2015年05月09日

安倍首相のアメリカ議会演説について

見てみました〜。 動画を自由に見られるインターネット環境ではないので、最初の方だけですが。



上手いですね。

この安倍首相の英語の発音を 「高校生以下」 と批判した人もいるみたいですが、

逆に これを聞いてそんな批判ができる人こそ、 「なんちゃってペラペラ英語」 を賞賛してしまうタイプの、実は英語が分かっていない人でしょう。

いやいや、というか、米国議会で 「なんちゃって英語スピーチ」 なんて披露していたら、それこそ場内大爆笑じゃないですかね (笑)。

ちょこちょこ 「ん? ああ、□□ か」 と前後から補完して理解した単語もありましたが、前後から分かるのでそれは特に問題にはなりません。

このレベルで英語のスピーチをこなせる日本人はほとんどいないでしょう。

ちなみに、前のオリンピック招致演説 (⇒ こちら) よりも上手かったです。

唯一 気になったのが、多分 「ここは強く読め!」 というような指示が書いてあったんだろうと思うのですが、

「... of デモークラスィー!↑↑」

と突発的に声の調子を上げる部分。

あれは、もう、 「強く読め」 という指示のせいでおかしくなっているのだと思います。

あれを自然にやるためには、そのちょっと前から徐々に調子を上げて強く読んでいく、というようなことができないと、そこだけ浮いてしまう感じになります。

そんな高度な指示はいらなかったんじゃないかな〜〜、と思いました。

全体の調子で読むだけで十分良かったです。

応援クリック、よろしくお願いします!!
m(_ _)m

TOEIC ブログランキングへ


にほんブログ村英語ブログランキングへ

関連記事
● 私の持っている英語資格
● 信頼できるTOEICテキスト一覧(最新版)
● 満点を取るまでに解いたTOEICテキスト一覧

posted by 英語好き at 18:18| Comment(14) | 芸能人・有名人の英語力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
安倍首相のスピーチ、個人的には凄いと思っています。ああいった場で演説をすること自体大変だと思いますし・・・批判している方々にはじゃあやってみろと言いたくなります(笑)

先日初TOEFLを受けてきました。いやぁ、酷かったです。最終的に100以上が目標ですが、80も行ってないと思います。TOEIC900程度もってたって、って感じでした(笑)
Posted by kazu at 2015年05月11日 00:13
kazuさん、

コメントありがとうございます!! おっしゃる通りですね。。 ^^; とにかく批判しておけばいいっていう感じだと思いました。個人的には、英語のプロでもない安倍首相が、一体どのくらいの期間、どんな練習を積んで、あのクオリティの演説ができるようになったのかっていうのを大々的に知らせて欲しいですね。日本人が、英語を習得するためにはどういう訓練をする必要があるのかを理解するための最高の具体例だと思うんですが。。

kazuさんも TOEFL iBT受けられたんですか!!いやー、結構アカデミックなので、留学希望者や経験者でもないと、最初は難易度のギャップに苦しんで当然だと思います。 ここだけの話、私も初めてiBTの公式模試を解いた時は「これはやばい...(死)」 と思いました。

でも、TOEICで900をお持ちなら、アウトプットを含む訓練を続ければ、TOEFLも順調にスコアは伸びると思います。 私も長らく 「受ける受ける詐欺」 をしてますが(笑)、私も頑張らないとだめですね! ぜひまた進捗教えてください!! m(_ _)m
Posted by 英語好き at 2015年05月11日 01:10
お返事ありがとうございます。課題は山積みですがListeningの底上げが必要だと思いました。TOEFLって事実上R以外のセクションがLと関わってますから、Lが出来ないと全く駄目なんですよね。Rは初見でも8割ちょっと取れたのですが、本番は自信無しです!語彙問題だけ大丈夫でした(笑)Listeningを底上げするにはどうしたら良いでしょうか?
Posted by kazu at 2015年05月11日 23:05
kazuさん、

なるほど、確かに TOEFL iBTは全セクションにリスニング要素がありますね。。

リスニングの地力を上げるためのトレーニングとしてのオススメは、VOA (Voice of America) Special English のシャドーイングです。 私は留学の終盤に1ヶ月ほど集中的にこれをやった時期がありまして、これ以降はリスニング主体の学習はほとんどしていませんが(良いことではありませんが)、あとはリーディングをこなしていただけでリスニング力も上がっていきました。

VOA Special English
http://learningenglish.voanews.com/programindex.html

最近C2プロジェクト仲間の Bryceさんが (右のお気に入りブログの中にリンクがあります!)が紹介されていて、テンションが上がりました (一人で 笑)。

「スピードが遅いから初心者向け」 という声がありますが、私はこの感想は違うと思うんです。 私がこれをやっていたのは、ちょうど今の kazuさんぐらいの TOEIC 900レベルでした。 で、最初は結構難しかったですし、手ごたえとしては、ちょうどいいぐらいの難度でした。 で、ただ聞いて理解するだけなら中級者向けかも知れませんが、これを完全に理解しながら上手にシャドーイングできるようになるまでやりこむという訓練は十分上級者 (TOEIC900点台の学習者) 向けだと思います。 さらに、それを一定期間続けて、余裕を持ってシャドーイングすることができるようになれば、英語テストのリスニング音声を聞いて理解するだけなら難なくできる実力がつくはずです。

VOAは内容的にもアメリカの歴史やサイエンスなどのように TOEFLともちょっと似通っているので、そういう意味でもオススメです ^^

そういえば、リスニングは集中的に訓練をした後で、その特訓が成果になって現れるまでに少しタイムラグが生じることがあったりします(3ヶ月〜半年)。 特に、持っているリスニング力をテスト力に換算する過程では成果がすぐ出ますが、そこから実力自体を底上げしようとするのはなかなか一朝一夕では成果がでるものではありません。 なので、すぐに成果が見えずとも、ちょっと気長に様子を見てみてください。
Posted by 英語好き at 2015年05月11日 23:46
こんばんは。
永住の件おめでとうございます。

安倍首相の英語はめちゃくちゃクリアで、いいスピーチですよね。内容への批判ならまだしも、「英語下手」っていうコメントしている方の中で英語出来る方はどれくらいいるんでしょうね。

首相の英語演説で記憶に新しいのは、元民主党員の鳩山由紀夫氏ですが、氏が首相のときもけちょんけちょんにけなす人が沢山いましたよね。彼の英語も、私は民主党全然好きではないですが、悪くないと思いました。
芸能人・政治家は個人的に好きか嫌いかで、バイアスがかかった見方になってしまうんでしょうね。
Posted by Taishi at 2015年05月12日 01:00
Taishiさん、

ありがとうございます!! m(_ _)m

そうですよね。。 聞き手に分かりやすい発音って、実は意外に難しいですし、私も普段音読なんかをしていて、自分の発音が聞きやすいかどうかは常に気にしながら学習しています (聞きやすい発音が実現できているとは言っておりません!! 笑)。 なので、英語のプロでもない安倍首相が、あれだけ安定して分かりやすく発音できていたのはすごいと思いました。 前回の招致スピーチの時なんて奇跡を目の当たりにしている気分で、結構冗談抜きで泣きそうになりましたし (笑)。

ただ、ネットの反安倍派の人たちは本当に自信満々で否定的なコメントをしていたので、自分で聞くまでは、 (前回のオリンピック招致演説は良かったけど) 今回は酷かったのかなーと思ってました (汗)。

おっしゃるとおりで、反安倍派の人は安倍首相が何しても大概全否定するものなんですよね。。 他人の意見を鵜呑みにせず、自分でソースを当たって判断することの大切さ、ですね。

あ、鳩山元首相は私も覚えてます〜。 そういえば、私も発音は上手とはしつつも、 「台本読みすぎ!!!」 と批判してました(汗)。 若気の至りです。。 orz..
Posted by 英語好き at 2015年05月12日 02:15
英語好きさんはじめまして。

1ヶ月ほど前ですが、僕もブログを始めました。ずっと前からファンでありと尊敬してやまない英語好きさんのことをブログで少し言及しています。無断ですみません(._.)

http://graduatestudy.blog.fc2.com/blog-entry-7.html

これからも変わらず応援しています!
断りなしで記事に書いていて、この1ヶ月間どうご挨拶しようと考えていましたが笑、勇気を出してコメントしてみようと思い立ちました。笑

これからも記事に書かせていただくかもしれません。そして、記事を楽しみにしています!

Salah.
Posted by Salah. at 2015年05月12日 13:12
Salah.さん、

はじめまして! ^^ もったいないお言葉です。 恐縮です。 あはは、陰でディスられてるんでもない限り (笑)、名前を出して頂けるのはすごくうれしいです。 ありがとうございます!! m(_ _)m たっま〜に他の方がちらっと触れて下さったりしているのを発見したりすると、ニヤッとしてます。。。(根暗かw)

わざわざのコメントありがとうございます。 Salah.さんも C2目指していらっしゃるんですね! 頑張ってください!! ^^
Posted by 英語好き at 2015年05月12日 23:49
何度もすいません。お返事ありがとうございます。そうですね、Listeningは結果に出てくるまで時間の出る部分だと思います。TOEICは先読みが出来たからLで高得点が取れたのかなとTOEFLを受けてみて思いました。純粋なリスニング力はあんまり上がってなかったのかなと(笑)とりあえず時間はあるのでコツコツ勉強していこうかなと思います。幸運なことに、SpeakingとWritingは大学の教授から個人指導を受けています。少しでも早く100を越えて(出来れば110)院の可能性を残したいなと思います。
Posted by kazu at 2015年05月13日 21:16
kazuさん、

いえいえ!!

確かに、TOEICは 「部分聞き」 で対応できる問題も結構ありますね。 そういう点で、設問が後から出る TOEFLでは、聞いている内容全体をまずしっかりと理解する必要があるのも事実です。 ただ、尋常じゃないほど TOEIC特化している人でもない限りは、スコア相応の実力はありますので、そういうTOEFLライクな内容の話を聞いて、順を追って全体像を理解する、ということに訓練を積めば、大変ながらもなんとかなるようにはなると思います。

100超え、110超えとなるとやはり実力そのものを1〜2段底上げする必要もありますが、ぜひ頑張ってください! またいつでもコメントお待ちしております!! ^^
Posted by 英語好き at 2015年05月14日 01:00
こんにちは!現在英語圏にて交換留学をしている学生です。
留学を始めた直後、勝負の1年にどうやって英語を伸ばそうかと模索していた時にこのブログを見つけて以来、更新がされる度に楽しく読ませて頂いています!本当の英語力とか、日本における英語への間違った認識とか、共感できることがとっても多くて、いつもモチベーション維持に使わせてもらっていました。笑

実は帰国まであと2ヶ月となり、自分の英語力の成長も感じつつ(英語力ばかりが留学ではありませんが)、それでももう一伸び、特にスピーキングについて2ヶ月スパートをかけて行きたいと思っています。今までの勉強法ではシャドーイングを取り入れてこなかったのですが、今回VOAに関するコメントを見て、シャドーイングを集中的にやってみようかと思っています。

シャドーイングはスピーキング強化にもかなり有効だと思っているのですが、
英語好きさんは具体的にどのようなやり方(順番?)でシャドーイング訓練をやっていらっしゃいますか?

一発目からシャドーイングをしてそれを何度も、という感じでしょうか。それとも何度か聞いたり読んだりしてから、完璧なシャドーイングを目指していくという感じですか?


