2015年01月29日

TIME 2月2日号

今週号 読み終わりました〜

Time Asia [US] February 2 2015 (単号)


今週は 28ページ読んだので、

1000ページ達成まで、残り170ページ。 (残り6冊ほど)

さてさて、今週号の解説とコメントを。。。

=================================================

P2 Conversation

if not for = if it had not been for ですね。

一番最後の投書の because it treats as equal two very different ideological systems っていう部分が一瞬どこで切れてるのか分からなくなりました。 two very different ideological systems という長めの名詞句が後ろに来ています。 二つの大きく異なる観念体系を同じように扱っている、っていうことですね。

P6-7 LightBox

カポエラかっこいいですね (小並感)。

P9 World: The Next Step in U.S.-India Relations

Trade のところの、 the leaders will build on an agreement to boost bilateral trade from around $100 billion to $500 billion over several years by discussing how U.S. companies might more easily invest in India. の部分ですが、これ、 (an agreement to boost bilateral trade from around $100 billion to $500 billion over several years) がまとまりですね。 これを build on しようっていう話です。 長い。

P11 Something Ventured

タイトルの "Something Ventured" は、 "Nothing ventured, nothing gained." (虎穴に入らずんば、虎子を得ず) という言い回しを踏まえたものになっています。 リスクはとられている、つまり 「(結構な額の)投資はされている」 って感じですか。

右の方に出てくる outfits は 「事業、ビジネス」 っていう意味です。 「服」 っぽい感じの書き方にされていますが、これは投資家が 「ファッション感覚」 で投資してるっていう雰囲気を出そうとしてるんですかね ^^

P12 Troubled Waters

普通は 「荒れる海」 という意味ですが、海自体が trouble されている事態とかけているんですね。

P14 Law of the Land

P14 a swing state: 選挙の度に共和党・民主党の間で勝利政党が変動する州。 揺れ動くからですね。 コロラドは代表的な swing states の一つだそうです。

左下の "The die was cast in 1996..." の部分。 "The die is cast." というのが、シーザーの 「賽は投げられた」 という有名なセリフ (セリフ?) ですね。 もうその時点で大勢は決していた、ということです。

P16 Mindfulness for Men

想像は出来ましたが、 "downward dog" はこういうヨガのポーズですね ↓

downward dog.gif

P18- The Cost Of Cheap Fuel

ま、私は車もありませんし、灯油のストーブも使ってませんから、関係ない話といえば関係ないんですが(笑)、まぁ、一応読んでみました。

P20 最初の段落に出てくる "the proverbial free lunch" というのは、 "There's no such thing as a free lunch. (タダほど高いものはない)" という諺の "free lunch" のことですね。なんか、こんな安い値段でガソリンが買えるようになって、なんか後でしっぺ返しが来るんではなかろうか (と不安になる)、みたいなことでしょうかね。

P20 右上の economical は 「採算が取れる」 っていうことですね。 経済活動として成り立つ、っていう意味です。 「安い」 とかじゃなく。

P20 右側の列の後半 The National Association of Manufacturers estimates that home-grown shale oil and gas will create another 1 million manufacturing jobs within the next decade, as the economies of scale and logistics of cheaper domestic energy encourage insourcing of factory jobs back to the U.S. 長い文ですが、後半が分かりにくいかも、ですね。 "the economies of scale" は 「規模の経済」 です。 「いっぱい作ったら、単価は安くなる」 っていう原理のことですね。 アメリカ国内での石油関連の機械の生産が増えれば、製造コスト的にも採算が取れるようになるので、これまで海外にアウトソースされていた製造関連の仕事がアメリカ国内に戻ってきますよ、っていうことです。 (the economies of scale) and (logistics of cheaper domestic energy) encourage... です。

P22 Eagle Ford play の play は 「(ガスの採れる、岩の) 層」 という意味です。

P22 capital-intensive 多額の資金を必要とする

P22 右の列の一つ目の段落の最後 "Even the price of champion cutting horses may suffer (優秀なカッティングホースの売り値さえも下がるかも知れない)" というのはイマイチ分かりませんが、あまり関係なさそうな業界にも波及効果はあるかも知れない、という意味でしょうかね。 テキサス (といえばカウボーイ) っていう前提があるので、カッティングホース (カウボーイが乗って、牛の群れから牛を分けるための馬) を例に使ってるのかも知れませんね。 全然見当外れのことを言ってる可能性もありますが (苦)。

P23 a gusher of academic research っていうのは、 「短期間に出された沢山の〜」 っていう感じで解釈しておくと良いと思います。

P24 "year over year" は、 on a year-over-year basis (前年比で) っていうことですね。

P25 ラストの締め方が秀逸ですね。

P34-37 Halftime Is A Hit

今年のスーパーボールのハーフタイムショーに抜擢されたケイティー・ペリーという歌手。 私は見たことも聞いたこともありませんでしたが、下が彼女が今年のハーフタイムショーで歌うとされている "Dark Horse" という持ち歌だそうです。 タイトルがぴったりですね。



最初この記事を見た時は、 「へ〜、テイラースウィフトじゃないだ〜。ケイティ・ペリーって、誰だこれ」 とか思ってましたが、一連の流れを読むと、まぁ テイラースウィフトは選ばれないでしょうね(笑)。 ていうか、この人もテイラースウィフトと不和なのか (笑)。

最後の "the appeal of pop music, expensive ads and (for some) championship football is a beleaguered league's one undeniable asset." というのの、 beleaguered というのは、最近リーグとしてのスキャンダルやらのトラブルが多い中で、これらのものはリーグにとって 認めざるを得ない asset である、っていうことですが、 本来メインのはずの 「チャンピオンシップ」 が最後に (for some) 付きになってるのが面白いところですが、ま、それはここまで読んでれば分かりますね。 試合そのものよりも数字を取れたり、女性や家族にアピールするためにも、むしろハーフタイムショーの方がビジネス的には重要、っていうことみたいですね。

P48 Admission Impossible

人気者になるために寮の部屋に置いておいたら、ロフトベッドからそれの上に落ちて脚をズバッと切ったという "arcade football-tossing game" は、こういうのですね

arcade football-tossing game.jpg

大学願書にあった "Is there anything else we should know about you?" っていう質問に対して、 Top 10 Other Things You Should Know About Joel Stein っていう返し(笑)。

If they wouldn't do it, I'd have to drown myself. っていうのは、自分の application が swim (保留) 状態にされていたというのを踏まえているんですね。

でも、 "Not especially funny" はキツいですね(笑)。 それを disprove するために才能溢れる若者がふざけたコラムを書き続けて一生を無駄にする、っていうオチでした。

=================================================

まだまだ復習してますので、また気付いたことがあれば書き足します。。。

応援クリックお願いします〜 m(_ _)m

TOEIC ブログランキングへ


英語ブログランキングへ

関連記事
● 私の持っている英語資格
● TIME の読み方を変えてみました。
● 単語学習をしない私がどうやって単語を学習しているのか

そうそう、下の記事で英語喉の Kaz 先生ご本人からコメントもらえたんですよ〜 わ〜い ^^

● ブレイクスルー後の発音サンプル

posted by 英語好き at 16:13| TIMEを読む | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする