2015年01月09日

『容疑者Xの献身』 読み終わりました〜

※ ネタばれとかはないです。

2日前から読んでいた 東野圭吾の 『容疑者Xの献身』 読み終わりました〜。

The Devotion Of Suspect X (English Edition)


すごく面白かったですね (ネタばれはしたくないので、あっさり 笑)。

これは読む価値あると思います。

不満があるのは、 表紙 ぐらいですかね (おい)。

で、英語について。 村上春樹もそうですが、翻訳物はなぜか英語が簡単なのですが、特に良かったのが、英語が簡単っていうだけではなく、簡単な割には色々と 「ほお〜〜」 と思うような表現がたくさん使われていたことです。

ということで、

教材としてもハイクオリティ!! (なんじゃそりゃ)

東野圭吾の作品を読んだのは今回が初めてですが、他にも翻訳されてる作品があったらぜひ読みたいと思って調べてみたところ、、、 人気のある作品はまだ英語に訳されてないっぽいですね。

じゃあ読めねえな... (なんでやねん!!)

『百夜行』 の英語版が今年の10月に出るみたいなので、 それを待ちましょうか。。

Journey Under the Midnight Sun (English Edition)


あ、そうそう、☆で評価するの忘れてました(汗)。

『容疑者Xの献身』 は、

難易度: ☆★★★★ (とても簡単 TOEIC 850〜)
面白さ: ☆☆☆☆☆ (最高!)
単語数: 90,000語

って言う感じですね。

英語学習者にとってはコスパの高い洋書だと思います!

応援クリックよろしくお願します!! m(_ _)m

TOEIC ブログランキングへ


にほんブログ村英語ブログランキングへ

関連記事
● 洋書初心者におすすめの洋書
● シドニー・シェルダン作品
● 村上春樹作品
● ハリー・ポッターシリーズ
● 洋書の難易度評価について

posted by 英語好き at 12:40| 洋書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする