2015年01月05日

モチベーションを維持するには

僕自身は、英語学習のモチベーションが枯渇することはないと思います。

なぜかというと、 「言語」 って本当にオールジャンルなので、

飽きたら違う勉強をすればいいからです。

なので、おそらく、

「英語の勉強のモチベーションが下がってしまって… 」

という方は、

同じタイプの勉強ばかり続けているからじゃないでしょうか?

英語の勉強を、例えば、「IELTS の勉強!!」 だけに限ってしまうと、そのうち飽きます。

僕でも飽きます。むしろそれで飽きない方が変態です(おい)。

もちろん、どうしてもやらないといけない状況であれば、嫌な勉強も含めて続ける必要はありますが、特にそういう訳でもないのであれば、

勉強のバリエーションを増やしてみると良いと思います。

例えば、私の場合は、最近は英語の勉強として、1〜2ヶ月周期で

1.小説を読む

2.TIME を読む

3.テストの勉強をする

4.スピーチなどのシャドーイングをする

5.映画・ドラマを観る


をグルグル回しています。これだけでも一生勉強していけると思います(汗)。

で、こういうことを言うと、

「そういうのは、既に英語力が高いからできることなのでは。。。」

という風に思われるかもしれません。 当然の疑問だと思います。

でも、いえいえ、違うんです。 私はレベルが高くない時にも

タイプの異なる学習で “ローテーション” を組んでいました。

もちろん、相応のレベルの教材を使って、です。

私が同じタイプの勉強を全力でやり続けられるのは、精々1ヶ月〜2ヶ月が限度です (短っ!! 笑)。 いやいや、そりゃ飽きますよね。人間だもの。。。

で、普通のネイティブ向けの小説とか映画とかはレベル高いですが、例えば 洋書だったら、学習者向けのラダーシリーズとかあります。日本のものでも、「洋販ラダーシリーズ」 とか、面白そうなタイトルがいっぱいあります。

例えば、洋販ラダーのタイトルをちょっと見てみると、、

ジェーン・エア − Level 2

1リットルの涙 − Level 4

高瀬舟 森鴎外 ― Level 3 (1600‐word)

グレート・ギャツビー ― Level 4 (2000‐word)

とかがありますし、もっと真面目なタイトルのものでも、

武士道 新渡戸稲造 − Level 5

ギリシア神話 − Level 4

バカの壁 養老孟司 ― Level 5

地球温暖化 − Level 5

いかがでしょう?

結構面白そうじゃないですか? (僕の趣味に偏ってるかも知れませんが 笑)

他にもいっぱいあるので、ぜひ見てみて下さい ⇒ 洋販ラダーシリーズ

勉強らしい勉強でインプットしてきた 「単語」 や 「文法」 などの知識を定着させるためにも、こういう学習者向けの英語の本を 「多読」 しまくる時期を1〜2ヶ月挟んでも良いのではないでしょうか。

ということで、英語中級者でも、例えば、

1.TOEICの模試を解く
2.NHKの英語講座の音読・シャドーイングをする
3.好きなラダーシリーズの本を黙々と読む
4.学習者向けの英字新聞・雑誌を読む

とか、英語のレベルに関わらず、バリエーションは持たせられる訳です。

だから、 「力のある人しか楽しんで英語の勉強はできない」 っていうのは、違うと思います。

ローテーションを組みましょう!

そうなると、もう挫折知らずです。

飽きたら、タイプの違う学習に移行するだけです。

英語での読書もやろうと思えば、今からでもできます。

試しに一冊どうですか?

「英語で読書」 がローテーション入りするかも知れませんよ? ^^

応援クリックお願いします!! m(_ _)m

TOEIC ブログランキングへ


にほんブログ村英語ブログランキングへ

関連記事
● 私の持っている英語資格
● 信頼できるTOEICテキスト一覧(最新版)
● 満点を取るまでに解いたTOEICテキスト一覧

追記: あ、あと、英語を楽しんで勉強するためには、

切羽詰る前に普段から勉強しておくこと

が一番大事かも知れません(身も蓋もないですね 苦)。でも、テストのスコアが必要になってから勉強を始めると、もうテストの対策に集中せざるを得ませんからね。そうなると、勉強が辛いだけのものになりがちです。私もIELTSで経験あります(苦)。

posted by 英語好き at 12:18| 英語について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。