2010年01月03日

こつこつ勉強で英語は話せるようになるのか?

今年から本気で英語を勉強しようと思っている方も多いかもしれません。そんな方のために、こつこつと勉強することの落とし穴を…。

@ 1日 30分 を1年365日一日も休まず勉強

A 1日5時間集中的に 3ヶ月勉強

さて、英語などの語学の勉強には継続して勉強を続けることが大切だと言われていますが、どちらの勉強スタイルが良いのでしょうか?

総勉強時間を比べてみると…

@ 1日 30分 1年 → 182.5時間
A 1日5時間 3ヶ月 → 450時間

ちなみに「1日3時間」ですら3ヶ月続ければトータル270時間。こう考えると、1日30分の勉強って、実はたいしたことありません。

で、重要なのは、トータルの時間が短いことではありません。

毎日30分1年間休まずに勉強した人はどう思うでしょう?「思ったほど伸びないな…」と感じるのではないでしょうか。

「毎日毎日1年も勉強したのに全然話せるようにならない」というのは、「あきらめる」理由として十分です。成果が見えにくい勉強を続ければ、失敗する確立は高くなってしまうのです。

もちろん一朝一夕で英語を話せるようになりません。話せるようになるまで少なくとも3年はかかかると思います。だからこそ、学習の初期段階で、「力が伸びた」という成功体験があることが重要となります。

毎日5時間勉強すれば、1週間〜2週間単位でも、ぐいぐい伸びているのが実感できます。他の人が分からないという英語が、自分だけどんどん上達していくのです。「勉強が楽しい」ってそういうことだと思います。

使える英語力をつけるためには、3ヶ月でもいいので、「必死で勉強した」という時期が必要なのです。こつこつ勉強の積み重ねだけでは、思ったほど効果は出ませんし、それゆえ、挫折する可能性も高くなります。

やはり英語が出来る人は共通して「短期間死ぬほど勉強した」経験がありますね。



posted by 英語好き at 21:26| 本物の英語力をつけるには | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする