2012年07月07日

『公式問題集 vol.5』を解いてみました!!

現在は大学も休みに入って久しぶりにのんびりしています。

この前はちょっとした事情で10日ほど日本に帰ってきたのですが、宣言通り『公式問題集 vol.5』と『究極の模試』を買ってきました。

ということで、まず『公式問題集 Vol.5』のレビュー行ってみましょう!!



いや〜、英語力は間違いなく伸びてるんですが、「TOEIC勘」がなくなってしまっていて、リスニングの最初の方は解いていてなんか慣れない感じでした(笑)。目が泳ぐというか。。

さてさて、結果です。

TEST 1
リスニング:100問中99問正解(予想得点:495点)
リーディング:100問中100問正解(予想得点:495点)
予想トータルスコア:990点


TEST 2
リスニング:100問中100問正解(予想得点:495点)
リーディング:100問中100問正解(予想得点:495点)
予想トータルスコア:990点


※予想点は自分で勝手に出してるだけですが、上記の素点なら本番では間違いなく満点です。

ということで、TEST 1のリスニングで1問間違えた以外は全問正解でした。TEST 1の39番、質問が完全に飛んじゃいました。この辺に不慣れ感が出てますね。まぁリスニングは本番でも2問ぐらいは間違えますからね。

で、リーディングの方はストップウォッチで時間も測っていますので、もう少し詳しく書きますと。。

TEST 1
合計所要時間:73分
Part5 所要時間:13分(間違えた問題:なし)
Part6 所要時間: 6分(間違えた問題:なし)
Part7 所要時間:54分(間違えた問題:なし)
合計不正解数: 0問

TEST 2
合計所要時間:66分
Part5 所要時間:15分(間違えた問題:なし)
Part6 所要時間: 5分(間違えた問題:なし)
Part7 所要時間:46分(間違えた問題:なし)(SP:26分/DP:20分)
合計不正解数: 0問

TEST 2の方はシングルパッセージ(SP)とダブルパッセージ(DP)のタイムも分けて測りました。じゃあ、なぜTEST 1の方は測らなかったかというと…久しぶりで忘れてまして…。すいません(汗)。

さて、私が去年10月11月の公開テストを連続で受けた時は、2回とも、リスニング2問ミスの満点(495点)、リーディング全問正解の満点(495点)でした。ということで、この時の感覚を基準にしますと、TEST 1については、難易度もボリュームもかなり近い感じでした。『公式 Vol.4』のTEST 2の感じに近く、本番を想定した演習に最適ですね。一方、TEST 2の方はちょっと文章のボリュームが少なく難問もないスカスカな印象でした。時間も66分でした。

Amazonのレビューでは「簡単すぎる」という声が多いですが、TEST 1については非常に本番に近い難易度でした。さすが公式。TEST 2については確かに簡単かも知れませんが、難しかった去年9月をピークに公開テストの難易度は去年11月〜今年前半と下がってきている感じがありますので、本番に合ったレベルの模試で「取れる問題を確実に取る」ことが重要だと考えます。簡単な問題の回は逆にスコアが出にくくなりますからね。

Amazonのレビューについては、なんか…、なんとかして『公式』を売れなくしてやろうみたいな、私怨めいたものを感じます(笑)。

また、『公式』以外の市販の模試は本番より難しいものがほとんどですから、そうした「本物でない難易度」に惑わされず、本番の難易度を再確認する意味でやはり『公式』は大変重要です。

究極の模試』の方もできるだけ早く解いてレビューしたいと思います!



ではでは。


語学 ブログランキングへ

posted by 英語好き at 17:05| TOEIC対策問題集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。