2011年06月11日

IELTS受けてきました!!

いや〜、あんなに追い込まれたのは久しぶりでした。手が震えました。英語の試験を得意とする私ですら、他の受験者の方が玄人に見えて仕方がなかったです(笑)。

でも他の人の必死っぷりも楽しめました。スタートと同時に、リーディングセクションでは凄い勢いでスラッシュリーディングを始める人あり、またライティングでは焦って最初の行を何度も書いては消すを繰り返す人あり…。いや、ある意味で楽しい経験でした…。

かくいう私も他の受験者の方から見れば十分追い込まれている様子だったと思いますが。。

リスニングは思っていたよりは簡単でした。9点満点の8〜8.5ぐらいじゃないでしょうか。まぁ初受験ですので、どれぐらいの手ごたえがあれば何点取れるというのを把握できていませんが。実は、実践でのリスニングには苦手意識があるので、若干構えていた分、最後の最後「おっ、これはいけるかも!!」と思って油断して一問聞き逃しました。ちっ(笑)。

逆に、リーディングは思っていたより解き甲斐がありました。日本人らしく読むのは大好きなので、余裕だと高をくくっていたら意外にそこまでの時間の余裕は無かったです。まぁ、そうは言っても、他のセクションに比べたら楽勝。8.5は取れているはず!

内容は、設題1が茶の歴史。設題2が牛のうんこで水を浄化するフィルターの話。
で、設題3がマルチタスキングの研究の話でしたね。

一番苦しんだのは、やはりライティング7.5〜8ぐらいですかね〜(苦)。めっちゃ希望的観測入ってますけど。数える時間なんて無かったので、字数も足りたか心配です。

ちなみにトピックは、

Task 1 がオーストラリア人の出身国の割合の円グラフと出身国ごとの現在の居住エリア(citiesかrural areasか)を示す表の説明。まぁ、典型的な問題なんでしょう。

Task 2が、政府は音楽や絵画などの芸術よりも公共サービスに予算を割くべきか、というトピックについてでした。

さて、明日はスピーキングセクションの試験です。どうなることやら。。。


さっき自転車乗ったら足がくがくでした。た、体力奪われすぎ…。
posted by 英語好き at 13:44| IELTSについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。