2011年12月03日

韓国のTOEIC対策本『Economy 3 RC1000』を解いてみました

韓国のTOEIC模試『Economy 3 RC1000』の解き終わった分について、現時点でデータをまとめておこうと思います。今後TOEICを受けることもないでしょうし、残りのセットを解くこともないと思いますので(笑)。

Economy3.jpg

日本でもGakkenから翻訳されて販売されている『TOEICテスト本番攻略リーディング10回模試』のシリーズの韓国版第3弾です。

リーディングセクションの模試テストが10回分で、模試の部分以外は韓国語です。私は韓国語は一文字も読めません。まぁ、私自身は全問解説ができるレベルですので、それは別に問題なし。

で、『イクフン黄金本』が終わってからはこちらを解いていたのですが、終わったのは6回分まででした。とりあえず第6回までのの所要時間や間違えた問題数などを下に記録しておきます。

TEST 1
合計所要時間:75分
Part5 所要時間:12分(間違えた問題:121)
Part6 所要時間: 7分(間違えた問題:148)
Part7 所要時間:56分(間違えた問題:187 189)
合計不正解数: 4問

TEST 2
合計所要時間:75分
Part5 所要時間:13分(間違えた問題:なし)
Part6 所要時間: 7分(間違えた問題:なし)
Part7 所要時間:55分(間違えた問題:なし)
合計不正解数: 0問

TEST 3
合計所要時間:75分
Part5 所要時間:14分(間違えた問題:なし)
Part6 所要時間: 7分(間違えた問題:なし)
Part7 所要時間:54分(間違えた問題:なし)
合計不正解数: 0問

TEST 4
合計所要時間:78分
Part5 所要時間:14分(間違えた問題:136)
Part6 所要時間: 6分(間違えた問題:なし)
Part7 所要時間:58分(間違えた問題:154 199)
合計不正解数: 3問

TEST 5
合計所要時間:72分
Part5 所要時間:13分(間違えた問題:115)
Part6 所要時間: 8分(間違えた問題:147)
Part7 所要時間:51分(間違えた問題:157 171 196 199)
合計不正解数: 6問

TEST 6
合計所要時間:70分
Part5 所要時間:12分(間違えた問題:なし)
Part6 所要時間: 4分(間違えた問題:なし)
Part7 所要時間:54分(間違えた問題:174)
合計不正解数: 1問

やっぱり難しいですね。本番と比べると 問題が意地悪 なんですよね。最近の公開テストのパート7はできるだけ文章を読ませる方向にシフトしてはいるのですが、英語が本当にできる人間が考えても考えても答えが絞りきれないようなダーティな問題が出ることはありません。

実際、私は公開テストのリーディングセクションは2回受けて2回とも全問正解の満点ですから、こんな風に200問中6問も間違えるとかいうことは本番では有り得ません。例えば、TEST5の196番と199番とかは、公開テストであれば問題の方が不適切だったということでdisregardされる可能性が高いでしょうね。

さて、この6回の平均を取ると、

合計所要時間:74.2分
Part5 所要時間:13.0分(不正解問題数:0.5問)
Part6 所要時間: 6.5分(不正解問題数:0.3問)
Part7 所要時間:54.7分(不正解問題数:1.5問)
合計不正解数: 2.3問


になります。やっぱり『読解特急3』をやってから読むスピードが早くなってますね。前の『Economy 4』をやった時はほとんど80〜90分以上かかってたんですが、今回は1回当たりの平均が74分になりました。ストップウォッチの魔力です。

で、私が現在のレベルの公開テストを受けると、

合計所要時間:70〜75分
Part5 所要時間:14〜15分(不正解問題数:0〜1問)
Part6 所要時間: 4〜 5分(不正解問題数:なし)
Part7 所要時間:52〜55分(不正解問題数:0〜1問)
合計不正解数: 0〜1問


ぐらいになるのが妥当です。

まぁ、私の場合は韓国の模試をやり始める前の第166回で既に満点を取ってましたので、個人的には韓国本の必要性は感じませんでした。私が韓国模試に魅力を感じたのは、コストパフォーマンスぐらいですかね。量の割に安いので。あとは、もう本当に「TOEIC力を極限にまで鍛えたいと思っているTOEICマニアのためのTOEIC本」という感じですので、その方面の方には特にアピールするんだと思います。

ただ、私の場合は日常的に5時間〜10時間は洋書のテキストや新聞などを読んでいます。TOEICがいくら難しくなろうと、生の英文より難しくなることは有り得ませんので、私はある意味で普段からTOEICでいう"高地トレーニング"とかいうレベルを遥かに超えたレベルの訓練をしていることになるのでしょう。

しかも、TOEICの英文って本当に面白くないんですよねぇ。。

※ 韓国テキストの購入については「韓国のTOEICテキストを買ってみました!」の記事をご覧下さい。ちなみに、10時間ぐらいは無駄にしても良いという覚悟はした方が良いと思います(苦)。


TOEIC ブログランキングへ

posted by 英語好き at 13:30| 韓流TOEIC模試本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。