教えてくださると嬉しいです!記事更新も楽しみにしています!
Posted by よーすけ at 2015年05月19日 21:22
よーすけさん、

こんにちは〜 ^^ いつも読んでくださってありがとうございます!!同じ留学中の方に読んで頂けるのは嬉しい限りです m(_ _)m

私自身1年の交換留学の終盤にシャドーイング (例のVOAで) を取り入れて、スピーキングも含め英語力が伸びたと感じました。特に、話す時に使える表現を探すという視点でシャドーイングをしていれば、なお効果が高いと思います。

そうですね〜、シャドーイングを学習に取り入れてすぐの時期だと、初めて聞く素材をいきなりシャドーイングすることは難しいと思います。なので、まずは何度か聞いて細部までしっかり聞き取れているかを確認しておくのがいいかと思います。ただ聞いているだけなのに分からない、と言う部分はシャドーイングしようがありませんので、それはもちろん何度か巻き戻してしっかり確認しておくべきですし。スクリプトが見つかる素材であれば、何度聞いても分からない部分はスクリプトをチェックして、音と文字が一致するようにした上で、自分でもその通りに発音できるようにしておくといいと思います。

ということで、 「無言で集中して聞けば、英語として一言一句理解できている」 ということを確認して、そこからさらに負荷を高めるためにシャドーイングという作業をプラスする感じですね。

ただ、練習を重ねて VOAのシャドーイングに慣れてくれば、初めて聞く回をいきなり普通にシャドーイングできるようにもなります ^^ そうなったら、もちろんいきなりやっても問題ないでしょう。

最近はまだあの英作文のテキストを使ってライティングの練習+音読・リピーティングをやっています(遅っ!!!)。それが終わったら、何か他の素材での勉強を開始して記事にすると思いますので、今後もよろしくお願いします!! m(_ _)m
Posted by 英語好き at 2015年05月19日 22:42
こんばんは。先日初TOEFLの結果が返ってきました。初回+緊張しまくりで絶対に60くらい、もしかしたらそれすら下回るかも・・・と思っていたのですが
R22/L19/S15/W20でtotal76でした。あのザマでこの点数を取れたことに驚きです(笑)逆にあれで76が取れたので100取れそうな気がします。Sが1桁でないことに驚きました。LもWも思ったより良かったです。今後はRとL、Wで点を取ってSをサポートするようにすれば100いけるのかなと思います。初回でこれってどうなんですかね。周りにTOEFLを受けている人が居ないので全然分からないです。

VOAのシャドーイング、やっていますがいや〜普通に難しいです。使われている単語なんかは全く問題内のですが、リエゾンやリダクション、発音がもう酷い(笑)イヤホンを片耳にして録音して聞くを繰り返しているのですが・・・ジャングリッシュ!カタカナっぽさがあるなぁと萎えています。伝われば良いんですけど、やはりネイティブみたいに話したいですね(笑)憧れます。

英語好きさんのコメントや記事を見てモチベーションを上げながら勉強して行こうと思います。更新楽しみにしています!
Posted by kazu at 2015年05月20日 19:42
kazuさん、

おお〜、TOEFLが難しいことを考えると、全然いいじゃないですか!初受験は緊張しますよね〜〜 ^^; 僕もめっちゃ緊張しました。。特に秒単位の勝負のスピーキングで。

僕も実生活ではTOEFL受けている知り合いいないんですよ...(苦)。ネットの学習仲間の皆さんはちょっと一般層とかけ離れている気がしますし..(笑)。でも、調子が出せなかった初回受験で80近いスコアですから、次回まだまだ伸びが期待できますね!

そうなんです、VOAのシャドーイングはきっちりやろうとすればするほど難度は高いですね。なので、「難しい」という感覚は kazuさんが高い精度を求めているからこその感想だと思います。その負荷に慣れることができれば、間違いなくかなりの成果につながります!

発音は僕もネイティブに近い発音にあこがれます〜。 う〜ん、僕は当時もっと酷かった可能性が高いですが(汗)。録音はしていなかったので、勝手にできている気になっていたと思いますが(知らぬが仏的な 笑)。もちろん、録音してちゃんと確認する方が多くの気付きが得られるはずです。自分の声を録音することになれている人って少ないので、最初は何故か精神に来るかも知れませんが..。

確かにネイティブっぽさまで追求していくとできないという点ばかりが気になって、ネガティブな気持ちになるかも知れませんが、私の場合は、毎日少しでも改善ポイントを見つけて改善する努力を続けていければ それで十分という気持ちで練習しています... ^^
Posted by 英語好き at 2015年05月21日 01:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。