2014年07月19日

英語テストで点を取るために一番大切なことは

TOEIC、TOEFL、英検、IELTS… 英語のテストは色々ありますね。

そうした英語のテストで高得点をとるために一番大切なものって、何だと思いますか?

答えは、 「英語力!」 なんて。。

いや、それは答えとして当たり前すぎるので(笑)。

その「英語力」の中のどんな力が最も大切ですか?

という質問です。

皆さん、、あ〜るさん って、、、ご存知ですよね?

aarusan.png

TOEIC界でもさらに徹底的にTOEICのみに特化している有名人です。TOEIC力を極限まで磨くことによって、TOEICで満点を取るという信念を貫いていらっしゃいます。実は専門が国文学で、たまにそれ系の秀逸なツイートもされます。あかん、この人天才や、と思う時多し。

ツイッターこちら ⇒ あ〜る@黄金の経歴「海外渡航歴無し」 @r_toeic

話戻りまして、その あ〜るさんが これまで

ずーーーーーーっと おっしゃってきたことが僕も正解だと思ってます。

英語のテストで点を取るために一番大切なこと。

それは、「言い換え(パラフレーズ)」です。

TOEICker(TOEIC大好き勢)の人たちの間では常識ですが、TOEICのような英語の試験で高得点を狙うために、すんごい重要なことがありまして、それが

『解答根拠』 を明確にすること

なんですね。

普通の生活をしてる人だとちょっと聞きなれない言葉だと思いますが、この「解答根拠」ってのは、TOEICkerとかの人たちにとっては、ほんとに コップとか 歯ブラシとかいうレベルの日常語と同じようなもんです。

だから、

あ、ごめん、ちょっとそこの解答根拠取ってくれる?

とかいう風に、生活してても普通に使います。

とにかくですね、解答は適当に選ぶもんじゃないんですね。

TOEICkerの人たちの前で

「え?なんとなく選びましたけど」

とか言った日には、「お前TOEICなめてんじゃねえよ!!」て言ってボコボコにされます。だから、TOEICkerの人のブログが突然更新が止まったりしてるのはそういう理由です。
(※嘘です。すいません。英語界でもすごい優しい方々のコミュニティです)

とにかく、一問一問、どうしてその選択肢が正解なのかを「はっきり説明できる」水準で解答していないとダメなんです!!

で、そのためには、リスニング・リーディングの中で問われている内容が、問題文中では 「どのように言い換えられているか」 を見抜き、その場所に 「正答のための根拠(=解答根拠)」 を見つける必要があります。

これは、英語の、っていうか、多分どんな言語のテストでも共通のことだと思います。ありとあらゆる言語のテストで、「解答根拠」を本文中に隠すために「言い換え」を使ってあると思います(多分)。

で、ですね、あ〜るさんはTOEICの専門家なので、リスニングとリーディングについて「言い換えの大切さ」を説いてらっしゃるんですが、実は、、、最近 私、

スピーキングとライティングにおいても、

「言い換え(パラフレーズ)」

すごい鍵となるスキルであることを発見 してしまったんです…!!!

これはね、ほんとに すごい大発見 ですよ…!!

ちょうど、英語でこういう発見を的確に表現する言葉があります。

Re-invention of the wheel っていう (分かっとるんかい!! 笑)。

すいません、ネタです。

ただ、一応ですね、自分なりの視点で最近ほんとに「うわ、パラフレーズって、やっぱりすんごい大事なんや!!」と思い知らされた理由がありまして、それについて、お話したいなと思ってます。

と、既にやたら長いので、その「英語のアウトプット試験における言い換えの重大さ」の話は後日に置いておきまして、、

今日はその「言い換え」の重要性について、個人的に面白いと思ったこと小噺(?)を一つ。

私とあ〜るさんとで、

「言い換えが大切だ」

という共通の認識があるにも関わらず、

そのスタート地点からのアプローチ方法が180度違うんです。

あ〜るさんは、「なるほど、解答根拠となる言い換えが大事なのか!」

からの

「ならば、その言い換え、一つ残らず暗記して、頭の中でリスト化してやろう」

となったんですね(笑)。凄すぎです。私はそんなことできる記憶力は持ち合わせておりません。

では、私はどうしたか。

その言い換えを見つける能力(英語力)自体を上げる道を選びました。

そうすると、ストックはなくても、その場その場で見つけられます。ただし、この能力の精度が低いと(=英語力が不十分であると)、本番で解答根拠を見つけ切れなかった(で、時間切れ)とか、解答根拠があやふやなままで適当に答えた問題があった(で、間違う)とかになっちゃう訳です。

確かに、「脳内リスト」を検索するのと比べて、毎回大変なんです。いつまで経っても失敗してしまうリスクも付きまとうわけです。だから、満点狙うとかになると、一問一問しっかり確認するために力は抜けません。

ただし、前例が無い問題が出た場合にも等しく強さを発揮できるという強みはあります。

面白くないですか?

