2008年12月16日

TOEICで高得点を取るための近道

本物のTOEICを受ける前に、とことん模試を解いて問題形式に慣れておくことで、750点〜800点ぐらいまでは簡単に点を上げられます。特に、初めてTOEICを受ける人は、何もせずに受けるよりも100点〜200点ぐらい簡単にあがります。

私も使ったおすすめの方法としては、TOEICテスト新公式問題集に収録されている模試(2セット分)を解き、答え合わせをして、どんな方法でも良いので、間違えた問題やよく分かっていなかった問題はしっかり復習。一週間ほどしてからまたその模試全体を二時間かけて解いてみて、また間違えた問題は復習を三回ほど繰り返します。



出来れば本番と同じ1セット二時間で通して解答することが理想ですが、時間が取れないのならばリスニング45分とリーディング1時間15分を分けても問題ありません。勉強することが目的なので、疲れて集中力がなくなっているのにCDを回しっぱなしにしてテストが終わるのを待つほうがもったいないです。聞きそびれた問題はその場で巻き戻して聞いても良いですし。本番は巻き戻せない、ということだけ頭に入れておけば問題ありません。

また、マークシートは公式問題集を購入した時点で付いている解答用紙をコピーしておけば、いつまでもそれらしい気分で練習に臨めます。

本番での心構えとして、満点を狙っているのでなければ、一問や二問くらい間違えても気にしないことが大切です。私は初めて受けたTOEICのリスニングでは何を言っているのかほとんど分かりませんでした。それでも高得点を取りたかったので、声の調子や明らかに変だと感じた選択肢は除外したりして、何とか頑張って集中して解き続けました。

結果はリスニングで400点も取れていました。そんな程度のものです。だから、特に初めての人は「だめだ」と思っても諦めずに最後まで全力を尽くしてみてください。やる気と心構えだけでも200点ぐらいの差がつきます。他の人はそのことを知らずにそこで諦めるから点数が出ないのです。テスト終了間際には、勘で良いので全てのマーク欄を埋めるのも忘れずに。

他にもちょっとした工夫として、会場に向かうまでの道ではTOEIC模試問題集のCDで、リスニングセクションの前半部分を聞きながら、耳を英語に慣らしつつテスト開始時のイメージトレーニングをすることも有効です。

最後に、健康面のことになりますが、前日はしっかり睡眠をとり当日の朝食にはご飯を食べるなど、少しのことでもやる気や集中力が違ってきます。二時間ぶっ続けのテストでその日一日の体力を使い切ると思ってください。


TOEIC関係のブログ↓

TOEIC ブログランキングへ

英語学習関係ブログなら↓



posted by 英語好き at 22:10| TOEIC高得点を取れる勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする