2015年06月20日

TIME 6月22日号

さて、今週号なんですが、買ってパラパラっと見てみたら、

Time Asia [US] June 22 2015 (単号)


ん?なんだか今週のはレイアウトがなんか変な感じだな〜。。。

と思っていたら、最初に TIME の編集部からの記事が目に入りました。。。

A New Look For TIME.jpg

一言で言うと、

「読みやすさを追求すべく、紙面改編しちゃった☆」

ってことですね。。

ちょww やめてww せっかく慣れたのにww

これまでお約束だった記事の順番とかが結構変わったりしていて、

正直読みにくい んですけど。。。 (涙)

あと、 「記事タイトルには読みやすい新フォントを採用!」 とか言って、タイトルに使われてるフォントもなんか心なし女子の丸文字みたいなフォントに変わってます。

左が新しいフォントです、右が前のフォント
Font difference.jpg

まぁ それぐらいは別にいいんですけどね。 でも強いて言えば、前のブロック体っぽい普通のフォントでもよかったんちゃうん? っていう気持ちはあります (文句言うとるやないかw)。

極めつけは最後に、

「これまで、大幅なレイアウト変更は数年に一度ぐらいの頻度でするものだったけれど、これからは何年かに一度とかじゃなく、 しょっちゅうコロコロ変えたい

っていう衝撃の発言が。。。

なんだそりゃ!!

ですよ。

ということで、

編集長、気分やノリで模様替えするのは

自分の部屋だけにしてくれませんかね? (#^ω^)


という旨のメールをしたためまして TIME に送っておきました (勢いで)。

さて、前置きが長くなりましたが、この号は30ページ読みました。

TIME 1000ページ達成まで、残り54ページ。 (あと2冊)

では、今週読んだ記事へのコメントと (私の) 解釈です〜 ↓

===================================================

P12 The Brief のところに、前の号の記事でも熱く語っていた DARPA のロボットコンテストの結果について書いてありますね!! と思ったら韓国に取られとるやないかい!! ガッデム!!!!

DARPA robotics challenge.jpg

よし、記憶から消そう (提案)。

P19-21 The View

P20 左側の ... they could use not so much a summer-rerun season as a summer-TV cease-fire... の部分、ここの use は 「〜がありがたい、助かる」 っていう意味ですね。 あと、 not so much ~ as ~ も使われてて、楽しい文です ^^

P21 NASA's 'flying saucer' こういう記事いいですよねぇ〜。 NASAが火星着陸に使うための円盤型着陸装置の実験をハワイでやっているとか。

NASAs flying saucer.jpg

"The Low-Density Supersonic Decelerator" という名前らしいですが、

The High-Density Supersonic Accelerator とかだったら、

何かもっと凄そうでしたけどね (着陸したいのに加速させてどうするw)。

P24-29 The Other Side Of The Great Firewall

Chinas Great Firewall.jpg

中国のインターネットは、中国政府が厳しく情報統制をかけている上に、何から何まで中国独自のサイトやサービスが主流なっているため、実質ガラパゴス状態だ、という記事です。 ちなみに、このブログは今までに TIME 記事などで 「天安門事件」 に言及したことがあるため、中国では規制対象になっており、中国版 Googleである 『Baidu』 では存在を抹消されております (汗)。

ただ、ですね、英語圏はまだしも、例えば日本人が 「中国のインターネットはガラパゴスなんだよ」 と笑っていられるのかと言うと、それはどうなんかなぁという感じですね。 日本も 「日本語」 という言語の縛りのせいで実質ガラパゴス状態になってるのは前々から言っている通りなんですよね。 中国と比べるとそりゃ程度の差はありますが。。

P26 Yao Chen という女優さん は、中国のジュリアロバーツ的な人 (口が大きい美人)。

Yao Chen photo.jpg

昨年の TIME の100人に選ばれていました (その時の記事)が、その後 浮気&離婚スキャンダルでさらに輪をかけて有名になりました(フォロワー数 1800万人 8000万人)。 中国の Twitter である Weibo上で、その何千万人というフォロワー監視の中、元夫と 「そっちが先に浮気したんだろうが」 などとドロドロの口論を繰り広げたツワモノです。

P27 左下の辺り、 "Yet what publicly traded company is doing right by shareholders if it ignores the largest tech consumer market on earth?" という部分は解釈しにくいかと思いました。 do right by someone = treat someone fairly です。

