2011年12月12日

英語ネイティブの発音の正体が分かりました!!

私は英語音声学などの本格的なテキストで勉強もしたことがあるので、舌の形や口の形は英語のネイティブのそれをおおよそ再現していると思います。

現状でも英語を勉強していない日本人相手であれば 「えっ、外人だと思いました」 とか言われることもありますし、ネイティブから 「他の日本人って何であんな変な発音するの? あなたはどうやって正しい発音を覚えたの?」 というような事を相談されることもあります。

それでも、 「どうも自分の英語はネイティブの発音とは違うなぁ。 日本語ネイティブと英語のネイティブでは発声の仕方が違っているらしく、そのせいか 声の感じが違う んだよなぁ」 と思っていました。 でも基本的には正しいはずだから、後は時間をかけて修正するしかないかなと思っていたのですが、最後の一つ、私に足りていない要素が昨日分かりました。

やっぱり 声の出し方 でした。

英語喉(のど) 50のメソッド (CD付)


ネットでは叩かれたりもしていますが、これは革命的ですね。 着眼点一つでこんなに発音が変わる可能性があったとは思いませんでした。

正しい英語の発音のためには、

1. 口や舌の形
2. リズムとイントネーション
3. 発声法


が大切な要素ですが、これまでの発音のテキストは、主に 1.口や舌の形 を解説するものばかりでした。 後はちょこっと 2.リズムとイントネーション を扱うぐらいで、 3の発声法 は全く触れていませんでしたよね。

著者の方が 「英語教育のパラダイム変換だ」 と言っているのを笑ってる人もいますが、これはそう言っても過言じゃないでしょう。



posted by 英語好き at 19:05| 発音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする