2011年06月18日

TOEIC受験日に逆転する方法

特に今回初めて受験する人にとっては、絶対忘れてはいけないことがあります。

リスニング中は、絶対あきらめては駄目です。

「なんじゃそりゃ。精神論か」と思われるかも知れませんが、多分この気持ちを受験前に確認しておくだけで、結果が100点単位で違ってきます

はっきり言って、TOEIC700点位の人はみんなリスニングなんてよく分かっていません。600〜700点ぐらいの人にとっては、あの内容はほとんど聞き取れないものなんです。私も大学に入って2ヶ月後のTOEICの時なんて、初受験ということもあり、リスニングセクションで何を言っているのか、さっぱり聞き取れませんでした。

「あんなに公式問題集を解いて準備したのに!!!!初受験で700点を超えて見せると周りに豪語していたのに!!!!」という思いばかりが頭をよぎって、問題に集中するのも難しかったのを覚えています。絶望感でいっぱいになりました。でも、「低い点は絶対に嫌だ、机に噛りついてでも他の生徒より高い点を取ってやる!」という意地で、最後まで聞き取ろうとする姿勢を崩しませんでした。もうとにかく必死でした。

結局、最後まで「これが正解だ」という確信が得られないままでマークする問題が続いたのを覚えています。試験が終わった後は「ぜんぜん分からなかった…」と、友人たちと負け戦を慰めあうために一緒にお昼を食べて帰宅したぐらいです。

その結果が760点(リスニング400点、リーディング360点)です。リスニング495点満点中400点も取れていたんですよ。

発表の瞬間は本当に飛び上がりました。そこから5分間の記憶がありません(笑)。それぐらい嬉しかったですし、自分にとっても意外なほど高い点数だったのです。

だから、来週受験の方は、さっぱり分からなくても、とにかくテストが終わるまでは戦う姿勢を崩さないようにすることが不可欠だということを心に留めておいて下さいね。

あと、大学に入ったばかりの人は「単語帳でも見ておくか」という人がかなり多いですが、単語帳なんてTOEICでは何の役に立たないですよ。とにかく1回だけでも良いので、公式問題集を解いておきましょう。




TOEIC ブログランキングへ
posted by 英語好き at 13:01| TOEICについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。