2015年02月07日

TIME 2月9日号

さてさて、やってきました 「TIME を読む」 のコーナーです。

一体この発言に、

「いやいやwww 堂々とパクんなwwwww」

とツッコミを入れてくれる日本人が何人いるんでしょう。。

「TIME を読む ぞ」 とかにしましょうかね。。。?

さて、毎週 (でもないか) TIME を一人で読んでは、内容や写真に

一人でツッコミを入れて、一人で笑ったりする

コーナーです。

一体誰が読んでくれているのか。

ま、ただの学習記録ですから、淡々といきましょう (おい)。

今週は 2月9日号でございます

Time Asia [US] February 9 2015 (単号)


いつもは最後のコラムを書いているおっちゃんが、メイン記事を書いている珍しい号です。

で、この号は 30ページ読みまして。。。

1000ページ達成まで、あと 140ページ!!! (5冊ぐらい!)

カウントダウンっぽくなってきましたね。。 (やっと)

では、今週のコメントとか解説とかです〜 ↓

=================================================

P4 Conversation

今週の投書欄は錦織の記事への反応もあります。

IMAG0180.jpg

三つ目の投書は 「最近の TIME はスターやら歌手やらスポーツ選手の話ばっかり!」 という内容ですが、最後 Where is the meat? っていうのは面白い表現ですね。 meat は “要点” とか “本質” とかいう意味があって、ここでは 「時事情報誌として一番肝心なはずのネタはどこさ?」 っていう感じの意味ですね。

五つ目の投書の Would Israel now have peace with Syria, had it signed a treaty with Bashar Assad's regime? というのは、倒置ですね。 Would Israel now have peace with Syria, if it had signed a treaty with Bashar Assad's regime? が元の形ですね。 アサド政権と平和協定を結んでいたら、今頃イスラエルはシリアと平和状態にあったのだろうか?です。

P5 Briefing

ハリポタのハーマイオニーこと、エマ・ワトソンが 『美女と野獣』 の美女(ベル)役に選ばれたというニュース。 嬉しいですね〜〜♪

Emma Watson as Bella.png

右下 “consecration (司教の叙階)” という単語が使われてます。 今回の英検1級の語彙問題セクションで、僕が 「こんな単語見たこともなかったですww」 とか言ってた単語ですね (苦)。 早速 TIME が使ってくれました。

P6-7 LightBox

タイトルの “Tea-à-tête” って、 “tête-à-tête” (head-to-head ⇒ face-to-face) っていうフランス語由来のフレーズをもじってるんでしょうか。元のフレーズは、 「プライベートに、頭をつき合わせてじっくり話し合う」 という意味ですが、インド首相とチャイティーでも飲みながら、だから tea にしてるんでしょうかね (適当 笑)。 もしかしたら、モディさんのお父さんが昔お茶売りで、モディさんも小さい時にそれを手伝っていたという経歴を踏まえてなのかもしれないですね。

P13 Milestones

Earnie Banks という野球選手の訃報ですが、 as great as he was, he never got to play in a postseason game. の as ~ as 構文はもう何度か解説していますね。

それよりも野球を知らない私にとっては、 "... although his arm was so-so at shortstop, he'd always get you out." の 「ショートストップ」 がどこなのか分かりませんでしたね (笑)。 ここでした

shortstop.png

なんだこの中途半端な位置。。。(← 分かってない人の発言)。 肩がそんなに強い方ではなかったが、それでもいつもアウトを取っていた、って言うことでしょう。

彼のニックネーム "Mr. Cub" は、多分生涯シカゴカブスの選手だったからでしょう。

真ん中の列 SkyMall というフライト中に読めるカタログ通販をやっている会社が倒産したとのニュース。 あー、あの、変な製品が多いことで有名なカタログですね(笑)。 SkyMall で検索すると、下みたいな製品がいっぱい出てきます。

SkyMall.png

右側 Vince Camuto という方の訃報。a gateway drug という表現に出会うのは人生二度目です。 文脈で見るとこういうのは一回で覚えられますね。 ちなみに、前回は去年 4月7日号の TIME でした (こちら)。 あ、そういえば、その号もインドの選挙の話題でモディさん出てましたね〜。

Carrie Bradshaw が 「靴中毒の代表 (笑)」 として出ていますね。 私は誰か知りませんでしたが、後ろの Sharing Economy の記事で出てきてくれたので、調べるまでもありませんでした。 P29右上、ドラマ "Sex and the City" の主人公ですか。 なるほど。

"The devil may wear Prada, but most of us are happy wearing Camuto." という締めが良い感じですね。

P14-15 Down and Out in Davos

ダボス会議のレポートです。

P14の最後の方、 "Economic growth is basically a function of the number of workers and their productivity." という部分。 この function は 「関数」 という意味ですね。 ていうか、「世界的には労働者人口が減って行っている」 ということにびっくりしました。 そうなの??

P15の左側にある "leaning in" というフレーズが気になって調べたのですが、下のような本がベストセラーになってることを知りました。

LEAN IN (リーン・イン) 女性、仕事、リーダーへの意欲


このシェリル・サンドバーグさんという人は、現フェイスブック COO だそうで、"lean in" というのは、女性に対しての 「勇気を出して身を乗り出そう」 というメッセージだそうです。 ただ、この記事中では、女性の意思云々よりも、女性の社会進出をサポートする家庭を作ることの方が大事とのこと。

なんかこの号では "enabler" (ある事柄を可能にする人、物) っていう言葉がよく使われてますね。なんか、流行でしょうか。

P22-25 Data Mine

Data Mine.png

ソクラテスの "The unexamined life is not worth living." という言葉が引用されています。 普通は 『吟味されざる生に、生きる価値なし』 というような意味ですが、ここでは "unexamined (内省のない)" という語を 「最新のウェアラブル機器やアプリを使って、生活の色々な要素を測定・精査することなしの」 とかけてるんですね。

a data point / data points の "point" は 「項目」 の意味。

P25 タイトルが "Data Mine" になっている理由は記事を読むと分かりますが、最後の辺りの "The real winner may be not the company that makes the best device but the one that can produce a meaningful signal out of the noise of personal data." というのがウェアラブルデバイスの開発企業にとってのデータマイニングの重要性を強調しています。 最終的に勝つのは、最良のデバイスを作ったメーカーではなく、 「個人のデータ」 から 「価値のある情報を抽出するデータマイニング」 に長けたメーカーになるのかも知れない、ということです。

P26-33 My Wild Ride Through The New On-demand Economy

このライターのおっちゃんのいつもの 「らしさ」 も感じられて、個人的には満足の記事でした。 "My lovely wife Cassandra" も登場してますし (笑)。

Baby You Can Drive My Car re.png

Airbnb (個人での部屋のレンタルアプリ) とか Lyft (個人タクシーアプリ) とか TaskRabbit (個別の仕事の売り買いアプリ) とかいうアプリがあることすら知らなかったので、読んでいて色々と発見がありました。 最近はそんなサービスがあるんですねぇ〜。 特に使いたくはないですが... ^^;

P28 左側 Hertz はアメリカの大手レンタカー会社ですね。

P28 右下の方 "They figured out a way to move from a no model to a yes model." というのは、その続きを読むと分かります。 昔はライセンス制とかで 「とりあえず素人の参入は不可 (No)」 というシステムだった訳ですが、eBay なんかでポピュラーになってきた 「双方向のレーティング制」 などのシステムを上手く利用することによって、 「とりあえず 誰でも参入可 (Yes)」 のモデルになった、ということですね。

P29 左下あたり After that, all my passengers were great. から始まる段落の "I found out what it's like to be a popular morning-radio DJ in Dubai (not that great)." というのは、元ドバイでラジオDJ だった人をお客さんとして車に乗せて話を聞いたということですね。 で、まぁ、"to be a popular morning-radio DJ in Dubai" はそんなに良いものでもないみたいだということが分かったということです。 つまり、 (not that great) と。

"wax dab" っていうのは、植物から抽出した麻薬的な何かですね (笑)。

P29 左下 "and talked a recent USC grad out of going to law school" の部分。 "talk someone out of doing something" で 「話をして何かをするのを止めさせる」 っていう意味ですね。 ロースクールに行こうとしている USC (南カリフォルニア大) の卒業生と話をして 考えを変えておいた、ということですね。

P29 真ん中の列の最初 Soon after, my corporation learned – partly through the sharing economy and partly because it is moving to another house – that it owns a lot of stuff it doesn’t use. の my corporation はこの人自身のことです。 partly through the sharing economy というのは、 一緒に暮らしている奥さんからの 「物が多すぎる」 という直接の指摘で、 partly because it is moving to another house っていうのが家の引越しですかね。 それらを通して、自分の所有物が多すぎることを知ったということでしょうか。