P28 左上の辺り、 google fonts グーグルが公開している独自フォント

Google Fonts
https://www.google.com/fonts

P28 右上の辺り、 Uncle Sam アメリカ(US)のこと。 擬人表現。

P28 右下 churn out 今回の英検1級の語彙セクションで熟語の選択肢として出ていました。

P29 真ん中の列に出ている Andrew Ng さんですが、TIMEでは以前にも "Brain Builder" という超かっこいいタイトルの記事で、 Baidu が引き抜いた人工知能開発の技術者として取り上げられていました。 今見てみたら 2014年の10月27日号ですね

Andrew Ng.jpg

P36-42 Love in the Age of Like

Love in the Age of Like.jpg

インターネットで出会い系サイトが (って書くと危険な響きしかありませんがw) たくさんある時代だけれど、人間って、選択肢があればあるほど分からなくなってしまうんじゃない? っていう感じの記事でした。 上の写真中央に写っているコメディアンの方が何故か社会学者とタッグを組んで 「現代人の恋愛」 を研究した本 を出したそうで、それの宣伝を兼ねた記事ですね (笑)。

Modern Romance by Aziz Ansari


P42 左側の列の真ん中辺りに書いてあることは大事ですね。。 恋愛当初の "passinate love phase" は 12〜18ヶ月程度しか続かないもので、その後は "companionate love" に変わるものだと言うことですが、この人間として当たり前の変化を受け入れられずに、一生付き合い始めた頃の気持ちのままでいられるような 「理想のパートナー」 を探し続けている人って多いのではないでしょうか。 選択肢が多くなるほど、「一つの関係を大切に育てる」 ことなく 「次から次へと気持ちが移ってしまう病」 に陥りやすくなるんでしょうかね。。 これは英語学習にも通じる話ですね。

P42 真ん中の列の "... my friend did me a huge solid and declined to give me a plus one." が分からなかったので 調べたところ、 "solid" というのは "favor" という意味があるんですね〜。 あと、 "a plus one" は想像つきますが、 「(パーティーなどに連れて行く) 同伴者」 のこと。 「その友だちは、親切にも、僕が式に同伴者を連れて行くことを拒否してくれた」 という意味です。 did me a huge solid というのは皮肉ですが、まぁ結果オーライだったみたいです。

P44 Let's Prepare for Africa's Population Surge Now - Or Face the Consequences

P44 最初のパラグラフの "... when our subject's wife tok us to task for taking her hsband's portrait in front of a crumbling brick wall..." がよく分からないので辞書を調べてみたら、 "take someone to task (for...)" で 「〜という理由で <人> をとがめる」 という意味なんですね。

P45-46 Jurassic World offers a reptilian reckoning to a culture that's bored to death

Jurassic World.jpg

ジュラシックパークシリーズ最新作 『ジュラシック・ワールド』 の特集記事です。 上のシーンをチキンで再現した 写真が出てたりしますw

jurassic world with chickens.jpg

P45 "... the one that accompanies a movie extra's transition from themepark attendee to Dino Chow." の "extra" は映画のエキストラの人たちのことですね。 "chow" は食いものっていう意味で、 「映画のエキストラたちが “テーマパークの訪問者” から “恐竜の食べ物” に変わってしまう瞬間に伴う “あの音”」 っていう感じでしょうか ^^; Dino Chow がなぜ大文字になってるのかは分かりません (苦)。

P46 左上の方の impervious という単語。 これも今回の英検1級語彙問題に出てました。

P46 左側真ん中あたり Sundance: Sundance Film Festival という自主制作映画を対象とする映画祭があるんですね。

P46 真ん中の列 raptor whisperer: "whisperer" って 「〜と対話して手なずけてしまう人」 みたいな意味なんですね〜。 で、 raptor が 「猛禽類、小型で俊敏な肉食性の恐竜」 という意味なので、つまり、上の写真の人のことですね。

P46 真ん中の列の真ん中辺り "... will be surprised by the way he inhabits the action-hero persona while making it, and the movie, pretty much his own." の部分が分かりにくいかなと思いました。 inhabits the action-hero persona は、、「アクションヒーローの人格をまとう」 とかでしょうかね。 日本語にしにくいですね〜。。 後半の whileの節は SVOC の文型です。 ただ、 "while (S) V O, and the movie, C" と、 "and the movie" で文が切られちゃっているので分かりにくいっていう。 ※切れてるっていうか、Oへの付け足しですね。 説明がおかしかったです(苦)。

この記事が今週号で一番難しいのでは。。。 ちょこちょこ分からない部分が。。

===================================================

さて、個人的には今回がここ最近読んだ中で一番面白かったような気がします。

レイアウトはあんまりですけど (まだ言うw)。

一応一通り読んだんですが、まだこれから何度も復習しますので、気付いた点などがあればちょこちょこ足していきます〜 ^^

応援クリック、お願いします!! m(_ _)m

TOEIC ブログランキングへ


英語ブログランキングへ

関連記事
● 私の持っている英語資格
● TIME の読み方を変えてみました。
● 単語学習をしない私がどうやって単語を学習しているのか

お詫びと訂正: 記事のタイトルがずっと 『TOEIC 6月22日号』 になっておりました。 「TOEIC」 とか 「990」 という文字列に条件反射してしまう TOEICkerの皆様には多分ご迷惑をおかけしました... m(_ _)m < すみません。。

posted by 英語好き at 20:17| Comment(6) | TIMEを読む | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おおフォントが・・・フォントはものすごく大事な要素ですからね。個人的には前の方が好みです。TIMEみたいな雑誌はかっちりとした書体の方が合ってると感じますし、カクカクしてた方が英語っぽくないですか?

日本語という言語の縛りがあるのは日常生活の中でも感じることがあるので分かりますが、この日本語が参入障壁になって外資企業なんかの進出を阻んでいる大きな要因になっていると思います。言語はその国の国力を表すなんて言われるんですけど、日本は医学であろうと学問の専門書を母国語で読むことが出来ますがそうじゃない国っていっぱいあるんですよね。学問を学びたいなら英語やドイツ語をやらなきゃいけない・・・というような。とはいっても出来て損なことはないんですけどね!(笑)自分が日常生活で英語をやってきて良かったと思うのはTIMEを始め英語のまま読めちゃうことですね。日本を外から客観的に見ることが出来ますし、国内では報道されないようなニュースがあってとても興味深いです。まぁ最近の英語偏重で日本語を軽視する流れはどうかと思いますが、英語の需要が出てきたということは内需の減少や国力の低下を意味しているんだな&#12316;と個人的には考えており、ちょっと悲しくなっています。

Uncle sam!TOEFLでやりましたよ&#12316;辞書をあまり引かずに英語を読めると嬉しいです
長文失礼しました
Posted by kazu at 2015年06月21日 09:48
kazuさん、

> TIMEみたいな雑誌はかっちりとした書体の方が合ってると
そうなんです!! しかも線が太くて丸みがあるせいで、字が詰まっちゃってて分かりにくい感じもしますね〜。

日本語が大切なのはもちろんですよね!!! 母語を捨てて英語をやるのは英米の植民地なんかで既にやっていることなので、日本みたいな国が同じ道を行く必要はないですし。 日本の場合は母語の地位を確実に維持しつつ、世界語である英語をもできる国民を増やすっていうのが難しい課題なんだと思いますね〜。 でも、これから先はやはり 「日本語か英語か (国内市場か世界市場か)」 の択一でいいという状態でもないですしね。。

日本では結構、 「英語をやるためには日本語を捨てないといけない」 という思考に陥りがちですが、別にそういう訳ではないですし、むしろ英語という外国語の学習を通して、日本語について考えたり気付いたりする機会が増えているという側面もあると思うんですよね。。

「最近の若者」 の日本語力の低下を憂いて、 「英語じゃなく、まずは日本語を勉強しないと」 と主張する人もいたりします。 そう言いたくなる気持ちはもちろん分かるのですが、じゃあ、もし英語教育を廃止したとして、そういう若者たちが

張り切って日本語を勉強するようになるのか?

