2014年10月12日

英検とIELTS 2014年10月12日

今週末はIELTSと英検がありましたね。受験された方、お疲れ様でした。

英検の方は問題がアップされたら最悪語彙だけでも解いてみようかと思います。

さてさて、その英検は来年3月からは、合格不合格だけでなく CEFR準拠の 『スコア』 も同時に出るようになる とのこと 

eiken score.png
※英検の公式ページの資料より抜粋

こうなると、英検の最高得点は3400点 になるわけですね(英検1級で満点を取った場合の)。

現状でも得点は出てますが、級ごとに配点や総合得点が統一基準じゃないので、他の級の得点を聞いてもピンとこないんですよね(汗)。私も新制度に変わって以降に日本に帰る機会があったら受けてみたいです。

で、IELTSの方は相変わらず私は受けてないんですが、友人が昨日数年ぶりのIELTS受験をしていました。スコア的には6.0〜6.5ぐらいの子なんですが、その子の話を聞く限りは、どうやら、

リスニング 難しめ > リーディング 簡単め

の回だった のかも知れません(あやふや)

もしもこういう難易度だったとすると (仮定)、リーディングが得意な人にとっては嫌な難易度設定となります。問題が簡単な時は得意な人と苦手な人の差が出にくくなるからですね。リスニングはパート3と4が難しくて、途中ついていけなくなったりもあったみたいです。

※加筆: RYUさんより、 「リーディングも別に簡単じゃなかったですよ!!(半ギレ)」 との情報を頂きましたので、上記部分の記述に「不確かさ」成分を多めに追加配合しました。私のような又聞きではなく実際に受験しての感想ですので、かなり信頼できます。お詫びして訂正させていただきます。。。 m(_ _)m あれ、ということは、今回どっちが難しかったっていうのは言いにくい、IELTSにしては珍しくバランスの取れた回だったのかも知れませんね。

ちなみに、スピーキングはテクノロジー系の話題で、スピーチトピックは携帯電話だったとのこと。

今回の英検1級の問題がアップされたら解いてみます!
応援クリックお願いします!!

TOEIC ブログランキングへ


にほんブログ村 英語試験

関連記事
● 私の持っている英語資格
● 信頼できるTOEICテキスト一覧(最新版)
● 満点を取るまでに解いたTOEICテキスト一覧
posted by 英語好き at 15:37| IELTSについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。