2015年02月15日

一般的な英語試験と大学入試問題の違いについて

ここ数日間、早稲田、慶応、上智大といった有名大の入試英語問題を解いているんですが...、

結構 難しいですねww

純粋に英語運用力を測るテストとはまた違う側面もあって、例えば、論理的にどれが正しいかを考えられないといけない問題とか、注意力や洞察力が問われているような問題とか、あと、 出題者と心をシンクロさせることでしか解けない問題 もあります。

普通の英語運用能力のテスト、例えば、英検1級、 TOEIC、 TOEFL、 IELTS だと、問題は結構 「クリアカット」 なんです。 つまり、解答のための根拠が絶対に文中にあります。

さらに、不正解の選択肢も ちゃんと文の内容を根拠にして否定できたり (大体は)。

なので、そういう普通の英語試験であれば、私が本気で考えれば大抵の問題は、

あっ、分かった!!! これが正解だ!!

っていう確信が持てる瞬間が来ます。

が、大学入試はそうでもないんですよね〜。。。 もしかすると、個人とか、それに近い人数で作ってるからかも知れませんが、なんか、

これ... 「答え」 って言える選択肢なくない...?? (半笑い)

っていうような問題もあるんです。

なので、そういう問題に対して、一般的な英語検定試験のノリで

「おっ、この問題は難しいな。本気考えるか!!」

と思って、ガチの集中力を出して考えても、

........

........

........???

... おえっ

と、根の詰めすぎで吐き気を催すだけで答えは分かりません。

しかも、大手予備校の解答速報も間違えまくり、判定割れまくりっていう (笑)。

予備校によっては、解答速報と言っておいて、よく見たら

“解答例” (意味深)

ってなってますからね。 いやいや、選択肢の問題に 「例」 もくそもないやろwwwと。 なので、どう頑張っても正解を確定できない問題があるというのも周知の事実なんでしょう。

※ 出題者と心をシンクロさせてるとしか思えないような塾もありますが。。

ま、でも、そういう 「解答者しか正解分からんのでは?」 と思うような問題がある一方で、キラリと光る良問もあったりして、正に玉石混交です。

TOEIC のような普通の英語検定だと 良くも悪くも 「無難な問題」 しか出ないですから、そういう意味では、大学入試問題のような 「クオリティのアップダウンの激しさに見出す楽しさ (笑)」 がないかも知れませんね。

あと、RYUさんが一緒に解いて下さってたので、 「悪問」 や 「難問」 でも、同じ問題を解いて、見つけた解答根拠を共有できたり(説明したくなりますよね 笑)、 「いやいやww この問題は正解存在しないですよねww」 みたいな問題作成者への怒りをネタに話をしたりしてたのが楽しかったです。

さて、今週から3月の頭まで日本に里帰りしまして、その間インターネットに接続できません。。。 orz..

なので、残念ながら、早慶の残りの学部の問題をリアルタイムで解くことができないのですが、また帰って来てからでも ちょびちょびでも挑戦しようと思います!!

応援クリック、お願いします! m(_ _)m

TOEIC ブログランキングへ


英語ブログランキングへ

関連記事
● 私の持っている英語資格
● センター英語 2015 解きました。
● 慶應大学経済学部 英語(2月13日実施分) 私の解答

posted by 英語好き at 10:20| Comment(6) | 英語について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
慶応の2013年の総合政策、大門Uはここ十年くらいでかなり難しかったと思います。明らかに受験レベルを超越した内容になっていると思います。
河合塾のサイトから三月いっぱいまで閲覧できると思われますのでぜひ解いてみてください。
Posted by ..... at 2015年02月15日 13:04
お疲れ様でした〜
一緒に解いていただいて楽しかったです!

まあTOEICでもたまに正解2つありましたとか、IELTSでもこの前の問題みたいに悪問っぽいのもたまにありますが、早慶上智(特に早稲田)は明らかに多すぎですね

あと解答例は僕も前から同じこと思ってました〜笑

あとはやっぱこの前のappleみたいな、これ受験問題で出す意味ないだろ〜みたいなのもちょくちょくありますね(僕も問題見てみましたがあれはネイティブかそれと同レベルじゃないと無理ですね・・・)

上にコメントしてる方がおっしゃってる問題は、もう長文自体が受験問題に向いてないですね笑
あれ話が専門的すぎて絶対日本語で読んでも難しいですよ笑
英語好きさんにも3月になってから僕も解いてほしいです〜(ちなみに僕は23/30でしたが、そのうち内容一致5ミスでした汗)
Posted by RYU at 2015年02月15日 17:49
いつも楽しく拝見してます!
僕もこんなに語学力が高ければと良く考えてしまいます。
英検準一級から地道に頑張ります(笑)
Posted by ばむせ at 2015年02月15日 18:50
.....さん、

そうなんですか! いやー、最近解いたような私立トップ大学の入試問題は正直どれも超高校級だと思いますが。。。 ^^;

帰ってきたらぜひ解いてみます!
Posted by 英語好き at 2015年02月15日 20:30
RYUさん、

TOEICでも、まあ〜、ありますね (笑)。最終的には怪しい問題は大体ノーカウントにはなってますが ^^;

あ、「解答例」は、やっぱりそう思うもんですよね!!(笑) あ、そうそう、慶應経済の増田塾の解答ごらんになりましたか? 僕めっちゃ不満あるんですが。。。 orz... 2番とか23番とか、あれでも最終的に多数決で正解不正解の判断を下されてしまうのは辛いですね。。 "ratio of 〜 per〜" の使い方とか、ネットでも見れば正しいのはどっちか分かるはずなのに。。 出題者である大学が本当の正解を発表してほしいですよ.. 多数決はひどいっす...(涙)。 そう考えたら民主主義ってダメですね(何の話やねんww)

appleは、僕アナグラムの可能性とか、体の部位が入ってるとか、頭にsをつけても別の単語として成立するグループとか、色々考えたんですよ〜。 そしたら、結局あの仕打ちですからね。。

わぁもうRYUさんの正解数を聞いただけで不適当な問題だったことは分かりますけどwww 了解です!解きます!! ^^
Posted by 英語好き at 2015年02月15日 20:47
ぱむせさん、

嬉しいです!!めっちゃありがとうございます!! m(_ _)m

言語になると誰もが生涯一学習者という側面があると思います。 私もぜひ一緒に頑張ります! ^^ よろしくお願いします!!
Posted by 英語好き at 2015年02月15日 20:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。