2015年06月12日

英検1級問題 解きました! 2015年度 第1回

先週6月7日に実施された最新の英検1級の問題がアップされましたので、

早速解きましたっ!

=================================================

と、その前に、問題は公式サイトよりダウンロードできます。

いつも通り 結構ネタばれもしてますので、

解きたい方はぜひ解いてからご覧下さい...
m(_ _)m

=================================================

英作文は自分で採点できませんが、

結果は。。。。

語彙セクション: 25/25 (満点)

読解セクション: 26/26 (満点)

リスニングセクション: 34/34 (満点)

でした。 パーフェクトです。

一人でガッツポーズ!!

エッセイ満点は多分取れるだろうと思うので、、、

今回なら 一次 113点満点達成 できますね。

時間については、今回は前よりかかりましたね〜。 最近あんまり速く読む練習をしてないのと、あとは、確信が持てなかった問題で長考してたことが理由です。

語彙に 8分31秒、
読解に 48分11秒


残りは英作できっちり使いきりました (笑)。

ところで、ちまたでは今回はそこまで難しくなかったという声が多い気もしますが、

え.. そう...? というのが私の感想です。。

確かにリスニングは簡単でしたが、語彙・読解は悩まされた問題もあったんですよね。。。

ちなみに 私が難しいと感じた問題は、

語彙: 1番、6番、8番、9番、22番、24番
読解: 28番、36番
聴解: 特になし!!

でした。 36番は今回の読解セクション一番の難問だったと思います。 まだ解答に十分納得できてない気さえします (笑)。

語彙セクションに知らない単語 (十分に分かっていない単語) があるのは毎度のことですが (もう今回は全部リストしないでいいですかねw)、今回は読解セクションにも知らない単語がちょこちょこありました。

=================================================

これ以降ほんとにネタばれしております!

ご注意下さい!!



ネタばれ防止のためのスペース。。。


=================================================

具体的には、

2-1 知らなかった表現はなかったですが、 "risk compensation" という概念がちゃんと理解できているかが大事でした。

2-2 知らない単語なし。 精神病院に患者という体で来ている人は何をやっても精神病の兆候だと診断されてしまう、という件が面白かったです。 そういえば、 schizophrenia は前回もリスニングの最後の問題で出されてましたよね。 難しい言葉だったので話題になりましたが。。

英検1級の頻出語句になりつつありますね、

schizophrenia 統合失調症

前にあ〜るさんが皮肉ってらっしゃいましたが、国際ビジネスコミュニケーションのための英語テスト TOEIC で頻出の単語の一つが

wheelbarrow ねこ車

っていうw それの英検版ですね。

3-1 知らなかった表現は vilify、detractor の2つ。

3-2 知らなかった表現は with egg on one's face、subversive、avant-garde の3つ。 ところでタイトルが他のと違っておしゃれですよね。 TIME っぽいです。

3-3 知らなかった表現が patronage(-based)、line one’s own pockets、heeler、naturalization、agitate for の5つ。

ちゃんと調べてみると、そこまで知らない表現多くはなかったですね (汗)。 あと、知らないとは言っても、字面や文脈から意味が分かるので問題にはならないっていう感じです。。

応援クリックお願いします!! m(_ _)m

TOEIC ブログランキングへ


にほんブログ村英語ブログランキングへ

関連記事
● 私の持っている英語資格
● 英検1級の語彙問題を分析してみました
● 英検 ⇔ TOEIC 換算表

追記: 先ほど彼女がトライした結果、

語彙 6/25
読解(穴埋め) 5/6 
読解(内容一致) 棄権
リスニング 26/34

でした。 語彙は一つも分からなかったそうで (彼女語彙力4000語とかなので。。)、四択の選択問題をランダムに塗ったらどうなるか状態ですね。

大体 "んー、No idea" って言ってました。

posted by 英語好き at 22:54| Comment(6) | 英検について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
流石としか言いようがないですね!この前英検の公式サイトであなたは何級?みたいなやつを試したところ準一までは全問いけても1級は語彙でだめでした!文法とかじゃなくて語彙なんですよね・・・こんな単語知るか!みたいなのがあって。TOEFLの単語帳を詰め込み、語彙力が13000以上あるらしいですが本当なのか不安になるできでした(笑)自分は単語帳の勉強が好きなので時間があれば1級の単語帳でブーストさせるつもりですが、TOEFLの問題演習をしていても知らない単語が割とあるんですよね。推測できるレベルが多いので致命的ではないのですがその辺を押さえていっても英検に役立つ感じがします。

リスニングやらないとと思ってはいるのですが・・・明日からやります←
C2はとても刺激のある繋がりだと思います。大学内だとどうしても英語の話が出来る人って居ないので。それにしても毎回毎回コメントすいません、毎回聞きたいことがあるので。自分ばっかな気が(..;)
Posted by kazu at 2015年06月13日 23:30
kazuさん、

いえいえ、、公式サイトのテストって、そんなのがあるんですね! 1級の語彙は...、まぁ、ちょっとおかしいのありますよね ^^; 今回の語彙の選択肢を見直してみたんですが、私も見たことないやつも普通に複数ありましたよ。 prevaricated とかもう... "pre... pre.. what?" みたいな感じでした (笑)。 RYU (2015) によると、1級語彙セクションではネイティブ大学院生も知らない単語や間違えた問題も普通にあったとのことでした。

RYUさんの 「イギリス人と一風堂へ&英検1級の語彙問題を解かせてみた」
http://toeictoeflielts.blog.fc2.com/blog-entry-256.html

冷静に考えると、RYUさん、一風堂のロンドン支店でイギリス人に英検1級の語彙問題を25問解かせたっていうシュールな状況です。

13000語もご存知なら既に1級合格水準は十分クリアしていますよ〜。 私は合格当時10000語そこそこだったと思います (語彙セクションは11点でしたがw)。 後は既にご存知の語彙を読解、リスニング中にタイムラグゼロで認識できるレベルにブラッシュアップようにすることと、できるだけ英作文、面接でも使えるようにすることができれば余裕で受かるレベルで ^^

単語帳での学習が得意というのはかなりの強みだと思います。。。 私は苦手なので。。

リスニングは明日から!!! はい、ぜひ頑張ってください!! 永遠に来ない 「明日」 にはしないで下さいね!(笑)

いえいえ、とんでもない!! コメントも C2 も (英語教師さん総指揮のプロジェクトなのに勝手にw) いつでも歓迎です!
Posted by 英語好き at 2015年06月14日 18:25
初めてコメントさせていただきます!
ほぼ毎日、もしくは勉強のモチベーションがあがらないとき、英語好きさんのブログを必ずみてます笑いつもためになる話を提供していただきありがとうございます笑
ところで、文脈や文面で単語の意味を推測できるとおっしゃってますが、それはやはりこれまで積み上げてきた多読や経験がモノを言うのですか?いきなり質問して申し訳ありませんがご回答していただけたら幸いです。
Posted by wayu at 2015年06月14日 23:44
wayuさん、

コメントありがとうございます! ^^ ほんとですか!? 嬉しいです〜! 結構思いつきで書いたりしてるので、行き当たりばったりですが (笑)。

そうですね。。 字面から分かる単語っていうのは、知っている単語の派生語だったり、他の単語やらを組み合わせたような単語だったり。 例えば、 patronage-based は patron という単語を知っていれば想像するのは難しくないと思いますし、 naturalization とかも natural/naturalize から推測しやすいですね。 agitate という単語は知っているので、 agitate for も普通に分かります。 あと、with egg on one's face とかは初見の表現でしたが、意味そのままですよね ^^;

で、文脈から語彙の意味を推測するためには。。。

一応 「文章中の少なくとも97-98%の語彙を知らなければ前後からの類推が難しくなる」 というような研究もあるらしいです。 でも、このパーセンテージは絶対とは言えないですね (当然ですが 汗)。 日頃からよく英語を読んでいる人ならば、もっと認識語彙率が下がっても、文章としてはまだ読めるはずなので。

卑近な例で恐縮ですが、私の彼女の語彙力は4000語そこそこで、これは英検で言うと準2級〜2級レベルですが、今回 英検1級の問題を解いたら、対策なんて何もしていないのにいきなり読解とリスニングでは合格点レベルのスコアを取れていました。 内容の大まかな理解についても、私と遜色ないレベルでした。

これ一つだけが類推ができる理由ではないのですが、例えば、知っている語彙を 「どのぐらい深く知っているのか」 によっても、類推の能力は大きく変わります。 これは辞書や単語帳の説明を隅から隅まで読んで勉強するというようなことではなく、実際に単語が使われている文章をたくさん読むことで、それぞれの語彙に対する 「感覚」 がどこまでも深まっていくということです。

似た意味を持つ他の単語とのイメージの違い、どんな単語と一緒に使われるのか、どんなフレーズで使われることが多いのか、よく使われる状況がどんなものか、どんな人が使いそうか、などなど。。。

