2014年12月16日

英語不要論の落とし穴。

昨今の英語教育改革論について、

英語なんて全員が要るわけじゃないし、選択科目にしたら?

という意見の人が少なからずいるように感じます。

が、こういう主張をしている人たちが見落としている (or 意図的に無視している) 落とし穴がいくつかあります。

まず一つ目。

これまでの日本では、確かに外国語が必要ない人が多数派だったかも知れません。

が、それは あくまでも 「これまで」 の話である という点です。

今から義務教育をする世代でさえも、

英語全くゼロで退職まで逃げ切れるでしょうか?

これから 15年〜50年ぐらい先の話です。

「これまではそれで大丈夫だった」 ということを、

「だからこれからも大丈夫」 という結論に持っていけるほど、

今の日本は安定しているでしょうか?


そして、二つ目。

誰が中学校や高校時点で、

俺の人生には外国語なんて全く不要だ!!

俺は一生日本語だけで生きていく!!


と言い切れるでしょうか?

スティーブジョブズの connecting the dots の話を思い出してみてください。

既に大人になって将来がほぼ確定した人が振り返って考えてみれば、

「俺の人生には英語なんて要らなかったな〜」

と言えますが、中学・高校時点でそれを 「先読み」 することは出来ないはずです。

まして、これからの未来に日本がどう変わるかは誰にも予測できません。

私自身も高校の時は数学大好きっ子でして、英語は “Let's speak English~♪” みたいなノリがもう嫌いで嫌いで仕方なかったんです。 でも、嫌々ながらも中高6年間の英語の授業を受けていたことで、卒業後に英語に興味を持って独学し始めてからも、それなりに

「あれ? これは聞いた事がある

ような気がする。。。 (おい 笑)」


という知識が少なからずありました。

英語に限らず他の科目でもそうだと思うんですが、中・高校生として勉強する時には 「そんなこと知らなくていいよ!」 と思うことであっても、将来思いがけず自分にとって役に立つことを学校では沢山学んでいるはずなんです。

応援クリック、お願いします!! m(_ _)m

TOEIC ブログランキングへ


にほんブログ村英語ブログランキングへ

関連記事
● 私の持っている英語資格
● 英語が要らない日本人も英語を勉強する必要がある理由。
● 英語教育改革について

posted by 英語好き at 15:37| 英語教育について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。