2015年02月12日

英検1級1次試験の得点とその他試験の比較


さてさて、 更新の鬼 と化しております。

わしゃ 職業ブロガーかっていう感じですね (笑)。

先ほどコメント欄にて、英検1級1次試験の得点帯と他の試験の比較みたいなものを作ってみてもらえませんか、というリクエストを頂いたので、ちょっと作ってみました。。。

が、英検のことをよく分かってるとも言えないので、特に確信がある訳でもなく (おい)、まぁ、でも、面白そうなので叩き台的なものとして見てみてください。。

英検1級1次試験の得点とその他試験の比較
============================================
110点台 ⇒ C2 レベル (TOEFL iBT 116+ / IELTS 8.5+)
100点台 ⇒ C1/C2 ボーダーライン (TOEFL iBT 100+ / IELTS 8.0)
合格〜90点台 ⇒ C1 レベル (TOEFL 89+ / IELTS 7.0-7.5)
============================================

すんごい適当ですが(汗)、こんな感じでどうでしょう。。。

Eikenist に厳しすぎですかね? ^^;

皆さまのご意見、大歓迎です。。。 m(_ _)m

ところで、なぜか 英検1級1次の点数と TOEFL iBTのスコアって、相関性が高いような感じもしますね。 もちろん、満点が 113点 と 120点 で違っていますし、英検の一次にはスピーキングがないので、そんな訳もないと思うんですが。。。

もしかして、日本人にとっては TOEFL iBT の S での20点台後半が取れないがために、実質の TOEFL スコアの上限が、英検の満点である “113点付近” になってるのかも知れませんね (汗)。

応援クリックお願いします!! m(_ _)m

TOEIC ブログランキングへ


にほんブログ村 英語試験ランキングへ

関連記事
● 私の持っている英語資格
● 英検1級の問題解きました 2014年度第3回
● 英検1級 今回の問題の語彙について

posted by 英語好き at 23:37| Comment(5) | 英検について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんなに素早く作ってくださってありがとうございます!!

いやー、やはり85点以上無いと比較にもなりませんか...笑 
僕は78点だったので。語彙が12点でお話にならないんですよ。

まぁこれは英語力というよりもただの努力不足ですから、
努力したらC1レベルならいけるかな...?

あと、僕も英検1級とTOEFLには相関性があると思ってます。
100点満点のスピーキングを10点満点に圧縮して筆記試験に足したら、
123点満点の英検が完成して、よりTOEFLと関連させやすいと思ったのですが、どうでしょう?笑

貧乏学生にはIELTSとTOEFLの受験はそう簡単ではないので笑、
これからも英検1級で自分の実力を測り続けたいと思ってるところです。
2次試験終わったら、また報告にきますね。
Posted by ひかる at 2015年02月13日 01:34
はじめまして!
何年も前から読ませてもらっています!
一度聞きたかったんですが、英語力だけでなく日本語力も無茶苦茶高いと思うのですが、何者なのでしょうか(((^^;)

今回の記事も興味深かったですー!
一月に受けた英検一級とTOEFLのライティングが同じ18点だったので相関あるかなーと思っていたのですが、なるほど、豪快に総得点に相関ありですか。
私のような超低レベルにも当てはまっています。

TOEFLは出来るようになれば面白いだろうし、対策で英語力が伸びるというのは完全に同意ですが、ちょっと今の自分には試験の負荷が高すぎるので、まず英検で自分の力を確認していこうと思っていたところです。
英検の素点も良い目標になりますね!
Posted by JIN at 2015年02月13日 11:09
連投失礼いたします。

今すごいことに気づきました。
英検1級の筆記試験113点から、TOEFLやIELTSにはない語彙25点をひくと、88点になりますよね。
そこに、2次試験のスピーキング100点を3で割った点数(33点)を足すと、
121点(限りなくTOEFL満点に近い)になるのです!笑

121点満点の英検1級
Listening 34点
Reading 26点
Writing 28点
Speaking 33点

これでだいぶセクション間のバランスがとれて、
TOEFLとの関連性が高まった感じがするのは気のせいでしょうか。
他の方のブログを見てても、何となくそんな感じがします。

少なくともスピーキングを10点に圧縮、なんて無茶な方法よりは改善した気がします笑
(昨日初コメントなのに、いきなりコメントしまくってすみません)
Posted by ひかる at 2015年02月13日 11:21
ひかるさん、

コメありがとうございます〜 m(_ _)m

あっ、しまった(汗)。 そうか毎回の問題の難易度が違いますよね。 根本的なことをいくつも見落としてました。 今回の一次試験は難しかったんですよ。 私も公開された問題を自分で解いて そう思いました。 で、なぜか85点以上にしてしまったのですが、これはもう 「合格点以上」 にした方がいいですね ^^; 合格したら C1 で。

私は英検1級合格当時は語彙11点でしたよw 最終的に合格点取れれば、合格は合格ですよ ^^; で、純粋に英検1級合格で満足ならそれはそれでいいでしょうし、 「なんだ、英検1級って、こんな程度だったのか」 と思って、目標を再設定して努力を続ける道を選ぶも自由ですし。 ネットではなぜか後者が異常に多いですが (笑)。

さらに、スピーキングを入れてないのは大雑把すぎでした(笑)。

二つ目のコメントで書いて下さっている 「まず TOEFL にない語彙セクションを抜いて、かつ、出来るだけ素点をいじらないようにはしつつも、各セクションの比率をなるべく TOEFL に近づける」 というアイデアは、かなり洗練されてますね。。 それが現状ベストだと思います!

ですよね〜 TOEFL&IELTSは高すぎですね。。。 英検で代用はいいアイデアだと思います。 上記2試験と比べると、英検はライティングとスピーキングのスコアリングがやや甘いかも知れませんが、問題自体は非常に良いものなので、単なる高得点に満足せず、自分でもっと上のレベルの解答を目指して勉強していれば、TOEFL/IELTSと同じく素晴らしい学習機会になると思います。
Posted by 英語好き at 2015年02月13日 11:55
JINさん、

はじめまして〜 ^^ いつも見て下さってありがとうございます〜 m(_ _)m

日本語力は高くないですよ...(汗)。 英語を勉強するようになってからは英語の小説は読んだりしますが、日本語は元々全然本も読まないですし(苦)。 僕ですか!? 僕は普通の日本人ですよ ^^;; プロフィールに書いてある感じですが、高校まではほんと英語嫌いで全く勉強したことなかったですが、受験もせずに一浪することを決めてから、突然興味を持って独学を始めました。それで、ほぼゼロから英検2級レベルになりました。 大学は偏差値50ぐらいの大学です。 大学の交換留学に参加するためにさらに勉強して TOEIC 820点を取るぐらいになって、一年の交換留学を終えて TOEIC 950+ と英検1級合格。 で、そこからは洋書を読んだり。。今は正規留学で英語圏におります。 なので、まだ学生です (笑)。

総得点に相関ありは豪快でしょう? (笑)。 冗談にしておいて下さい (笑)。 確かに TOEFL はがっつりアカデミックですからね〜。。正規留学する人とかにとっては まぁ relevant ですが、やっぱり英検の方が汎用性は高いと思います。
Posted by 英語好き at 2015年02月13日 12:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。