というのは疑問です。。 ^^;

また、国という単位で考えても、英語もできるようになることによって、日本経済が活力を取り戻して、日本の影響力がまた強くなれば、世界における日本語の地位・影響力も大きくなります。 今はあらゆる市場で中国と韓国にどんどん市場を奪われて行っている状態ですが、海外にいるとそれが目に見えて分かります。 アメリカをも遥か彼方に抜き去ることができるほどの力を未だ温存している中国に負けてるのは仕方ないと思いますけど、韓国に負けてるのはかなり悔しいです... (苦)。

おっしゃる通り、日本が色々な意味で衰えつつあるのは事実なので、そこから目を背けておいて、どうしようもなくなってからやっと英語をやり始めたとしたら、それこそもう日本語を母語として維持する余裕もなくなってしまっている可能性があります。

そうならないために、今まだ余裕が残っている内から 「英語も」 できる国にしないといけないというのが... 理想ですね。 ま、とは言っても、やはり普通の人は 「せっぱつまらないとできない」 ので、やっぱり理想論なんですよねぇ〜〜 orz...

おお、 Uncle Sam ご存知でしたか!? 僕も前にもTIMEで見た気がするのですが、よく覚えていませんでした。 今回で覚えました!(多分 笑)
Posted by 英語好き at 2015年06月21日 17:37
毎回お返事ありがとうございます。とっても励みになっています・・・!WritingとかSpeakingをやらないと本当にやばいです(笑)全然やってない!Readingは今月の初めに買った物が終わりそうです。TOEFLのRが30題程度ある問題集なのですが分野によって正答率の差があります。医学だとか生物みたいな話しの時は正答率が落ちます。読み慣れていない証拠ですね。読みながら二項対立が取りづらいというか感覚的にもやもやします。

Writing辺りもやらなければと思っていたら6月も終盤になってまいりました。Time fliesですね。本当に最近時間が経つのが早くで毎日を無駄にしている感じがします←
そういえば今日英検1級パス単や英語好きさんがブログで紹介されていた1級の英作文問題集をポチりました!なんだか知らない英単語に出会いたい欲求が出てきましてついポチってしまいました。その他色々と買ったので頑張ろうと思います。とりあえずReading以外の勉強を進めないとな、と切実に思っています。やれよって感じですね(笑)
Posted by kazu at 2015年06月23日 22:23
kazuさん、

いえいえ!いつもコメント頂けて嬉しいです!

> 分野によって正答率の差があります。
これはそうですね、多分普通だと思います。私も政治とか歴史とかのあんまり興味が湧かない分野の文章は苦手です。 そういうトピックの時は読み進めるのに普段より余分に精神力が要りますw 逆に科学とか宇宙とかの時は話が知りたくてぐいぐい読めたり。 トピックの影響って大きいですよね。

> Readingは今月の初めに買った物が終わりそうです。
おお〜、それだけでもすごいですよ〜。 私未だに例の英作文テキストやってますから、kazuさんも購入されるならぜひ一緒にやりましょう! あのテキストはほんとに良いです!

> Time fliesですね。
ほんとに。 Fruit flies like a banana ですね (違)。

単語でも何でもやった分は必ず将来英語力に還元されます。 忘れてはいけないのは、それを十分の量の実践と訓練によって R/L/S/W で十分使えるレベルにまで昇華することです! 頑張ってください! ^^
Posted by 英語好き at 2015年06月24日 01:38
timeの記事毎回楽しみにしています。自分が解らなかったところを解説していただいていたりするので勉強になります。
私も、今回の記事ではJurassic Worldが一番難しかったです。わからない部分もたくさんあります。英語好きさんは、Timeでわからない部分があるときどのようにして解決されていますか?わからないところを放置しておくのがもどかしくて仕方ありません。。。
Posted by ぺろ at 2015年07月02日 11:08
ぺろさん、

それは嬉しいです! ^^ TIME ほんとに 「誰が読んでるんだ」 シリーズなので(汗)。。

> Timeでわからない部分があるとき
分からない部分には横に 「?マーク」 をつけておいて、後で

1.辞書を色々な方法で引いてみる
2.ネットで調べてみる
3.何度も読み返す(&時間を置いて読み返す)

ですね。 それでも分からない部分は、「今の自分ではまだ習得不可能!」 と判断して、スッパリ諦めます。 ただ、完全に頭から捨て去るのではなく、何度も調べたり考えたりした表現なので頭の片隅には多分残ってると思います。 重要な構文や単語であれば将来的にまた何度も出会うので、次回以降の再戦にかけますね ^^

と、私の場合は能天気なのでそんな感じですがw、私が読んだ号のTIMEなら気になる部分は質問いただけたら、分かることはもちろん回答できます! スターの名前とかの固有名詞なんかはネット情報が詳しいですが (汗)。
Posted by 英語好き at 2015年07月02日 16:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。