2011年12月15日

『究極のTOEICテスト トレーニング』を解きました

昨日買ってきた3冊のうちの1冊、『究極のTOEICテスト トレーニング』を早速解いてみました。



やはりリーディングセクションは本番に近いですね。パート7のシングルパッセージもダブルパッセージの部分も分量や難易度が今年の難化した公開テストの平均値に近いです。

リスニングについては、パート1は現在の公開テストの方がもう少し難しいかと思います。また、女性のナレーターの読み方が本物とは少し違っている印象でした。でも、問題の内容や全体としての難易度については、公開テストに非常に近い印象ですね。

さてさて、私が解いての成績は、

リスニング: 100問中96問正解(予想スコア:495点)
リーディング: 100問中99問正解(予想スコア:495点)


でした。まぁ当然の満点予想ですね。これもリアル模試と同じく予想スコア表が甘いですかね。リーディングは本番と同じぐらいの点数換算で考えて良いかと思います。リスニングはちょいと難しい目でしたかね。

で、リーディングセクションについて詳しく見てみますと、

合計所要時間:72分
パート5 所要時間:10分(間違えた問題:なし)
パート6 所要時間: 4分(間違えた問題:なし)
パート7 SP 所要時間:32分(間違えた問題:なし)
パート7 DP 所要時間:26分(間違えた問題:193)
合計不正解数: 1問


まぁ、こんなもんじゃないでしょうか。193番は結構な難問でした。本番ではちょっと考えにくいですかねぇ〜。どうでしょう。負け惜しみです(笑)。

ということで、やっぱり解いてみても非常にクオリティの高い本でした。

あっ、でも、リスニングで笑ってしまったんですが、42番の問題で

正解の選択肢が一つだけ大きいフォントになってるんですけど!!

201112151246000.jpg
(D)に注目↑

先読みしていて、「これが正解だったら笑うなぁ」と思ってたのですが、ばっちり正解でした(笑)。

せっかく良い本なので、こういうのもったいないですねぇ。


TOEIC ブログランキングへ
posted by 英語好き at 12:54| TOEIC対策問題集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする