2014年07月12日

IELTSレポート 2014年7月12日

さてさて、彼女がやっとIELTSから帰ってきました〜

本日IELTS受験された皆様、お疲れ様でした!! m(_ _)m

各セクションの難易度 は、彼女の主観ではありますが、

リスニング 超難(特にPart 3とPart 4)
リーディング やや簡単
ライティング 普通


だったようです。

では、セクション毎に。。。

リスニング

彼女の解答は、

Section 1
ボランティアの仕事の話。

reception
4 hours (下記コメント欄にて、hoursは設問部分に含まれていたという情報を頂きました。そうであれば、hoursは抜いておかないと間違いということになります!すいません!)
email (e-mail)
computer
bank
river
workshop
education
go
reference

Section 2
アートシネマの話。

前半3問は選択肢
Art cinema どこにあったか B (彼女もあんまり自信ある訳でもなく、Cかも、とか言ってます 苦笑)
2 months agoに導入したのはcompeition
Membershipのいいところは Aのone free ticketだそうです。

後半7問が穴埋め
11:25
bankrupt
school
teenagers
theatre (米国つづりのtheaterでもOKやと思います)
desert
director

Section 3
考古学についての話で、全て選択肢問題。

C. They are all confused. を選んだそうです。

A. Their diet had a wide variety. みたいな選択肢を選んだそうです。

また、問題が What do they think about the people they are working with? の解答は Bにしたそうです。選択肢Bの内容は「B. They worked very hard.」との情報提供を頂きました。ちゃんと見ていらっしゃる方いらっしゃるんですね。。すごいです。。

Section 4
セメントの話。

聞き取れず(clip?らしい音が聞こえたらしいです clayかという有力情報ありました。ありがとうございます!)
high temperature
cheap
ovens (不安だそうです)
discharge (かなり不安だそうです 苦)
developing
後半4問は選択肢問題

リーディング

食べ物の味付けの話
湾岸沿いのアートとかの話
NZにおける温暖化問題の話

ライティング

Task 1
表と線グラフの複合問題。
表:インターネット検索の回数について
線グラフ:何の検索ツールを使っているか

Task 2
若い人の方が政府の職に向いているかどうか。
Discuss both sides of the argument and give your own opinion. 訂正 m(_ _)m

スピーキング

「幼少時のプレゼント」がテーマだったとのことです。。

彼女自身の予想スコアは、

リスニング 7.0-7.5
リーディング 8.0
ライティング 6.5-7.0
スピーキング 6.5


結果発表は 7月25日(金)です!

今日はちょっと私自身もTOEFL受けてきたんですが、そのせいで一睡もできてなかったので、手抜きです。。。すいません。。(苦)

後日、追記とかするかもしれませんが。。

今日のところは、寝ようと思います。。。 zzz

応援クリックして下さった皆様、ありがとうございます!! m(_ _)m

にほんブログ村 英語試験


TOEIC ブログランキングへ

関連記事:
● 私の持っている英語資格
● 信頼できるTOEICテキスト一覧(最新版)
● 満点を取るまでに解いたTOEICテキスト一覧

posted by 英語好き at 18:31| Comment(29) | IELTSについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今日がIELTS初受験でした。
IELTSの勉強を始めた際にこのブログを見かけ、定期的に拝見し参考書等を参考にしていました。

確かにリスニングは難しかったですTT
後日の追記の参考として
ライティングはto what extentではなくdiscuss both sides and your opinion だと思います

それにしても彼女さんの記憶力はすごいですね!!
英語好きさんもTOEFLお疲れ様でした。
Posted by 初めまして at 2014年07月12日 19:29
もうちょっと詳しいsection2の答えってありますか?(*_*) リスニングが今回不安すぎて、、、
Posted by 同日IELTSを受けた者 at 2014年07月12日 19:54
すいません!!

教えて下さってありがとうございます!彼女に聞いたら、そうだったらしいです。。訂正させていただきます。。

ありがとうございますm(_ _)m

結果楽しみに待ちましょう!!
Posted by 英語好き at 2014年07月12日 19:58
section2の答え詳しくわかりますか?(*_*) 今回難しかったので不安です、、、
Posted by 本日IELTSを受けた者 at 2014年07月12日 19:59
Section 2とSection 3はもうちょい詳しく聞いて付け加えてみました〜。。

どうでしょう。。

ただ、こちらはあくまでも彼女の選んだ選択肢ですので、正解とは限らないこと、ご了承ください m(_ _)m

流石に選択肢問題まで再現できるのはびっくりしました。。
Posted by 英語好き at 2014年07月12日 20:12
英語好きさん、はじめまして。少し前にIELTSを検索していてこのサイトに来ました。英語好きさんの勉強量に感動しました。私もがんばろうと思いました。ところで、英語好きさんは家庭教師や英語の添削のお仕事をされてますか?この場をお借りして個人的な質問をしてすみません。英語好きさんが私が今探している先生の条件に素晴らしくあてはまるので・・・。返信よろしくおねがいします。
Posted by Mi at 2014年07月12日 23:48
section4の一問目はセメントの作り方で、dirt and "clay" を混ぜるみたいな話で、"clay"が解答になる気がしました。
ovensの解答のところは、僕はovenと書きましたが、複数形かどうか不確かです(すいません…
section3のWhat do they think about the people they are working with? はBのthey worked very hardみたいな答えだったと思います。
Posted by IELTS受験者 at 2014年07月13日 00:03
Miさん、

はじめまして!コメントありがとうございます m(_ _)m いえいえ、たいしたことないですよ。。もっと凄まじい勉強していらっしゃる方はいっぱいいるので。。えーっとですね。。英語の添削。。彼女のライティング添削とかぐらいでしょうか…(苦)。

IELTS受験者さん、

clayですか!!!なるほど!それでしょうね!!情報ありがとうございます!oven/ovensはどうなんでしょうか。。どちらでもいい可能性もあるかもしれません。Section 3の選択肢内容は、ズバリそれだったそうです!!

皆さんすごい記憶力ですね。。
Posted by 英語好き at 2014年07月13日 10:44
彼女さんの記憶力素晴らしいです!
もしかしてReading sectionもそれなりに覚えてたりしますか?
Posted by 英語好き at 2014年07月13日 17:06
名前が同じですねー

気になっている質問を覚えていらっしゃったら、質問の答えは思い出せると思います、ということなんですが、確実かどうかは分かりかねます。。(苦)。いかがでしょう。
Posted by 英語好き at 2014年07月13日 18:11
ごめんなさい本当の名前は「同日IELTSを受けた者」です。何回も質問したらしつこいと思われるかと思って名前を変えたら、被ってしまいました(汗)。

リーディング1の「コロンブスの問題」って、「true」「false」「not given」のどれだかわかりますか?
他にももし覚えてたら教えて下さい(>_<)
Posted by 同日IELTSを受けた者 at 2014年07月13日 18:37
あ、そういうことだったんですか(笑)。私もブログ設立した時にすんごい安直に決めたので、ややこしくなっててすみません。。大体みなさんも英語好きですよね(笑)。いやいや!むしろ嬉しいですよ!!

質問ありがとうございます ^^

彼女は「TRUE!」らしいです。

「India = places which produce spicesという言い換えが使われており、そうした場所へのルートを探すためにコロンブスは旅に出ました」というのが、内容?だそうです。私は聞いてて全く分かりませんが(笑)、これで分かりますでしょうか!

またいつでもどうぞ〜。
Posted by 英語好き at 2014年07月13日 18:54
なるほど!ありがとうございます!
アメリカが匂い?を計る機械を開発した。ってやつもわかりますか?
Posted by 同日IELTSを受けた者 at 2014年07月13日 19:02
「Not Given」にしたそうです!

彼女によると、そんな話も文中に出てなかったらしいですが。。。あくまで彼女の解答ということで。。
Posted by 英語好き at 2014年07月13日 19:13
本当にありがとうございます(*_*)
リスニングがボロボロだったので、せめてリーディングは6.0欲しいところです。4 hoursを単に4だけにしたり、せっかくクレイを聞き取れたのにcrayにしてしまったり、ケアレスミスを悔やみます(笑)
Posted by 同日IELTSを受けた者 at 2014年07月13日 21:51
いえいえ ^^ お役に立てて嬉しいです。

いや、リスニングも超難しい回だったので、少しは得点調整あると思いますよ。なので、得点発表までは期待を持ちましょう!

でも、惜しいミスは悔しいですよね。私の彼女もdesertI(砂漠)をdessert(デザート)って書いたらしいですよ(苦)。ま、こっちは惜しくないですが。。
Posted by 英語好き at 2014年07月13日 22:20
本日スピーキングテストを受けた者なんですが、
speechで話す時間が短くて(約1分15秒ほど)で試験官から“Anything else?”と聞かれましたがネタが尽きて上手く返せなかったのですが、これって大きな減点になるんでしょうか?
あとのセクションはそれなりに返答できたのですが。。。。

リスニングは4hoursなんですかね?
私は4hours×5日で20hoursにしちゃいました(-_-;)
Posted by macchan at 2014年07月13日 23:25
macchanさん、

うーーーん、、、どうでしょう。。すみません、私も一受験者でして、ちょっと分かりかねますが、でも、IELTSのスコアは良くも悪くも幅の広いものなので、そこまで悪くなる可能性もないと思います。他の部分が良かったのであれば、それ自体が大きな減点の対象になるものではないかも知れませんし、結果発表を待ちましょう!!

うーん、4 hoursは4hoursで正しいと思われます。再度彼女に確認しても、( )a dayという設問だったらしいので。。1日20時間のworking hoursは、、筋金入りのブラック企業ですね。。。
Posted by 英語好き at 2014年07月13日 23:42
ほんとに何度もすみません(>_<)
リーディングの穴埋め問題とか彼女さん覚えてたりしますか?(*_*)
Posted by 同日IELTSを受けた者 at 2014年07月14日 18:27
4 hoursは設問の中にhoursが含まれていたので、4だけでも正解だと思いますよ(^0^)
Posted by IELTS難しい at 2014年07月14日 20:35
同日IELTSを受けた者さん、

すいません、彼女が帰ったら聞いてみます。できれば、どんな内容だったか教えていただけませんか。。リスニングと違って、パッセージから見たまま書き写す感じなのでリーディングの方が思い出しにくいそうなんです。

IELTS難しいさん、

えっ?!ほんとですか?!!じゃあ、4だけでもOK、ていうか、4だけでないとアウトですよね(苦)。うわああ。。。間違ってて、すみません。。訂正させて頂きます。。

IELTS難しいですよね。。。分かります。。

macchanさん、
4 hoursの問題はhoursやっぱりあったそうです!!!すみません!
Posted by 英語好き at 2014年07月14日 20:48
そうですよね…
例えばNZのスキー産業の選択問題の答え、
あと、2番目のパッセージの穴埋めでchurchがなくなった理由は、erosion、何かの素材(忘れちゃいました)はstainlessですか?
同じく2番目のパッセージなんですが、true問題のやつで、physical contactを求めた、ってやつはtrueでしょうか?航海する際に、目印にすると書いてあったので、trueにしたのですが、、、
Posted by 同日IELTSを受けた者 at 2014年07月15日 01:19
同日IELTSを受けた者さん、

えーっとですね、NZスキー産業の選択問題の答えは「雪の量は多くなる」みたいな選択肢にしたらしいです。

2番目のパッセージの穴埋めでchurchがなくなった理由は、何とかerosionで2単語だったそうです。で、次はstainless steelで合ってるそうですよ。

あと、最後の「physical contactを求めた」という問題についてなんですが、Some people like to have physical contact with it. とかいう設問文のものでしょうか? 彼女によると、それは設問文の内容と各芸術作品の名称とを合致させるタイプの「matching問題」だったような気がする、と言っています。違う問題っぽいですよね。

残念ながら、そろそろ記憶があやふやだそうです(苦)。。。すみません。。
Posted by 英語好き at 2014年07月15日 01:42
あ、マッチング問題でしたか!ありがとうございます(>_<)
Posted by 同日IELTSを受けた者 at 2014年07月16日 16:58
いえいえ!グッドラックです!!
Posted by 英語好き at 2014年07月16日 23:41
次回(8月中旬)にもIELTSを受けるのですが、リーディングやリスニングに関しては公式問題集8,9とバロンズをもう一回解いてみるか、それとも他の教材を解くか迷っています。個人的にはリーディングやリスニングは若干答え等も覚えているためもう一回解いてもどれほどの効果があるのかなと思っています。具体的に英語好きさんはどのように勉強されていましたか?またおすすめのリーディングやリスニングのテキストとかあれば教えてもらえると助かります。質問ばかりですみません。
Posted by macchan at 2014年07月17日 01:13
macchanさん、

うーん、お持ちのテキストは既に全部解いてしまっているということでしたら、やっぱり本番前に本番を想定して解くための新問を入手しておいたほうがいいと思います。

ただ、もう手元にあるものは使わない、ということではなく、そちらはもう普段の教材として徹底して繰り返し、音読・シャドーイング・ディクテーション、などで活用することは続けると良いと思います。ライティングなんかは同じ問題を3回ぐらい解いてても訓練になりますし!!もちろん、点を上げることを目的とした特訓であるというのは忘れずに。

リーディングとリスニングだけのおすすめテキストではないんですが、やっぱり、「Cambridge IELTS 7」ですかね。お持ちなのは8と9ですよね。7、8、9は私も3冊とも持ってますよ〜。
Posted by 英語好き at 2014年07月17日 01:48
ご丁寧にありがとうございます。
やはりCambridgeは必須テキストですね。
目標点が取れるように頑張りたいと思います。
Posted by macchan at 2014年07月18日 00:11
macchanさん、

いえいえ!!頑張ってください!
Posted by 英語好き at 2014年07月18日 01:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。