こういうことは、色々な文脈で何度も同じ語彙に繰り返し出会う中で、どんどん理解が深まっていくものなんです。 そうなって初めて、類推力の一端を担ってくれるようになります。 前後にそういう昔ながらの顔なじみがいてくれるからこそ、そいつらとつるんでる知らないやつの意味が推測できるようになるんですね。

ただ、この 「語彙の知識」 というのも 「英語力」 の中の一つのパラメーターに過ぎません。 英語力には他にも、「熟語力」 「フレーズ力」 「コロケーション力」 「構文力」 「文法力」 「文脈を読む力」 「パラグラフ・リーディング力」 などなど、数多くの (お互いに関連し合う) パラメーターがあります。 しかも、 「英語勘」 のような、ちょっとそうした各要素では説明できないような 「英語に対する第六感」 もあると思います。

これら全ての能力が英文を読んでいて知らない単語に出会った時の 「推測」 の助けになるんです。

読んでいれば、こういう要素全てを総合的に育むことができます (もちろんレベルに合った素材で)。

ということで、「とにかく読め! 読むんだジョー!!(?)」 というと、すごい適当なアドバイスに聞こえますが、詳しく考えてみるとこういう感じでしょうか。。。 なので、 「知っている語彙の数」 としては同じぐらいの人同士を比べたとしても、実際に読んできた人とそうでない人では読む力は全く違っていると思います。

その理由は、 「語彙力以外の能力値が段違いだから」 です。

ということで、実際に読むことで、 「類推力」 を含め、総合的に英語力を鍛えることができるという感じです。 受験で 「英語は語彙と文法!」 みたいな誤った単純化が浸透しているせいで、他の実はもっと重要な能力や、そうした力を伸ばすための 「読むことの大切さ」 が理解されていないのかも知れません。 自分のレベルに合った素材からのスタートでいいので、英文を読むことを学習の軸にするといいと思います ^^

※ 単語学習・文法学習のような 「一点集中学習」 自体がダメなのではなく (そういう一点集中学習も間違いなく総合力の向上の糧になります)、推測力を含む総合的な 「読む力」 を伸ばすためには読むことが何より大切、ということです。。 m(_ _)m
Posted by 英語好き at 2015年06月15日 01:38
回答していただきありがとうございます。

まさかこれほど詳しく教えてくださるとは思ってもみなかったので、今感激しております笑

「読むんだジョー!」はクスッときました笑やはり多読が大事なんですね。とにかくたくさん英語に触れて「英語の感覚」をつかもうとは思いますが、ちょっとしたことではそんなものつかめませんよね笑 根気強く英語学習を進めていきたいと思います。

本当に回答していただきありがとうございます。恐縮ながらきっとこれからまた質問したいときが訪れると思うので、その時はよろしくおねがいします…orz


Posted by wayu at 2015年06月15日 23:08
wayuさん、

いえいえ〜、ご質問いただいた内容について考えるのも好きなので、こちらこそです。

そうなんです、やはり読むことが基本ですね。 知らないことに気付いて 「学ぶ」 機会でもあり、それと同時に、学んだ知識を使って文章の意味が取れるかを 「実践」 する機会でもあります。

ただ、初級〜中級ぐらいまでは、読み飛ばしてでも量を稼ぐというよりは、丁寧に読みながら着実に量を重ねていくことの方が大切かなと思います (私の意見ですが ^^;)。

英文を読んでいて意味がよく分からない箇所があったら、その箇所こそが成長のチャンスです。 頑張れる範囲でいいので、できるだけ前後関係などから意味を考えるようにしたり、辞書を引いて色々調べてみたりして、考えるということを習慣づけると良いと思います。

私も普通の小説なんかでは

「あかん、分からん orz... 」

となってますよ ^^; TIMEでも分からない部分や意味を読み違えていたりする部分はあります。 でもできる限り理解したいので、分からない箇所はマークしておいて、何度も読み直したり、辞書引いてみたり、ネットで調べたりして、また、本文に戻って意味を考え続けます。ちょっと時間を置いてからまた通して読んでみたりもします (←これ結構分かるようになることが多いのでオススメです)。 ま、病的に深追いしちゃうと病むのでw、一通り調べて考えてみて、それで分からなければ、一旦スパッと 「うん、分からんねwじゃあ将来の課題、次!」 ぐらいの気持ちも大切ですが。

ですね。 長い道のりですので、他の学習者仲間の方々と一緒に、少しずつ着実に歩んでいきましょう〜。 ぜひぜひ〜、またいつでもいらっしゃってください! お待ちしてます ^^
Posted by 英語好き at 2015年06月15日 23:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。