2008年11月23日

最も優れた英語学習法は

今回はTOEICのような英語試験で高い点数を取るためではなく、総合的な英語力を高めるための優れた勉強法についてです。

世の中には色々な英語学習法がありますね。

例えば、「聞くことから」とか「読むことから」とか…

聞くことから、の代表的なものが

英語は絶対勉強するな!―学校行かない・お金かけない・だけどペラペラ

などですかね。

また、英語は読むことから、の代表は

いっぱい読めばしっかり身につく 英語100万語!

みたいな感じでしょうか。


友人から、「英語って単語さえ知っていればなんとかなるよね。単語さえたくさん知っていればなんとかなるんじゃない?」と聞いたことがある一方で、私の高校の先生が「構文をかたっぱしから丸暗記すれば英語はなんとかなる」と言っていたのを聞いたこともあります。

辞書ひとつ取っても、辞書をなるべく引く or 引かない、など正反対の主張がされることがよくあります。


さて、どちらが正しいのでしょうか。一番優れた方法などあるのでしょうか。


結論から言うと、どちらでもいいのです。大抵の方法であればどれでも伸びるとは思います。音読やシャドーイングなどのようにやはり他の方法より総合的に英語力を伸ばすのに優れている方法があることはありますが。

ただ、いつも新しい方法が出るたびに新しい方法に気移りして乗り換えてばかりだと、伸びないかもしれませんね。とにかく盲目的にでも良いので、とにかく必死で or 夢中で 続けることが一番大切なのかもしれません。

以前に何かで血液型B型の人が最も英語学習に向いていると聞いたことがあります。理由は「一度興味を持つと、のめり込んでマニアックに努力するから」だそうですが、B型の人がそういう性格だとするなら、確かに英語学習に向いているのかもしれません。

ちなみに私もB型です。確かに熱しやすいですが「冷めやすい」点は考慮されないのでしょうか。

他にも英語の勉強法はたくさんありますね…

TOEIC ブログランキングへ
posted by 英語好き at 02:30| 本物の英語力をつけるには | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。