2014年01月02日

センター英語 vs TOEIC リーディングセクション!!

本日のテーマは、

『センター英語(筆記) vs TOEICリーディングセクション』!!

〜 センター英語は80分で数千語を読まされる狂気の沙汰? 〜 ← サブタイトルです(笑)

さて、昨日紹介した『TOEIC780点でセンター試験の英語を満点とする』というニュースに関連して、某掲示板の方で「TOEICや英検準1級と比べても、センター英語の方が難しい」という趣旨で、

「センター英語は 80分で何千語も読まされる狂気の沙汰」

という内容の書き込みがあったので、今日はセンター試験が本当に 狂気の沙汰 なのか検証してみようと思います(笑)。

ということで、そんなセンター英語とTOEIC、それぞれのテストで求められる読解スピードを比較してみましょう。

調べてみると、最近のセンター英語(筆記)の総単語数は、4000語強 ぐらいのようですね。制限時間はご存じの通り80分です。

一方、TOEICのリーディングセクションは、制限時間が 75分

総語数は、、

TOEIC新公式問題集 最新刊(Vol. 5)』のより現状の本番に近い方のテストセット(TEST 1)のリーディングセクションの単語数を手で数えた結果(大変でした 汗)、

6038語!!

※ 実際の公開テストはもうちょい多いかも知れません。

簡単にまとめますと、

センター英語(筆記) 総語数4000語 80分
TOEICリーディング 総語数6000語 75分


計算してみると、同じ時間単位に換算すると、TOEICは センター英語の1.6倍の英文の量 ということになります。

驚異の60%増し。

また、wpm(毎分何語のスピードで読むかという単位 word per minute)で言うと、一般的にセンター試験では 毎分120語(120wpm)で読めるのが理想的と言われますが、

TOEICに必要な読解スピードは、150wpmと言われています。

別にセンター英語に対抗して言ってるとかじゃないですよ(笑)。普通にそういう話です。

単純に上の総語数を制限時間で割った値にはなっていませんが、解答を検討している時間やマークしている時間なども必要ですから、そこは当然ですね。

近年長文化が進み、受験生にとっては『スピード勝負』のイメージの強いセンター英語ですが、センターで求められる読解スピードというのは、TOEICで求められる読解スピードにしてみたら、狂気でもなんでもないレベルであることがお分かり頂けたと思います。

実際、TOEICで満点近いような人がセンター英語を解くと、制限時間の半分以下(40分以下)の時間で解き終わります。私の場合は2012年のセンター英語(筆記)は27分で解けました。

⇒ 参考記事:『2012年センター試験 英語を解きました!!

------------------------------

ついでに言いますと、必要となる語彙もTOEICの方がワンランク上 です。

「おいおい、センター、もとい、TOEICハンパねえな」となるかもしれませんが、

英検準1級とかは、総合的に見ると、そのTOEICより難しいです。

(スピードが、というわけじゃないですが = =;;)

で、さらにTOEFLになると、その英検準一級よりも難しいです。

ということで、

「センター英語はTOEICや英検準1級なんかより全然難しい」

とか言ってしまう人は、大学受験英語で時間がストップしてしまっているということですね。彼らの中では予備校の先生が神格化されたりしているのでしょう。

実用英語は受験英語の難しさの比ではありません。

ということで、日本の学生には、受験英語をゴールにしてしまわず、その先に果てしなく広がる実用英語の世界を見るようになってほしいですね。

応援クリック、お願いします!

TOEIC ブログランキングへ

関連記事
● 私の持っている英語資格
● 受験生時代に英語をどう勉強したか?
● 信頼できるTOEICテキスト一覧(最新版)


注:私は特にTOEIC推進派という訳ではありません。どちらかと言うと、英検の方がテストとしては良いと思いますし、現在受けているのはIELTSですし。まぁ、英語自体が好きなんで、英語のテストも好きですけどね。バスケ部とか野球部とかでスポーツ得意な人が全員強制参加の体力測定を楽しむみたいな感じだと思います。

※TOEIC公式問題集 Vol. 5のテスト1のリーディングセクションの単語数を数えましたが、、解答方法説明(directions)の部分は含めていません。設問と選択肢は含めています。

※もちろんセンターもTOEICも必ずしも全文読まないといけない訳ではないですし、設問を考える時間やマークしている時間なんかもあるのは分かっていますが、その辺はTOEICも同じですので、今回はざっくり比較する方向で。

banner TOEIC990.gif


posted by 英語好き at 20:38| センター英語について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする