2009年11月17日

公式問題集の使い方


公式問題集にはじまり、公式問題集に終わる」TOEIC対策の学習ですが、私自身が公式問題集を使ってどのように勉強していたかを紹介します。

「使い方」といってもシンプルです。

1.解きます。

別に模試一回分200問全部を一気に解かなくても良いです。私自身、2時間丸々取れない時は、リスニングセクション45分とリーディングセクション1時間15分を別の日に解いたりしていました。本番直前であれば、一度は通して解いておくと良いとは思いますが…。

2.丸つけします。

問題集の答えの部分を見ながら合っているか合っていないか確認します。

3.復習します。

間違えた問題を復習します。

リスニングなどは、間違えた問題は一言一句確認して、何が聞き取れなかったからその問題を落としたのか見つけて、聞き取れていなかった部分や理解できていなかった部分はしっかり調べて理解しておきましょう。間違えた問題は、自分で一度音読しても良いと思います。

復習する時には、解答冊子の方に詳しく復習内容についてメモしておくと良いです。問題冊子自体には、間違えた問題の番号にだけ印を付けておくと、後日の復習の際に便利です。


で、後日、合っているものも間違っているものも含めて上記を3回程度は繰り返すと良いでしょう。

3回繰り返せば、イントロクイズのように、問題の頭部分を聞いただけでも、どんな問題だったか、また正答がどれだったか思い出せることが多いと思います。

以前はここが聞き取れずに間違えたのか、など前に復習した点に注意しながら、しっかりと解きましょう。


-----------------------------------------------------



TOEICの唯一の公式問題集、最新の第4版が出ています。

TOEICを受けるけど、まず初めに何をしたらいいでしょう?という人は迷わずこれで勉強しましょう。TOEICの試験を作成・運営しているETS自らが出版している問題集です。試験問題そのままです。

公式問題集抜きのTOEIC準備はない、というくらい王道中の王道です。解けば予想点数も分かります。


TOEICブログランキング↓

TOEIC ブログランキングへ

posted by 英語好き at 12:48| TOEIC高得点を取れる勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。