2015年04月24日

『思い出のマーニー』 読み終えました。

ようやく読み終わりました〜〜

思い出のマーニー When Marnie Was There


前に日本に一時帰国した時に買ってきていた、ジブリの 『思い出のマーニー』 の原作です。

英語のタイトルが "When Marnie Was There" なんですが、その 「マーニー」 がなかなか登場せず、めんどくさくなって途中一ヶ月ほど放置してました (汗)。

すぐ出てくるものだと思っていたので、

When was Marnie there...?

とか、

Was Marnie there?

とか、一人でツッコミを入れたり。。。 (短気か)

で、60ページぐらい読んだところで、ようやくその 「マーニー」 が登場するんですが、

どうも... 幻覚くさい んですよね... マーニーさん。

主人公の女の子が果てしなく孤独な陰キャラなんですが、

孤独をこじらせて、幻覚が見えるようになったんじゃないの? (半笑い)

っていう目で読んでました (おい)。

以前に読んだまとめサイトの 『精神科Q&Aで打線組んだ』 という記事で "4番" として紹介されていた

"家の中にストーカーがいます"

のエピソードを思い出しました。

まぁ そもそも、私のような男が読むべき本ではないでしょう。。

前回の 『きらきら』 に引き続き、またしても

「なぜこんな本を買ったんだ」 賞 です。

面白さは☆2ぐらいで許してください orz...

また、英語としては平易なはずなのに、なんか読みにくかったですね。。 特に前半。 多分ちょっと古い作品だからだと思いますが、難易度 ☆1ではないと思いました。 ☆2ぐらいで手を打ちましょう。

ということで、☆評価は下のような感じです

難易度: ☆☆★★★ (簡単なようでそこまで簡単でもない TOEIC 900〜)
面白さ: ☆☆★★★ (後半は悪くないですが、前半がだるいです)
単語数: 70,000語

原作を読み終わってからジブリの映画版も観たんですが、ジブリ版のが良かったですね。 設定やキャラクターなどは結構改変されているのですが、私は原作に特に思い入れがなかったので (汗)、むしろイギリスの話を上手く日本の話にまとめたなぁと感心しました。

原作はひたすら静かなストーリーで、アクションがあるような作品でもないので、アニメとして面白くするのは難しいかと思いましたが、そこは流石ジブリですね。

ということで、

ジブリ版 観りゃいいんじゃないでしょうか (ジブリ好きによる暴言)



応援クリックよろしくお願します... m(_ _)m

TOEIC ブログランキングへ


にほんブログ村英語ブログランキングへ

関連記事
● 洋書初心者におすすめの洋書
● ハリー・ポッターシリーズ
● 洋書の難易度評価について
posted by 英語好き at 21:11| Comment(2) | 洋書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「思い出のマーニー」の映画はまだ見ていないのですが、小説(翻訳版)は昨年の夏に読みました。
序盤の退屈さやマーニーの出番の少なさetc...自分もほぼ同じ印象を受けましたね ^^;

たぶん、訳者によっても差があるのだと思いますが、日本語に訳されていても古い感じがしました。
(出版時期は同じ頃ですが)シャーリイ・ジャクスンとか、そこまでの古くささではないのですが。。

>どうも... 幻覚くさい
うーむ、確かに。
でも、自分にとっては非常にタイムリーな話になってしまいましたw
今まさにそんな感じの母親の面倒を見ているので、最近ではもう『要介護』とかネタじゃなくなりましたね(汗

「精神科Q&A」の内容にもまったく驚かないぐらいの知識が付いている自分が怖いw

以前、TIME読解のメルマガを発行されていた方がお父様の不調で長期お休み(現在も...)されていたのですが、今となっては早期の復帰を期待するのが酷であることを痛感しました。

間違いなく自分の時間は無くなりますので(T_T;

余裕が出てきたら今度は原書でも読んでみたいです。

あと、無理やり時間作ってでも英語好きさんのブログは拝読いたしますので、今後とも宜しくお願いします^^
Posted by 文月 at 2015年04月25日 12:04
文月さん、

文月さんも読まれたんですか! そうなんです、序盤の退屈さに苦しみました (苦)。 後半はむしろ良かったのですが。

>どうも... 幻覚くさい
最後まで読みまして、今は一応ちゃんと消化できているのですが、出てきた時は 「これは幽霊か幻覚やな。。」 と思いました。。 日本の昔話なら幽霊に逢瀬の度に生気を抜かれていく系のジャンルだと (笑)。

えっ、そうなんですか。 ご家族の方の体調が悪くなると、普通の生活をすることも大変になりますね。。 お母様の体調良くなることを心よりお祈りしております。 お世話をされている文月さんも、何卒ご自愛ください。

そんな中でブログ見て下さって、ありがとうございます。。m(_ _)m 更新が滞っている時期もあったりしますが (苦)、ブログ自体がなくなったりすることはありませんので、コメント等も、いつでも文月さんの都合が良い時に頂けるだけで嬉しいです ^^
Posted by 英語好き at 2015年04月25日 19:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。