2014年08月02日

彼女のIELTS結果 2014年7月12日受験分

ようやく彼女が7月12日に受けていた IELTSの結果を入手しました〜 (苦)

受験した時の情報は こちらの記事 に書いています。

結果は、

リスニング 7.5

リーディング 8.5

ライティング 6.0

スピーキング 6.0

Overall 7.0

でした〜

リスニングとリーディングは予想より良かったですが、やっぱり彼女の課題はライティングとスピーキングですね〜。正確な英語が書けない話せない、というのが原因です。普段から 「通じればOK」 っていう姿勢だからですね。私と特訓した初回 (W 6.5) が一番良かったっていう(苦)。

リスニングは、まぁスペルが酷い分を差し引けば、大体彼女の言う通りだったっぽいですね。

リーディングは今回簡単な回だったこともあり、いい点ですね。1〜2問ミス程度でしょうか。ま、逆にリーディングがとび抜けて得意な人にとっては嫌な回だったと言えます。得意なセクションでのスコア差がなくなっちゃいますからね。

うーん、アウトプットは、練習の時に僕がどれだけ訂正して、「これと、これと、これに気をつけないと!」と言っていても、結局彼女自身が自分の英語をモニターできないので、時間が経つと元に戻るんですね(苦)。それに、本番でもいくらでも新しい間違いをしますから、それらを自分で修正できない限りは大きくスコアを上げるのは厳しそう。

ということで、彼女の IELTS 受験もこれにて一旦ストップとなります〜 orz..

今後は絶対受けないと言うことではなく、またしばらくしたら受ける可能性もあります。また、これまで通り IELTS 対策などの記事は書かせて頂きます!

応援クリック、お願いします m(_ _)m

TOEIC ブログランキングへ


にほんブログ村 英語試験

関連記事
● 私の持っている英語資格
● 信頼できるTOEICテキスト一覧(最新版)
● 満点を取るまでに解いたTOEICテキスト一覧

posted by 英語好き at 14:49| Comment(10) | IELTSについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは、英語好きさん!はじめてコメントさせていただきます。

僕は7月19日に初めてIELTSを受験しました。カナダでの受験です。受験に至る経緯ですが、英語好きさんのブログに影響を受けたことが大きいです。今カナダの大学附属の語学学校に留学しているのですが、そこでちょっとした壁にぶつかりまして…。
留学前に英検準1級、TOEIC790ありましたが、語学学校のレベル分けで6レベル中4(intermediate)になったんです。原因はスピーキングとライティングです。今思えば準1級は低いレベルしか求められてないのにそれに合格して、「自分はそこそこできる」と錯覚してました。本当に悔しくて、留学中の勉強法を探している中でこのブログを見つけました。本当にいつもモチベーションをもらっています!

IELTSの結果は、L6.0, R8.0, W6.0, S6.5, Overall6.5で、学部のrequirementを満たせました!勉強の成果が出て素直にうれしいですが、正直実力以上の結果が出てびっくりしています。というのも、今回リーディングは簡単な回でしたが、Cambridge9の問題集を解いても難しいテストセットの時(test2とか)は6.0くらいの正答率しかなく、ライティンも、やはり時間が足りず本当にヒドイできだったので、5.0とったかも…って思いました。ブログを読むかぎり彼女さんのスピーキング力も相当な物だと思うので、留学4か月目の僕が6.5とは信じられません。学校の先生にも5.5か、よくて6.0といわれる程度のスピーキング力なので、採点の基準大丈夫か?とか思ってます(笑)

結果はともあれ、まだまだ僕の英語力は大したことなくスピーキングとか流暢の「り」の字もないので、夏休みも引き続き勉強したいと思います。そこで、英語好きさんの留学中の勉強法とか何かアドバイスがありましたら教えていただけませんか?僕は留学中にも関わらず、今のところ友達と喋るより机に向かっている時間の方が長いので、スピーキングとか本当にこれで良いのか不安になります。期間は1年間です。また、先生に発音をよく注意されるので、基礎からやり直そうと思います。以前発音に関して「英語喉」の本について記事を書かれていますが、留学中のため日本から本を輸入できる機会が結構限られているので、他にもおすすめなどあれば教えていただけるとうれしいです。Amazonのレビューを見る限り、それ一冊だけというのも視野が狭くなりそうなので。

すみません、めちゃ長文になってしまいました(汗)お時間ありましたらコメントください<m(__)m>
Posted by Aki at 2014年08月03日 04:06
Akiさん、

こんにちは ^^ コメントありがとうございます!

おおっ!?IELTS受けて、学部パスできるスコアを取られたんですか!!おめでとうございます!!えーっと、受験回は違うような気が (^^;) スコア発表がすごく、そしてナチュラルに遅れてしまっていたのですが、受験したのは 7月12日なんです。。Akiさんの1週間前のやつです。なので、Akiさんの受験された回の各セクションの難易度がどうだったかは分からないんです〜。

日本の英語テストって確かにアウトプットセクションが若干甘めかもしれませんね。ただ、Akiさんの場合は IELTS も受験されて、グローバルスタンダードで実力が証明されたわけですし、自信を持つべきですよ〜。確かにIELTSの採点は自分の思う出来とは一致しないことも多いですが、実力とかけ離れたスコアが出ることはないですよ! ^^

うちの彼女は、、、テスト向きじゃないんですよ、アウトプットが。。(苦)。日本人じゃないので、聞き取りが異様に強くて、また、コミュニケーション力も高いんですが、文法とか語彙が苦手で、日本人では考えにくいミスが多発します。 It don’t とか平気で言います(笑)。良く言うと「コミュニケーション重視」なんですが、テストでは点が出るはずがありません(涙)。

僕もスピーキングとリスニングは得意なスキルではないと思っていますが…、一応回答をさせて頂きますと、普段はよくライティングをしています。後は、論文や教科書の精読とか。筆者とのコミュニケーションを楽しむように読みます。授業の予習とか課題を書くためにやってることが多いので、その内容については、自分で説明できるまで読んでいます。

会話なら、日本人以外の心を許せる人を見つけることは大切じゃないでしょうか。コミュニケーションが英語になるなら、留学生同士でもいいです。間違った英語を覚えるというようなマイナス要素よりも、大局的に英語力が伸ばせるというプラス要素の方が圧倒的に大きいので、それは心配しないで大丈夫です。

口の形なんかをちゃんと覚えたいのであれば、「英語耳」とかですかね〜。。正しい口の形と正しいアクセントをやっていれば、少なくとも訂正されるっていうことはなくなります。もちろん、ちゃんと実践できるようになるためには時間がかかります。単語の発音も一つ一つ正しく覚えないといけないですし。正しい発音を知らない単語は分かってもらえませんからね〜。「えっ!?強勢そっち!?」っていう単語もよくあると思います。ただ、私は「英語耳」は実際に使っておらず、ネットで聞いたりしただけなので、信頼はしないでください(苦) 他にもおすすめされてるテキストはあると思います!

ではではっ、頑張ってください ^^
Posted by 英語好き at 2014年08月03日 14:43
初めまして、英語好きさん。いつも拝見してます。

英語好きさんの勉強方法は非常に参考にしてまして、特にVOAを用いた学習方法は、自分でも驚く程効果がありました。
俗に言う英語好きチルドレンです(´_ゝ`)b笑

それで、質問があるのですが、私事ですが、今回の夏休みの間短期留学をする事になりまして、1日中マンツーマンレッスンを受けることになりました。

記事を読んでいて、国内にいても、少なくとも英語のテストに関しては十分太刀打ちできる事は分かりましたが、ネイティブを用いた有効な学習方法がありましたら、お教え頂けませんか?

