込む
あはは、なんで僕の行動を知ってるんですか?!w はい、日本の食べ物は日本に帰国する時には毎回ありったけ買い込んで持ってきますよ〜。 それでも日本の食べ物 (特に甘いもの) は恋しいです。。

あと半分! 頑張ってください!
Posted by 英語好き at 2015年08月20日 22:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。