2014年11月08日

英検1級2次試験について

明日は英検2次ですね〜。ということで、今日は1級の面接についての記事でも書こうかと思います。

まぁ、基本的にはね、

英語しゃべれたら 受かります。

っていう冗談は置いておいて。。。

まずパート1の雑談なんて、聞かれる質問は大体ワンパターンです。

大抵、

どこに住んでますか?
今日はどうやって来ましたか?
趣味は何ですか?
学校では何を勉強していますか?
どうして英語を勉強していますか?


ぐらいの質問でしょうから、そういうべったべたの質問にスムーズに答えられるように、独り言で繰り返し練習しておきましょう。

ここで台本を書いちゃうと、なんか 「一言一句 台本どおりに進まないとフリーズしちゃう!!」 みたいな不自然な状態に陥ってしまう(気がする)ので、個人的には台本を丸暗記っていうのはおすすめしません。

で、メインのスピーチですが、1分間で5つのトピックから1つ選んで、言うことを考えて、その後2分のスピーチをやる訳ですよね。

スピーチの構成は基本的に、

イントロ ( ←結論を簡潔に言う)

サポーティングアイデア@ ( ←そう思う理由&具体例1)

サポーティングアイデアA ( ←そう思う理由&具体例2)

結論 ( ←もう一回結論を強調して言う)


っていう感じがやりやすいと思います。

この構成をきっちり守るのが一番大事なような気がします。

とにかく1分以内で

@ トピックを選んで、
A 自分の立場(賛成・反対)を決めて、
B サポーティングアイデアを2つ考える!!


っていうのが勝負です。

ここだけは頭フル回転です(笑)。

で、スピーチ後は質疑応答パートに続く訳ですが、ここは

「スピーチであなたはこういうことを言いましたが、
こういう考え方もできませんか?」とか、
「スピーチであなたはこういうことを言いましたが、
こういう場合はどうなんですか?」とか

みたいな質問に対して、 「いや、それはこうです」 とか 「こう思ってます」みたいな回答が普通にできればOKです。そこまでシビアに論点を掘り下げてつっこんできたりはしません(ディベートとか論理のテストじゃないんで)。

1級受験者の方って、結構、

「論理的かつ流麗なスピーチをしないと受からないんだ!!」

みたいに思ってるペシミスティックな人が多い気がするんですが、そんなことないですよ(笑)。ほんと、小〜中学生の頭のいい子が言いそうな感じの意見を言えればそれで十分合格できるレベルです。 そこは 1次のエッセイと同じで、採点は厳しくないです。

直前1週間、英検二次のテキストで練習しておくだけでも全然違います。

14日でできる! 英検1級 二次試験・面接 完全予想問題 (旺文社英検書)


あと本番で大事なのは、最後まで諦めない心です!!

60点で受かるんですから、最後まで全力を出せば意外となんとかなります。

ついでにブログ応援もお願いします!!(便乗 笑)

TOEIC ブログランキングへ


にほんブログ村 英語試験

関連記事
● 私の持っている英語資格
● 信頼できるTOEICテキスト一覧(最新版)
● 受験生時代に英語をどう勉強していたか

posted by 英語好き at 14:19| 英検について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。