よろしくお願いしますm(__)m
Posted by ボス at 2014年08月03日 17:01
すいません、具体的に何を高めたいか書き忘れてしまいました。


向こうでは主にスピーキングとライティングの勉強をしたいと考えています。

よろしくお願いしますm(__)m
Posted by ボス at 2014年08月03日 17:06
ボスさん、

はじめまして〜 ^^ そんな言葉があるんですか!?(笑) じゃあ、僕もチルドレンに加盟させてください b(もう意味不明 笑)

い、一日中マンツーマンっていうのは、ハードすぎて私には活用し切れないですw 私はそういうことができないので、何もかも全部自分一人でやってきたので。。 ^^;

どうでしょうね〜。。今後もまだ日本に住まれる予定ですよね。う〜ん、私の勉強スタイルと真逆すぎるので、なかなか難しいのですが、敢えて考えてみると、日本の英語のニュースサイトなんかを開いて置いて(Yomiuriとか?)、ニュースを読んではそれについて意見を言い合う、また読んでは意見を言い合う、みたいなディープな検討会とかですかね(きつい 笑)。

書くっていうのは、自分が書かないと進まない(?)ので、ライティングの添削をしてもらうためには、自分で一日が終わってから一人の時に書射た方がいいですよね。。。毎日トピック考えるのが難しいかな〜。教材とかあれば楽ですけどね。。ま、日記とか書いても、「いや、昨日も丸一日一緒にいたから知ってるよ。。」みたいな状態ですか?(笑) ま、トピックは考えるとして、それを次の日に添削してもらうんですか? 

ライティングで書いたトピックについて話し合うこともできますね。英検のトピックとか時間制限をそのまま流用してもいいんじゃないでしょうか。で、録音しておいて、一緒に聞きなおしては、アイデアから表現までブレインストーミングとか。。

どちらにせよ、相当きつくないですか?(笑) マンツーマンで一日中って。。 すごすぎて笑ってしまいます。振り向いたら常に先生がいるんですよね(笑)。頑張ってください!!
Posted by 英語好き at 2014年08月03日 17:46
Akiです、丁寧な返信ありがとうございます!

受験日程は彼女さんと違うんですが、IELTSの記事いつも応援してますという意図でこの記事にコメントさせて頂きました。

「英語耳」さっそくネットで調べてみました。良さそうな本ですね!

僕は英語と一生関わっていくことになると思いはじめ、どんな本も経験値になるし、いろいろ試し自分でも考えながら勉強を続けていこうって感じです。

そのなかで、英語学習の大大大先輩の英語好きさんに貴重なアドバイス頂けて本当にありがたいです<(_ _)>


では、頑張ります!
Posted by Aki at 2014年08月04日 04:55
あっ、読み違えてました。。失礼しました ^^; ありがとうございます!

そうですね。自分に合う合わないがありますから、おっしゃる通り、試行錯誤は欠かせません!

いえいえいえいえ、全っ然そんな先輩じゃないですよ。。はい、留学頑張って下さい! ^^
Posted by 英語好き at 2014年08月04日 14:07
過去記事ですが質問させていただきます。今公式問題集7のテスト2を解いていて31番の答えが納得いかないのですが、IELTS の問題集で答えを見て納得いかないときなどはどうされていますか?
Posted by シロレッツ at 2014年09月19日 22:07
シロレッツさん、

うーん、そうですね。。。納得できない時は。。リスニングならスクリプトを、リーディングなら課題文の該当箇所が正しく理解ができるまで何度でも読むと思います。それで納得できないとなると、「ま、そういうもんかな」ぐらいで次へ進みます。

とりあえず私が取る行動は、

1.丁寧に読み直す・聞き直す・スクリプトを見る
2.辞書を引く

ですね。

もしそれでも納得できないなら、それはもう自分の現在の英語レベルを遥かに超えているとして、パスします。今だからそうなのではなく、英語を勉強し始めた当初からそうですね。

本気で調べて、見直して、考えて、それで納得できないなら、それは「将来の課題」とします。小説とか読んでいてもそうですね。自分が対処できるレベルのものであれば、単語とか構文とか、調べられるものを全部調べて、きっちり文章をもう一度最初から舐めるように読んで、そこから吐き気がするほど本気で考え抜けば分かるはずですからね。

ただ、IELTSとかTOEFLのようなテストのテキストだと、ものによっては、判定がグレーな(笑)設問とかもありますので、そういう際どい感じの問題は、もう英語力とはまた別である可能性もあります。ので、そういう意味でも、あんまり気にしすぎるのはよくないかなと ^^;
Posted by 英語好き at 2014年09月20日 03:11
なるほど、ご返答ありがとうございます。
Posted by シロレッツ at 2014年09月21日 18:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。