2011年11月09日

韓国のTOEIC対策本『Economy 4 RC1000』を解いてみました

韓国のTOEIC模試『Economy 4 RC1000』を解き終わりました!!!

Economy4.jpg

日本でもGakkenから翻訳されて販売されている『TOEICテスト本番攻略リーディング10回模試』のシリーズの韓国版最新刊(Vol.4)です。

リーディングセクションの模試テストが10回分入っていて、もちろん模試の部分以外はオール・ハングル。アルファベットの正答一覧以外は一切読めません(笑)。まぁ、私自身はTOEICの問題には解説も翻訳も別に要らないので、問題ないのですが。

で、今回の公開テストが終わってからこつこつ解いてきまして、やっと10回分終わりました。各回の所要時間や間違えた問題数などは下記の通りです。

TEST 1
合計所要時間:90分
Part5 所要時間:17分(間違えた問題:なし)
Part6 所要時間: 6分(間違えた問題:148)
Part7 所要時間:67分(間違えた問題:175 185 192 199)
合計不正解数: 5問

TEST 2
合計所要時間:85分
Part5 所要時間:19分(間違えた問題:なし)
Part6 所要時間: 6分(間違えた問題:152)
Part7 所要時間:60分(間違えた問題:157 173 182 185 196)
合計不正解数: 6問

TEST 3
合計所要時間:98分
Part5 所要時間:16分(間違えた問題:なし)
Part6 所要時間: 7分(間違えた問題:なし)
Part7 所要時間:75分(間違えた問題:165 200)
合計不正解数: 2問

TEST 4
合計所要時間:94分
Part5 所要時間:16分(間違えた問題:124)
Part6 所要時間: 7分(間違えた問題:なし)
Part7 所要時間:71分(間違えた問題:171 174)
合計不正解数: 3問

TEST 5
合計所要時間:84分
Part5 所要時間:17分(間違えた問題:126)
Part6 所要時間: 6分(間違えた問題:なし)
Part7 所要時間:61分(間違えた問題:192)
合計不正解数: 2問

TEST 6
合計所要時間:76分
Part5 所要時間:12分(間違えた問題:なし)
Part6 所要時間: 5分(間違えた問題:なし)
Part7 所要時間:59分(間違えた問題:184)
合計不正解数: 1問

TEST 7
合計所要時間:98分
Part5 所要時間:15分(間違えた問題:なし)
Part6 所要時間: 7分(間違えた問題:146)
Part7 所要時間:76分(間違えた問題:156 165 178 181 191 200)
合計不正解数: 7問

TEST 8
合計所要時間:81分
Part5 所要時間:14分(間違えた問題:なし)
Part6 所要時間: 5分(間違えた問題:なし)
Part7 所要時間:62分(間違えた問題:180 187)
合計不正解数: 2問

TEST 9
合計所要時間:74分
Part5 所要時間:13分(間違えた問題:103)
Part6 所要時間: 4分(間違えた問題:なし)
Part7 所要時間:57分(間違えた問題:154)
合計不正解数: 2問

TEST 10
合計所要時間:88分
Part5 所要時間:16分(間違えた問題:なし)
Part6 所要時間: 5分(間違えた問題:なし)
Part7 所要時間:65分(間違えた問題:184)
合計不正解数: 1問

一言で言うと、パート7難しすぎです(笑)。この10回の模試の平均を取ると、

合計所要時間:86.8分
Part5 所要時間:15.5分(不正解問題数:0.3問)
Part6 所要時間: 5.8分(不正解問題数:0.3問)
Part7 所要時間:65.3分(不正解問題数:2.5問)
合計不正解数: 3.1問


になります。For 基準's sake、私が現在のレベルの公開テストを受けると、

合計所要時間:70〜75分
Part5 所要時間:14〜15分(不正解問題数:0〜1問)
Part6 所要時間: 4〜 5分(不正解問題数:なし)
Part7 所要時間:52〜55分(不正解問題数:0〜1問)
合計不正解数: 0〜1問


ぐらいになるのが妥当な感じですが、このテキストだと1回の模試に98分かかってる回もあったりします。98分って何なんだ。途中さぼってコンビニにでも行ってたみたいな所要時間ですよ。

今回の本番に向けて「一回で満点を取るために慎重に解く癖をつけた」ということもありますが、これは950点レベル以下の人は本当に手を出さない方が良いと思います。パート7長すぎです。そして問題嫌らしすぎです(笑)。

前から何度か書いていますが、私はそもそもTOEICでは自分が解けない問題に出会うことはないという前提の解き方をしているので、もし分からない問題に出会うと分かるまで長考します(笑)。本番ではその解き方で問題ないのですが、このテキストでそれをやるとえげつないほどタイムロスしていきます。考えれば考えるほど泥沼にはまって行くタイプの引っかけ問題が毎回何個かあるのです。

それでも、後半になると正解数は上がりました。このシリーズの嫌らしい引っかけ問題の傾向に慣れたからでしょう。でも、この感じの引っかけに慣れてしまうと、本番でも裏を読みすぎて、逆に何もないところで引っかかるような気もします。

ちなみに、このテキストは日本では入手不可能です。韓国のオンラインショップで購入して、空輸してもらう必要があります。買い方については「韓国のTOEICテキストを買ってみました!」の記事をご覧下さい。ちなみに、10時間ぐらいは無駄にしても良いという覚悟はした方が良いと思います(苦)。


TOEIC ブログランキングへ
posted by 英語好き at 12:46| 韓流TOEIC模試本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする