2015年02月06日

上智大学の入試問題を解いてみました〜

2月9日実施分の解答 はこちら ⇒ 『上智大学 2月9日実施 英語 (解答)』


大学入試英語ソムリエぴかぴか(新しい)RYUさんがブログで紹介されていた、

日本の英語最高峰との呼び声も高い (と言うと contentious ですかね? 笑)

「上智大」の入試問題 (英語) にチャレンジしてみました!!

上智大.jpg

RYUさんが紹介されていた代々木ゼミナールのサイトからダウンロードしました。
http://sokuho.yozemi.ac.jp/mondaitokaitou/index.html

解いたのは、2月4日に実施された 「神・総合人間科・経済・外国語」 の分です。

=================================================

ネタばれしておりますので、

後で解きたい方は解いた後でご覧下さい。。。 m(_ _)m


=================================================

結果は、

大問1: 9 / 10 (6番ミス)
大問2: 9 / 10 (13番ミス)
大問3: 10 / 10
大問4: 10 / 10
大問5: 10 / 10
大問6: 10 / 10
大問7: 5 / 5
大問8: 10 / 10

合計:73 / 75 (所要時間:79分)

という感じでした。 満点は無理でした(苦)。

前半は面倒な感じがあったんですが、後半の がーっと一気読みして、がーっと解けるタイプの問題になってくると、内容の面白さに引き込まれるものが多くて、楽しかったです ^^

量はかなり多いですね。

センターは軽いので万人がチャレンジしやすいですが、これはちょっと軽い気持ちで解き始めると途中で止めたくなるかも知れません (笑)。

79分で解いたんですが、これ、テスト時間 90分なんですか。。

これを 90分で解く高校生って、どんな化けもんや!?ですよ ^^;

えーっと、じゃあ、大問ごとのコメントを。。。

=================================================

大問1の間違えた問題はですねぇ〜、最初は正解の選択肢を選んでたんですが、その続きを読んで変えちゃいましたね〜。 これ、なんでダメなんだろう…(苦)

大問2の間違えたのは、んー、よく分かんない (テヘペロ

大問3の間違い探しは、何か落とし穴があるんじゃないかなぁ〜〜、と思いながらは解いてたんですが、全部合ってて嬉しいです。 間違い探し好きなので。

大問4は素直な問題ばっかりじゃないですかね。

大問5あたりから面白くなりましたね。 カコノミクス。 バイトとかでやたら意識高い人が周りから煙たがられる現象を説明する原理ですね (笑)。 「ベストセラー作家の作品が低品質」 みたいな例え話ではダン・ブラウンを思い浮かべてました。 もうそろそろあの人の本に飛びつくのは止めようかなと。

大問6も面白かったです。

大問8はショーシャンクの空からの出題。 短いのに何か心に響くものがありました。 入試問題として良いのかどうかは分かりませんが、僕的には良かったです。

=================================================

私は入試問題と言えば、センター英語くらいしか解いたことなかったので、

この上智大の入試問題が初ですね!! (だから何なんだ 笑)

質的にも量的にもセンター英語よりヘビーでしたが、その分 内容に深みがありました ^^

今後もたまには気分転換にチャレンジしようと思います。

応援クリックお願いします!! m(_ _)m < 右のランキング下のボタンでも投票できます!

TOEIC ブログランキングへ


にほんブログ村 英語試験ランキングへ

関連記事
● 私の持っている英語資格
● センター英語 2015 解きました。
● 上智大学 2月9日実施 英語 (解答)

posted by 英語好き at 16:46| Comment(6) | 大学入試英語 (センター以外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初コメ失礼します。
上智の問題ってかなり時間的にタイトですよね...
あの問題を2ミスってすごいです!
国立だと京都府立医科が難しいです!(問題の入手が困難ですが...)
英作文で「定年の引き上げと年金支給額の引き下げが起こす経済的な影響について200時程度で述べよ」と問われ、知らんがなとつっこみたくなります。
Posted by アベレ at 2015年02月07日 01:03
アベレさん、

コメントありがとうございます ^^

ですね! 制限時間タイトです!! 時間制限を知らずに解いてたんですが、終わってから調べてびっくりしました。100分とか120分とかぐらいはあるのかと思ってました。私は英語が好きで長々と勉強しているので取れますが、こんな問題を90分で解く高校生がいることにびっくりです。

英作文アリの問題になるとさらにヘビーですね。そもそも私は高校英語で英語を書いた記憶がないんですが(汗)、練習はほぼ各自でやるしかないですよね〜。年金やら経済やらの問題も英検1級レベルですし、すごいです。。
Posted by 英語好き at 2015年02月07日 01:16
上智大の入試英語って最高峰なんですね〜。そういえばICUと上智の問題は解いたことないですけど難しいと聞いたことがあります。てか、それでもほぼほぼ満点じゃないですか!!笑
私は受験生時代は京大の入試問題が、やたらと他の大学と気色が違うので難しいな〜というイメージがありました(英訳大問二題と和訳大問一題のみ)。
が、今になって見返してみると、昔より語彙力があるせいか、そんなに難しくないように感じました。
受験生は語彙力が少ないのに頭を使って文脈から意味をつかんで和訳したり、日本語独特の表現を、意味だけ抽出して、手持ちの簡易な
英語で表現するテクニックを問われてる感じですね。
東大の問題は、英語を材料にしたパズルクイズみたいな感じですね。大学入試もなかなか面白いですね!今度上智の問題見てみます。
Posted by pumping at 2015年02月07日 04:13
受験英語はIELTSやTOEICなどとも違っていて面白そうですね。大学毎にも特徴があるみたいですし。
ただ、英語好きさんくらいになると、非ネイティブ用の試験では満点かそれに近くなってしまうので、GREのVerbalやAnalyticalに挑戦してみてはいかがでしょうか。
Posted by あい at 2015年02月07日 12:38
pumpingさん、

コメントありがとうございます! ^^

あっ、すみません、僕の 「上智が最高峰!」 のイメージは、昔見たことのある 「大学毎のTOEIC平均点」 のせいで、入試問題の難易度ではないんです(汗)。 僕はほんとに入試について全然知らないので、適当に流しておいてください〜 m(_ _;)m

RYUさんがすごく詳しいのですが、RYUさんがおっしゃるには、上智は時間制限的にはレベルが高いようなのですが、問題の難しさでは早稲田や慶応の方が上とのことです〜。もちろん、国立なんかで英作文問題が含まれる大学はまた違う難しさもあると思いますし ^^

あ〜〜、 「京大が最難関」 という噂も聞いたことがあります! 英作文の採点はできないですが、今度チャレンジしてみます!!

そうですね〜、現役受験生が一体どうやってこんな問題に立ち向かうのか、私のような受験をまともにやらなかった人間からするとほんとにワケワカメです。 おっしゃるとおり、頭の中で 「和文和訳からの英作文」 というようなプロセスをやってるんでしょうね〜〜。

ぜひ解かれた際には感想も教えてください〜 ^^
Posted by 英語好き at 2015年02月07日 13:08
あいさん、

コメントありがとうございます... m(_ _)m

確かに IELTS/TOEFL/TOEIC は (大学受験と比べると) 純粋に英語運用力を試している印象があるのですが、大学受験問題は英語の運用力だけで対処することを想定していない感じがしますね。

GREは、、MBAのためのテストとかでしたっけ?Analyticalとかいう名前からして難しそうですね(苦)。TOEFL達成したら検討いたします。。。 m(_ _)m
Posted by 英語好き at 2015年02月07日 13:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。