P29 真ん中の列の下の方、 "The future we're excited about is where fewer Patagonia jackets get made and more people have Patagonia jackets..." の部分。 この Yerdle という 「物々交換アプリ」 が一般的になることによって、まず Patagonia と言うブランドの服を買った人で、もうその服が要らなくなった人が、このアプリを使って他の人に譲るとします。そうすると、一着あたりの 「のべ所有者数」 が増えます。 あとはこの Patagonia というメーカーは、売れなかったジャケットを Yerdle アプリに流してるんですね。 だから、同じ生産量でも、そういうことをすることによって所有者が増えるという (無駄の少ない) 社会になるということですね。

P29に出てくる "The Mesh: Why the Future of Business Is Sharing" という本が紹介されています。 私はこの記事のテーマである “The Sharing Economy” という概念自体を知りませんでしたが、もうアメリカでは結構一般的な話なんですかね。

P30最初 "I would just be pushing buttons on my phone and **** would happen in my life." の "****" には特にネガティブな意味はなく、単に "it" ぐらいの感じですね。

P30の "Walden" は、ヘンリー・デイヴィッド・ソローというアメリカの作家の書いた本です

Walden (English Edition)


ウォールデン池近くの森に丸太小屋を建てて、2年以上 自給自足の生活を送ったそうで、この本はその時の記録をまとめたものとのこと。 へえー。 引用部分の "I would rather sit in the open air, for no dust gathers on the grass. Man is rich in proportion to the amount of things he can leave alone." というのは一般的な認識とは逆ですが、同意できる部分もありますね。 ま、ホコリがたまっても 本とかテキストは欲しいですけど。。

P30 左側 "more hippies than hip" は、その続きに書いてある彼らの起業理念 (理想?) を読むと、ピンと来ると思います。 "hip (流行の最先端の)" というよりは、 "hippie (ヒッピー的な)" 人たちだということですね。 シリコンバレー企業の創立者として、流行の最先端を行くような人たちだと思いきや、なんか言ってることがヒッピー的だということですね。 僕 「ヒッピー」 の概念がよく分かってないですが、とりあえず 「愛と平和」 とかを理想に掲げてるような人たちのことでしょう(適当 笑)。

P30 左下 "But it doesn't hurt that amateur drivers are surprisingly pleasant." 以降の部分。 アマチュアの運転手も意外にいい感じだということもこれらアプリの成功の一助となっている、ということですね。 どれだけしっかりとトレーニングを積んだ接客業のプロであっても、お客さんと直接面と向かって対応する時には一層親切さが増すということですね。 で、それはお客さんの側も同じである... と話が続きます。

P31 右側の 「やっぱり人間的な要素が大事」 っていう話で、 I helpfully explained what the P, D, N and R mean on the automatic shifter. っていうのを読んで、「いや、それは明らかに爆弾顧客でしょwww」 と思ったら、案の定でしたね (笑)。

P32 左側、事故を起こした後でその美人イタリア女性が送ってきた携帯メール内容ですが、 "OK, they said this" の they はアプリ会社側の保険の人たちですかね。 "every think" は everything の打ち間違いです。

P32 真ん中の列にある regs は regulations の略。

P33 左下の 401(k)s は投資型年金みたいなもんですかね。

P33 右側の 1099 は 「雑収入」 のカテゴリーを指す番号のことですね。

P34-38 The Next Best Thing To A Cure

The Next Best Thing To A Cure.png

P37 goldfish crackers っていうのは、こういうのですね

goldfish crackers.jpg

ああ、おっとっと か (違)。

アマゾンでも見つけました (笑)


P38 左側 "THE FINAL PUSH" は、この装置の実用化に向けた 「最後の一押し」 という意味と、さらに、現状の機器では血糖値が異常値になった際にはアラームが鳴るだけで、患者が手動でインシュリン (or glucagon) の投与スイッチを押さないといけないですが、それを踏まえてのタイトルかも知れませんね。 これが完成すれば、もう自分でボタンを押す必要がなくなる、っていう。

P38 右端の "I think almost everyone would agree that a cure is a medicine or therapy [a patient] could get on Day One or Two and be done..." の部分。 患者が診断を受けたその日 (Day One) とか次の日 (Day Two) にはすぐに治療を受けて、はい、それで完治 (and be done)、というようなものが本当の意味での "cure" である、ということですね。

まだ復習もこれからなので、これからもちょいちょい書き足したりします〜〜

=================================================

質問などがありましたら、万が一私が分かることでしたら答えさせて頂きます。。

分からないことであれば、えー。。 私も一緒に考えます(汗)