同じ前提の理解から、全く異なるストラテジーを立てて、

違う方向に進化を遂げて、

そして、両方とも成功(TOEIC満点達成)してる訳ですから。


いやー、、ちょっとしたロマンですね。。。

応援クリック、お願いします。。。 m(_ _)m

TOEIC ブログランキングへ


にほんブログ村 英語試験

関連記事:
● 私の持っている英語資格
● 信頼できるTOEICテキスト一覧(最新版)
● 満点を取るまでに解いたTOEICテキスト一覧

posted by 英語好き at 02:58| Comment(7) | TOEFLについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どうも、今日の記事も笑えました笑
解答根拠取ってくれる?って使ってみたいです笑

ところで、今日気が向いたのでIELTSの公式問題集やってみたのですが、解説がついてないのでいまいち納得できないというか記述で解答するところで模範解答とちょっと自分の解答が違うけど、
この答えじゃダメなの?みたいに思うところがあるのですが、教えてもらえないでしょうか?
とか言いつつこういうのネットで聞いても大丈夫なんですかね?(著作権的に)

ダメならダメで大丈夫ですんで、よろしくお願いします
Posted by RYU at 2014年07月19日 03:34
いつも楽しく拝見させてもらっています^^ブログ閲覧開始1ヶ月記念(私の)に初コメントです。。。

ちょっと、さぼりぎみで、やる気の出ないときに、ブログを拝見しますと、

「よっしゃーー私もがんばろうかーー」とやる気が出ます。。。(笑)
役に立つ情報で、なおかつ優しくて、面白い内容で、毎日更新が楽しみです。。。。ありがとうございます!

お忙しいとは思いますが、これからもがんばってください^^勝手に応援させてもらっています(笑)
Posted by non at 2014年07月19日 13:58
RYUさん、

RYUさんのブログの最新記事も読みましたよ〜。頑張ってください!!目標の発表楽しみにしてますね〜 ^^ えーっと、全面的に書いちゃうとダメかもしれませんが、持ってる人だけ分かるぐらいの最低限の部分だけ書いてくだされば見てみます〜。10問とか20問じゃなければ。。(笑)。。どうぞどうぞ。

nonさん、

わ〜!ありがとうございます〜〜!!

本当ですか?!うれしいです〜 結構暑苦しい感じで(苦)アドレナリンの出すぎで言いすぎてる時もあるので、「きもっ」っていう時は無視してください.. orz..

今回のTOEFL初受験を通して、スコア発表も含め、もうちょっとは書いておきたいと思ったことがありますので、では、もう少しだけお付き合い頂けましたら幸いです。。 m(_ _)m
Posted by 英語好き at 2014年07月19日 18:28
ではお言葉に甘えて、質問させていただきます!

公式9のテスト1のリーディングの34番は答えは数字で書いてありますがthree measurementsでもいいんですかね?
ってかこの質問文のAND/OR A NUMBERってのがいまいちよく意味が分からないのですが・・・

あと35番はgraph paperはダメでしょうか?

あとテスト2のリスニングの2番みたいな日付け答える系のは、解答みたいな書き方でいつも書けばいいんでしょうか?

よろしくお願いします
Posted by RYU at 2014年07月19日 21:06
RYUさん、

はいはい!! ^^ あ〜、IELTSのややこしいところですね。

例えば、“NO MORE THAN A WORD AND/OR A NUMBER”だったら、解答としてOKな書き方は、

パターン1: A WORD AND A NUMBER
「1つの単語 + 1つの数字」か「1つの数字 + 1つの単語」

パターン2: A WORD OR A NUMBER
「1つの単語」か「1つの数字」

のどれかで答えなさい、ということですね。これらのパターンから、書きたい解答の種類に応じて、どれで答えるか選んでくださいってことだと思います。

34番は、この問題の場合は「2つの単語と/または1つの数字で答えなさい」となっているので、three measurementsでも3 measurementsでもOKです。

35番は前にaがあるので、uncountableなpaperという単語を書いちゃうと間違いになると思われます。

リスニングの2番はですね、31 March / March 31の両方OKだと思いますが、年を入れないのはONE WORD AND/OR A NUMBERという指示のせいで入れられないからですかね。書けませんからね。これがもし違う指示なのであれば解答の方法も変わる可能性もあります。なので、指示も大事ですね。

参考になればうれしいです ^^
Posted by 英語好き at 2014年07月19日 22:28
なるほど
可算名詞かどうかも問われることがあるのですね
実際の試験でわかってるのに指示を満たしてないから間違いとかなったら最悪なので、早いうちに知れてよかったです

ありがとうございました!

またテスト2以降で疑問が生じたらよろしくお願いします!
Posted by RYU at 2014年07月20日 01:46
RYUさん

いえいえ、良かったです〜

はーい、どうぞ〜 ^^
Posted by 英語好き at 2014年07月20日 14:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。