応援クリックお願いします... m(_ _)m

TOEIC ブログランキングへ


英語ブログランキングへ

関連記事
● 私の持っている英語資格
● TIME の読み方を変えてみました。
● 単語学習をしない私がどうやって単語を学習しているのか

posted by 英語好き at 14:24| Comment(10) | TIMEを読む | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
TIMEとは関係ないんですが、BBCやCNNのニュースは、何%くらい聴き取れますか?気が向いたらおしえて下さい。
Posted by winterstorm at 2015年02月07日 18:04
winterstormさん、

こんにちは〜 ^^ えーっと、、家にテレビがなく、また、インターネットも回線がダメすぎて動画が観れない状況でして、そのため普段一切英語のニュースを見たり聞いたりすることがないので分からないのですが、内容やキャスターによってブレるとは思います。

もしよろしければ、何か一つでもネットで観られるニュースのビデオをサンプルとして提示して頂けたら、動画が観れる環境に行った時に観てみますよ ^^
Posted by 英語好き at 2015年02月07日 18:34
どうも失礼しました。
私の場合、パソコンの代わりにiPadを使っているので、english radioという無料アプリでBBCが聴けたりします。
英語ニュースではないんですが、youtubeにあるSHERLOCK how he faked his deathという5分くらいのものがあります。私は20%くらいならわかるのですが、英語好きさんも、もしよかったら聴いてみて下さい。
Posted by winterstorm at 2015年02月08日 09:46
winterstormさん、

いえいえ、こちらこそお手間かけてすみません ^^;

SHERLOCK - How He Faked His Death - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=J0Hu2BSHiAg

これですね。 5分ぐらいということで、観てみました。これだと8〜9割ですね。シャーロックホームズは観てないのですが、このビデオは一貫した説明のためのビデオなので分かりやすいです。 ただ、イギリス英語に慣れてない人はかなりキツいと思います。
Posted by 英語好き at 2015年02月08日 11:59
聴いてくださってありがとうございます。
さすが英語好きさんですね。おそらく私の聴いているBBCのニュースは英語好きさんなら、ほぼ完全にわかると思います。本当はTIMEの質問をしたかったのですが、読んでいない洋書がたくさんあるので、TIMEを買えない状態なのです。でもこのコーナーは結構好きなので、続けてもらえると嬉しいです。
Posted by winterstorm at 2015年02月09日 15:37
winterstormさん、

いえいえ〜 ^^ あ〜、洋書もいいですよね〜。 TIME は読んでる人同士の交流が少ないんですよ〜。 「○○ページ読んだ」 的なポストはちらちら目にするので、読んでる方はいらっしゃると思うんですが、もっと TOEIC みたいに活発に毎週の TIME の内容や英語について交流ができると、結構楽しく学習できる素材だと思うんですが...

なので、記事でも書いてますが、毎回 「一体誰が読んでるんだろう。。。」と思います(笑)。 でも、そういう言葉をかけて下さる方がたまにいらっしゃって、嬉しいです ^^ 私自身も手探りで読んでいる状態ですが、こんな自分でもできる限り発信させて頂きます。。 m(_ _)m
Posted by 英語好き at 2015年02月09日 22:52
すいません風邪で大変だということも知らずに半ば強引に解くことお願いしてしまいまして汗
Posted by RYU at 2015年02月09日 23:26
RYUさん、

いえいえいえ、全然強引どころか、RYUさんが楽しそうに解いてらっしゃるので、私も解きたいと思っているだけですよ〜。他大学の問題の記事も楽しみにしてます! ^^
Posted by 英語好き at 2015年02月09日 23:55
ここを見て影響されてTIME読み始めました。読むのに時間がかかって、非効率的な気がしてつらいです。また勉強させてください(;O;)
Posted by ぺろ at 2015年02月24日 23:04
ぺろさん、

コメありがとうございます〜〜 m(_ _)m

TIMEは英語レベル的には英検1級語彙読解満点レベルなので、日本人の英語学習者にとって相当難しいのは間違いありません。私も、例えば英検1級合格当時に手を出していたとしたら、難しすぎるわテーマも興味ないわで継続的に読む気はまず起こらなかったと思います。特に定期購読するとなるともう完全に英検超級レベルですね ^^;

なので、もしあまりに時間がかかり過ぎて面白くないという感じでしたら、TIMEを無理に続けるよりも自分の情熱が湧き上がるような素材、または、自分の現在の力の 「一歩」 先の教材を使うのがむしろ近道です。

はい!!一緒に頑張りましょう!
Posted by 英語好き at 2015年03月05日 10:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。